三井の寿

2011年06月29日

三井の寿 美田 山廃純米 にごり生 2010BY3

三井の寿 美田 山廃純米にごり 京都西陣の「鵜飼商店」にて購入。

 すばらしいコストパフォーマンスの「美田 山廃 にごり」。

 ただしこのお酒は、年によって味わいが全然ちがう。 好みによって、当たり・ハズレがある。

 今シーズンのは良いと思います、というヨラムさんのお墨付きをいただいて購入。

 ガス抜きの穴があるので、開栓はスムーズ。

 さわやかな乳酸の香りがたっぷり。 常温では、チーズのようなニュアンスも感じられる。

 にごり部分のサラサラとした感触が楽しめる、濃厚なにごり酒だが、アルコールがやや低めにおさえてあるおかげで、重厚感はない。

 米の味がストレートに感じられて、豊かな甘味と酸味が一体となっている。 このお米の味をさらに引き立てるなら燗だ。

 個人的には、冷温〜常温くらいでお酒らしい酸味を楽しむのが好み。


 苦味が強く、少しほっそりとした2008BYとは別モノ。 今年のほうが好きだなあ。


【福岡県三井郡大刀洗町 井上】 純米酒(山廃、生)
 1800ml:2200(2310)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:14.5   日本酒度:−5
 原料米:山田錦   精米歩合:70%
 酵母:協会7号系   酸度:2.7


「三井の寿」「美田」の過去の記事
「三井の寿 豊醸美田 山廃純米 無濾過生原酒」(2008年11月
「三井の寿 豊醸美田 山廃純米 無濾過生詰 ひやおろし」
 (↑2005年10月2003年11月
「三井の寿 豊醸美田 山廃純米 常温3年熟成」(2004年11月
「三井の寿 辛醸美田 山廃純米 大辛口」(2011年02月
「三井の寿 美田 山廃純米 にごり生」(2009年04月2008年03月
「三井の寿 復刻醸造純米 穀良都 山廃」
 (↑2008年09月2007年08月2007年05月
「三井の寿 復刻醸造純米 穀良都 山廃 生」(2009年10月
「三井の寿 手造り純米酒 辛口 初槽荒走り生原酒」(2008年03月
「三井の寿 山廃仕込み純米酒 蔵元直詰封印原酒 1997(H9)BY」
 (↑2011年02月

rain_of_tears at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年02月28日

三井の寿 山廃仕込み純米酒 蔵元直詰封印原酒 1997(H9)BY3

三井の寿 山廃純米1997BY 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 今夜の締めは「三井の寿」。 見たことのないラベルだなあと思ったら、なんと13年モノ。

 1997BYだから、能登原新助杜氏から山下修司杜氏にバトンタッチして2年目の造りだ。

 蔵で長期貯蔵していたお酒で、出荷年月は2010年1月。 冷蔵庫ではなく冷暗所で貯蔵したとのことで、濃い色づきで、熟成香もしっかりとついている。

三井の寿 山廃純米1997BYの色 白い杯にそそぐと、色が一目瞭然。 おいしそー!

 熱めの燗でいただきます。

 おだやかな穀物らしい香りが出てきて、常温で目立っていた熟成香をつつみこんでいる。

 長期熟成酒といっても、とろみ・甘味が強調されたタイプではなく、お米らしい雰囲気を残したふくよかなタイプ。

 熱めでは酸味が、ぬるめでは旨味が、常温に冷めてくるころは苦味が活躍する。 落ち着いた味わいの中に、さりげない表情の変化がある。

 これは・・・、うまい・・・。 熟成酒って、良いなあ。


【福岡県三井郡大刀洗町 井上】 純米酒(山廃、原酒)
 アルコール度数:18.5   日本酒度:−2
 原料米:山田錦(福岡県糸島産)   精米歩合:68%
 酵母:協会7号系自家培養   酸度:2.1   アミノ酸度:1.7


