埼玉のお酒

2014年09月17日

はなあび(花陽浴) 純米吟醸無濾過生原酒 粗漉し本生 雄町 3

花陽浴 純米吟醸無濾過生原酒 雄町 池袋東口の「裏や」にて飲む。

 今夜の締めは、埼玉の「はなあび」。 へえ、「花陽浴」にはひらがなバージョンがあるんですね。

 「花陽浴」は、濃醇な生酒に力を入れ始めた蔵。

 今回は低アルコールの原酒というめずらしいタイプ。 気になります。

 ということで、冷温でいただきます。


 開栓と同時に白い煙が上がる、発泡性のあるお酒。 グラスに注ぐと、うっすらと白くにごっているのがわかる。

 ブドウ様のフレッシュな吟醸香で、スタートから甘酸っぱさ全開。 オリの旨味も重なって、濃醇な飲み口。 さすが雄町、さすが「花陽浴」。

 低アルコールとは思えない凝縮感で、飲みごたえのあるお酒。

 それでいて低アルコールらしい軽さもあり、炭酸の活躍もあって爽快。



 許容量的にたくさんは飲めないけれど、おいしいお酒なら飲みたい。 そんな人にピッタリのお酒。



【埼玉県羽生市 南陽醸造】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3,200(3,456)円
 アルコール度数:12.5%
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:55%


「花陽浴」「藍の郷」の過去の記事
「花陽浴 生もと純米吟醸原酒」(2008年10月試飲
「花陽浴 吟醸純米酒 樽酒」(2013年04月
「純米 藍の郷」(2007年10月試飲

rain_of_tears at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年08月13日

神亀 純米酒4

 上野駅入谷改札外、パンダ橋口の脇にある「かよひ路」にて飲む。

 お盆期間ということで夜間延長営業していた上野動物園を堪能した後、夕飯タイム。 園内で間食をしたので、食事は軽めに。


 食事もお酒も各地方のものがそろっていて、上京者が集まるターミナル上野駅らしさがあります。

 そんなメニューから選んだのは、あるとホッとする、安定感・旨味ともに抜群の「神亀 純米酒」。


 冷温での提供というのが残念ですが、室温や手で温めつつ、ゆっくりいただきました。

 おだやかで、旨味にあふれていて、ホッとするお酒。




【埼玉県蓮田市 神亀酒造】 純米酒
 1800ml:2,952(3,188)円   720ml:1,476(1,594)円
 アルコール度数:15.5%   日本酒度:+5.5
 原料米:山田錦   精米歩合:60%
 酸度:1.7


「神亀・ひこ孫」の過去の記事
「神亀 純米酒 辛口」
 (↑2010年06月2009年12月2008年09月2007年02月
   2006年05月2004年01月2003年10月
「神亀 純米酒 辛口 樽酒」(2013年01月
「神亀 純米酒 甘口」(2010年12月2007年02月
「神亀 純米酒 ひやおろし」(2007年09月
「神亀 真穂人」(2007年03月2006年11月
「神亀 純米酒 ひとごこち」(2009年03月2008年12月
「神亀 山廃純米酒 ひやおろし」(2013年10月
「神亀 本醸造 大古酒 昭和54年」(2007年10月
「神亀 純米 大古酒 昭和56年」(2011年05月
「ひこ孫 純米大吟醸」(2009年11月2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 小鳥のさえずり」(2012年08月2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 7号酵母」(2006年12月
「ひこ孫 純米吟醸 9号酵母」(2012年08月2009年09月
「ひこ孫 純米酒」(2008年11月2006年11月2004年03月
「ひこ孫 純米酒 樽酒」(2008年01月
「ひこ孫 純米吟醸 槽口酒」
  ↑「創」(2009年12月)、「芯」(2008年09月)、「悦」(2008年05月
   「結」「碧」「とり」(2011年06月
「ひこ孫 純米吟醸 かるくいっぱい」(2006年12月
「仙亀 純米原酒」(2010年03月
「仙亀 純米 阿波山田錦80%」(2007年03月

rain_of_tears at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年02月01日

九重桜 普通酒

 地元のお好み焼き屋さんにて飲む。

 冬の寒い日には、鉄板の熱さがうれしいですね。


 さて、今夜飲んだのは「九重桜」の普通酒。

 アルコール添加酒にありがちな化学的な香味と、ベタつく甘味が苦手。 個人的には飲みにくいお酒でした。



【埼玉県さいたま市 大滝酒造】 普通酒
 1800ml:1591(1670)円   720ml:670(704)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+2


過去の「九重桜」の記事
「九重桜 純米吟醸」(2005年02月

rain_of_tears at 21:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年01月12日

金紋世界鷹 特別本醸造 文化五年 創業者又兵衛杜氏伝承

世界鷹 特別本醸造 さいたま市のホテルにて飲む。

 今日は新年会を兼ねた、祖父の叙勲祝賀会。

 50人近くの親戚が集まりました。

 ホスト側として裏方も務めるため、ゆっくりと飲食はできないけれど、タイミングを見計らってお酒もいただきました。


 さいたま市西区(旧大宮市)に本社がある「世界鷹」グループは、全国7位、東日本1位の清酒生産量をほこる大手。

 このお酒は、精米歩合50%、長期低温発酵という、大吟醸と名乗っても不思議ではない造りのお酒。

 大吟醸と名乗らないどころか、吟醸でもなく、特別本醸造。 謙虚さとともに、不思議なこだわりを感じます。


 冷温でいただきます。

 香りは落ち着いているものの、かすかにマスカット系の芳香がひそむ。 粘度を感じる口当たりで、スルリとなめらかに流れてゆく。

 淡麗な味わいで、そのぶんアルコールの刺激や化学的な香味も感じられる。

 個人的には苦手なタイプだけれど、気にならない人、淡麗派の人には良いかもしれませんね。



【埼玉県さいたま市西区指扇 小山本家酒造】 特別本醸造
 1800ml:1705(1790)円   720ml:808(848)円
 300ml:381(400)円
 アルコール度数:15.5
 原料米:日本晴(埼玉県産)   精米歩合:50%
 酵母:小山屋又兵衛酵母(自家培養酵母)

rain_of_tears at 12:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年10月13日

神亀 山廃純米酒 ひやおろし

神亀 山廃純米酒 ひやおろし 池袋西武で見かけて購入。

 さいたま市の花火大会にて飲む。

 「神亀」が山廃!?

 生もと・山廃でなくても、速醸で十分においしいお酒はつくれるという理由で、速醸を貫いてきた蔵が、どうして?

 まあ、好みの味わいであれば、どんな規格だってかまいませんが。


 屋外のため、常温のままいただきます。

 「神亀」らしいスモーキーな香り。

 山廃らしさを感じさせない、酸味の少ないキレイでスマートな酒質で、おだやかな旨味が魅力。

 そのぶん、迫力に欠けて、ちょっと物足りないかな。



 山廃をつくった動機・意義がよくわからない、「神亀」の中でも目立たない味わい。

 日本酒好きたちも納得のおいしさながら、次に飲んだお酒が大好評だったため、存在がかすんでしまいました。

 次の機会には燗でも飲みたいなあ。



【埼玉県蓮田市 神亀酒造】 純米酒
 1800ml:3100(3255)円   720ml:1550(1628)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+5.5
 原料米:山田錦   精米歩合:60%
 酸度:1.4


