チヨニシキ

2013年07月06日

蓬莱泉 純米吟醸 和 熟成生酒2

蓬莱泉 和 熟成生 池袋西武で試飲・購入。

 祖父母の家にて飲む。


 愛知県とくに三河地方で圧倒的な人気の「蓬莱泉」。

 地元密着型なのか、その生産量・人気のわりに、意外と東京の酒販店・飲食店では目にする機会・種類が少ない。

 貴重な機会に試飲して気に入ったのは、生のままタンクで1年間熟成させたお酒。

 生原酒の状態で熟成させて、出荷のときに加水するようですね。



 冷温でいただきます。

 果実系のさわやかな香りではなく、花のようなやさしい吟醸香。 熟成した生酒らしい、ナッツ系の香りもかすかに感じられる。

 しっとりとなめらかな口当たり。

 やさしい甘味とつややかな酸味が、やわらかくクリーミーな味わいをつくりあげている。 「蓬莱泉」らしい、キレイな酒質だ。

 繊細な中に感じられる複雑な旨味や、余韻の深さに、熟成の妙が感じられる。



【北設楽郡設楽町 関谷醸造】 純米吟醸(生)
 1800ml:3200(3360)円   720ml:1600(1680)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:±0
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)チヨニシキ
 精米歩合:50%   酸度:1.5


過去に飲んだ「蓬莱泉」「明眸」
「蓬莱泉 特別純米酒 可。(べし)」
「明眸 純米酒」好み度3(★★★)

rain_of_tears at 20:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月16日

榮川(栄川・えいせん) 純米酒

 地元の居酒屋さんにて忘年会。 今年もお世話になりました!


 まずは「榮川 純米酒」で乾杯。

 軟水のやわらかい口当たりで、キレイな飲み口のなかにかわいらしい酸味がアクセントとなる淡麗型のお酒。


 多くの飲み手にとっては、「飲みやすい」と感じるタイプかもしれない。 ただ、個人的には薄い感じがして、物足りないなあ。



【福島県耶麻郡磐梯町 栄川酒造】 純米酒
 1800ml:1857(1950)円   720ml:933(980)円
 アルコール度数:15.3   日本酒度:+1.5
 原料米:チヨニシキ   精米歩合:65%
 酸度:1.4   アミノ酸度:1.9

rain_of_tears at 19:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月19日

鳳金寶 優撰自然酒 純米原酒

鳳金寶 優撰自然酒 池袋西武で2006年に購入した「鳳金寶」を開栓。 つくられてから3年間熟成した状態だ。

 仁井田本家は無農薬・無化学肥料で栽培された地元のお米を使い、地元の蔵人たちで醸す。 原料を見てみると、なんと無農薬・無化学肥料栽培のコシヒカリ! 食べてみたい。

 熟成で生まれた黒糖のような香りに、青竹・松葉のような香りや、パイナップル様の刺激的な香りも感じる。

 濃厚な甘味は、まさに黒蜜。 大好物の山梨の桔梗屋の信玄モチを食べたくなってきた。

 濃厚で個性的なのはうれしいが、糖分が多くベタッとした感覚があるので苦手。 酸が弱く、どうしても甘味が目立ってしまう点で、バランスが取れていないと感じた。

 「濃厚かつ個性的、そしてキレも良いお酒」だと良いなあと思うのは、欲張りだろうか。 丁寧に育てられた貴重なお米を使うのだから、ついついもっと先を求めてしまう。


【福島県郡山市 仁井田本家】 純米酒(原酒)
 1800ml:2220(2331)円   720ml:1050(1103)円
 アルコール度数:17.3   日本酒度:−15
 原料米:華吹雪・チヨニシキ・コシヒカリ(無農薬・無化学肥料)
 精米歩合:(麹米)60%、(掛米)70%
 酸度:1.7   アミノ酸度:2.5

rain_of_tears at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年12月31日

大和川 純米吟醸 活性にごりもろみ酒3

大和川 もろみ酒 池袋東武で試飲・購入。 年末用に冷蔵庫で保管。

 変わったお酒を色々つくる「大和川」が、もろみ酒を発売した。

 米粒残ってるよ! ホントに荒漉ししたの?

 ひかえめながら非常にフレッシュな吟醸香で、仕込み期の蔵の香りがする。

 オリ部分の米の甘味、若いお酒ならではの渋味と、ピチピチ湧きあがる炭酸が見事に調和して、爽快な飲み口。

 木の香りはひかえめで、味を重視した「純米木桶仕込み」。 夏季醸造でコッテリした味わいの純米無濾過生原酒「滓がらみ」。 麹を倍つかった濃厚甘口の「カスモチ原酒」。

 変わったお酒をつくり、そのクオリティーも高い。 「大和川」、大好きです。


【福島県喜多方市 大和川酒造】 純米吟醸(無濾過、生、原酒、にごり)
 720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:17.0   日本酒度:−15〜20
 原料米:五百万石・チヨニシキ   精米歩合:55%
 酸度:2.0   アミノ酸度:1.8

rain_of_tears at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2003年10月17日

大和川 カスモチ原酒 弥右衛門酒2

大和川 カスモチ原酒 池袋東武で購入。

 「大和川 滓がらみ」につづいて、「大和川 カスモチ原酒」を開栓。

 麹を通常の倍の量を使用しているとのこと。  エキス分が多いからか、日本酒度−20の甘口酒になっている。

 はちみつのような含み香に、熟成した雰囲気を感じる。 濃厚な甘味が口中に広がる一方で、強めの酸がバランスを取って引きしまった印象に仕上がっている。

 他の蔵にはない、個性的なお酒だ。

 食前酒に、食後のデザート酒に、少量ずつ楽しみたい。


【福島県喜多方市 大和川酒造】 本醸造(多麹仕込み、原酒)
 1800ml:3100(3255)円   720ml:1550(1627)円
 アルコール度数:17.8   日本酒度:−20
 原料米:五百万石、チヨニシキ   精米歩合:65%
 酵母:協会7号   酸度:2.0   アミノ酸度:1.8

rain_of_tears at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数