五百万石

2015年08月27日

駿州中屋 辛口純米酒

駿州中屋 辛口純米酒 地元の居酒屋さんにて飲む。

 今夜のお酒メニューに、なつかしい名前を発見。

 「駿州中屋 辛口純米酒」、ひさしぶりだなぁ。

 「駿州中屋」は、静岡県屈指の製造量をほこる「高砂」富士高砂酒造が、創業当時の屋号を用いた限定販売ブランド。

 もともと得意な酒質ではないものの、ひさしぶりの再会を味わおう! ということで注文。



 まずは冷温でいただきます。

 水の良さを感じるソフトな口当たり。 なめらかに流れ、鋭く切れ上がる点は特筆ものながら、味わいは平板に感じられてしまう。

 うーん、以前の印象どおり。 甘味を排しつつ旨味を存分に盛り込んだお酒もある中で、これは物足りないなぁ。



 次に、ぬる燗でいただきます。

 冷温では隠れていた旨味が顔を出し、味わいに少し幅が出てくる。

 このお酒が本来もつやさしい表情が引き立ち、刺激が緩和されて飲みやすくなる。



 口当たりやさしく、薄味でストレート。 イメージは新潟の淡麗辛口酒。

 酸と旨味の効いた濃醇酒を好む人には、適さないように感じました。



【静岡県富士宮市 富士高砂酒造】 純米酒
 1800ml:2,139(2,310)円   720ml:1,131(1,221)円
 アルコール度数:15.5%   日本酒度:+10
 原料米:山田錦・五百万石・美山錦   精米歩合:60%
 酸度:1.3


「高砂」・「駿州中屋」・「琉の扇」の過去の記事
「高砂 山廃純米 無濾過生原酒」(2005年11月
「駿州中屋 辛口純米酒(2007年12月2004年04月
「琉の扇 別撰無濾過生詰 本醸造」(2004年04月

rain_of_tears at 22:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年08月25日

梵 純米55 特別限定 純米酒 磨き五割五分2

梵 純米55 地元の居酒屋さんにて飲む。

 このお店には、固定メニュー・期間限定メニューを合わせ、常時20種類近くの日本酒があります。

 そんなお酒たちの中でよく飲むのが、「梵 純米55」。

 常連さんにファンが多いのか、期間限定メニューのはずが半年以上メニューに載り続けています。

 あれ、限定メニューにまだ名前がある、よしまた飲もう。 そんな思考・行動を今日もまたくりかえします。



 まずは冷温でいただきます。

 米粉を思わせるソフトな香り。 まろやかな口当たりが、やさしい甘味・旨味を引き立てる。

 この甘い飲み口は、飲み手の好みによって印象を左右しそう。

 もっとも、ボリュームは淡麗〜中庸で、全体的にはサラリと軽妙な味わいに仕上がっている。

 個人的には、個性・おもしろみがあって、冷温でも好み。



 次にぬる燗でいただきます。

 お米らしい香味がより引き立ち、酸味が強調されて、味わいに幅が出てくる。

 しっかりと酸の存在感を楽しめるので、あたためた方がさらに好み。



 良い意味で刺激の少ない、派手さのないお酒。 そんな酒質を好む人におすすめです。

 温度変化による味わいの変化が大きいので、好みの温度帯を探る楽しさもあります。



【福井県鯖江市 加藤吉平商店】 特別純米酒
 1800ml:2,381(2,571)円   720ml:1,190(1,285)円
 アルコール度数:15.5%   日本酒度:+4
 原料米:(麹米)山田錦(兵庫県特A地区産)、
      (掛米)五百万石(福井県産)
 精米歩合:55%
 酵母:KZ10号(自社酵母)   酸度:1.7


 「梵」加藤吉平商店は、アルコール添加酒を造らず、純米酒のみを造る完全純米酒蔵。

 蔵の平均精米歩合38%(2014BY)という、全国屈指の高級酒路線を歩む。

 そして、醸したお酒はすべて長期氷温熟成してから出荷するという、品質の管理、旨味の追求にも余念がない。


rain_of_tears at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月14日

腰古井(こしごい) 純米酒

腰古井 純米酒 鴨川シーワールドホテルにて購入。

 魅力的な魚たちを見て・食べて堪能した1日の終わり。

 はるばる房総半島に来たのだから、地元のお酒を飲みたいなあ。

 ということで、勝浦の「腰古井 純米酒」を購入。

 蔵を代表する、ロングセラー商品とのこと。 さっそく常温でいただきます。


 アルコールの揮発した香りが中心となった、落ち着いた雰囲気。

 硬水由来のねっとりとした口当たりで、ナッツ様のオイリーな要素も含まれる重厚な飲み口。

 乳酸が強調された力強い酸味が主体で、アルコールの刺激・熱さがストレートに伝わってくる。

 昔ながらのお酒といった印象で、ふと「笹祝 別撰本醸造」を連想した。


 さわやかさ、飲みやすさといった万人受けを目指さず、従来の酒質を踏襲している印象。

 けっして好みの味わいではないけれど、下手に流行を追わない姿勢に強い意志を感じました。



【千葉県勝浦市 吉野酒造】 純米酒
 1800ml:2,267(2,448)円   720ml:1,124(1,213)円
 アルコール度数:15.5%   日本酒度:+7
 原料米:五百万石   精米歩合:60%
 酸度:1.8   アミノ酸度:1.8

rain_of_tears at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月04日

旦(だん) 純米無濾過生原酒2

旦 純米無濾過生原酒 池袋東口の日本酒バー「希紡庵」にて飲む。

 10蔵あまりと数が少ないこともあるけれど、東京で山梨のお酒に出会う機会は少ない。

 東京の隣県なのに、西日本のお酒よりも出会わないというのが不思議なほど。

 だからこそ、めずらしく出会えたら、チャンスは逃せない。


 今回の山梨のお酒は「旦」。 ・・・はて?

 初めての蔵かなと思ったら、「笹一」の笹一酒造の新ブランドとのこと。 気になる!


 ということで、冷温でいただきます。

 生酒らしい、刺激的な香りとなめらかな口当たり。 まろやかな甘味・旨味を、豊かな酸がしっかりと支える、力強い酒質。

 個性に欠けるともいえるし、バランスが良いともいえる、スタンダードな濃醇酒。


 「旦」・・・他の商品、そしてこれからの展開に注目したい銘柄です。



【山梨県大月市 笹一酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2,370(税込2,559)円
 アルコール度数:17.5%   日本酒度:+2
 原料米:五百万石・美山錦   精米歩合:60%
 酸度:2.1


 2013BYから笹一酒造の杜氏となった伊藤氏は、「能登四天王」農口尚彦杜氏のもと、石川県「常きげん」で修行した能登流杜氏。


rain_of_tears at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

奥能登の白菊 純米吟醸 無濾過生原酒 そのまんま3

奥能登の白菊 純米吟醸 そのまんま 池袋東口の日本酒バー「希紡庵」にて飲む。

 「奥能登の白菊」は、甘口のお酒が中心という個性派。

 その個性は、火入れ・熟成によってさらに際立ったものになります。

 ところが今回は、若い生酒。 またちがった一面が見られそうです。


 では、冷温でいただきます。

 うっすらとオリがからんでいて、グラスがかすかに白くけむる。

 穀物様の香りが主体で、吟醸酒の生酒とは思えないほどの落ち着き。

 甘口という先入観で飲んだところ、意外とドライで、おだやかな旨味が存在感を放っている。

 麹のニュアンスや、オリの旨味、種々の酸味・苦味たちが複雑な味わいを形成している。


 飲みごたえのある、非常に豊かな味わい。 これは好み!