「神亀・ひこ孫」の過去の記事
「神亀 純米酒 辛口」
 (↑2010年06月2009年12月2008年09月2007年02月
   2006年05月2004年01月2003年10月
「神亀 純米酒 辛口 樽酒」(2013年01月
「神亀 純米酒 甘口」(2010年12月2007年02月
「神亀 純米酒 ひやおろし」(2007年09月
「神亀 真穂人」(2007年03月2006年11月
「神亀 純米酒 ひとごこち」(2009年03月2008年12月
「神亀 本醸造 大古酒 昭和54年」(2007年10月
「神亀 純米 大古酒 昭和56年」(2011年05月
「ひこ孫 純米大吟醸」(2009年11月2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 小鳥のさえずり」(2012年08月2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 7号酵母」(2006年12月
「ひこ孫 純米吟醸 9号酵母」(2012年08月2009年09月
「ひこ孫 純米酒」(2008年11月2006年11月2004年03月
「ひこ孫 純米酒 樽酒」(2008年01月
「ひこ孫 純米吟醸 槽口酒」
  ↑「創」(2009年12月)、「芯」(2008年09月)、「悦」(2008年05月
   「結」「碧」「とり」(2011年06月
「ひこ孫 純米吟醸 かるくいっぱい」(2006年12月
「仙亀 純米原酒」(2010年03月
「仙亀 純米 阿波山田錦80%」(2007年03月

rain_of_tears at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年09月07日

鏡山 純米酒 おりがらみ3

鏡山 純米酒 おりがらみ 池袋西武で試飲・購入。

 埼玉県川越市の「鏡山」は、創業2007年の若い蔵。

 越後杜氏・淡麗酒が多い埼玉県にあって、飲みごたえのある芳醇なお酒を醸す。

 小タンクによる純米酒・吟醸酒のみの生産で、すべての商品が低温長期発酵で醸され、槽しぼり・ビン貯蔵される。

 全商品が500本限定という少なさゆえに、品切れが続出。

 試飲販売にどの商品が用意できるか、蔵の方も予想できない状態とのこと。

 そんな中、今回試飲して気にったのは「鏡山 純米酒 おりがらみ」。



 祖父母の家にて、祖父・祖母・弟の合同の誕生祝いで乾杯しました。

 桃・バナナのような甘い香りがやわらかく広がる。

 まろやかな口当たりで、やさしい甘味から入ってさわやかな酸が続く。

 オリがからんでうっすらとにごったお酒で、お米らしい旨味も味わいに幅をつける。 飲みごたえがあってさわやかな、この蔵らしいお酒だ。


 冷温から常温に近づくと、甘い香りが少し邪魔に感じるようになった。 冷温でさわやかに飲むのが良いかな。



【埼玉県川越市 小江戸鏡山酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:17.5
 原料米:吟吹雪(滋賀県産)   精米歩合:60%


「鏡山」の過去の記事
「鏡山 備前雄町 純米無濾過生原酒・純米無濾過原酒」
 (↑2010年06月2009年04月
「鏡山 純米吟醸 無濾過生原酒」(2011年06月
「鏡山 純米吟醸 限定無濾過原酒」(2008年09月
「鏡山 純米酒 新酒搾りたて生」(2008年01月

「鏡山 純米酒」(2008年10月試飲会、2007年10月試飲会)
「鏡山 純米 生」(2008年10月試飲会)
「鏡山 純米吟醸」(2008年10月試飲会、2007年10月試飲会)
「鏡山 大吟醸」(2007年10月試飲会)
「鏡山 純米大吟醸」(2008年10月試飲会、2007年10月試飲会)
「鏡山 大吟醸 斗ビン取り雫酒」(2007年10月試飲会)

rain_of_tears at 19:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年04月28日

花陽浴 吟醸純米酒 樽酒

花陽浴 樽酒 お正月のお祝いのお酒としていただく。

 ありがとうございます!


 埼玉の「花陽浴(はなあび)」は、試飲会で飲んできたけれど、家でゆっくり飲むのは初めて。

 杉樽の香りからくるドライな雰囲気と、お酒自体が本来持つまろやかな飲み口が合わさって、落ち着いた味わい。

 樽の香りの下に、重さ・雑味のない洗練された姿が見える。



【埼玉県羽生市 南陽醸造】 純米吟醸


「花陽浴」「藍の郷」の過去の記事
「花陽浴 生もと純米吟醸原酒」(2008年10月試飲
「純米 藍の郷」(2007年10月試飲

rain_of_tears at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月31日

武甲正宗 特別純米 無濾過生原酒 のんべえ2

武甲正宗 特別純米 無濾過生原酒 のんべえ武甲正宗 特別純米 無濾過生原酒 のんべえ 「武甲正宗」が好き、という方からいただく。

 「武甲正宗」は、試飲会で少し試飲しただけで、あんまりよく知らない蔵。

 しかも、試飲したのは普通酒と鑑評会出品酒という、両極端なお酒。

 今回いただいたお酒は、純米の、しぼりたての無濾過生原酒。


 商品名の「のんべえ」とは、お酒が大好きな人を表す名詞「飲兵衛」ではなく、「飲もう」という勧誘の意味を表す方言とのこと。

 マ行の五段活用動詞を撥音便にして、意志の助動詞「べし」の変化形「べえ」をつけたわけですね。 さすが甲州弁・上州弁に近い秩父弁。

 「飲もう」ではなく、「飲んべえ」となることで、急に内陸の山間部の雰囲気が出ますね。


 新聞紙に包まれたお酒で、いかにも手間のかかる限定品。 これは期待が高まります。


 冷温でいただきます。

 麹の香りがフレッシュ。 パイナップル様の酸味・苦味を想起させる、刺激的な香りも感じる。


 ガツンと力強いアタックで、口当たりからインパクト大。 すごいと思って裏ラベルを見てみたら、19%という高アルコール。 パワフルですね。

 硬質な飲み口で、しっかりと甘味・旨味・酸味・苦味が感じられる。

 個性という点では少し物足りないかなあと思いながらも、考え直してみればバランスが良いということでもある。


 少し水で割っても香味が崩れない、濃醇で力強いお酒。



【埼玉県秩父市 武甲酒造】 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2857(3000)円   720ml:1238(1300)円
 アルコール度数:19.5   精米歩合:60%

rain_of_tears at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月03日

神亀 純米酒 辛口 樽酒3

神亀 樽酒 浦和駅西口の「食と燗 くら川」にて飲む。

 鳥居がないことや、狛犬ならぬ「狛ウサギ」がいることなどで知られる、浦和の調(つき)神社へ初詣に行く。

 初詣の帰りに、「くら川」へ新年のあいさつをしに行こう!

 大将、スーさん、今年もよろしくおねがいします!


 最初のお酒は、「神亀 辛口 樽酒」。 いちど杉樽に入れて香りをつけたお酒を、ビンに詰め直したもの。

 「基本的に樽酒は飲まない」という大将が、新年を祝うために唯一飲む(お店に置く)という樽酒です。


 木の香りが強く立ちすぎないように、ぬるめの燗でいただきます。

 通常商品の持つ、稲ワラのような香り、スモーキーな香りにくわえ、ほんのりと杉の香りが感じられる。

 この木の香りが、熟成旨味・酸味にドライな雰囲気を持たせている。


 樽酒の好きな人は、お酒本来の味わいと木の香りのほどよいバランスが楽しめると思う。 ただ、大将やよっしんなど、いつもの「神亀 純米酒 辛口」が好きな人にとっては、木の香りは余分かもしれない。



【埼玉県蓮田市 神亀酒造】 純米酒
 1800ml:3350(3518)円   720ml:1675(1759)円
 アルコール度数:15.5
 原料米:山田錦・五百万石・美山錦   精米歩合:60%
 酵母:協会9号   酸度:1.5


