伊勢錦

2011年05月11日

酒屋八兵衛 純米吟醸 3種類(伊勢錦/雄町)3

酒屋八兵衛 3種

 浦和駅西口の「和浦酒場 弐(二号店)」にて飲む。

 久しぶりの二号店。 なんと、「酒屋八兵衛」が3種類あったので、飲みくらべてみることに。 貴重な機会だ!

 左から順に、
「酒屋八兵衛 純米吟醸 伊勢錦 2009BY」、
「酒屋八兵衛 山廃純米吟醸 雄町 2007BY」、
「酒屋八兵衛 純米吟醸無濾過生原酒 伊勢錦 2010BY」。

 では左から順番に飲んでみよう。

 「酒屋八兵衛 純米吟醸 伊勢錦 2009BY」は、お米らしい香味で一貫している。 今回の3種類のなかでは最も落ちついた印象。

 「酒屋八兵衛 山廃純米吟醸 雄町 2007BY」は、ヨーグルト様の乳酸の香りに、やさしい甘味・酸味。 おだやかな旨味との調和が取れて、香味ともに好み!

 「酒屋八兵衛 純米吟醸無濾過生原酒 伊勢錦 2010BY」は、一番若いというだけでなく、唯一の生酒ということもあって、非常にフレッシュ。 リンゴ・マスカット系の香りに、若くヤンチャな酸が爽快。

 生と火入れの違い、お米の違い、熟成の違い。 一度に色々な飲みくらべができて楽しかったです!

 なんといっても、お米の魅力をストレートに表現していて、どれもおいしいところが魅力。 さすが元坂さん!


【三重県多気郡大台町 元坂酒造
「酒屋八兵衛 純米吟醸 伊勢錦 2009BY」 純米吟醸
 好み度:★★
 1800ml:2952(3100)円   720ml:1476(1550)円
 アルコール度数:15.7   日本酒度:+4
 原料米:伊勢錦(三重県産)   精米歩合:50%
 酸度:1.8   アミノ酸度:1.8

「酒屋八兵衛 山廃純米吟醸 雄町 2007BY」 純米吟醸(山廃)
 好み度:★★★
 1800ml:3238(3400)円
 アルコール度数:15.6   日本酒度:+7
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:50%
 酸度:1.4   アミノ酸度:1.2

「酒屋八兵衛 純米吟醸無濾過生原酒 伊勢錦 2010BY」 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 好み度:★★
 アルコール度数:17.5
 原料米:伊勢錦(三重県産)   精米歩合:50%


「酒屋八兵衛」の過去の記事
「酒屋八兵衛 純米吟醸無濾過生原酒 雄町」
 (↑2007年11月10月
「酒屋八兵衛 山廃純米吟醸 無濾過生原酒 備前雄町」
 (↑2010年06月
「酒屋八兵衛 山廃純米酒 伊勢錦」(2010年06月
「酒屋八兵衛 山廃純米酒 山田錦・五百万石」(2010年06月
「酒屋八兵衛 特別純米 ひやおろし」(2007年09月

rain_of_tears at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年02月06日

天遊琳 特別純米酒 限定直汲み 生4

天遊琳 限定直汲み生 池袋東武で見かけて購入。

 若い時期の「天遊琳」の火入れタイプは、まろやかさ・旨味が出ずに、良くも悪くもスッキリしている。

 ただ、生酒は、若い状態でもまろやかで好み。

 ビン詰めが2010年の7月とのことだから、きっと2009BY。 つまり、約1年の熟成を経ている。

 「天遊琳」の熟成した生酒。 楽しみ〜!

 まずは冬の常温(冷温)でいただきます。

 開栓してグラスに注ぐと、お酒に隠れていた炭酸が次々に現れる。 グラスの曲線にくっついた泡粒が照明をあびてキラキラと輝くようすは、まさにプラネタリウム状態。

 さわやかな麹の香りに、まろやかな口当たり。 ん〜、好みの入り方。 炭酸があるのに、刺激的な面は突出しない。

 甘味・旨味・酸味がまとまって、まろやかに流れてゆくから、濃厚な印象を受ける。 でも、きっとまだまだ閉じこもっているハズ。

 その証拠に、少し温まってくるとコッテリ感が出てくる。

 ということで、ぬる燗にしてみる。

 白磁の杯に注ぐと、あれま〜、けっこう色づいていたんですね。 さすが生熟成。

 アーモンド様の熟成香がおだやかにただよう。 トロリとした感触に、甘くほろ苦い香味がふくらんでゆく。 ここまでくると、完全にコッテリ系の生熟成のお酒だ。

 冷えた状態よりも温めたほうが、炭酸の存在感がある。 炭酸のおかげで、よりビター・シャープに引き締まる。

 熟成した風味なのに、炭酸が活躍する、おもしろいお酒。

 色々な温度帯で、それぞれの表情を楽しみたい。


【三重県四日市市 タカハシ酒造】 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3333(3500)円   720ml:1800(1890)円
 アルコール度数:17.5
 原料米:伊勢錦   精米歩合:55%


