山梨のお酒

2014年12月11日

七賢 純米吟醸 ひやおろし 2012BY2

七賢 純米吟醸 ひやおろし 池袋東武で試飲・購入。

 「七賢」「大中屋」などを醸す山梨銘醸は、山梨でもっとも創業が古く、そしてもっとも生産規模の大きい蔵。

 したがって、山梨県を代表する酒蔵といっても良いでしょう。

 今回のお酒は、そんな「七賢」の秋限定酒。

 2013年秋に購入していた半年熟成の酒を、さらに1年常温熟成させたもの。


 試飲したときに、落ち着いた風味が気に入ったものの、少し物足りない印象。

 「熟成させるとさらに好みになるのでは・・・」という予感にもとづいて熟成させたお酒の味わいはいかに?

 まずは、常温でいただきます。



 水の良さを感じさせるミネラルの香りに、かすかにヨーグルト様の香りがひそむ。 純米吟醸とはいえ、吟醸香・果実香はない。

 常温で放置したわりには、色も香味もほとんど変化していない、淡麗型の酒質。

 やや酸味が勝った味わいで、アルコールの活きた鋭い切れあがりを見せる。

 余韻に熟成したお酒ならではのおだやかさが感じられる。


 ぬる燗にすると、硬質・無機的な雰囲気がうすれてまろやかになり、バランスが取れてくる。



 アルコールらしさを感じる淡麗・ドライなお酒を好む人は冷温で。 やさしい味わいのまろやかなお酒を好む人は燗で。

 熟成による変化は少なかったものの、温度変化による味わいの変化はきちんと存在するお酒でした。



【山梨県北杜市 山梨銘醸】 純米吟醸(生詰)
 720ml:1,143(税込1,234)円
 アルコール度数:16.5%   日本酒度:+5
 原料米:夢山水(北杜市産)   精米歩合:60%
 酵母:協会901号   酸度:1.2   アミノ酸度:1.1

rain_of_tears at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月04日

旦(だん) 純米無濾過生原酒2

旦 純米無濾過生原酒 池袋東口の日本酒バー「希紡庵」にて飲む。

 10蔵あまりと数が少ないこともあるけれど、東京で山梨のお酒に出会う機会は少ない。

 東京の隣県なのに、西日本のお酒よりも出会わないというのが不思議なほど。

 だからこそ、めずらしく出会えたら、チャンスは逃せない。


 今回の山梨のお酒は「旦」。 ・・・はて?

 初めての蔵かなと思ったら、「笹一」の笹一酒造の新ブランドとのこと。 気になる!


 ということで、冷温でいただきます。

 生酒らしい、刺激的な香りとなめらかな口当たり。 まろやかな甘味・旨味を、豊かな酸がしっかりと支える、力強い酒質。

 個性に欠けるともいえるし、バランスが良いともいえる、スタンダードな濃醇酒。


 「旦」・・・他の商品、そしてこれからの展開に注目したい銘柄です。



【山梨県大月市 笹一酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2,370(税込2,559)円
 アルコール度数:17.5%   日本酒度:+2
 原料米:五百万石・美山錦   精米歩合:60%
 酸度:2.1


 2013BYから笹一酒造の杜氏となった伊藤氏は、「能登四天王」農口尚彦杜氏のもと、石川県「常きげん」で修行した能登流杜氏。


rain_of_tears at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年02月15日

青煌 純米生原酒 活性にごり酒 2012(H24)BY3

青煌 純米生原酒 にごり 池袋東口の「日本酒BAR 希紡庵」にて飲む。

 山梨の「青煌」。

 名前は見聞きしたことはあるものの、飲むのは初めて。

 いや、「青煌」だけではなく、そもそも山梨のお酒自体を飲む機会が少ない。

 山梨には酒蔵が14軒しかない(全国39位)。 うーん、やっぱりワインの勢力が強いためでしょうか。


 「青煌」は、清水紘一郎杜氏がたった1人で製造・出荷を行う、年間わずか40石という少量生産の新ブランド。

 東京農大醸造化学科を卒業し、茨城の「来福」で修業したという経歴から、花酵母に力を入れているとのこと。


 ただ、今回の「青煌 純米生原酒 活性にごり酒」は、協会酵母で醸したお酒。

 リンゴ様のさわやかな香り。 やさしい甘味とにごり部分の旨味が現れながらも、キレイな飲み口。

 香りに導かれてさわやかな酸味・苦味も登場し、微炭酸も活躍して、スッキリとした味わいにまとまっている。


 にごり酒なのに、キレイで軽やかな印象。 スタートにはピッタリのお酒ですね。 今度は花酵母のお酒も飲んでみたいなあ。



【山梨県北杜市 武の井酒造ブログ)】 純米酒(生、原酒)
 720ml:1333(1400)円
 アルコール度数:17.5
 原料米:出羽の里(山形県産)   精米歩合:65%

rain_of_tears at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年02月26日

太冠 特別純米酒2

太冠 いただきもの。

 山梨のお酒というと、池袋東武で手に入る「春鶯囀」や、試飲会でよく出会う「七賢」くらいしか飲んだことがなかった。

 お酒好きのAさんに聞いたところ、「『太冠』は甲府に出張したときに飲んだことがあるけれど、味は忘れた」とのこと。

 うーん、山梨のお酒ってあまり知らないなあ。 知らないぶん先入観なく飲めるから、楽しみといえば楽しみ。

 冬の室温(15度くらい)で飲んでみたところ、石灰のようなミネラルを感じる香味で、ストレートな味わい。 やや単調でアルコールが目立つ。

 これは「菊水 純米酒」にも共通する飲み口で、もしかしたら燗で活きるかもしれない。

 そう思って、やや熱めの燗にしてみる。

 すると、ミルキーな甘味が現れてスルリと流れてゆく、やさしい飲み心地のお酒になった。 おだやかな苦味が底流に見えて、複雑さもでてきた。

 心をつかんで離さない、魅力的な個性は感じられなかった。 でも、このお酒、嫌いじゃない。

 知らず知らず手が伸びる、杯を重ねられるお酒だった。


【山梨県甲府市 太冠酒造】 特別純米酒
 1800ml:2600(2730)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+6
 原料米:五百万石   精米歩合:60%
 酸度:1.5   アミノ酸度:1.4

rain_of_tears at 00:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数