【石川県輪島市 白藤酒造店】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3,333(3,600)円   720ml:1,686(1,820)円
 アルコール度数:16.7   日本酒度:-4.5
 原料米:(麹米・添米)山田錦(36%)、(仲米・留米)五百万石(64%)
 精米歩合:(麹米)50%、(掛米)55%
 酵母:協会10号   酸度:1.5


「奥能登の白菊」「寧音(ねね)」の過去の記事
「奥能登の白菊 純米吟醸」(2013年09月
「奥能登の白菊 純米酒 輪島物語」(2007年07月
「寧音 純米無濾過」(2009年03月

rain_of_tears at 20:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年07月30日

招徳 純米吟醸 夏の戯れ2

招徳 夏の戯れ 東京日本橋の「コレド室町」で行われている「アートアクアリウム2014」にて飲む。

 さまざまなデザインの水槽を、光と金魚で彩る「アートアクアリウム」。

 夜にはバーカウンターが設けられ、さまざまなアルコール飲料を片手に会場をめぐることができます。

 日本酒メニューは山口「獺祭」が主力。 話題の銘柄で、日本酒初心者の心をつかむには良いかもしれませんね。

 ただ、濃醇酒ファンにとっては物足りないので、ここは敬遠。


 京都の「招徳 純米吟醸 夏の戯れ」を冷温〜常温で飲みながら、「アートアクアリウム」を満喫します。

 花火に金魚すくい。 「夏の戯れ」という名前にピッタリのイメージの、かわいいデザインのビンですね。


アートアクアリウム2014
 中硬水の伏見のお酒らしい、しっとりとなめらかな飲み口。

 やさしい甘味を基調とした落ち着いた味わいには、「招徳」らしい魅力も感じられる。 オレンジ・きゅうりを思わせる酸味・苦味がさわやか。


 予想よりも軽い印象を受けたので、ビンを見てみると、なんと12%〜13%とアルコール少なめ。

 それでも水っぽく感じさせない、しっかりとした酸とふくらみを感じさせるお酒。



 提供された冷温よりも、しだいに室温に近づいてやさしい甘味が引き立ってきたころが好みでした。



【京都府京都市伏見区 招徳酒造】 純米吟醸
 240ml:444(480)円
 アルコール度数:12.5%   日本酒度:+3
 原料米:五百万石・日本晴   精米歩合:60%
 酸度:1.4   アミノ酸度:1.4


「招徳」の過去の記事
「招徳 西山 純米無濾過生原酒」(2009年03月
「招徳 生もと純米酒」(2008年12月
「招徳 純米吟醸 生一本原酒 竹の皮包み」(2008年03月
「招徳 純米吟醸 無濾過生原酒」(2006年04月
「招徳 純米大吟醸 古酒 H4BY」(2008年09月2004年05月

rain_of_tears at 21:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年07月16日

玉川 純米吟醸 無濾過生原酒 Ice Breaker(アイスブレイカー)4

玉川、アイスブレイカー2014 赤羽駅西口の「日本酒BAR しじゅうごえん」にて飲む。

 夏用のお酒として年々人気が高まっている「玉川 アイスブレイカー」。

 南極に立つコウテイペンギンの親子が描かれたラベル、そして水色のビン。

 涼を呼ぶどころか凍りつきそうなイメージさえする、夏にうれしいお酒ですね。


 商品名の「Ice Breaker」は、文字どおりに受け取れば砕氷船

 ほかにも「緊張をほぐし場を和ませるもの」という意味があるのだとか。 ステキな比喩ですね。


 水っぽい淡麗酒を夏用に販売する蔵が多いなか、このお酒は濃厚・濃醇。 「玉川」らしさはゆるぎません。

 杜氏のハーパーさんが推奨するように、氷を浮かべて飲んで、砕氷船らしさを楽しむのも良いでしょう。



 ただ、今回は店主の陽子さんのおすすめに共感して、ぬる燗でいただきます。

 おだやかで落ち着いた雰囲気にひそむバニラを思わせる甘い香りが、やわらかい酒質を連想させる。

 スルリとなめらかでまろやかな口当たりが、ぬる燗だとさらに引き立てられる。 すぐに現れるのは、甘味・旨味・酸味の高濃度のかたまり。

 しだいに「玉川」らしい木の香りとドライな飲み口が顔を出して、複雑かつおだやかに展開する。

 バニラ・ナッツ様の余韻にも生熟成の魅力が感じられる。 熟成した生酒の燗は、やっぱり好みだなあ。



 ぬる燗でゆっくりと楽しみ、場が和んでゆくのも「Ice Breaker」が目指した姿のひとつかもしれませんね。

 ラベルやビンのイメージから冷温に引きずられ、燗という選択肢は盲点に入ってしまいがち。 いろいろ試してみる精神を忘れずにいたいです。



【京都府京丹後市久美浜町 木下酒造】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2,857(3,086)円   500ml:1,048(1,132)円
 アルコール度数:17.3   日本酒度:+2
 原料米:(麹米)五百万石、(掛米)日本晴
 精米歩合:(麹米)60%、(掛米)55%[ともに自家精米]
 酵母:協会9号   酸度:1.2   アミノ酸度:1.9


「玉川」の過去の記事
「玉川 生もと純米 自然仕込 コウノトリラベル 生」(2011年03月
「玉川 生もと純米 自然仕込 コウノトリラベル」(2010年02月
「玉川 山廃純米 自然仕込 無濾過生原酒」(2011年02月
「玉川 山廃純米 自然仕込 ひやおろし」(2010年11月
「玉川 山廃純米 自然仕込 にごり」(2012年12月2011年10月
「玉川 特別純米 無濾過生原酒」(2010年03月
「玉川 純米吟醸 手つけず原酒」(2012年12月
「玉川 純米吟醸 雄町」(2012年12月
「玉川 純米吟醸 無濾過生原酒 Ice Breaker」(2010年11月
「玉川 玉龍 山廃純米大吟醸 自然仕込 生」(2011年12月

rain_of_tears at 20:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

七ロ万(ななろまん)2

花泉 七ロ万 赤羽駅西口の「日本酒BAR しじゅうごえん」にて飲む。

 もち米を追加投入する四段仕込みにこだわり、厚みのあるお酒を世に問う「花泉」・「ロ万」。

 今回のお酒「七ロ万」は、出荷直前だけ火入れ(加熱殺菌)した生貯蔵タイプ。


 冷温でいただきます。

 香りは静かで、まろやかな口当たりに密度を感じる。

 熟したメロンのような甘味・酸味が中心となった、豊かな味わいが楽しめる。 香味の特徴が、兵庫「龍力 無濾過生原酒」シリーズと似ている。

 ただ、この「七ロ万」のほうが軽快でやさしい。 キレイで上品な印象さえ受ける。



 淡麗なお酒に満足できなくなってきた。 しっかり味がある、それでいて飲みやすいお酒を飲みたい。

 そんな香味のバランスの良いお酒を求める人におすすめしたい佳酒。



【福島県南会津郡南会津町 花泉酒造
 純米酒(無濾過、生貯蔵)
 1800ml:1,619(1,749)円   720ml:3,000(3,240)円
 アルコール度数:15.5
 原料米:(麹米)五百万石、(掛米)たかねみのり、
       (四段目)ヒメノモチ(すべて福島県産)
 酵母:うつくしま夢酵母(F7-01)


