夢一献

2013年06月23日

杜の蔵 純米うすにごり 夏生 二の矢2

杜の蔵 夏生 純米うすにごり 池袋東武で見かけて購入。

 低めのアルコール度数での味わいに定評のある「杜の蔵」が送り出す、夏用の生酒。

 試飲できなかったものの、うっすらにごった外見、そしてリーズナブルな価格から、迷わず購入。


 さっそく冷温でいただきます。

 うっすらとにごったお酒からは、お米由来の香りとマスカット系の香りがただよう。

 しぼってから数か月間の熟成を経ているためか、さわやかな香味には荒々しさが消えている。

 やわらかく軽い飲み口で、さりげない酸味・旨味が心地よい。



 過剰な演出がなく飲みやすい。 それでいて、また飲みたいと思わせる魅力がある。

 スイスイ飲めてしまう、「杜の蔵」らしい魅力が感じられるお酒。



【福岡県久留米市三潴町 杜の蔵】 純米酒(無濾過、生)
 1800ml:2300(2415)円   720ml:1150(1207)円
 アルコール度数:15.0   日本酒度:+5
 原料米:夢一献(福岡県産)   精米歩合:65%
 酵母:協会7号   酸度:1.7


「杜の蔵(独楽蔵、大手門)」の過去の記事
「独楽蔵 無農薬山田錦 六十」
 (↑2012年08月[1][2]02月2011年09月02月2010年03月
   2009年09月04月2008年09月
「独楽蔵 醇 純米大吟醸」(2006年11月
「独楽蔵 玄 円熟純米吟醸」
 (↑2013年01月2012年02月2006年12月11月04月
「独楽蔵 然 特別純米酒」(2007年03月
「独楽蔵 燗 純米」
 (↑2012年02月2011年02月2009年09月2004年10月
「独楽蔵 悠 古酒(あんちっく杜氏の詩)」(2006年11月
「独楽蔵 特別純米 季節限定酒 ひやおろし 二年目の夏」
 (↑2010年10月
「大手門 純米吟醸 無農薬山田錦 斗瓶採り雫酒」(2006年11月
「大手門 純米吟醸 ひやおろし」(2007年09月
「杜の蔵 純米吟醸 翠水」(2012年08月
「杜の蔵 純米 大地の輝」(2007年10月

rain_of_tears at 20:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年06月19日

若波 純米吟醸3

若波 純米吟醸 池袋のサンシャインで行われた「日本酒フェア」で試飲・購入。

 大好きな県、大好きな蔵をめぐりつつ、新たな発見を求めて冒険する。

 そこで出会ったのが、福岡の「若波 純米吟醸」。


 試飲した瞬間に、ドライな飲み口と、お米の旨味が活きたおだやかな味わいにびっくり。

 初めて知る蔵のお酒で感動し、思わず興味津々。

 お酒を醸したのは蔵元の次女、福岡で唯一の女性杜氏という今村友香さん。

 ご本人ではなく間接的に聞いたところによると、秋田「まんさくの花」日の丸醸造で修業したとのことで、勝手に縁を感じてしまいました。

 

 迷わず、おみやげとして購入。

 家でゆっくり、常温でいただきます。

 リンゴ・バナナのような、おだやかで甘い香りがさりげなく感じられる。 含み香には木を思わせる香りがあって、ドライな雰囲気。

 しっとりとした旨味と緻密な酸がやさしく展開してゆく。


 温めると旨味が広がり、ボリューム感が増す。 これはすごいお酒だ。



【福岡県大川市 若波酒造】 純米吟醸
 1800ml:2850(2992)円   720ml:1300(1365)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+1
 原料米:(麹米)山田錦(福岡県糸島産)
      (掛米)夢一献(福岡県三潴産)
 精米歩合:55%   酸度:1.6

rain_of_tears at 22:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年08月20日

杜の蔵 純米吟醸 翠水2

杜の蔵 翠水 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 半年前に、杜の蔵の取締役開発営業部長、溝口さんからうかがっていた。

 「大手門」シリーズを廃止すること、そして、「杜の蔵」シリーズを一新・拡大してゆくことを。

 カウンターから、見たことのないデザインのラベルを発見。 新商品「杜の蔵 翠水」だった。

 店長の翔くんによると、冷温から常温がおすすめとのことなので、冷温のままいただきます。 熊谷の熱気をクールダウン!