「神亀・ひこ孫」の過去の記事
「神亀 純米酒 辛口」
 (↑2010年06月2009年12月2008年09月2007年02月
   2006年05月2004年01月2003年10月
「神亀 純米酒 甘口」(2010年12月2007年02月
「神亀 純米酒 ひやおろし」(2007年09月
「神亀 真穂人」(2007年03月2006年11月
「神亀 純米酒 ひとごこち」(2009年03月2008年12月
「神亀 本醸造 大古酒 昭和54年」(2007年10月
「神亀 純米 大古酒 昭和56年」(2011年05月
「ひこ孫 純米大吟醸」(2009年11月2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 小鳥のさえずり」(2012年08月2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 7号酵母」(2006年12月
「ひこ孫 純米吟醸 9号酵母」(2012年08月2009年09月
「ひこ孫 純米酒」(2008年11月2006年11月2004年03月
「ひこ孫 純米酒 樽酒」(2008年01月
「ひこ孫 純米吟醸 槽口酒」
  ↑「創」(2009年12月)、「芯」(2008年09月)、「悦」(2008年05月
   「結」「碧」「とり」(2011年06月
「ひこ孫 純米吟醸 かるくいっぱい」(2006年12月
「仙亀 純米原酒」(2010年03月
「仙亀 純米 阿波山田錦80%」(2007年03月

rain_of_tears at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年08月31日

ひこ孫 純米吟醸 小鳥のさえずり4

神亀 小鳥 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 弟の誕生日ということで、家族集合。

 本日の締めのお酒は、何が良いかなあ。

 悩んだあげく、きき酒師・お燗番のモトコさんにおまかせ。

 思考放棄かいっ!

 そして登場したのが、「ひこ孫 小鳥のさえずり」。 おー、「神亀」「ひこ孫」シリーズのなかで、もっとも好きなお酒だ。

 今日これまで飲んできたお酒、そしてよっしんたちの好みを考えたうえで、この選択。 さすがモトコさんです。


 写真は自宅で撮影したものを転用。 いや、店内が大忙しだったので、お酒の撮影は控えて、今日のお酒たちは以前の写真を転用しています。 みんな、今までに飲んだことのあるお酒たちだったので。


 「ひこ孫 小鳥のさえずり」は、鳥取「諏訪泉 田中農場」シリーズでも知られる、鳥取県八頭町の田中農場産・無農薬栽培の山田錦を使用。

 田中農場については、「諏訪泉 田中農場 精米55%」、「諏訪泉 田中農場 純米酒」も参照。


 地力を凝縮したお米のお酒は、冷やしてはその魅力をじゅうぶんに引き出せない。 熱めの燗でいただきます。

 熟成を経たおだやかな穀物様の香り。 含み香には、お米をよくけずったお酒らしい上品さ、涼やかさがある。

 甘味を排除したドライでクリアな飲み口で、複雑かつ豊かな旨味が軽やかに、雄大に広がる。 幅・奥行きのある味わいだ。

 軽快さと濃醇さ、上品さと雄大さを兼ねそなえる、みごとなお酒だ。



【埼玉県蓮田市 神亀酒造】 純米吟醸
 1800ml:5000(5250)円   720ml:2500(2625)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+5.5
 原料米:山田錦(鳥取県田中農場産、無農薬栽培)
 精米歩合:50%
 酵母:協会9号   酸度:1.5


「神亀・ひこ孫」の過去の記事
「神亀 純米酒 辛口」
 (↑2010年06月2009年12月2008年09月2007年02月
   2006年05月2004年01月2003年10月
「神亀 純米酒 甘口」(2010年12月2007年02月
「神亀 純米酒 ひやおろし」(2007年09月
「神亀 真穂人」(2007年03月2006年11月
「神亀 純米酒 ひとごこち」(2009年03月2008年12月
「神亀 本醸造 大古酒 昭和54年」(2007年10月
「神亀 純米 大古酒 昭和56年」(2011年05月
「ひこ孫 純米大吟醸」(2009年11月2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 小鳥のさえずり」(2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 7号酵母」(2006年12月
「ひこ孫 純米吟醸 9号酵母」(2012年08月2009年09月
「ひこ孫 純米酒」(2008年11月2006年11月2004年03月
「ひこ孫 純米酒 樽酒」(2008年01月
「ひこ孫 純米吟醸 槽口酒」
  ↑「創」(2009年12月)、「芯」(2008年09月)、「悦」(2008年05月
   「結」「碧」「とり」(2011年06月
「ひこ孫 純米吟醸 かるくいっぱい」(2006年12月
「仙亀 純米原酒」(2010年03月
「仙亀 純米 阿波山田錦80%」(2007年03月

rain_of_tears at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年08月14日

ひこ孫 純米吟醸 9号酵母4

ひこ孫 純米吟醸 9号酵母2012 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 今夜は同窓会。 4、5年ぶりに仲間たちに会えて楽しかった。 いやあ、みんな良くも悪くも、変わりませんね〜。

 ただ、お盆の時期なら帰省でみんな集まれるかなあと思っていたら、少し計算ちがい。 多くのメンバーが集まれたものの、平日のため仕事でいそがしいという欠席者も多数。

 年末こそはほぼ全員が出席できるように、早めに企画・調整しよう!


 翌日が忙しくないよっしん・Tさま・Fさんの3人で、「和浦」で小規模な2次会。 Tさまがめずらしく酔ってご機嫌。 気の置けない仲間だかららしく、光栄なことです。

 「和浦」での最初のお酒は、利酒師モトコさんにおまかせして、「ひこ孫 純米吟醸」。 「このお店といえばこのお酒だね」というほどの、Tさまお気に入りのお酒だ。

 お米らしさ全開で、かつ、飲み疲れないドライで軽快な酒質。

 おだやかな熟成香にひそむ、ヨーグルト様のやわらかい香りに吟醸らしい上品さを感じる。 緻密でかつ雄大。 やっぱりすごいお酒だ。



【埼玉県蓮田市 神亀酒造】 純米吟醸
 1800ml:4800(5040)円   720ml:2400(2520)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+4
 原料米:山田錦(徳島県産)   精米歩合:50%
 酵母:協会9号   酸度:1.4


「神亀・ひこ孫」の過去の記事
「神亀 純米酒 辛口」
 (↑2010年06月2009年12月2008年09月2007年02月
   2006年05月2004年01月2003年10月
「神亀 純米酒 甘口」(2010年12月2007年02月
「神亀 純米酒 ひやおろし」(2007年09月
「神亀 真穂人」(2007年03月2006年11月
「神亀 純米酒 ひとごこち」(2009年03月2008年12月
「神亀 本醸造 大古酒 昭和54年」(2007年10月
「神亀 純米 大古酒 昭和56年」(2011年05月
「ひこ孫 純米大吟醸」(2009年11月2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 小鳥のさえずり」(2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 7号酵母」(2006年12月
「ひこ孫 純米吟醸 9号酵母」(2009年09月
「ひこ孫 純米酒」(2008年11月2006年11月2004年03月
「ひこ孫 純米酒 樽酒」(2008年01月
「ひこ孫 純米吟醸 槽口酒」
  ↑「創」(2009年12月)、「芯」(2008年09月)、「悦」(2008年05月
   「結」「碧」「とり」(2011年06月
「ひこ孫 純米吟醸 かるくいっぱい」(2006年12月
「仙亀 純米原酒」(2010年03月
「仙亀 純米 阿波山田錦80%」(2007年03月

rain_of_tears at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年03月29日

釜屋新八 純米酒2

力士 釜屋新八 純米酒 飲み会で飲み、残った分もいただいて帰る。

 初代の名を冠した銘柄「釜屋新八」は、埼玉(北部)では「力士」の名で浸透している蔵のお酒。

 「力士」というと、祖父の葬儀で飲んだことを思い出す。 いつものことながら、記事にしていなかったみたいだけれど。

 今回のお酒はすでに記事にしたことのある「釜屋新八 純米酒」。

 まずは常温でいただきます。

 3年の冷温熟成を経て、軽く色づきはじめた状態。

 お米らしい落ちついた香りが主体。 甘味が少なそうな、酸味・苦味を想起させる独特の熟成香もひそむ。 磯海苔のような雰囲気もある。

 口当たりに苦味が走り、甘味・酸味の少ないソフトな飲み口へと移行してゆく。 ボリュームは淡麗〜中庸。


 温めると杉樽のような香りが出てきて、ドライな雰囲気になる。 ただ、酸が少ないぶんメリハリがなく、どうしても印象がぼんやりしてしまう。

 常温でも、燗でも、後口がアッサリしている。 潔いととらえるか、飲みごたえ不足と感じるかは、飲み手しだいかな。


【埼玉県加須市騎西 釜屋】 純米酒
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+6.5
 原料米:山田錦(徳島県産)   精米歩合:65%
 酸度:1.3