「花泉」「ロ万」の過去の記事
「花泉 純米無濾過生原酒 上げ桶直詰め」(2011年02月
「一ロ万(ひとろまん) 初しぼり無濾過生原酒」(2014年06月

rain_of_tears at 18:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2014年06月11日

一ロ万(ひとろまん) 初しぼり無濾過生原酒2

花泉 一ロ万 池袋西口の日本酒バー「希紡庵」にて飲む。

 これぞ濃醇酒、という「花泉」を醸す花泉酒造。

 「花泉」とは別路線を目指した「ロ万」の最高峰となる、しぼりたてのお酒が今回の「一ロ万(ひとろまん)」。

 純米大吟醸にもち米を追加して四段仕込みにしたようなお酒とのこと。

 黒地に白い文字のラベルがカッコいい! 好みのデザインです。


 では、冷温でいただきます。

 フレッシュな吟醸香に、とろりと密度を感じる口当たり。 甘味と酸味のバランスが良く、充実の味わいが楽しめる。

 以前飲んだ「花泉 純米無濾過生原酒」ほどのボリューム感はなく、麹の風味もひかえめ。

 キレイな甘味が魅力の、上品なのに飲みごたえのあるお酒。



【福島県南会津郡南会津町 花泉酒造
 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:4,429(4,783)円   720ml:2,524(2,726)円
 アルコール度数:18.5
 原料米:(麹米)五百万石、(掛米)たかねみのり、(四段目)ヒメノモチ
 酵母:うつくしま夢酵母(F7-01)


「花泉」「ロ万」の過去の記事
「花泉 純米無濾過生原酒 上げ桶直詰め」(2011年02月

rain_of_tears at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年04月17日

会津中将 純米酒2

会津中将 純米酒 池袋西武で試飲・購入。

 2月に行われた今回の試飲販売は、熟成させてから出荷する商品をのぞいて、すべてが新酒。

 好評のため、新酒に切り替わる前にしばらく品切れとなってしまったお酒もあったとのこと。

 うれしい悲鳴ですね。

 ひととおり試飲して、とくに気に入ったのが、この「会津中将 純米酒」。

 もともとは、落ち着いた旨味が楽しめる素朴な味わいのお酒。 熟成した後に、常温からぬる燗で魅力を発揮するタイプ。



 ところが、今回の新酒は冷温でも楽しめる。

 プリンスメロン様の酸味・苦味を想起させる芳香がさりげなく立つ。

 若々しく無骨な印象も受けるものの、酸味・苦味が演出するさわやかさが大きな魅力。



 「会津中将 純米酒」の新たな一面を発見できました。 これからの熟成も楽しみです。



【福島県会津若松市 鶴乃江酒造】 純米酒
 1800ml:2450(2646)円   720ml:1350(1458)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+2
 原料米:五百万石(福島県会津産)   精米歩合:60%
 酵母:TM-1   酸度:1.6


過去の「会津中将」の記事
「会津中将 純米大吟醸 無濾過生原酒 八反錦」(2012年02月
「会津中将 純米吟醸 無濾過生原酒 あらばしり」
 (↑2013年09月2009年07月
「会津中将 純米吟醸 無濾過生原酒 中汲み」(2012年10月
「会津中将 純米原酒」
 (↑2013年02月2011年03月2009年10月2005年07月
   2003年08月
「会津中将 純米酒」(2011年08月
「会津中将 純米生原酒」(2007年07月2005年07月
「会津中将 純米無濾過生原酒 初しぼり」
 (↑2012年02月2010年02月
「会津中将 特別本醸造」(2012年02月
「会津中将 濃縮本醸造 獅子おどり」(2005年07月試飲

rain_of_tears at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年01月01日

あたごのまつ 限定純米吟醸 新米新酒 本生 うすにごり2

伯楽星 あたごのまつ 限定純米吟醸 うすにごり 本生 東京駅地下の「はせがわ酒店 Gransta店」で見かけて購入。

 「伯楽星」・「愛宕の松(あたごのまつ)」のさわやかな酸味は、多くの人に気に入ってもらえる。

 今回も10人に好評でした。


 冷温でいただきます。

 この蔵らしい、青リンゴ様のさわやかな香味が魅力的。

 通常商品よりほっそりとしたボディで、にごり部分の味が全面に出ているところが、このお酒の特徴。

 うっすらとにごっているだけのようで、にごり部分由来のお米らしい旨味がしっかりと感じられる。


 通常商品と今回のお酒。 似ているけれど、はっきりと異なる。

 どちらが好みかは飲み手しだいですね。



【宮城県大崎市 新澤醸造店】 純米吟醸(生)
 1800ml:2900(3045)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+4
 原料米:五百万石(富山県産)   精米歩合:55%
 酵母:宮城酵母   酸度:1.7   アミノ酸度:1.1


「伯楽星」「愛宕の松」の過去の記事
「伯楽星 純米吟醸 おりがらみ 本生」(2010年01月
「伯楽星 特別純米」(2013年02月2011年08月06月2009年09月
「あたごのまつ(愛宕の松) 限定純米吟醸 新酒 本生 おりがらみ」
 (↑2010年12月
「愛宕の松 純米吟醸 レトロラベル」(2010年12月
「愛宕の松 ひと夏の恋 純米吟醸」(2013年10月

rain_of_tears at 09:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年12月10日

君の井 山廃仕込 純米吟醸 越後の蔵秘伝3

君の井 山廃仕込純米吟醸 越後の蔵秘伝 池袋東武の催事で試飲・購入。

 地下2階のお酒売場で情報を聞いて、8階催事場で開催されていた新潟物産展「第13回 新潟展」へ。

 中越の「越の誉」、下越の「麒麟」・「君の井」、佐渡の「真野鶴」。

 上越はなかったものの、さまざまな地域の蔵4軒が来店。


 新潟のお酒は淡麗で味気ないという先入観が邪魔して、見かけただけでは購入しないよっしん。

 いろいろ試飲できるのはうれしい。


 今回もっとも気に入ったのが、この「君の井 山廃 純米吟醸」。


 まずは冷温でいただきます。

 ミルク・ヨーグルトの香り。 青いバナナのような吟醸香もある。

 ふんわりとやわらかい香りに連れられて、やさしい甘味・酸味から入る。 旨味・苦味のバランスが、ゆでたカニの身のような風味で独特。

 これはさわやかで、個性的で好み。



 次にぬる燗でいただきます。

 クリーミーな飲み口が魅力的。

 隠れていた酸味が引き立ち、活力を感じる味わいになった。 繊細さが薄れたかわりに、奥行きが増して飲みごたえが出てくる。

 味わいの系統や温度変化による表情の豊かさなど、岡山「燦然 特別純米酒 ひやおろし」に似た雰囲気。

 京都「澤屋まつもと 純米酒」、和歌山「羅生門 七人の侍 純米」にも似ている。



 冷温で飲んだ試飲も好印象だったけれど、燗にするとさらに好み。

 新潟のお酒で好みのものに出会えてうれしい!