「三井の寿」「美田」の過去の記事
「三井の寿 豊醸美田 山廃純米 無濾過生原酒」(2008年11月
「三井の寿 豊醸美田 山廃純米 無濾過生詰 ひやおろし」
 (↑2005年10月2003年11月
「三井の寿 豊醸美田 山廃純米 常温3年熟成」(2004年11月
「三井の寿 辛醸美田 山廃純米 大辛口」(2011年02月
「三井の寿 美田 山廃純米 にごり生」(2009年04月2008年03月
「三井の寿 復刻醸造純米 穀良都 山廃」
 (↑2008年09月2007年08月2007年05月
「三井の寿 復刻醸造純米 穀良都 山廃 生」(2009年10月
「三井の寿 手造り純米酒 辛口 初槽荒走り生原酒」(2008年03月

rain_of_tears at 01:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年02月15日

三井の寿 辛醸美田 山廃純米 大辛口3

三井の寿 辛醸美田 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 本日の最後は「三井の寿 辛醸美田 山廃純米 大辛口」。

 おー、先日うわさに聞いていた大辛口。 初めて飲みます。

 もちろん燗で。

 山廃を得意とする「三井の寿」は、モワッとしたクセのある香りはなく、乳酸のやさしい香りが印象的。

 穀物のおだやかな含み香につづいて、まろやかな旨味が流れてゆく。 練れていてあまりにもまろやかなので、つい甘味を想起してしまうほど。

 でも、実際は甘味はしっかり排していて、軽快な味わい。 しかし、ノドがかわくほどの、強烈にドライな飲み口ではない。 秘訣は、円熟したまろやかさにあると思う。

 ボリューム感がある定番商品「三井の寿 豊醸美田」にくらべ、今回の「三井の寿 辛醸美田」はスリムな印象を受ける。

 「三井の寿 豊醸美田」を機能満載の“スマートフォン”とすれば、この「三井の寿」は基本機能にしぼった“らくらくホン”。

 個性はちがうようで、飲みやすい(使いやすい)点は共通している。
 
日本酒度の高い純米酒は「辛い」より「軽い」
 (カラー版「極上の純米酒ガイド」上原浩監修、光文社新書
  2003年、122頁のコラムのタイトル)

 お酒を「辛い」と表現することは、数々の問題を抱えている(日本酒に辛み成分は入っていない、辛さは味覚ではない、日本語の「辛い」は様々な意味を持つために誤解を招きやすい、甘い・辛いしか語彙を持たず味をうまく表現できない店・飲み手が多い等)。

 日本酒度+14。 甘さを排した軽快な、そしてまろやかな飲み口。 味が薄いのではなく、軽い。

 「三井の寿 辛醸美田」は、「軽いお酒とはどんなものを言うのだろう」という疑問に答えてくれるお酒だと思った。


【福岡県三井郡大刀洗町 井上】 純米酒(山廃)
 1800ml:2500(2625)円
 アルコール度数:16.0   日本酒度:+14
 原料米:山田錦(福岡県糸島産)   精米歩合:70%
 酵母:協会7号系自家培養   酸度:2.0


「三井の寿」「美田」の過去の記事
「三井の寿 豊醸美田 山廃純米 無濾過生原酒」(2008年11月
「三井の寿 豊醸美田 山廃純米 無濾過生詰 ひやおろし」
 (↑2005年10月2003年11月
「三井の寿 豊醸美田 山廃純米 常温3年熟成」(2004年11月
「三井の寿 美田 山廃純米 にごり生」(2009年04月2008年03月
「三井の寿 復刻醸造純米 穀良都 山廃」
 (↑2008年09月2007年08月2007年05月
「三井の寿 復刻醸造純米 穀良都 山廃 生」(2009年10月
「三井の寿 手造り純米酒 辛口 初槽荒走り生原酒」(2008年03月

rain_of_tears at 18:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年10月09日

三井の寿 復刻醸造米 穀良都 山廃純米 無濾過生3

三井の寿 穀良都 京都西陣の「鵜飼商店」にて購入。

 3月に購入し、半年常温放置(熟成)した生酒。 個人的には火入れタイプのほうが好みだが、もちろん生タイプも好き。

 熟成、燗酒としての魅力を楽しむために、秋になって開栓。

「70年ぶりに復活栽培に成功した穀良都で醸したお酒」という話題性もさることながら、その燗向きのしっかりとした味わいは、山廃造りを得意とする「三井の寿」の代表作の1つだ。