 軽い吟醸香にひそむ、ミネラルを感じる清廉な香り。 森林に囲まれた渓流、吉野川上流の大歩危渓谷を連想・回想した。

 ソフトな口当たりで、やさしい甘味、さりげない旨味がふくらむ。 お米らしい味わいなのに、スッキリ洗練されていて爽快。


 自然と気持ちが落ち着いてゆく。 体だけでなく、心までクールダウンしてゆく。

 おせっかいなクドいタイプでもなく、無干渉の冷たいタイプでもない。 人なつっこくて愛嬌のある、距離感を読むのがうまいタイプ。

 好きな濃醇型の酒質ではない。 だけど、気持ちがなごむ、良いお酒だなあ。

タコとオクラのぬた桃の白和え
 タコとオクラのぬた、桃の白和え。

 さわやかな味に、お酒がやさしく寄り添う。


【福岡県久留米市三潴町 杜の蔵】 純米吟醸
 1800ml:2600(2730)円   720ml:1300(1365)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+3
 原料米:夢一献(三潴町産)   精米歩合:50%


「杜の蔵(独楽蔵、大手門)」の過去の記事
「独楽蔵 無農薬山田錦 六十」
 (↑2012年08月02月2011年09月02月2010年03月
   2009年09月04月2008年09月
「独楽蔵 醇 純米大吟醸」(2006年11月
「独楽蔵 玄 円熟純米吟醸」
 (↑2012年02月2006年12月11月04月
「独楽蔵 然 特別純米酒」(2007年03月
「独楽蔵 燗 純米」
 (↑2012年02月2011年02月2009年09月2004年10月
「独楽蔵 悠 古酒(あんちっく杜氏の詩)」(2006年11月
「独楽蔵 特別純米 季節限定酒 ひやおろし 二年目の夏」
 (↑2010年10月
「大手門 純米吟醸 無農薬山田錦 斗瓶採り雫酒」(2006年11月
「大手門 純米吟醸 ひやおろし」(2007年09月
「杜の蔵 純米 大地の輝」(2007年10月

rain_of_tears at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年02月10日

庭のうぐいす ぬるはだ 純米吟醸3

庭のうぐいす ぬるはだ  浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 「庭のうぐいす たなから」と「庭のうぐいす ぬるはだ」の飲みくらべ。

 こちらの「庭のうぐいす ぬるはだ」は、その名のとおり人肌燗〜ぬる燗で楽しむためにつくられたお酒。

 甘味・酸味の溶け合ったつややかな飲み口が魅力で、まさしく燗向けの逸品。 35〜40度くらいの、やや冷めてきたころの酸の活躍が魅力だ。

 2年熟成ながら、クセのある熟成香はなく、飲みやすい。 それでいて、甘味・酸味が調和して旨味も増して、熟成の恩恵が発揮されている。

 中盤からじわじわと旨味と酸が染み出してくる。 ひと口目、ふた口目、どんどんとスケールが大きくなってくる。

 「庭のうぐいす たなから」と「庭のうぐいす ぬるはだ」。 これほどまでに違うとは、想像以上でした。

 よっしんとしては、「庭のうぐいす ぬるはだ」のほうが好みです。


【福岡県久留米市北野町 山口酒造場】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:14.8   日本酒度:+1
 原料米:山田錦・レイホウ・夢一献   精米歩合:60%
 酵母:協会9号   酸度:1.5   アミノ酸度:1.2