【新潟県妙高市(旧:新井市) 君の井酒造】 純米吟醸(山廃)
 1800ml:2450(2573)円   720ml:1230(1292)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+1.5
 原料米:五百万石(新潟県産)   精米歩合:58%
 酸度:1.6

rain_of_tears at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月24日

菊水 ふなぐち 一番しぼり 本醸造生原酒

菊水 ふなぐち一番しぼり 近所のスーパーで購入。

 「菊水」は、新潟県を代表する、全国屈指の大規模蔵。

 「朝日山」「久保田」「越州」の朝日酒造に次いで、東日本では2位の生産量をほこる。

 この「菊水 ふなぐち 一番しぼり」は、缶入りのお酒の先駆け。


 何度も出会ってきたものの、飲むのは今回が初めて。


 冷温でいただきます。

 香りの第一印象は、フレッシュで刺激的。

 消毒液のような濃いアルコールを感じる香り、水あめ・砂糖のような甘味を想起させる香りもある。

 舌にピリッと刺激を感じた後には、最近あまり体感することのなかった、金属的・化学的な味。

 本醸造や普通酒、さらには吟醸酒にまで感じられるこの苦手な香味。 醸造アルコールの影響なのかなあ。


 アルコールの濃さゆえにパンチ力はあるが、味わい自体は淡麗。

 個人的にはちょっと飲みにくい印象でした。



【新潟県新発田市 菊水酒造】 本醸造(生、原酒)
 1000ml缶:1286(1350)円   200ml缶:276(290)円
 720mlビン:1143(1200)円   300mlビン:457(480)円
 アルコール度数:19.5   日本酒度:−2
 原料米:(麹米)五百万石、(掛米)一般米
 精米歩合:(麹米)70%、(掛米)60%
 酵母:協会701号   酸度:1.6   アミノ酸度:2.0


「菊水」の過去の記事
「菊水 菊水の純米酒」(2008年11月2004年01月
「菊水 純米吟醸 音瀞 (INTRO)」(2004年07月
「菊水 涼風仕立て 吟醸 生酒」(2012年06月
「菊水 本醸造 菊水の辛口」(2012年12月

 1881(明治14)年創業の菊水酒造は、1972(昭和47)年に杜氏制を廃止し、機械設備を導入して合理化を推進。
 さらに同年、日本初の缶入り酒「ふなぐち一番しぼり」を発売。日本酒界に新風を吹き込んだ。


rain_of_tears at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月16日

半蔵 特別純米 山廃仕込 ひやおろし3

半蔵 山廃純米 ひやおろし原酒 池袋東武で試飲・購入。

 やさしい味わいで万人受けするタイプの山廃が増えてきたものの、「半蔵」はクセの強い、飲み手を選ぶタイプの山廃を世に問う。

 ただ、3年熟成の「半蔵 特別純米 山廃仕込 完熟原酒」とくらべて、色は薄く、クセも少なく軽やか。

 もっとも、クセの強いお酒とくらべたらの話で、この「半蔵 特別純米 山廃仕込 ひやおろし」も十分に個性的。


 常温でいただきます。

 油粘土、チーズ、ビスケット、レーズンのような複雑な香り。 この個性的な香りが、多くの飲み手を敬遠させることになるかもしれない。

 甘味・酸味が調和して、つややかな飲み口。 練れた旨味も参加して、コクのある味わい。 含み香はおとなしく、飲んでいる間はクセのある香りは気にならない。

 余韻は深く、後味の切れは鋭い。 このメリハリの良さがもうひと口を誘う。



 ぬる燗にすると、大きな変化はないものの、まろやかさが増してさらにバランスが良くなる。 これは良いですね〜!

 クセのある香りが一歩引いて、常温では抵抗があった人も飲みやすくなると思う。



 今まで試飲してきた「半蔵」の20種類くらいのラインナップのなかでも、もっとも好みのお酒の1つ。



【三重県伊賀市 大田酒造】 特別純米酒(山廃、生詰、原酒)
 1800ml:2666(2800)円   720ml:1410(1480)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+2
 原料米:五百万石   精米歩合:60%
 酸度:2.0


「半蔵」の過去の記事
「半蔵 純米吟醸 神の穂」(2010年01月
「半蔵 木桶仕込み 純米酒 生」(2008年07月
「半蔵 特別純米 山廃仕込 完熟原酒」(2012年03月

rain_of_tears at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月09日

奥能登の白菊 純米吟醸3

奥能登の白菊 純米吟醸 池袋東口の「裏や」にて飲む。

 「達磨正宗」に負けない濃厚甘口のお酒ということで、「奥能登の白菊」。

 淡麗辛口という味気ないお酒の対極にある、飲みごたえのあるお酒たちがそろっているところが、このお店の魅力です。


 こちらも冷温でいただきます。

 熟れたメロン、マンゴーのような吟醸香に、木のような香りと麹の香りが含まれていて複雑。

 しっとりキメ細かい口当たりで、雑味のないキレイな入り。

 静かに甘味・酸味・苦味が立ち上がり、ふんわりとやわらかい余韻にいたるまで、やさしくスムーズに展開してゆく。


 しっかり味のあるタイプのお酒だけれど、強烈な自己主張はなく、香味のいたるところに上品さを感じる。

 上品な甘さを中心に繊細かつ複雑な味わいを見せる、この蔵らしい個性が堪能できる佳酒。



【石川県輪島市 白藤酒造店】 純米吟醸
 1800ml:3333(3500)円   720ml:1686(1770)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:−4.5
 原料米:山田錦(36%)、五百万石(64%)   精米歩合:55%
 酵母:協会10号   酸度:1.5


「奥能登の白菊」「寧音(ねね)」の過去の記事
「奥能登の白菊 純米酒 輪島物語」(2007年07月
「寧音 純米無濾過」(2009年03月

rain_of_tears at 20:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年09月07日

会津中将 純米吟醸 無濾過生原酒 あらばしり3

会津中将 純米吟醸 無濾過生原酒 あらばしり 池袋西武で試飲・購入。

 祖父母の家にて3人の合同誕生祝い。

 2つめのお酒は会津の「会津中将 純米吟醸 あらばしり」。

 今年のNHK大河ドラマ「八重の桜」も、前半は会津が舞台でしたね。

 「会津中将」は、まさに幕末の松平容保公(会津中将)から名づけられた銘柄。

 2002年、「利家とまつ」の際の石川「加賀鶴 前田利家公」。
 2006年、「「巧妙が辻」の際の高知「酔鯨 山内家ゆかりの酒」。
 2009年、「天地人」の際の山形「東光 直江兼続公の前立『愛』」。
 2012年、「平清盛」の際の広島「華鳩 清盛」。

 これらのお酒に続く、大河ドラマにゆかりのあるお酒をさっそくいただきます。


会津中将 純米吟醸 無濾過生原酒 あらばしり
 オリが浮いて、うっすらとにごっている。 お酒に残っていた炭酸もわずかに現れる。

 バナナ様の甘くやさしい香りと、フレッシュな酸味を想起させるリンゴ様の香りが重なる。

 香りは若々しいのに、口当たりはなめらかで、スルリと流れてゆく。 味わいもまとまりが良い。



 さわやかさと落ち着きを兼備したお酒。 軽快でバランスが良く、みんなに好評でした。

 しぼりたての春先ではなく、夏まで熟成させてから出荷したという、蔵の計画どおりの酒質になっています。



【福島県会津若松市 鶴乃江酒造】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1600(1680)円
 アルコール度数:17.5
 原料米:五百万石(福島県産)   精米歩合:58%