 熟成香はおだやかで、穀物らしい落ちついた香りがドライな飲み口を想像させる。

 口当たりは静か。 クリアなぶん、空虚なほどに軽いタッチ。 しばらくしてお米らしい旨味が現れる、完全に後半型のお酒だ。

 スマートに流れ、余韻はややドライに切れる。 そして、生熟成ならではのレーズン様の香りが返ってくる。

 常温も45度くらいの燗も良いけれど、個人的には人肌くらいが絶妙なバランスに感じる。

 アルコール度数が低く、ボリューム感・インパクトを楽しむお酒ではない。 落ち着いた味わいを、口当たりから長い余韻にかけてゆっくりと楽しむお酒。


【福岡県三井郡大刀洗町 井上】 純米酒(山廃)
 1800ml:2500(2625)円
 アルコール度数:15.0   日本酒度:+2
 原料米:穀良都(福岡県産)   精米歩合:65%
 酵母:協会7号系自家培養   酸度:1.7   アミノ酸度:1.5


「三井の寿」の過去の記事
「三井の寿 豊醸美田 山廃純米 無濾過生原酒」(2008年11月
「三井の寿 豊醸美田 山廃純米 無濾過生詰 ひやおろし」
 (↑2005年10月2003年11月
「三井の寿 豊醸美田 山廃純米 常温3年熟成」(2004年11月
「三井の寿 美田 山廃純米 にごり生」(2009年04月2008年03月
「三井の寿 復刻醸造純米 穀良都」
 (↑2008年09月2007年08月2007年05月
「三井の寿 手造り純米酒 辛口 初槽荒走り生原酒」(2008年03月

rain_of_tears at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年04月12日

三井の寿 美田 山廃純米 にごり生2

三井の寿 美田 にごり 京都の「鵜飼商店」から届く。

 届いたのは「ヤマサン正宗 佐香錦」、「蒼空 美山錦」、「三井の寿 美田 山廃にごり」、「三井の寿 穀良都」、「杣の天狗」、「李白 山廃 花酵母」の6本。

 そういえば、みんな生酒だ。

 でも、あせらず、ゆっくり飲んでゆこう!

 さあ、今回は「三井の寿 美田 にごり」。

 なんといっても、ちょうど一年前に飲んだ「三井の寿 美田 にごり」の味が忘れられなくて。

 ・・・ん? 忘れられなくて!?

 苦しくて心を飾った 今も あなたを忘れられなくて
 X JAPAN 「Rusty Nail」 (1994)


 去年よりにごり部分が少なめかな。 今年もフタにガス抜きの穴があるので、開栓はスムーズ。

 さわやかな乳酸の雰囲気よりも、炭酸や若々しさからくるスーッとした香りが印象的。 炭酸もおとなしいし、ずいぶん去年と様子がちがうぞ。

 まずはうわずみだけを注いでひと口。 う〜ん、苦酸っぱい!

 にごり部分を混ぜても炭酸で暴発しない。 甘さも酸もひかえめな印象で、苦味が目立ったスッキリした飲み口。 へえ、やっぱりちがう。


 裏ラベルに「オンザロックがおいしい」と書いてあるので、試してみよう。 味の存在感はそのままに、軽く飲みやすくなって好印象。 もとからアルコール度数が低めなのに、さらに割っても大丈夫。

 マスカット風の香りと、ビールを思わせる麦様の苦味が感じられるようになった。 割って新しい一面が出てくるのも、おもしろい。

 濃厚で刺激的な去年のほうが好きだけど、今年の落ちついた飲み口も、これはこれで良いかなと思った。


【福岡県三井郡大刀洗町 井上】 純米酒(山廃、無濾過、生、原酒)
 1800ml:2200(2310)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:14.5   日本酒度:−5
 原料米:山田錦   精米歩合:70%
 酵母:協会7号系   酸度:2.7

rain_of_tears at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年11月04日

三井の寿 豊醸美田 山廃純米 無濾過生原酒4

豊醸美田 無濾過生原酒 京都西陣の「鵜飼商店」で購入。

 待ちに待った「美田 無濾過生原酒」を、いよいよ開栓!