過去の「力士」「釜屋新八」の記事
「釜屋新八 純米酒」(2009年07月
「釜屋新八 特別純米酒 生もと仕込」(2005年07月)未記事化
「力士 本醸造」(2011年11月)未記事化

rain_of_tears at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年01月26日

武甲正宗 秩父地酒 にごり生酒 限定品

武甲正宗 にごり いただきもの。

 毎年、12月から4月にかけての冬季限定のお酒とのこと。

 発酵が続いて炭酸ガスが出続けている生酒なので、ビン内のガス圧が高まって爆発しないように、栓にはガス抜きのための穴が開けられている。

 そのため、開栓はスムーズ。 ビン内やグラス内で炭酸が湧いてくることもなく、意外なほどおとなしい。

 にごり酒ながら、にごり部分が少なめになっていることも影響している?

 さて、飲んでみよう。

 ベタッと甘く、アルコールの化学的な香味も気になる。 良くも悪くも昔ながらのにごり酒といった印象で、苦手なタイプだ。

 ラベルを見てみたら、醸造アルコールだけでなく糖類も添加しているとのこと。

 ちょうど手に入れていた秋田「飛良泉 山廃純米 にごり酒」を開栓して、飲みくらべてみた。

 全然ちがう味わい。 うーん、にごり酒という同じ名称でも、ここまでちがうとは。

 もちろん、両方好きな人も、両方苦手な人もいるはず。 だけど、よっしんは歴然とした好みの差を感じた。


【埼玉県秩父市 武甲酒造】 普通酒(生、にごり)
 720ml:1000(1050)円
 アルコール度数:14.5

rain_of_tears at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年01月22日

文楽 本醸造 生貯蔵 / 文楽 本醸造 シャレボトル

文楽 本醸造 生貯蔵文楽 本醸造 シャレボトル 大宮の「野天湯元・湯快爽快『湯けむり横丁』」にて飲む。

 「健康ランドより落ちついていて良いよ」と誘われて、初めて訪れた。

 本当に良いね〜!

 館内の静かさも、落ちついた内装も、そして何種類もあるお風呂も。


 お昼ということで、ちょっとした食事とお酒をいただきます。

 生貯蔵は、なめらかな口当たりとあっさりした味わいの、いかにも地元用のお酒。

 おしゃれな青いボトルに入ったお酒も、同じ蔵「文楽」の本醸造。 こちらもあまり特徴はないかなあ。



【埼玉県上尾市 文楽
「文楽 本醸造 生貯蔵」
 300ml:350(368)円
 アルコール度数:14.5   日本酒度:+3
 精米歩合:70%   酸度:1.3   アミノ酸度:1.3

「文楽 本醸造 シャレボトル」
 180ml:206(216)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+7
 精米歩合:70%   アミノ酸度:1.4


過去の「文楽」の記事
「文楽 上尾育ち 純米吟醸」(2004年03月
「鬼若 特撰本醸造」(何度も飲んでいるのに未記事化)

rain_of_tears at 11:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年11月18日

天覧山 純米吟醸 無濾過生原酒2

天覧山 純米吟醸 無濾過生原酒 池袋西武で試飲・購入。

 「天覧山」は、地元飯能市の契約農家と山田錦の栽培にも挑戦する蔵。

 ただ、今回購入したのは、長野県産の美山錦のお酒。

 昨年購入して飲んだお酒と同じ商品名ながら、酵母を変えたとのことで、香味は少し異なる。

 酸味を想起させる、パイナップル・洋ナシのような華やかな香りは健在。

 ただ、香りの印象とは異なり、意外と酸味を感じない。 みずみずしい口当たりで、豊かな甘味が主体のお酒。

 たまには、フルーツ系の香味のお酒も良いね。 香りが強いから、何か食事に合わせるというより、お酒単独で飲んで楽しむタイプかな。


【埼玉県飯能市 五十嵐酒造】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3
 原料米:美山錦(長野県産)   精米歩合:55%
 酵母:協会1801号   酸度:1.4   アミノ酸度:0.9


過去の「天覧山」の記事
「天覧山 純米吟醸 無濾過生原酒」(2010年12月
「古天 熟成酒 1997」(2007年10月埼玉36酒蔵大試飲会)

rain_of_tears at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年11月12日

秩父錦 特別純米酒

秩父錦 特別純米酒 親戚たちとの小旅行にて飲む。

 宿のお酒は、寄居町「白扇」、秩父市「秩父錦」がメインのようす。 地域性が出てますね。

 2次会として部屋で飲んだのは「秩父錦 特別純米酒」。

 1部屋に10人以上が集まって酒盛り。 う〜ん、壮観。

 ビンの奥でニンテンドー3DSをプレイ中なのは・・・、誰だっけ? 細いから、よっしん弟かな? わからない。

 さて、冷温でいただきます。

 香りはひかえめで、しっとりとやわらかい口当たり。 クリアな酒質で、ほんのりと広がる旨味がアクセントとなっている。

 常温に近づくにつれて酸が存在感を増してくるものの、それでもまだ味が潜んでいる印象を受ける。

 この奥ゆかしさは、燗に向いていると思う。 温めて飲んでみたいなあ。


【埼玉県秩父市 矢尾本店酒づくりの森】 特別純米酒
 1800ml:1940(2037)円   720ml:970(1019)円
 アルコール度数:15.0   日本酒度:+2
 原料米:美山錦   精米歩合:60%
 酸度:1.5   アミノ酸度:1.4


「秩父錦」の過去の記事
「秩父錦 特別純米 燗ものがたり」
 (↑2007年10月埼玉36酒蔵大試飲会

 「秩父錦」の矢尾本店は、秩父の百貨店グループに属する蔵。
 米焼酎やワインづくりも手がけ、酒蔵資料館・物産館を併設する観光蔵として活躍している。


rain_of_tears at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年06月23日

鏡山 純米吟醸 無濾過生原酒2

鏡山 純米吟醸 無濾過生原酒 池袋西武で試飲・購入。

 埼玉で注目の蔵は、川越の「鏡山」。 創業2007年という最新蔵だ。

 小タンクによる純米酒・吟醸酒のみの生産で、すべての商品が低温長期発酵で醸され、槽しぼり・ビン貯蔵される。

 そのかわり、全商品が500本限定という少なさが、ファンにとってはもどかしいところだ。

 蔵元は、生産が追いつかずに品切れが続出してしまうことにとまどいを抱きながらも、無理に増産して質を落とすつもりもないとのこと。

 今年新発売というこの「鏡山 純米吟醸 無濾過生原酒」は、山田錦の精米歩合50%という、純米大吟醸といって良いお酒。 そのわりにお手ごろ価格だ。

 桃のような華やかな吟醸香で、第一印象は香り系の純米大吟醸。

 ところが、前半の香りで終わってしまうあっけないお酒ではない。

 うすにごり部分の貢献だろうか、香りの下で、お米の甘味・旨味がしっかりと息づいている。

 なんとなく、優雅に泳ぐ水面下で必至に足を動かす白鳥を連想した。

 余韻はリンゴ様の、酸味を想起させるさわやかな雰囲気になり、甘ったるさを感じさせない。 日本酒を飲みなれない人におすすめしたい、さわやかな純米吟醸だ。


【埼玉県川越市 小江戸鏡山酒造】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3600(3780)円   720ml:1800(1890)円
 アルコール度数:17.5
 原料米:山田錦   精米歩合:50%
 酵母:協会1801号