「天遊琳」の過去の記事
「天遊琳 純米吟醸50 阿波山田錦 2002 生」
 (↑2010年09月2009年03月2008年10月
「天遊琳 純米吟醸 2003 山田錦 生」(2008年04月
「天遊琳 純米吟醸 阿波山田錦 2003BY」(2007年05月
「天遊琳 特別純米酒 生」(2010年03月2009年01月2008年04月
「天遊琳 特別純米酒 限定瓶囲い」(2008年11月2005年01月
「天遊琳 特別純米酒 2003」(2011年02月2007年08月
「天遊琳 純米雄町 生」(2007年04月02月
「天遊琳 手造り純米酒 伊勢錦2009」(2010年12月
「天遊琳 手造り純米酒 伊勢錦2003 中取り瓶囲い」
 (↑2010年03月2008年01月
「天遊琳 手造り純米酒 夏純」(2009年07月
「天遊琳 牡蠣限定 純米酒」(2007年11月2006年11月
「伊勢の白酒 純米生活性にごり酒」(2007年05月02月

rain_of_tears at 19:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年12月26日

天遊琳 手造り純米酒 伊勢錦 20092

天遊琳 伊勢錦 2009 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 今夜は、お忍びの(忍べないけれど)スーさんとご一緒させていただきました。

 「2009」と表示された、めずらしく若い「天遊琳」を発見。

 先日まで置いていた「天遊琳 伊勢錦 2007」が終わり、新たに入荷したのがこの「天遊琳 伊勢錦 2009」とのこと。

 気になる!

 若いといっても、しっかりとした造りの火入れ酒・1年熟成なので、おそるおそる温める必要はない。 熱めの燗で眠りから覚ましていただきます。

 香りは非常におとなしく、静かな雰囲気。 ミネラルを感じるやや硬質な口当たりで、伸びやかな味わいが楽しめるクリアな酒質。

 お米らしいふくよかな旨味や、かわいらしい酸味、スッキリ感のある苦味など、ささやかに均整が取れている。

 冷めてくると徐々に緊張がほどけてきて、やさしいイメージになる。

 ただ、「天遊琳」にしてはシャープ。 まだ厚みや雄大さはなく、なんとなく閉じこもっている感じも受ける。

 やっぱり「天遊琳」の火入れタイプは3年以上寝てからが本領発揮かなあと思った。


【三重県四日市市 タカハシ酒造】 純米酒
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:15.5
 原料米:伊勢錦(三重県産)   精米歩合:65%


「天遊琳」の過去の記事
「天遊琳 純米吟醸50 阿波山田錦 2002 生」
 (↑2010年09月2009年03月2008年10月
「天遊琳 純米吟醸 2003 山田錦 生」(2008年04月
「天遊琳 純米吟醸 阿波山田錦 2003BY」(2007年05月
「天遊琳 特別純米酒 生」(2010年03月2009年01月2008年04月
「天遊琳 特別純米酒 限定瓶囲い」(2008年11月2005年01月
「天遊琳 特別純米酒 2003」(2007年08月
「天遊琳 純米雄町 生」(2007年04月02月
「天遊琳 手造り純米酒 伊勢錦2003 中取り瓶囲い」
 (↑2010年03月2008年01月
「天遊琳 手造り純米酒 夏純」(2009年07月
「天遊琳 牡蠣限定 純米酒」(2007年11月2006年11月
「伊勢の白酒 純米生活性にごり酒」(2007年05月02月

rain_of_tears at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年06月01日

酒屋八兵衛 山廃純米酒 伊勢錦3

酒屋八兵衛 伊勢錦 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 6月から、翔くんが「和浦酒場(本店)」の店長に就任。 おめでとうございます! さらにがんばってください! そして、今後もよろしくね。

 若い、ホントに若い新店長、翔くんの活躍に期待です。

 では前店長の蔵ちゃんはというと、「大将」の呼び名のもと、本店・弐号店を総括する立場になったみたい。 日によって本店・弐号店を行き来するらしい。

 その「大将」蔵ちゃんが先日蔵見学に行ってきたのが、三重「酒屋八兵衛」元坂酒造。 伊勢・松阪から内陸に入った、三重県最南の蔵だ。

 久しぶりに入荷された「酒屋八兵衛」を、さっそく飲もう!