 まずは冷温で。 麹の風味が豊かで、いきなり好みの味。

 口当たりから余韻まで一貫して麹の風味が感じられて、スッキリさわやかな飲み口。

 後口には、熟成で生まれたナッツ様の香りがあって「ヤマサン正宗 純米大吟醸 熟成無濾過生 H15BY」を思い出させる。

 常温では、米の旨味と酸が登場して飲みごたえも出てくる。 温めすぎると麹の風味が消えてしまって平凡な印象になってしまう。

 常温〜人肌くらいが、魅力を最大限に味わえると思った。

 まろやかな飲み口の、火入れタイプの「美田 山廃純米」や「美田 山廃純米 ひやおろし」とは、まったくちがった印象の味わいで、おどろいた。


【福岡県三井郡大刀洗町 井上】 純米酒(山廃、無濾過、生、原酒)
 1800ml:2900(3045)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:±0
 原料米:山田錦(福岡県糸島産)   精米歩合:65%
 酵母:協会7号系自家培養   酸度:1.8   アミノ酸度:1.6

rain_of_tears at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年09月07日

三井の寿 復刻醸造純米 穀良都4

穀良都 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場」にて。

 お燗番の和くん、「三井の寿 穀良都」を2本並べて、「今日は生と火入れ、両方ありますよ」。 おー、穀良都。 では2種類の飲みくらべだ!

 「70年ぶりに復活栽培に成功した穀良都で醸したお酒」という話題性もさることながら、その燗向きのしっかりとした味わいは、山廃造りを得意とする「三井の寿」の代表作の1つだ。

 火入れタイプは45度くらい、生タイプはフレッシュさを残すために、やや低めの38度くらいに温める。 和くん、すごく考えてる〜!

 不思議〜。 生タイプのほうは、稲の茎の香りがする。 生ならではのさわやかな香りかと思いきや、米っぽさ、稲っぽさ全開。
 火入れタイプは、おだやかでマイルドな口当たり。 最初のインパクトは生のほうが大きい。

 生タイプは中盤から後半にかけてもワラのような香りを感じる。 やや酸が立ってまだ若い感じもするけれど、個性ある飲み口はさすがにうまし。

 火入れタイプは中盤以降の安定感に優れる。 キメ細かく、やや甘酸っぱい風味が口中で踊り、ワラのような余韻に変わってドライに切れる。

 このお酒は燗冷ましもうまい。

 アルコール度数が低いためボリュームを求めるお酒ではないが、チャーミングな味のふくらみとキレの良さに、もう一杯飲みたくなる、そしてゆっくり飲み続けたくなる魅力がある。

 冷やしていてはその魅力がわからない!


【福岡県三井郡大刀洗町 井上】 純米酒(山廃)
 1800ml:2500(2625)円
 アルコール度数:15.0   日本酒度:+2
 原料米:穀良都(福岡県産)   精米歩合:65%
 酵母:協会7号系自家培養   酸度:1.7   アミノ酸度:1.5

rain_of_tears at 18:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月11日

三井の寿 美田 山廃純米 にごり4

三井の寿 美田 にごり 京都の「鵜飼商店」からとどく。

 ビンの半分ちかくまでにごり部分がたまっている。 いかにも濃厚そう。 フタにはガス抜きの穴が開けてあるが、開栓時は注意しなくては。

 おっ、開栓はスムーズ。

 まずはうわずみだけを注いでひと口。 パイナップル様の刺激的で爽快な香り。 含んだ瞬間に甘味を感じるが、炭酸の苦味と刺激、強い酸味が全体をおおってゆく。

 ではでは、にごり部分をまぜてから飲もう。 いったんフタをしめて、中身をまぜる。 そしてフタを開け・・・、わーっ! プシューーーー。

 あぶない、中身が吹き飛ぶところだった。 噴出被害はごくわずか。

 見た目どおり、米粒のサラサラとした感触が楽しい、濃厚なにごり酒だ。 米の味がストレートに感じられて、豊かな甘味と酸味が一体となっている。 燗にすると乳酸の存在感が増して、また表情が変わる。