「鏡山」の過去の記事
「鏡山 備前雄町 純米無濾過生原酒・純米無濾過原酒」
 (↑2010年06月2009年04月
「鏡山 純米吟醸 限定無濾過原酒」(2008年09月
「鏡山 純米酒 新酒搾りたて生」(2008年01月

「鏡山 純米酒」(2008年10月試飲会、2007年10月試飲会)
「鏡山 純米 生」(2008年10月試飲会)
「鏡山 純米吟醸」(2008年10月試飲会、2007年10月試飲会)
「鏡山 大吟醸」(2007年10月試飲会)
「鏡山 純米大吟醸」(2008年10月試飲会、2007年10月試飲会)
「鏡山 大吟醸 斗ビン取り雫酒」(2007年10月試飲会)

rain_of_tears at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年06月11日

神亀 純米吟醸槽口酒 「結」「碧」「とり」 2010BY4

神亀 槽口「結、碧、とり」 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 池袋で飲んだ後、浦和に帰還して飲みなおし。

 「神亀 槽口」シリーズを開栓したとの連絡をいただいたので、さっそく3種類を飲みくらべます。

 ビンの間に、モトコさん、スーさん、ちーちゃんの姿!!!

 まずは常温で。

 ブラインドで飲みくらべてみると、明らかに1種類、ドライでおだやかな個性派がいる。 好きな味わい。

 たぶん、これが「小鳥のさえずり」の元になるお酒。 よし、正解!

 あとの2種類のちがいは微妙。 常温で生っぽさが出る、トロリとした口当たりのほうが「9号」。 酸味が少し強調されているほうが「7号」かな。

 ふぅ、正解でした。

 緊張の瞬間をクリアした後に、ぬる燗で楽しみます。

 味乗りはまだでも、うすにごり部分のお米の風味がふわ〜っと広がってゆく。 お米から生まれたお酒だとわかる、充実感・満足感。

 幸せなひととき。


【埼玉県蓮田市 神亀酒造】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:5900(6195)円   720ml:2950(3097)円
 アルコール度数:17.5   精米歩合:50%

「結」(ひこ孫 純米吟醸 9号酵母)
 原料米:山田錦(徳島県阿波産)   酵母:協会9号

「碧」(ひこ孫 純米吟醸 7号酵母)
 原料米:山田錦(徳島県阿波産)   酵母:協会7号

「とり」(小鳥のさえずり)
 原料米:山田錦(鳥取県田中農場産)   酵母:協会9号


「神亀・ひこ孫」の過去の記事
「神亀 純米酒 辛口」
 (↑2010年06月2009年12月2008年09月2007年02月
   2006年05月2004年01月2003年10月
「神亀 純米酒 甘口」(2010年12月2007年02月
「神亀 純米酒 ひやおろし」(2007年09月
「神亀 真穂人」(2007年03月2006年11月
「神亀 純米酒 ひとごこち」(2009年03月2008年12月
「神亀 本醸造 大古酒 昭和54年」(2007年10月
「神亀 純米 大古酒 昭和56年」(2011年05月
「ひこ孫 純米大吟醸」(2009年11月2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 小鳥のさえずり」(2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 7号酵母」(2006年12月
「ひこ孫 純米吟醸 9号酵母」(2009年09月
「ひこ孫 純米酒」(2008年11月2006年11月2004年03月
「ひこ孫 純米酒 樽酒」(2008年01月
「ひこ孫 純米吟醸 槽口酒」
  ↑「創」(2009年12月)、「芯」(2008年09月)、「悦」(2008年05月
「ひこ孫 純米吟醸 かるくいっぱい」(2006年12月
「仙亀 純米原酒」(2010年03月
「仙亀 純米 阿波山田錦80%」(2007年03月

rain_of_tears at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

亀甲花菱 純米吟醸 生原酒 雄町3

亀甲花菱 純米吟醸生原酒 雄町 池袋東口「希紡庵」にて飲む。

 インパクトのあるお酒を、ということで埼玉の「亀甲花菱 雄町」。

 酸味・甘味をたたえた濃厚なお酒をつくる「亀甲花菱」が、濃厚なお酒に向く雄町を使用。 これは楽しみ。

 果実香というより、花のようなささやかな香り。

 スルリとなめらかな口当たりの直後に、ヤンチャな酸が奔放にかけめぐる。 そして、遅れて甘味・旨味が現れる。

 後口はサッと晴れる潔さもあって、雄町らしい、メリハリのある酒質に仕上がっている。

 濃厚な味わいの反面、意外と重厚なイメージはなく、高精白の上品さがうかがえる。

 濃い、少し飲みづらいという感想もあれば、飲みごたえがあるという感想もありました。


【埼玉県北埼玉郡騎西町 清水酒造】 純米吟醸(生、原酒)
 1800ml:3320(3486)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3.5
 原料米:雄町   精米歩合:50%
 酵母:協会9号系   酸度:2.0

rain_of_tears at 19:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月03日

神亀 純米 大古酒 昭和五十六年3

神亀 大古酒 昭和56年 池袋東武で購入。

 今日は両親の結婚記念日。 しかも30周年という特別な日。

 30年前の埼玉に思いを馳せるために、「神亀 大古酒 昭和56年」を両親に進呈。

 と言いながら、よっしんも飲ませてもらうけれど。

 無色透明のビンに入ったお酒は、みごとなコハク色。


 まずは常温でいただきます。

 紹興酒のような香りはいかにも長期間熟成された古酒らしい。 「神亀」らしいスモーキーな香りも、当時から一貫しているんですね。

 とろりとした口当たりで、甘味・旨味・酸味・苦味が調和してやわらかく広がってゆく。

 30年という歳月によって築き上げた様々な経験。 30年という歳月でしか成し得ない変化。 現存していることの貴重さに、感謝です。

 どうか、30年後も健在で。


【埼玉県蓮田市 神亀酒造】 純米酒
 500ml:6000(6300)円
 アルコール度数:15.5
 原料米:山田錦・五百万石・美山錦   精米歩合:60%
 酵母:協会9号


「神亀・ひこ孫」の過去の記事
「神亀 純米酒 辛口」
 (↑2010年06月2009年12月2008年09月2007年02月
   2006年05月2004年01月2003年10月
「神亀 純米酒 甘口」(2010年12月2007年02月
「神亀 真穂人」(2007年03月2006年11月
「神亀 純米酒 ひとごこち」(2009年03月2008年12月
「神亀 本醸造 大古酒 昭和54年」(2007年10月
「ひこ孫 純米大吟醸」(2009年11月2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 小鳥のさえずり」(2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 7号酵母」(2006年12月
「ひこ孫 純米吟醸 9号酵母」(2009年09月
「ひこ孫 純米酒」(2008年11月2006年11月2004年03月
「ひこ孫 純米酒 樽酒」(2008年01月
「ひこ孫 純米吟醸 槽口酒」
  ↑「創」(2009年12月)、「芯」(2008年09月)、「悦」(2008年05月
「ひこ孫 純米吟醸 かるくいっぱい」(2006年12月
「仙亀 純米原酒」(2010年03月
「仙亀 純米 阿波山田錦80%」(2007年03月