過去の「会津中将」の記事
「会津中将 純米大吟醸 無濾過生原酒 八反錦」(2012年02月
「会津中将 純米吟醸 無濾過生原酒 あらばしり」(2009年07月
「会津中将 純米吟醸 無濾過生原酒 中汲み」(2012年10月
「会津中将 純米原酒」
 (↑2013年02月2011年03月2009年10月2005年07月
   2003年08月
「会津中将 純米酒」(2011年08月
「会津中将 純米生原酒」(2007年07月2005年07月
「会津中将 純米無濾過生原酒 初しぼり」
 (↑2012年02月2010年02月
「会津中将 特別本醸造」(2012年02月
「会津中将 濃縮本醸造 獅子おどり」(2005年07月試飲

rain_of_tears at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年07月31日

KINOENE(甲子) APPLE 純米吟醸 リンゴ酸高生産性 多酸酵母使用3

甲子 アップル 池袋東口の「裏や」にて飲む。

 「陸奥八仙 プロトタイプ」の次は、「甲子 アップル」。

 リンゴ酸の豊富なお酒なので、その名もアップル。

 今まで池袋東武で何度となく試飲してきた「甲子」は、同じ千葉にある「木戸泉」の強烈な個性にかくれ気味の印象。

 キレイな「甲子」、乳酸たっぷりの「木戸泉」。 連続して試飲したら、「木戸泉」を選んでしまいます。

 ところが近年、「甲子」は個性的なお酒に挑戦しているようです。 リンゴ酸高生産性多酸酵母を使ったお酒自体も、ひさしぶりの体験です。



 では、冷温でいただきます。

 店内の光の影響か、わずかにレモン色を感じる程度で、ほぼ無色。

 リンゴのような酸味を想起させる、フレッシュでさわやかな香り。

 豊かな甘味と、苦味を帯びたさわやかな酸味が印象的で、どことなく白ワインに似た雰囲気も感じる。



夏野菜のバーニャカウダ

 12種の夏野菜のバーニャカウダ。 12か所に盛りつけられているけれど、実際には13種類。 にんにくを効かせた塩麹でいただきます。

 野菜の甘味・苦味をさわやかに引き立て、麹の風味と寄り添い、油気を切って口の中をリセットする。 この芸当は、さすが日本酒。


牛すじ煮込み

 牛すじ煮込みにも合う。

 爽快な味わいで、合わせられる料理の幅も広い。 すばらしい食中酒に出会えました。



【千葉県印旛郡酒々井町 飯沼本家】 純米吟醸(生)
 1800ml:2600(2730)円   720ml:1300(1365)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:−15
 原料米:五百万石   精米歩合:55%
 酵母:協会77号(リンゴ酸高生産性多酸酵母)   酸度:2.5


リンゴ酸高生産性多酸酵母を使用したお酒の過去の記事
「秋鹿 純米吟醸 多酸酵母」(2006年12月
「秋鹿 クレマンドノゼ」(2006年12月
「秋鹿 純米吟醸 多酸古酒 仕込第参拾弐號 槽口直汲 山田錦」
 (↑2010年06月
「一ノ蔵 リンゴ酸高生産性多酸酵母使用 純米大吟醸生原酒」
 (↑2010年08月

rain_of_tears at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年07月17日

小左衛門 甘酸っぱいにごり リキュール2

小左衛門 甘酸っぱいにごり リキュール 池袋東武で試飲・購入。

 豊富なラインナップを試飲して、購入したお酒のひとつが「小左衛門 甘酸っぱいにごり」。

 少量限定、表ラベルのないシリーズのお酒。

 昨年飲んだ試作品「小左衛門 純米 甘酸っぱいにごり」は純米酒だったけれど、今年はなんとリキュール。

 「小左衛門 純米酒」をベースに、糖分・酸味料を添加しているお酒とのこと。


 香りはヨーグルト様とリンゴ様が重なり、まさしくリンゴの果肉入りヨーグルトのイメージ。

 まろやかでやさしい口当たりから打って変わって、甘酸っぱい香味が炸裂する。 これはインパクト大。

 純米タイプの個性をさらに強調した味わい。



 しっかりした香味だから、ストレートはもちろん、ロックやソーダ割りでも楽しめる。

 いろんな飲み方を探してみる楽しみもある、楽しいお酒。



 リキュールなのに日本酒度が表示してあって、生酒とも書いてあるのがおもしろい。

 そういえば、日本酒の酒蔵がつくっている梅酒やあんず酒に日本酒度が書いてあったことがあるから、そこまで不思議ではないかも。



【岐阜県瑞浪市土岐町 中島醸造】 リキュール(生)
 720ml:1238(1300)円
 アルコール度数:14.5   日本酒度:−14
 原料米:五百万石(富山県産)   精米歩合:55%
 酸度:4.8


「小左衛門」の過去の記事
「小左衛門 純米吟醸 美山錦」(2008年06月
「小左衛門 特別純米 美山錦 辛口 しぼりたて生」(2013年03月
「小左衛門 純米無濾過生原酒 六割五分 播州山田錦」
 (↑2012年09月
「小左衛門 純米 甘ずっぱいにごり」(2012年08月

rain_of_tears at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年05月24日

都美人 山廃特別純米 無濾過生原酒 山田錦 / 都美人 山廃純米 無濾過生原酒 五百万石4

都美人 山廃特別純米 無濾過生原酒 山田錦都美人 山廃純米 無濾過生原酒 五百万石 池袋西武で試飲・購入。

 大好きな、淡路島「都美人」の試飲販売。

 純米酒はすべて山廃という個性的な蔵。

 山廃純米酒をベースにした、にごりタイプの梅酒も果肉たっぷりでおいしいんだよなぁ。


 おや!?

 山廃無濾過生原酒シリーズのラベルが変わった!


都美人 風のまま都美人 雲のごとく 以前のラベルは、商品名の「風のまま」・「雲のごとく」が、蔵の「都美人」の文字よりも大きかった。

 今回は「都美人」が堂々とセンターを飾る。

 蔵元いわく、商品名よりも蔵の名前を知ってもらおうという趣旨での変更。

 以前の流麗な書体も好きだったけれど、今回の芯の通った書体も良いですね。



 冷温でいただきます。

 まずは緑色のビンの山田錦バージョンから。

 五百万石バージョンとの差別化を図るために、山田錦バージョンは精米歩合60%にしたとのこと。

 フレッシュな麹の香りと、若いメロンのような香りがさわやか。 鮮烈で豪快な味わいの中に軽やかな含み香がひそんでいて、上品さを感じる。

 余韻も晴れやかで、ふたたびメロン様の香りが姿を現す。



 次に、茶色のビンの五百万石バージョン。

 こちらは山田錦バージョンより強烈さを増したイメージ。 甘酸っぱくて、インパクト大。

 さわやかさを感じながら、良くも悪くも洗練されていない、野趣あふれる風味も楽しめる。



 それぞれに別々の個性を感じると同時に、共通点も感じる、魅力的なお酒たちでした。



【兵庫県南あわじ市 都美人酒造
「都美人 山廃特別純米 無濾過生原酒 山田錦」
 特別純米酒(山廃、無濾過、生、原酒)
 好み度:★★★★
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1600(1680)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+5.6
 原料米:山田錦(兵庫県産)   精米歩合:60%
 酵母:協会901号   酸度:2.1