 個人的には、冷温〜常温くらいで炭酸を楽しむのが好きかな。

 ドライな「睡龍 生もとのどぶ」や「竹鶴 純米にごり」ではなく、甘味もあって力強い「竹鶴 雄町純米にごり」に近いタイプ。

 この味でこの値段は安い。 ものすごいお酒に出会った。


【福岡県三井郡大刀洗町 井上】 純米酒(山廃、無濾過、生、原酒)
 1800ml:2200(2310)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:14.5   日本酒度:−5
 原料米:山田錦   精米歩合:70%
 酵母:協会7号系   酸度:2.7

rain_of_tears at 19:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月04日

三井の寿 手造り純米酒 辛口 初槽荒走り生原酒3

三井の寿 辛口 あらばしり 二条通東洞院の「酒BAR よらむ」にて。
 ヨラムさん、お久しぶりです!

 京都の雪、おたがいの愛犬の今昔、秋にヨラムさんが拾った猫のその後など、久しぶりの会話を楽しんだ。 もちろん、「無手無冠」の酒質の変化など、お酒の話も尽きなかった。

 生のお酒のラインナップを聞いて、「三井の寿 あらばしり」「李白 山廃しぼりたて」「亀齢萬年 山田錦」の3種セットをお願いした。

 まずは「三井の寿」から。 でしぼったあらばしり特有のうすにごり。

 最初のインパクトが大きく、フレッシュな香りと米らしい風味が楽しい。 複雑な味わいが後口でサッと引くところは、いかにも低精白のお酒だ。

 後半の力強さがもうすこしほしいかな、とも思う。 しかし、みずみずしく爽快な、「これぞあらばしり」という、ぶれないスタンダードな魅力がある。


【福岡県三井郡大刀洗町 井上】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2200(2310)円   720ml:1100(1155)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+3
 原料米:レイホウ   精米歩合:70%
 酸度:1.5

rain_of_tears at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年08月27日

三井の寿 復刻醸造米 穀良都3

穀良都 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場」にて飲む。

 現在の「和浦酒場」のグランドメニューで、一番お気に入りの「穀良都」を、やっぱり今日も飲む。

 もちろん燗で。 このお酒は燗冷ましもうまい。

 70年ぶりに復活栽培に成功した穀良都で醸したお酒、という話題性もさることながら、その燗向きのしっかりとした味わいは、山廃を得意とする「三井の寿」の代表作の1つだ。

 キメ細かくやわらかい口当たりで、やや甘酸っぱい風味が口中で踊り、ワラのような余韻に変わってドライに切れる。

 アルコール度数が低く、ボリュームを求めるお酒ではないが、チャーミングな味のふくらみとキレの良さに、もう一杯飲みたくなる魅力がある。

 冷やしていてはその魅力はわからない!


【福岡県三井郡大刀洗町 井上】 純米酒(山廃)
 1800ml:2500(2625)円
 アルコール度数:15.0   日本酒度:+2
 原料米:穀良都(福岡県産)   精米歩合:65%
 酵母:協会7号系自家培養酵母   酸度:1.7   アミノ酸度:1.5

rain_of_tears at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年05月02日

三井の寿 復刻醸造米 穀良都3

三井の寿 穀良都 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場」にて飲む。

 グランドメニューには、お酒ファン垂涎の21種類が並ぶが、なんと今日はメニュー外のお酒も15種類あるという。

 「ここはヨラムさんのお店か!?」とツッコミを入れたくなるほどの期間限定酒の充実ぶりだ。

 まずは、「三井の寿 穀良都」から。

 1889年に品種改良で誕生した穀良都は、1936年に奨励品種となった山田錦よりも歴史が古い酒米。

 原産地の山口県をはじめ、西日本一帯で栽培された品種で、昭和天皇の大嘗祭で献穀米にも選ばれた(福岡県産のもの)。

 昭和初期の酒造解説書『清酒製造精義』に、「穀良都」が酒米として「亀の尾」や「山田穂」とともに優秀な酒造好適米と評価されていたという。

 しかし、強力や亀の尾などの「幻の米」と同じく、背丈が高く栽培に手間がかかることを理由に姿を消した。

 栽培・収入の安定、質よりも量というアメリカ流の価値観、機械・農薬・化学肥料メーカーに巻き込まれた商業化。 戦後の農業史をふりかえると、得たもの(安定・利便性)も大きければ、失ったもの(品質・安全性)も大きかった。