 山廃といっても、モワッとしたクセや、ヨーグルト様の雰囲気はない。 個性的な風味が出ないところに、非常に丁寧なつくりをうかがわせる。

 おだやかに穀物の香りがただよい、口当たりはやわらか。 クルミ風のまろやかな甘味・旨味が静かにふくらむ。

 強烈な自己主張をするわけではないが、無個性な淡麗型酒質とは別次元にある。 料理を受けとめ寄り添う、懐の深さがある。

 朴訥なイメージを抱かせる、人なつっこい、やさしく熟したお酒だ。


【三重県多気郡大台町 元坂酒造】 純米酒(山廃)
 1800ml:2667(2800)円   720ml:1334(1400)円
 アルコール度数:15.7   日本酒度:+6
 原料米:伊勢錦(三重県産)   精米歩合:60%
 酸度:1.5   アミノ酸度:1.3


「酒屋八兵衛」の過去の記事
「酒屋八兵衛 純米吟醸無濾過生原酒 雄町 2004(H16)BY」
 (↑2007年11月10月
「酒屋八兵衛 特別純米 ひやおろし」(2007年09月

rain_of_tears at 19:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月18日

天遊琳 手造り純米酒 伊勢錦20033

天遊琳 伊勢錦 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 「白影泉」、「秋鹿」につづいては「天遊琳」。

 先生は四日市の「天遊琳」をはじめて知ったらしい。

 「まだ知らない旨い酒があるんだなあ」「旨い酒を燗で出す店はなかなかない」「ひとりでもまた来たい」と、ご満悦のようす。 なによりです。

 よっしんは「天遊琳 伊勢錦 2003」を何回も飲んできたものの、今回は今回でまたおどろいた。

 以前にも増して古酒らしい香りで満たされている。 甘やかで複雑。 「天遊琳」らしい、トロ〜リとした口当たりが香りに合っている。

 このまろやかさが個性的で魅力的。

 ただ、甘味・旨味のまとまった味わいながら、やや酸不足に感じる。 香味ともに上質ながら、古酒っぽさが強いという点で個性に欠ける印象も受けた。

 飲みごろを過ぎたのかなあ。 または、もう少し寝かせるとまた変わってくるとか。

 少しきびしい見方かもしれないけれど、それもまた「天遊琳」のファンゆえです。


【三重県四日市市 タカハシ酒造】 純米酒(無濾過)
 1800ml:2500(2625)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度+5
 原料米:伊勢錦   精米歩合:60%
 酵母:三重吟醸酵母   酸度:1.8


「天遊琳」の過去の記事
「天遊琳 純米吟醸50 阿波山田錦 2002 生」
 (↑2009年03月2008年10月
「天遊琳 純米吟醸 2003 山田錦 生」(2008年04月
「天遊琳 純米吟醸 阿波山田錦 2003BY」(2007年05月
「天遊琳 特別純米酒 生」(2010年03月2009年01月2008年04月
「天遊琳 特別純米酒 限定瓶囲い」(2008年11月2005年01月
「天遊琳 特別純米酒 2003」(2007年08月
「天遊琳 純米雄町 生」(2007年04月02月
「天遊琳 手造り純米酒 伊勢錦2003 中取り瓶囲い」(2008年01月
「天遊琳 手造り純米酒 夏純」(2009年07月
「天遊琳 牡蠣限定 純米酒」(2007年11月2006年11月
「伊勢の白酒 純米生活性にごり酒」(2007年05月02月

rain_of_tears at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年01月24日

天遊琳 手造り純米酒 伊勢錦2003 中取り瓶囲い3

天遊琳 伊勢錦 最後は「天遊琳 伊勢錦 2003」。

 いつもしっかり熟成させて発売する「天遊琳」は、お米ちがいの商品でも、まろやかな飲み口が共通している。

 蔵の方針・個性が自然と現れていて、好きな蔵だ。

 冷やしていては、「天遊琳」の良さが発揮されない。 常温、ぬる燗、上燗とだんだん温度が上がるにつれて全貌が見えてくる。

 アーモンドのような熟成香が穏やかにただよう。 口当たりはまろやかで、豊かな旨味が酸と一体になってふくらんでゆく。

 濃醇というより、濃厚といったほうが的確かな。 余韻にもアーモンド様の風味がやさしくたなびく。

 白レバーの燻製と合わせて楽しんだ。


【三重県四日市市 タカハシ酒造】 純米酒(無濾過)
 1800ml:2500(2625)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度+5
 原料米:伊勢錦   精米歩合:60%
 酵母:三重吟醸酵母   酸度:1.8

rain_of_tears at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年12月31日

伊勢慶びの酒「おかげさま」

おかげさま 祖父母の家で飲む。

 三重・奈良・和歌山の世界遺産めぐりの旅でのおみやげらしい。

 伊勢神宮の参道、おかげ横丁に構える蔵で、幕末の「おかげ参り」からとった銘柄とのこと。

 神宮内を流れる五十鈴川の伏流水を使用している。 なんだかありがたい気分。

 淡麗ながらやや甘味を残した仕上がりで、サッと引いてゆく余韻が非常に軽い。


【三重県伊勢市 伊勢萬内宮前酒造場】 吟醸
 1800ml:3124(3280)円   720ml:1562(1640)円
 原料米:伊勢錦   精米歩合:40%

rain_of_tears at 17:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数