「都美人 山廃純米 無濾過生原酒 五百万石」
 特別純米酒(山廃、無濾過、生、原酒)
 好み度:★★★★
 1800ml:2300(2415)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+3.7
 原料米:五百万石   精米歩合:65%
 酵母:協会901号   酸度:2.4


「都美人」の過去の記事
「都美人 特別純米 山廃仕込 無濾過生原酒 風のまま(山田錦)」
 (↑2012年08月2011年04月2008年04月2007年09月
「都美人 特別純米 山廃仕込 無濾過生原酒 雲のごとく(五百万石)」
 (↑2012年08月2011年04月2010年09月

rain_of_tears at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年05月03日

八海山 本醸造

八海山 本醸造 祖父母の家にて飲む。

 新潟県を代表する蔵・銘柄の1つ、「八海山」。

 新潟のお酒を敬遠する傾向にあるよっしんにとって、めったに飲む機会のないお酒なので、興味津々でいただきます。

 おとなしい香りの中に、お米やクッキーのようなニュアンスが感じられる。

 なめらかな口当たりで、スルリとすべるように流れてゆく。


 刺激が少ないという点で、飲みやすい。 ただ、個性・面白みに欠けるという点では、積極的に飲みたいと思えず、2口目に手が伸びないという意味で飲みにくい。



【新潟県南魚沼市 八海醸造】 本醸造
 1800ml:2293(2407)円   720ml:1102(1157)円
 アルコール度数:15.4   日本酒度:+5
 原料米:五百万石・トドロキワセ・一般米   精米歩合:55%
 酵母:協会701号   酸度:1.2   アミノ酸度:1.1


「八海山」の過去の記事
「八海山 しぼりたて生原酒 越後で候」
 (↑2010年12月2009年03月2008年02月2006年12月
「八海山 しぼりたて生原酒 雪のなかの酒」(2006年01月
「八海山 本醸造」(2008年12月
「八海山 吟醸」(2005年05月
「八海山 純米吟醸」(2011年11月2004年01月

rain_of_tears at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月12日

辻善兵衛 純米酒 五百万石3

辻善兵衛 純米酒 五百万石 栃木の親戚からいただく。

 『dancyu』2010年3月号で特集された、「下野杜氏」なる新たな杜氏集団が誕生して活性化している栃木県。

 この「辻善兵衛」も、同号で特集された蔵のひとつ。


 常温でいただきます。

 アルコールの揮発による軽い刺激に、アスパラのような、苦味を想起させる香りが続く。

 バランスの取れた甘味・酸味・旨味・苦味が、軽やかに流れてゆく。

 さわやかな酸味・苦味、そしてアルコールのおかげでスッキリとした後口。 余韻にはお米らしい、米粉のような雰囲気が残る。

 「吉乃川 特別純米 新酒」と似た印象の、キレイなタイプのお酒。 常温だと、ちょっと物足りないかなあ。



 燗にすると、隠れていた酸味・旨味が出てきてボリュームアップ。 キレイな本質は失われていないものの、ガラリと表情が変わった。

 宮城「伯楽星 特別純米」の燗にも通ずるところがある、食欲を高める酸が魅力的。



 個人的には、燗のほうが圧倒的に好みですね。



【栃木県真岡市 辻善兵衛商店】 純米酒
 1800ml:2514(2650)円   720ml:1285(1350)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+2
 原料米:五百万石   精米歩合:60%
 酵母:協会9号   酸度:1.9


「辻善兵衛」「桜川」の過去の記事
「辻善兵衛 純米吟醸 無濾過生 中取り 五百万石」(2012年02月

rain_of_tears at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年02月21日

若駒 特別純米 無濾過生原酒 しずく搾り 斗瓶採り 五百万石2

若駒 特別純米 無濾過生原酒 池袋東口の「日本酒BAR 希紡庵」にて飲む。

 栃木つながりで、「姿 Black Impact おりがらみ」と飲みくらべ。

 「姿」と同様、こちらの「若駒」も果実香が華やか。 リンゴ・桃のような、酸味・甘味を想起させる香り。

 洗練されたキレイな飲み口という点でも共通している。 特別純米酒というより、純米吟醸といったほうがイメージに近いかも。

 「姿」よりも「若駒」のほうが後口の苦味が効いて、シャープに切れ上がるところに特徴がある。

 やさしい甘味とさわやかな酸味が、まとまって一斉に流れてゆくところが魅力。

 ボリュームは中庸ながら、凝縮した印象を受けるのは、お酒の上質な部分だけを集めた商品だからかな。


 栃木のお酒のレベルの高さを実感した、充実した夜でした。



【栃木県小山市 若駒酒造】 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:17.5
 原料米:五百万石   精米歩合:60%
 酵母:T-S

rain_of_tears at 19:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

辻善兵衛 純米吟醸 無濾過生 中取り 五百万石2

辻善兵 純米吟醸 無濾過生 中取り 五百万石 池袋東口の「日本酒BAR 希紡庵」にて飲む。

 栃木のお酒つながりということで、「松の壽 純米吟醸 無濾過生原酒 五百万石」と飲みくらべ。


 リンゴ・ブドウのような華やかな吟醸香。

 スルリとなめらかな口当たりで、静かな展開。 さわやかな苦味が走る。 酸がそれほど目立たないぶん、とろりとした甘味も感じられる。

 ボリューム・余韻ともに軽く、淡麗型。 アルコールのストレートな刺激が感じられるところが、少しもったいないかな。



【栃木県真岡市 辻善兵衛商店】 純米吟醸(無濾過、生)
 1800ml:2953(3100)円   720ml:1476(1550)円
 アルコール度数:15.8   日本酒度:+2.0
 原料米:五百万石   精米歩合:53%
 酸度:1.7

rain_of_tears at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

松の壽(松の寿) 純米吟醸 無濾過生原酒 限定おりがらみ 五百万石3

松の壽 純米吟醸 無濾過生原酒 五百万石 池袋東口の「日本酒BAR 希紡庵」にて飲む。

 「松の壽」は、試飲会で2回、日本酒BARで1回飲んできて、今回が4回目。 4回目にして初記事!

 今回飲むのは、オリがからんで、うっすらとにごったお酒。

 栃木のお酒つながりということで、「辻善兵衛 純米吟醸 無濾過生 五百万石」と飲みくらべ。

 バナナ・ブドウ様の吟醸香がさわやか。 かすかに残った炭酸と若々しい酸味が活躍して、ヤンチャで刺激的な飲み口。

 シャープな酒質ながら、オリのやさしい甘味・旨味が味わいに幅をつけている。

 個性的ではないけれど、みずみずしくてさわやかな、正統派のお酒の魅力が楽しめる。



【栃木県塩谷郡塩谷町 松井酒造店】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 アルコール度数:   日本酒度:+4.5
 原料米:五百万石   精米歩合:55%
 酵母:協会601号、協会1801号   酸度:1.4

rain_of_tears at 19:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年02月20日

会津中将 純米原酒3

会津中将 純米原酒 池袋東武で試飲・購入。

 「会津中将 純米原酒」は、よっしんが日本酒日記をつけるようになった、きっかけのお酒。 そして、第1号の記事

 あれからもうすぐ10年。 う〜ん、感慨深い!