rain_of_tears at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年12月26日

神亀 純米酒 甘口4

神亀 甘口 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 スーさんの「神亀 甘口」に便乗しました。

 漫画家尾瀬あきら氏の
 「(お酒は何にしようかなと)迷ったら『神亀』
 という言葉を思い出した。

 「神亀 甘口」は、この蔵を代表する「神亀 辛口」と対をなすお酒にして、少量生産の隠れた人気商品。

 「甘口」といっても、糖分を多く含んだ、飲んだ瞬間に甘いと感じるタイプではない。 「神亀 辛口」とくらべて、さらに個性を突き進めたお酒だ。

 もちろん、「神亀」だから、熱々の燗で魅力を引き出してあげたい。

 麹の香りと乳酸の香り、スモーキーな熟成香が重なり合った、一部で「神亀臭」とも呼ばれる独特の香り。

 「神亀」を飲みなれた人なら、この香りだけで「神亀」と見抜けるだろう。

 スルリとなめらかに流れて、豊かな甘味・旨味が押しよせる。 それをしっかりとした酸が支えているから、余韻はドライ。

 骨太の酒質のわりに、どこか肩の力の抜けたようなやわらかさがある。 気は優しくて力持ち。 懐の深い、豊かな包容力が「神亀 甘口」の魅力。

 神亀酒造の小川原専務いわく、「『神亀 甘口』を熱々の燗で飲むと、その日の疲れが取れる」。

 1日の終わりに、ゆっくりと堪能するのにふさわしいお酒だ。


【埼玉県蓮田市 神亀酒造】 純米酒
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:15.5
 原料米:山田錦・五百万石・美山錦   精米歩合:60%
 酵母:協会9号


「神亀・ひこ孫」の過去の記事
「神亀 純米酒 辛口」
 (↑2010年06月2009年12月2008年09月2007年02月
   2006年05月2004年01月2003年10月
「神亀 純米酒 甘口」(2007年02月
「神亀 真穂人」(2007年03月2006年11月
「神亀 純米酒 ひとごこち」(2009年03月2008年12月
「神亀 本醸造 大古酒 昭和54年」(2007年10月
「ひこ孫 純米大吟醸」(2009年11月2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 小鳥のさえずり」(2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 7号酵母」(2006年12月
「ひこ孫 純米吟醸 9号酵母」(2009年09月
「ひこ孫 純米酒」(2008年11月2006年11月2004年03月
「ひこ孫 純米酒 樽酒」(2008年01月
「ひこ孫 純米吟醸 槽口酒」
  ↑「創」(2009年12月)、「芯」(2008年09月)、「悦」(2008年05月
「ひこ孫 純米吟醸 かるくいっぱい」(2006年12月
「仙亀 純米原酒」(2010年03月
「仙亀 純米 阿波山田錦80%」(2007年03月

rain_of_tears at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年12月05日

天覧山 純米吟醸 無濾過生原酒2

天覧山 純米吟醸 無濾過生原酒 池袋西武で試飲・購入。

 埼玉の構成は、南東に東京のベッドタウン、北に近郊農業地帯、西に秩父の山々。

 飯能市は、秩父山地と関東平野の境界、狭山丘陵にある。 西武池袋線の終着駅があり、電車で1本(特急で40分)だ。

 さて、地元飯能市で酒米栽培に挑戦する「天覧山」が、池袋西武で試飲販売。

 地元産の山田錦を90%精米にとどめて、昔風に仕込んだ「天覧山 江戸造り純米酒」も好みだけれど、今回は「天覧山 純米吟醸 無濾過生原酒」を購入。

 生酒らしいフレッシュな、パイナップル・洋ナシのような香りが華やか。 甘味・酸味たっぷりで、ボリューム感がある。

 燗にしても、フレッシュで華やかな香味の印象は変わらない。

 「末廣 しぼったばっかし」や、「豊の梅 おかし!!な濁り酒」など、色んな蔵で似たようなお酒を飲んだなあという印象。

 個性はあまり感じられないけれど、そのぶん安定して多くの人に受け入れられるのかもしれない。


【埼玉県飯能市 五十嵐酒造】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+2
 原料米:美山錦(長野県産)   精米歩合:55%
 酵母:協会901号   酸度:2.0   アミノ酸度:1.1

rain_of_tears at 20:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年06月08日

神亀 純米酒 辛口4

神亀 辛口 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 今夜は、威厳のある方々がイス席を貸切って飲み会。

 さらに、カウンターも常連のモーさんがかけつけたところで満席。 店先の屋台で飲める「外」も一杯。 パーフェクト!

 そんな日にかぎってスタッフは、店長翔くんとスーさんの2人体制。 ひぃ、大変だ!

 常連の方々は忙しいスタッフに気をつかって、手間がかからないように、飲み会グループに出す料理に乗っかる。

 「次はメンチカツです」という翔くんの声に、カウンターから「僕も」「私も」という注文がこだまする。

 そしておのずと、よっしん・モーさんのお酒は、多少荒く燗つけしても大丈夫な「神亀」になる。

 しかし、しかたなく選択した食事・お酒ではなく、じつは考えたコンビ。 揚げ物に「神亀」は相性抜群だからだ。

 しっかり熱めに燗つけされた「神亀」の骨太の味わいが、肉と油と対等に渡りあう。 そして熱々の「神亀」は酸味が効いてキレが良くなり、油脂をサッと洗い流す。

 メンチカツとお酒。 おたがいが、さらにおいしく感じる。

 「やっぱりこれはおいしいね〜」と喜びながら、よっしんとモーさんは次のお客さんたちのために、早めに切り上げるのだった。


【埼玉県蓮田市 神亀酒造】 純米酒
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:15.5
 原料米:山田錦・五百万石・美山錦   精米歩合:60%
 酵母:協会9号


「神亀・ひこ孫」の過去の記事
「神亀 純米酒 辛口」
 (↑2009年12月2008年09月2007年02月2006年05月
   2004年01月2003年10月
「神亀 純米酒 甘口」(2007年02月
「神亀 真穂人」(2007年03月2006年11月
「神亀 純米酒 ひとごこち」(2009年03月2008年12月
「神亀 本醸造 大古酒 昭和54年」(2007年10月
「ひこ孫 純米大吟醸」(2009年11月2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 小鳥のさえずり」(2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 7号酵母」(2006年12月
「ひこ孫 純米吟醸 9号酵母」(2009年09月
「ひこ孫 純米酒」(2008年11月2006年11月2004年03月
「ひこ孫 純米酒 樽酒」(2008年01月
「ひこ孫 純米吟醸 槽口酒」
  ↑「創」(2009年12月)、「芯」(2008年09月)、「悦」(2008年05月
「ひこ孫 純米吟醸 かるくいっぱい」(2006年12月
「仙亀 純米原酒」(2010年03月
「仙亀 純米 阿波山田錦80%」(2007年03月

rain_of_tears at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年06月05日

鏡山 純米無濾過生原酒 雄町2

鏡山 雄町 池袋西武で購入。

 昨年も飲んだ「鏡山 雄町」を今年も購入。 どうやら昨シーズンを超える大好評で、もう蔵に在庫がないという。

 川越の「鏡山」は創業2007年という最新蔵。 小タンクで純米酒・吟醸酒のみの生産で、すべての商品が低温長期発酵で醸され、槽しぼり・ビン貯蔵される。

 そのかわり、全商品が500本限定という少なさが、ファンにとってはもどかしいところだ。

 埼玉県産のさけ武蔵、滋賀県産の玉栄、岡山県産の雄町など、さまざまな酒米を使用する。 生産量は少ないが、バラエティに富んだラインナップだ。

 この「鏡山 純米無濾過生原酒 雄町」は、甘く華やかな香りが特徴の協会18号酵母を使用している。

 チョコレート・はちみつ様の甘い香りで、インパクトは抜群。 果実のような、酸味を想起させるさわやかな香りともちがって、独特だ。

 ただ、この香りは蔵の個性というより、酵母の特徴。 冷温ではひかえめだが、常温に近づくにつれてボリュームを増す。

 香りが邪魔で、食中酒には向かないなあ。 料理が主、お酒は従、というスタンスの人には合わないと思う。

 お酒そのものを楽しみたいという場面または性格なら、このお酒の活躍チャンスはある。

 生酒らしさか、甘い香味のおかげか、非常にまろやかな飲み口で濃厚な印象。 このまろやかさは三重「天遊琳」にも似た雰囲気がある。

 そしてちゃんと元気な酸があるから、甘い香味に負けずにバランスが保たれている。 これでもし酸が弱かったら、1杯どころか1口で勘弁してほしい山形「十四代」タイプになってしまっていたかもしれない。