 12粒の種籾をもとに、福岡県・山口県が70年ぶりに復活栽培に成功し、現在では福岡「三井の寿」、山口「五橋」「山猿」、山形「上喜元」などが使用している。

 と、「穀良都」の説明はこれまで。 味わおう! もちろんお燗番ナカちゃんお薦めのぬる燗でいただく。


 第一印象は穏やか。 山廃らしくキメ細かくやわらかい口当たりで、やや甘酸っぱい風味が口中で踊り、ワラのような余韻に変わってドライに切れる。

 アルコール度数が低いためボリュームはさほど感じないものの、チャーミングな味のふくらみとキレの良さに、もう一杯飲みたくなる魅力がある。 冷やしていてはその魅力がわからないかもしれない。


【福岡県三井郡大刀洗町 井上】 純米酒(山廃)
 1800ml:2500(2625)円
 アルコール度数:15.0   日本酒度:+2
 原料米:穀良都(福岡県産)   精米歩合:65%
 酵母:協会7号系自家培養酵母   酸度:1.7   アミノ酸度:1.5

rain_of_tears at 20:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年10月07日

三井の寿 豊醸美田 ひやおろし3

三井の寿 豊醸美田 ひやおろし 中野区の「味のマチダヤ」にて購入。

 久しぶりの「美田」だ!

 しっとりとした口当たりに山廃らしさ。 お米らしさを感じるクリーミーな味に、ジュワっと酸味が加わる。

 ふくらんだ味を残さない切れの良さ。 強烈な個性はないものの、総合力の高さにホッとする。



【福岡県久留米市大刀洗町 井上酒造場】 純米酒(山廃)
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:16.0   日本酒度:±0
 原料米:山田錦(福岡県糸島産)   精米歩合:65%
 酵母:協会7号系自社培養酵母   酸度:1.8   アミノ酸度:1.6

rain_of_tears at 00:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年11月23日

三井の寿 豊醸美田 山廃純米 常温3年熟成3

 京都二条東洞院の「酒BAR よらむ」にて飲む。

 生酒セットの後は、鵜飼商店・ヨラムさん宅で3年以上の常温熟成を経た「豊醸美田」。

 温度変化に弱いと言われる日本酒だが、「寒暖の差があるほうが熟成が進む」とは鵜飼商店・ヨラムさんの見解。

 酸が多くエキス分も多いお酒なのでことさら熟成が早く、3年熟成とは思えないほど、濃い色になっていた。

 古酒らしい雰囲気がしっかりと感じられる。 濃密な甘味が口に広がり、酸がゆっくりと静かに顔を出す。 熟成で生まれた苦味もアクセントとなって、複雑な味わいになっている。

 古酒の苦手な人には受けないだろうが、古酒の魅力が存分に楽しめるお酒だと思う。


【福岡県三井郡大刀洗町 井上】 純米酒(山廃)
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:±0
 原料米:山田錦(福岡県糸島産)   精米歩合:65%
 酵母:協会7号系   酸度:1.8   アミノ酸度:1.6

rain_of_tears at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2003年11月18日

三井の寿 豊醸美田 山廃純米 無濾過生詰 ひやおろし3

 京都二条東洞院の「酒BAR よらむ」にて飲む。

 「庭のうぐいす」の次は、同じ福岡県三井郡の「豊醸美田」。 ヨラムさんによると、山廃造りを石川「菊姫」で学んだ杜氏さんとのこと。

 米の甘味・苦味・酸味、そして麹の風味が次々に口中に広がる。 なんとも味わい深い。 冷温〜常温〜ぬる燗と、どんな温度帯でも活躍してくれそうな、懐の深いお酒だ。


【福岡県三井郡大刀洗町 井上】 純米酒(山廃、無濾過、生詰)
 1800ml:2900(3045)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:±0
 原料米:山田錦(福岡県糸島産)   精米歩合:65%
 酵母:協会7号系自家培養   酸度:1.8   アミノ酸度:1.6

rain_of_tears at 18:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数