 最初に飲んだときからラベルも原料米も変わったものの、味わいは魅力的なまま健在。

 むしろ洗練されてきている印象です。


 まずは常温でいただきます。

 まだ青いバナナのような香りで、吟醸酒のような雰囲気もある。

 白菜や里芋を思わせる落ち着いた甘味・旨味が印象的で、やさしく濃厚なイメージ。


 燗にすると、バナナ様の香りは消えて、中華まんの皮のようなおだやかな香りになる。

 アルコールの感覚が出てきて、やや旨味不足な面もあるものの、総合的にはスムーズで軽妙。


 温めすぎないほうが甘味・旨味・酸味・苦味のバランスが取れて、複雑かつ力強い味わいが楽しめる。



【福島県会津若松市 鶴乃江酒造】 純米酒(原酒)
 1800ml:2650(2783)円   720ml:1600(1680)円
 アルコール度数:17.5
 原料米:五百万石(福島県産)   精米歩合:58%


過去の「会津中将」の記事
「会津中将 純米大吟醸 無濾過生原酒 八反錦」(2012年02月
「会津中将 純米吟醸 無濾過生原酒 あらばしり」(2009年07月
「会津中将 純米吟醸 無濾過生原酒 中汲み」(2012年10月
「会津中将 純米原酒」
 (↑2011年03月2009年10月2005年07月2003年08月
「会津中将 純米酒」(2011年08月
「会津中将 純米生原酒」(2007年07月2005年07月
「会津中将 純米無濾過生原酒 初しぼり」
 (↑2012年02月2010年02月
「会津中将 特別本醸造」(2012年02月
「会津中将 濃縮本醸造 獅子おどり」(2005年07月試飲

rain_of_tears at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年02月15日

遊穂 純米無濾過生原酒 おりがらみ ゆうほのしろ / 遊穂 純米吟醸 無濾過生原酒 うすにごり 花さかゆうほ3

遊穂 ゆうほのしろ遊穂 花さかゆうほ 池袋東口の「日本酒BAR 希紡庵」にて飲む。

 初めて見る、「遊穂」の少量限定商品。

 年間生産量400石という小規模蔵なので、限定商品となれば非常に貴重な出会いです。


 まずはグレーのラベルの「ゆうほのしろ」から。

 うっすら白くにごったお酒で、生酒らしい麹の香りがさわやか。

 まろやかな口当たりで、やさしい甘味・旨味・酸味のバランスが魅力的。 ボリューム感がありながら、まとまったさわやかな香味で飲みやすい。

 塩気を感じさせる苦味がアクセントになっていて、個性を感じる。


遊穂 ゆうほのしろ・花さかゆうほの色 左が「ゆうほのしろ」。

 右が「花さかゆうほ」。


 次に、ピンクのラベルの「花さかゆうほ」。

 こちらもうっすらとにごっている。 麹の香りにブドウ様の吟醸香も加わって、「ゆうほのしろ」よりスッキリとした印象。

 にごり部分の粒子を感じるサラリとした口当たりで、しだいにまろやかな旨味も現れる。

 お酒に残る炭酸の刺激と、さわやかな酸味のおかげで、シャープな仕上がり。 甘味が少ないのも、切れの良さにつながっている。



 どちらもしっかり味があって、かつ、さわやか。 両方とも好みです!



【石川県羽咋市 御祖酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
「遊穂 純米無濾過生原酒 おりがらみ ゆうほのしろ」
 純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:3(★★★)
 1800ml:2553(2680)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+4
 原料米:(麹米)五百万石(石川県産)、(掛米)能登ひかり(石川県産)
 精米歩合:(麹米)60%、(掛米)55%
 酸度:2.0

「遊穂 純米吟醸 無濾過生原酒 うすにごり 花さかゆうほ」
 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 好み度:3(★★★)
 1800ml:2857(3000)円   720ml:1428(1500)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+5.5
 原料米:(麹米)山田錦(兵庫県産)、(掛米)美山錦(長野県産)
 精米歩合:55%   酵母:協会9号   酸度:1.7


「遊穂」の過去の記事
「遊穂 純米吟醸 無濾過生原酒」(2011年04月2007年03月
「遊穂 純米 無濾過生原酒」
 (↑2012年09月2011年05月2007年05月
「御祖 ほまれ 上撰」(2011年04月

rain_of_tears at 18:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

天野酒 山本スペシャル 純米無濾過生原酒 九号酵母 2011(H23)BY3

天野酒 純米無濾過生原酒 9号酵母 池袋東口の「日本酒BAR 希紡庵」にて飲む。

 2011BYが最後という、「天野酒 山本スペシャル」。

 前回は本醸造の7号酵母バージョンで、今回は純米酒の9号酵母バージョン。

 生酒らしい麹の香りに、かすかにウリ・プリンスメロン様の香りもある。 1年熟成とはいえ、まだまだフレッシュな印象。

 ジャガイモのようなホクホクとした旨味・苦味から入る、特徴的なスタート。

 乳酸、ブドウ様の酸味につづいて、サラリと上品な甘味が現れる。

 それほど強烈な個性というわけではないけれど、濃縮感のある充実した味わいで好み!



【大阪府河内長野市 西條】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2752(2890)円
 アルコール度数:17.3   日本酒度:+4
 原料米:五百万石(福井県産)   精米歩合:60%
 酵母:協会9号   酸度:2.1   アミノ酸度:1.5


「天野酒」の過去の記事
「天野酒 純米無濾過 荒走り8号酵母」(2011年03月
「天野酒 山本スペシャル 本醸造 無濾過生」(2012年09月

rain_of_tears at 18:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年02月06日

辨天娘 純米生原酒 槽搾り 荒走り 2012(H24)BY 1番娘4

辨天娘 純米生原酒 槽搾り 荒走り 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 1月・2月は、鳥取「辨天娘」と島根「扶桑鶴」の特集。

 とくに「辨天娘」は、しぼりたてのお酒があるとのこと。 熟成酒がメインの蔵にしては、めずらしい!

 ということで、この「辨天娘 純米生原酒」をいただきます。


 まずは冷温で。

 旧式の槽でしぼって最初に出てくる、にごった部分、あらばしり。

 というより、しぼる布袋の目が粗かったうすにごり酒なのではと思うほど、にごり部分がビン内に沈殿している。

辨天娘 純米生原酒 槽搾り 荒走りの色 麹の香りとマスカット系の香り、アルコールの刺激が非常にフレッシュ。

 みずみずしい口当たりで、さわやかな香味からスタート。

 さりげなくラムネ菓子のような風味があって印象的。

 しっかりと甘味を切ったドライな飲み口で、お米らしい旨味と、若く奔放な酸味・苦味が活躍する。



 燗にすると、ドライで旨味たっぷりの個性が、より強調される。

 なめらかさ、まろやかさが増して、それでいて引き締まった飲み口。 旨味・酸味・苦味がうまく調和して、複雑さも出てくる。 不思議なバランス。

 しぼられて間もない新酒にして、すでに他を圧倒する存在感がある。



 余計な重みを捨て去って、必要な味わいだけを集めた軽快なお酒。



【鳥取県八頭郡若桜町 太田酒造場】 純米酒(生、原酒)
 1800ml:3200(3360)円   720ml:1600(1680)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+9
 原料米:五百万石(鳥取県若桜町産)   精米歩合:70%