 個人的には、香りひかえめで旨味を引き出した通常商品「鏡山 純米酒」のほうが好み。 できれば、香りで味の個性を隠してしまう1801号酵母ばかりにならないでほしいなあ。

 観光地にある試行錯誤段階の蔵だから、普段飲まない人がひと口試飲して反応しやすい香り酒へ特化してゆくことは十分に考えられる。

 一見さんの観光客を相手に香り酒を売るか、ファン・リピーターに飽きのこない味酒を売るか。 これからの展開に目が離せない蔵だ。


【埼玉県川越市 小江戸鏡山酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:17.5
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:60%
 酵母:協会1801号

「鏡山」の過去の記事
「鏡山 備前雄町 純米無濾過生原酒・純米無濾過原酒」(2009年04月
「鏡山 純米吟醸 限定無濾過原酒」(2008年09月
「鏡山 純米酒 新酒搾りたて生」(2008年01月

「鏡山 純米酒」(2008年10月試飲会、2007年10月試飲会)
「鏡山 純米 生」(2008年10月試飲会)
「鏡山 純米吟醸」(2008年10月試飲会、2007年10月試飲会)
「鏡山 大吟醸」(2007年10月試飲会)
「鏡山 純米大吟醸」(2008年10月試飲会、2007年10月試飲会)
「鏡山 大吟醸 斗ビン取り雫酒」(2007年10月試飲会)

rain_of_tears at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月11日

仙亀 原酒3

神亀 仙亀 原酒 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 「仙亀」は、神亀酒造が他の蔵に先がけてつくった低精白のお酒。 お米の外側をあえて残すことで、お米本来の旨味・個性を引き出している。

 お米をけずりにけずって個性を消してゆく大吟醸の、対極をゆくお酒だ。

 加水した通常の「仙亀」を飲んだことはあるけれど、原酒バージョンは初めて。

 開栓直後ということで、少しぬるめの燗でいただきます。

 おっと、なんだこれは!? 今までに経験のない不思議な香りだ。

 うーん、どう表現すれば良いんだろう。 こんなときは、となりのモトコさんに助けてもらおう。

 スーッとする香りは、モトコさんいわく「紅茶。 ハーブの香り。 ・・・あとチョコレート」。 おぉ、たしかに!

 かすかに乳酸も感じる、さわやかでスーッとする香りが、ふんわりふんわりと広がってゆく。 なんでこんなに軽やかなんだろう? 不思議〜。

 爽快感な飲み口が印象的で、求心的にまとまるというより、凝縮された旨味の緊張がフッとほどけるように放射的に広がってゆく。

 冷めてきたころがまたうまし! 練れてますね〜。

 香りも味も、加水バージョン(通常商品)とはずいぶんちがう。

 個人的には、この「仙亀 原酒」のほうが好きだなあ。


【埼玉県蓮田市 神亀酒造】 純米酒
 1800ml:2850(2992)円   720ml:1425(1486)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+3
 原料米:山田錦(徳島県阿波産)   精米歩合:80%
 酸度:1.6


「神亀・ひこ孫」の過去の記事
「神亀 純米酒 辛口」
 (↑2008年09月2007年02月2006年05月2004年01月
   2003年10月
「神亀 純米酒 甘口」(2007年02月
「神亀 真穂人」(2007年03月2006年11月
「神亀 純米酒 ひとごこち」(2009年03月2008年12月
「神亀 本醸造 大古酒 昭和54年」(2007年10月
「ひこ孫 純米大吟醸」(2009年11月2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 小鳥のさえずり」(2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 7号酵母」(2006年12月
「ひこ孫 純米吟醸 9号酵母」(2009年09月
「ひこ孫 純米酒」(2008年11月2006年11月2004年03月
「ひこ孫 純米酒 樽酒」(2008年01月
「ひこ孫 純米吟醸 槽口酒」
  ↑「創」(2009年12月)、「芯」(2008年09月)、「悦」(2008年05月
「ひこ孫 純米吟醸 かるくいっぱい」(2006年12月
「仙亀 純米 阿波山田錦80%」(2007年03月

rain_of_tears at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年12月15日

ひこ孫 純米吟醸 槽口 「創」4

ひこ孫 槽口 「創」 池袋東武で購入。

 本日は、よっしん父の誕生日。 昨年につづき、「神亀」でお祝い。

 以前飲んでおいしかった「ひこ孫 槽口 芯」の、酵母ちがいバージョン。

 「芯」が7号酵母だったの対し、この「創」は9号酵母。

 まずは冷やした状態で。 2年熟成ということもあってか、香りはほとんど感じられない。 重心の低い味わいで、サラサラとややドライな感触。

 では、いよいよ温めてみよう。

 「ひこ孫 小鳥のさえずり」や「ひこ孫 純米大吟醸」と同様、ふんわりとおだやかに、スケールの大きな風味が広がってゆく。

 お米らしい味わい、栗・ワラのような雰囲気などが重なり合ってゆく。

 さすが「神亀」、うまいなあ。

 そう思って、少し残しておいた「ひこ孫 芯」も温めてみる。 空気に触れて熟成が進んでいった「芯」は、さらにひとまわりふくよかな旨味を感じさせてくれた。 7号酵母ということもあってか、後口のひと押しも強い。

 うーん、すごいお酒たちだ。


【埼玉県蓮田市 神亀酒造】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:5900(6195)円   720ml:2950(3097)円
 アルコール度数:16.6   日本酒度:+4
 原料米:山田錦(徳島県阿波産)   精米歩合:50%
 酵母:協会9号   酸度:1.4


「神亀・ひこ孫」の過去の記事
「神亀 純米酒 辛口」
 (↑2008年09月2007年02月2006年05月
   2004年01月2003年10月
「神亀 純米酒 甘口」(2007年02月
「神亀 真穂人」(2007年03月2006年11月
「神亀 純米酒 ひとごこち」(2009年03月2008年12月
「神亀 本醸造 大古酒 昭和54年」(2007年10月
「ひこ孫 純米大吟醸」(2009年11月2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 小鳥のさえずり」(2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 7号酵母」(2006年12月
「ひこ孫 純米吟醸 9号酵母」(2009年09月
「ひこ孫 純米酒」(2008年11月2006年11月2004年03月
「ひこ孫 純米酒 樽酒」(2008年01月
「ひこ孫 純米吟醸 槽口酒」
  ↑「芯」(2008年09月)、「悦」(2008年05月
「ひこ孫 純米吟醸 かるくいっぱい」(2006年12月
「仙亀 純米 阿波山田錦80%」(2007年03月

rain_of_tears at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年12月06日

神亀 純米酒4

 近所のお蕎麦屋さんで飲む。

 最近よく行くお蕎麦屋さんが、今日は貸切。 店内から聞こえる明るい声に、楽しい忘年会のようすがうかがえる。 ちょっと残念だけど、うれしい雰囲気。

 ということで、少し足が遠のいていたほうのお蕎麦屋さんに行く。 この地域では最古参・老舗といっても良いこちらのお店は、昔からお酒が充実している。

 福島「大七 純米生もと」、高知「酔鯨 吟麗」も良いなあ。 でもこの季節、気分は「神亀 純米酒」だなあ。

 ぬる燗で、キス天をつまみにいただきます。

 ここのカレー南そば、やっぱりおいしい。


【埼玉県蓮田市 神亀酒造】 純米酒
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:15.5
 原料米:山田錦・五百万石・美山錦   精米歩合:60%
 酵母:協会9号