「庭のうぐいす」の過去の記事
「庭のうぐいす 純米吟醸 無濾過生原酒 春の生酒」(2010年04月
「庭のうぐいす 純米吟醸 無濾過生詰原酒」(2008年08月
「庭のうぐいす 純米吟醸無濾過 ひやおろし」(2007年10月
「庭のうぐいす 特別純米酒 無濾過生詰原酒 ひやおろし」
 (↑2003年11月
「庭のうぐいす 特別純米無濾過 うぐいすラベル」
 (↑2007年05月2005年10月
「庭のうぐいす 純米吟醸 ぬるはだ」
 (↑2009年04月2008年03月2007年07月
「庭のうぐいす 純米酒 たなから」(2011年02月2007年05月
「庭のうぐいす からくち 鴬辛(おうから)」(2009年04月

rain_of_tears at 18:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年04月07日

庭のうぐいす 純米吟醸 無濾過生原酒 春の生酒4

庭のうぐいす 純米吟醸 京都西陣の「鵜飼商店」にて購入。

 「毎年味がちがう」と鵜飼さん・ヨラムさん・よっしんに突っ込まれてきた「庭のうぐいす」。

 けれど、そういえばここ2〜3年は良い意味で(高品質で)安定してきたような気がする。

 なかでも一番気に入っているのが、紫色のうぐいすラベルがかわいい純米吟醸。 今回は初の生酒。

 まずは常温で飲んでみよう。

 穀物様のおだやかな香りに、生熟成らしいナッツ系の香りがある。 さすが生熟成、好みの香りですね〜。

 まろやかな口当たりで、甘味・旨味の溶け合った濃厚な味わい。 お米を半分まで磨いてしまっても、ここまで味が出せるのはおどろき。

 では、ぬる燗にしてみよう。

 トロリと密度を感じる口当たりで、スルリと流れてゆく非常にまろやかな飲み口。 酸が少ない分、やさしい甘味や幅のある旨味が前面に出ている。 濃密な味わいが魅力的・好み。

 これはうまし!


【福岡県久留米市北野町 山口酒造場】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2850(2993)円   720ml:1425(1496)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+4
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)夢一献   精米歩合:50%
 酵母:協会9号系自家培養   酸度:1.3   アミノ酸度:1.2


「庭のうぐいす」の過去の記事
「庭のうぐいす 純米吟醸 無濾過生詰原酒」(2008年08月
「庭のうぐいす 純米吟醸無濾過 ひやおろし」(2007年10月
「庭のうぐいす 特別純米酒 無濾過生詰原酒 ひやおろし」
 (↑2003年11月
「庭のうぐいす 特別純米無濾過 うぐいすラベル」
 (↑2007年05月2005年10月
「庭のうぐいす 純米吟醸 ぬるはだ」
 (↑2009年04月2008年03月2007年07月
「庭のうぐいす 純米酒 たなから」(2007年05月
「庭のうぐいす からくち 鴬辛(おうから)」(2009年04月

rain_of_tears at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年04月17日

庭のうぐいす 純米吟醸 ぬるはだ3

庭のうぐいす ぬるはだ 浦和駅西口の「和浦酒場 弐」にて飲む。

 「いづみ橋 赤ラベル生」の次は「庭のうぐいす ぬるはだ」。

 さっきの「庭のうぐいす からくち」のリベンジだ! 「庭のうぐいす」の名誉挽回のチャンスです!

 純米吟醸を2年熟成して加水した、やさしい飲み口のお酒。

 モチ・クルミのような落ちついた香りに熟成した感じがある。 軽い甘味を添えたスルリとやわらかい口当たり。

 中盤からじわじわと旨味と酸が染み出してくる。 ひと口目、ふた口目、どんどんとスケールが大きくなってくる。

 40度を切って、ぬるくなってきたころが一番バランス良く感じる。 かわいらしい酸味がキュッと味を締める。

 けっして濃厚ではないけれども、さりげなく味の詰まっているお酒。

 ゆっくり、じっくり飲みたい。

 さすが「庭のうぐいす」!