「辨天娘」の過去の記事
「辨天娘 純米吟醸 山田錦 2006(H18)BY」(2008年02月
「辨天娘 純米吟醸 玉栄 2007(H19)BY 6番娘」(2010年03月
「辨天娘 純米にごり酒 2007(H19BY) 7番娘」
 (↑2012年11月2010年02月
「辨天娘 純米 鳥姫 2009(H21)BY 5番娘」(2010年11月
「辨天娘 純米酒 五百万石」(2007年05月
「辨天娘 青ラベル」(2007年05月

rain_of_tears at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年02月04日

花垣 純米無濾過(生)原酒 110th 110周年限定酒 越の雫/五百万石/山田錦3

花垣 110th 第一弾 越の雫花垣 110th 第二弾 五百万石花垣 110th 第三弾 山田錦 浦和駅西口の「和浦酒場 弐(二号店)」にて飲む。

 1901年創業の「花垣」は、2011BY(2011年秋からの仕込み)で110周年。

 ということで、2011年秋から2012年春につくられた「花垣 110th」という限定商品が、順次発売された。


 発売してすぐに売り切れたという3種類が、「和浦 弐」に集合。

 こんな貴重な機会は、逃すわけにはいきません! 飲みくらべるしかないでしょう!

 それぞれぬる燗でいただきます。


花垣 110th 第一弾 越の雫 まずは「第一弾」、越の雫バージョンから。

 越の雫は、地元(福井県)の酒米ですね。

 もっとも早く誕生して出荷されたお酒だからか、生酒らしい麹の香りにくわえて、栗のような生熟成の香りがある。

 甘味さえ連想するまろやかな口当たり。 甘味・旨味そして酸味・苦味がそれぞれ複雑に織りなす味わいは、淡麗な北陸のお酒のイメージをくつがえしてくれる。

 燗冷ましでバラける面があるので、常温、そして冷める前の燗がおすすめ。



花垣 110th 第二弾 五百万石 次に「第二弾」、五百万石バージョン。

 「花垣」がもっともよく使う酒米。

 こちらも生酒で、麹の香りがさわやか。

 甘くまろやかな口当たり。 ゆったりと伸びやかな、マイルドな味わいが魅力的。

 燗冷ましでもバランスが崩れない。 一番扱いが慣れているお米だからなのか、まとまりが良く、味わいに安定感がある。



花垣 110th 第三弾 山田錦 最後に「第三弾」、山田錦バージョン。

 最後に出荷された、一番若いこのお酒だけが火入れされたタイプ。

 お米の香りの中に、さりげなくセメダインのような香り(酢酸エチル)がひそむ。

 うーん、低精白のお酒ではないし、活性炭を使って濾過しているわけでもないし。 麹造りで少し問題があったのかな。

 静かな立ち上がりで、おだやかな旨味とストレートな酸がキレイに流れてゆく。

 早い時期に火入れされて若さが保たれているためか、幅・立体感・起伏という点で少し物足りない印象。 これからの味乗りに期待ですね。


 「花垣」のお米ちがい。 希少でおいしいお酒たちを飲みくらべられて、すばらしい体験ができました。



【福井県大野市 南部酒造場
「花垣 純米無濾過生原酒 110th 第一弾 越の雫」
 純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:3(★★★)
 1800ml:2381(2500)円   720ml:1190(1250)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+2
 原料米:越の雫(福井県産)   精米歩合:60%
 酵母:協会7号系   酸度:2.0   アミノ酸度:1.2

「花垣 純米無濾過生原酒 110th 第二弾 五百万石」
 純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:3(★★★)
 1800ml:2381(2500)円   720ml:1190(1250)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:−1.5
 原料米:五百万石(福井県産)   精米歩合:60%
 酵母:協会7号系   酸度:2.0   アミノ酸度:1.0

「花垣 純米無濾過原酒 110th 第三弾 山田錦」
 純米酒(無濾過、原酒)
 好み度:2(★★)
 1800ml:2381(2500)円   720ml:1190(1250)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+4
 原料米:山田錦(兵庫県産)   精米歩合:60%
 酵母:協会7号系   酸度:2.3   アミノ酸度:1.6


「花垣」の過去の記事
「花垣 米しずく 生もと純米」
 (↑2007年11月2006年04月2005年03月
「花垣 米しずく 山廃純米」(2010年11月
「花垣 米しずく 無殺菌・酵素栽培 純米酒」(2004年04月
「花垣 米しずく 純米生詰 ひやおろし」(2010年11月2007年09月
「花垣 米しずく 純米酒」(2009年09月2008年12月
「花垣 生もと純米 亀の尾」(2008年05月
「花垣 純米無濾過生原酒」(2008年04月2007年01月
「花垣 純米酒 超辛口」(2008年01月
「花垣 純米生酒」(2012年08月
「花垣 オーク樽貯蔵 純米大吟醸」(2010年03月
「花垣 純米吟醸 無濾過生原酒」(2005年11月
「花垣 純米吟醸 伍年古酒」(2007年10月2006年12月
「花垣 純米吟醸 全麹 長期熟成酒」(2007年05月
「花垣 米雫 貴醸年譜 1年貯蔵」(2012年10月

rain_of_tears at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月31日

吉乃川 特別純米 新酒2

吉乃川、しぼりたて 池袋東武で試飲・購入。

 濃醇酒好みのよっしん、淡麗なことが多い新潟のお酒は、なかなか買う機会がありません。

 ただ、飲まず嫌いは良くないと思うので、試飲する機会があれば積極的に挑戦します。


 今回の池袋東武には、お正月に「吉乃川 吟醸」を飲んだばかりの「吉乃川」が来店。

 約100蔵ある新潟県で、第3位の生産量をほこる大手の「吉乃川」。 多くの酒販店や居酒屋で目にするものの、試飲は初めて。

 いろんなお酒を試飲して、気に入って購入したのが、この「吉乃川 特別純米 新酒」。


 まずは冷温でいただきます。

 酸味を想起させる、フレッシュな香り。 火入れしたお酒とは思えない若々しさで、さすが、しぼってまもない時期のお酒です。

 シソや青いバナナを思わせる植物的な香りに、アルコールの刺激が加わる。

 さわやかな酸味・苦味が主体で、はつらつとした飲み口。 舌に残る心地よい刺激が、若さを物語る。


 常温に近づいてくると、しだいにやさしい甘味を感じるようになる。

 濃厚・濃醇なお酒ではなく、あくまで新潟らしい淡麗型のお酒だけれど、鮮烈さという個性・アピールポイントがある。



 火入れして酒質が安定しているから、このフレッシュな味わいをより長い期間楽しむことができる。

 少量限定商品なので、ずっと入手できるわけではないけれど、冷蔵庫で保管していれば、秋まで余裕でこの鮮烈な風味を保てるような気がする。

 しぼりたてのお酒の風味が好きな方におすすめしたいお酒です。



【新潟県長岡市 吉乃川】 特別純米酒
 720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+3
 原料米:五百万石(新潟県産)   精米歩合:60%
 酸度:1.4


「吉乃川」の過去の記事
「極上吉乃川 吟醸」(2013年01月

rain_of_tears at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数