「神亀・ひこ孫」の過去の記事
「神亀 純米酒 辛口」
 (↑2008年09月2007年02月2006年05月
   2004年01月2003年10月
「神亀 純米酒 甘口」(2007年02月
「神亀 真穂人」(2007年03月2006年11月
「神亀 純米酒 ひとごこち」(2009年03月2008年12月
「神亀 本醸造 大古酒 昭和54年」(2007年10月
「ひこ孫 純米大吟醸」(2009年11月2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 小鳥のさえずり」(2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 7号酵母」(2006年12月
「ひこ孫 純米吟醸 9号酵母」(2009年09月
「ひこ孫 純米酒」(2008年11月2006年11月2004年03月
「ひこ孫 純米酒 樽酒」(2008年01月
「ひこ孫 純米吟醸 槽口酒」
  ↑「芯」(2008年09月)、「悦」(2008年05月
「ひこ孫 純米吟醸 かるくいっぱい」(2006年12月
「仙亀 純米 阿波山田錦80%」(2007年03月

rain_of_tears at 18:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年11月20日

ひこ孫 純米大吟醸4

ひこ孫 純米大吟醸 池袋東武で購入。

 詳細は前回の記事(2008年12月)を参照のこと。

 先日、よっしんが埼玉で「すごいなあ」と尊敬する人物のひとり、祖父が亡くなった。

 お酒は楽しく飲むもの。 そうだ、楽しもう。

 考えてみると、喜ぶことも色々ある。

 祖父は、大好きでしかたがなかった、14年も待たせていた祖母に会いにいったんだ。

 何十年も飲み続けた薬も、もう飲まなくて良い。 足の骨折の痛みも、もうない。 2人のひ孫を抱けた。

 そのことは、本当によかったと思う。 幸せ者だなと思うことが多々ある。


 埼玉で「すごいなあ」と思うお酒、「ひこ孫 純米大吟醸」で敬意を表したい。 ありがとう、さようなら。


【埼玉県蓮田市 神亀酒造】 純米大吟醸
 1800ml:11000(11550)円   720ml:5000(5250)円
 アルコール度数:16.9   日本酒度:+4
 原料米:山田錦(徳島県阿波産、無農薬栽培)   精米歩合:40%
 酵母:協会9号   酸度:1.3


「神亀・ひこ孫」の過去の記事
「神亀 純米酒 辛口」
 (↑2008年09月2007年02月2006年05月
   2004年01月2003年10月
「神亀 純米酒 甘口」(2007年02月
「神亀 真穂人」(2007年03月2006年11月
「神亀 純米酒 ひとごこち」(2009年03月2008年12月
「神亀 本醸造 大古酒 昭和54年」(2007年10月
「ひこ孫 純米大吟醸」(2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 小鳥のさえずり」(2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 7号酵母」(2006年12月
「ひこ孫 純米吟醸 9号酵母」(2009年09月
「ひこ孫 純米酒」(2008年11月2006年11月2004年03月
「ひこ孫 純米酒 樽酒」(2008年01月
「ひこ孫 純米吟醸 槽口酒」
  ↑「芯」(2008年09月)、「悦」(2008年05月
「ひこ孫 純米吟醸 かるくいっぱい」(2006年12月
「仙亀 純米 阿波山田錦80%」(2007年03月

rain_of_tears at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年09月04日

ひこ孫 純米吟醸 9号酵母4

ひこ孫 純米吟醸 9号 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 昨日、あの純米酒界のカリスマ、O専務(伏せた意味ない?)が「和浦酒場」に来店したという関係で、普段はメニューにない「ひこ孫 純米吟醸 9号酵母」があるという。

 おぉ、飲んだことない。 ぜひぜひ飲みたい!

 よく見る・飲むのは7号酵母バージョン(白ラベル)。 たしかに、ラベルがクリーム色でちょっとちがう。

 さすが神亀酒造といえるのが、吟醸香がないところ。 冷温でも燗でも、吟醸香は食事中には邪魔なだけ。 おだやかな穀物の香りがうれしい。

 ドライな印象を受ける7号酵母バージョンにくらべ、この9号酵母バージョンはまろやかさが目立つ。 酵母のちがいって、このくらいかな。 他の差はあんまりわからない。

 豊かな米の旨味が印象的だが、緻密な酸の活躍も見逃せない。

 マツタケ・ハモの土瓶蒸しとともに、幸せなひとときを過ごした。


【埼玉県蓮田市 神亀酒造】 純米吟醸
 1800ml:4800(5040)円   720ml:2400(2520)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+4
 原料米:山田錦(徳島県産) 精米歩合:50%
 酵母:協会9号   酸度:1.4


今回のまとめ記事「和浦酒場 弐」にて「和浦酒場(本店)」にて


「神亀・ひこ孫」の過去の記事
「神亀 純米酒 辛口」(2008年09月2007年02月2006年05月2004年01月2003年10月
「神亀 純米酒 甘口」(2007年02月
「神亀 真穂人」(2007年03月2006年11月
「神亀 純米酒 ひとごこち」(2009年03月2008年12月
「神亀 本醸造 大古酒 昭和54年」(2007年10月
「ひこ孫 純米大吟醸」(2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 小鳥のさえずり」(2008年12月
「ひこ孫 純米吟醸 7号酵母」(2006年12月
「ひこ孫 純米酒」(2008年11月2006年11月2004年03月
「ひこ孫 純米酒 樽酒」(2008年01月
「ひこ孫 純米吟醸 槽口酒」
  ↑「芯」(2008年09月)、「悦」(2008年05月
「ひこ孫 純米吟醸 かるくいっぱい」(2006年12月
「仙亀 純米 阿波山田錦80%」(2007年03月

rain_of_tears at 22:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2009年07月25日

釜屋新八 純米酒

釜屋新八 地元の居酒屋さんにて飲む。

 「神亀 純米酒」のほか「南部美人 純米吟醸 無濾過生」や「酔鯨 吟麗」もあって、安心して飲める好きなお店。

 料理もお酒もおどろくほどの良心価格。

 あ、田舎相場ってことか。

 冷蔵庫にメニュー外の「釜屋新八」があったので、飲んでみた。

 携帯電話であわてて撮影したのが上の写真。 1合減ってる(飲んだ)。

 きれいな色がついていて、お米らしい穏やかな香りからも「これは熟成したな」という雰囲気が伝わってくる。

 冷やした状態では、あまりにも味がなさすぎる。 なので、しばらく待ってみる。 夏だから常温になるのが早い。

 「これは五百万石だな」というストレートな味わいと、後口に残る苦味。 しっかりドライな余韻は、飲み疲れないとみるか、あっさりすぎて物足りないと感じるか、賛否分かれそう。

 この蔵のお酒は、ソフトなイメージで常温向き。 今回のお酒も例にもれず、温度が上がって持ち味が発揮される。

 帰宅後に調べてみたら、山田錦でした。 え・・・、ホントですか? 徳島の山田錦を65%残した純米が、こんなにあっさりとは驚きです。


【埼玉県北埼玉郡騎西町 釜屋】 純米酒
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:15.5
 原料米:山田錦(徳島県産)   精米歩合:65%

rain_of_tears at 20:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数