【福岡県久留米市北野町 山口酒造場】 純米吟醸
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:14.8   日本酒度:+1
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)山田錦・レイホウ・夢一献
 精米歩合:50%
 酵母:協会9号   酸度:1.5   アミノ酸度:1.2

rain_of_tears at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年08月03日

庭のうぐいす 純米吟醸 無濾過生詰原酒4

庭のうぐいす 純米吟醸 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 お燗番の和くんが、「今回のはすごい」といって出してくれたのが、「庭のうぐいす 純米吟醸 無濾過生詰原酒」。

 おぉ、遠目に見えていた白ばっかりのラベルは、やっぱり「庭のうぐいす」だったか。 あいかわらず、ナイスデザイン!

 さっそく燗にしてもらう。

 カドが取れて、まろやかな飲み口。 しっとり濃密な味わいが魅力的。 酸が少ない分、やさしい甘味や幅のある旨味が前面に出ている。

 極端な個性はないが、杯を重ねて味わいを増してゆくパフォーマンスに感動。 一緒に飲んだTさまも「お米の味のする、好きなお酒」と好印象。

 ゆっくりと楽しみたい、ホッと一息つけるお酒だ。


【福岡県久留米市北野町 山口酒造場
 純米吟醸(無濾過、生詰、原酒)
 1800ml:2850(2993)円   720ml:1425(1496)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+4
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)夢一献   精米歩合:50%
 酵母:協会9号系自家培養   酸度:1.3   アミノ酸度:1.2

rain_of_tears at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月06日

庭のうぐいす 純米吟醸 ぬるはだ3

庭のうぐいす ぬるはだ 京都のおみやげ(生麩・阿闍梨餅)を渡すために、浦和駅西口ガード下「和浦酒場」へ。

 ちょうど今日、3月6日は和浦の開店記念日。 お店の前には、たくさんのお祝いの花が飾られていた。

 「庭のうぐいす ぬるはだ」がある! 「庭のうぐいす」は毎年味がちがうから、毎年飲んでみたくなるんだなあ。

 さっそく、ぬる燗でいただく。

 モチ・クルミのような落ちついた香り。 口当たりはドライでサラサラと粒子を感じるが、中盤にはまろやかな旨味と酸が太いうねりをつくる。 味わいが変化してゆくところは、「庭のうぐいす」の特徴だ。

 去年の夏に飲んだ「庭のうぐいす ぬるはだ」よりも、まちがいなく濃醇に感じる。 今年のバージョンの方が好みの仕上がりだ。

 加水してあるのに、しっかり味があって、うまし。


【福岡県久留米市北野町 山口酒造場】 純米吟醸
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:14.8   日本酒度:+1
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)山田錦・レイホウ・夢一献
 精米歩合:50%
 酵母:協会9号   酸度:1.5   アミノ酸度:1.2

rain_of_tears at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年07月13日

庭のうぐいす 純米吟醸 ぬるはだ3

庭のうぐいす ぬるはだ 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場」にて飲む。

 めずらしく4人で行く。 今日は金曜とあって、すごく忙しそうだ。 早めに注文しなくては!

 ナカちゃんも「庭のうぐいす」の不思議な魅力に魅せられたのか、またの入荷だ。

 今回は「純米酒 たなから」の姉妹品「純米吟醸 ぬるはだ」。 ぬる燗にしてくれといわんばかりの名前だ。

 さっそくぬる燗で。

 アルコール度数を低くしているので、スルスルといける。 加水しても味わいの個性は失われず、つややかな米の甘味、しっとりとふくらむ旨味が楽しめる。

 「あ、うまい」。 気がつくとハマっている。 濃醇でもなく、淡麗でもない、中間型の「庭のうぐいす」に今日も魅せられた。


【福岡県久留米市北野町 山口酒造場】 純米吟醸
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:14.8   日本酒度:+1
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)山田錦・レイホウ・夢一献
 精米歩合:50%
 酵母:協会9号   酸度:1.5   アミノ酸度:1.2

rain_of_tears at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数