妙の華(英・るみ子の酒)

2014年10月02日

るみ子の酒 生もと特別純米酒 無濾過生原酒

るみ子の酒 生もと特別純米 無濾過生原酒 池袋東武で見かけて購入。

 よっしんが試飲せずに購入する動機は、相当気になったからか、または信頼している蔵だから。


 森喜酒造の「妙の華」・「英(はなぶさ)」・「るみ子の酒」は、生酒よりも火入れ酒のほうが好みなことが多い。

 けれど、森喜酒造のファンとしては、飲んだことのないお酒は飲んでみたい。

 ということで、2つの理由の両方を満たしていたために購入。


 まずは冷温でいただきます。

 華やかさのない、若々しい生酒特有の刺激的な香りが中心。 甘味を切ったドライな飲み口で、強烈な酸味が突出した印象。

 非常にバランスが悪く、飲みづらい。 いわゆる「硬い」状態で、熟成してゆくことで劇的な変化が期待できる酒質。


 火入れ・熟成タイプが後々に発売されると良いなあ。



【三重県伊賀市 森喜酒造】 特別純米酒(生もと、無濾過、生、原酒)
 アルコール度数:17.7%   日本酒度:+7
 麹米:山田錦(徳島産)(精米歩合50%・60%)
 酒母米:山田錦(伊賀産)(精米歩合60%)
 掛米:山田錦(徳島産)・ひとごこち(長野産)(ともに精米歩合60%)
 酵母:協会7号   酸度:2.1   アミノ酸度:1.5


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙乃華(妙の華) 山廃一段仕込 無濾過生」(2011年01月
「妙の華 山廃純米吟醸 阿波山田錦」
 (↑2011年06月03月2010年09月
「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「英(はなぶさ) 生もと 特別純米酒」
 (↑2011年06月2010年07月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
 (↑2008年11月2007年06月
「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」
 (↑2012年08月2004年01月
「英(はなぶさ) 特別純米酒(赤ラベル)」(2011年08月
「英(はなぶさ) jyungin 純米吟醸」(2013年01月

「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2011年02月2009年09月2007年04月
              2006年11月
  6号酵母無濾過生:2012年08月2007年09月
  7号酵母瓶火入れ:2011年02月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:
              2012年09月(すっぴんるみ子)、2005年12月
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:
              2013年01月2008年07月(すっぴんるみ子)

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」
 (↑2011年01月2008年05月爆発注意酒

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月

「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
 (↑2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 7号酵母」
 (↑2011年05月2010年01月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
 ↑(2012年08月2011年08月2009年02月[熟成]、2008年10月
   2007年04月2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月08日

すっぴんるみ子の酒 特別純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 9号酵母3

妙の華 るみ子の酒 すっぴん 9号 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 本店にも新年のごあいさつ。

 今年もよろしくお願いします!


 最初は「すっぴんるみ子の酒 9号酵母」。

 2012年12月8日にしぼられたということは、ちょうど今日で誕生1か月。 フレッシュなお酒ですね〜!


 まずは冷温でいただきます。

 うっすらとにごったお酒からは、お米・麹のさわやかな香り。

 アルコールの揮発が刺激的で、いかにもヤンチャ。 甘さひかえめで、酸味・苦味が効いたシャープな味わい。 香味ともにさわやか!


 ぬるめの燗でいただきます。

 お米らしい味が現れつつも、酸味の活きたみずみずしい味わいが中心。

 爽快に晴れる後口が、ヤンチャなのに飲み疲れない、おもしろいバランスに仕上げている。


 どの温度帯でもさわやかさが楽しめる、元気はつらつなお酒ですね。



【三重県伊賀市 森喜酒造】 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2900(3045)円   720ml:1450(1522)円
 アルコール度数:17.9   日本酒度:+6
 原料米:(麹米)山田錦(伊賀産)、(掛米)ひとごこち(長野県産)
 精米歩合:60%   酵母:協会9号
 酸度:1.7   アミノ酸度:1.6


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙乃華(妙の華) 山廃一段仕込 無濾過生」(2011年01月
「妙の華 山廃純米吟醸 阿波山田錦」
 (↑2011年06月03月2010年09月
「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「英(はなぶさ) 生もと 特別純米酒」
 (↑2011年06月2010年07月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
 (↑2008年11月2007年06月
「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」
 (↑2012年08月2004年01月
「英(はなぶさ) 特別純米酒(赤ラベル)」(2011年08月
「英(はなぶさ) jyungin 純米吟醸」(2013年01月

「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2011年02月2009年09月2007年04月
              2006年11月
  6号酵母無濾過生:2012年08月2007年09月
  7号酵母瓶火入れ:2011年02月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:
              2012年09月(すっぴんるみ子)、2005年12月
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」
 (↑2011年01月2008年05月爆発注意酒

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月

「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
 (↑2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 7号酵母」
 (↑2011年05月2010年01月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
 ↑(2012年08月2011年08月2009年02月[熟成]、2008年10月
   2007年04月2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月03日

英(はなぶさ) jyungin 純米吟醸 2003(H15)BY3

妙の華 英 jungin 2003BY 浦和駅西口の「食と燗 くら川」にて飲む。

 大将秘蔵の純米酒を、お燗番スーさんが温める。

 そんな「くら川」では、おまかせで最高のお酒が楽しめる。


 「神亀 樽酒」の次は、「英 jyungin 2003BY」。 蔵元・杜氏の英樹さんが、会心作と自信を持つ年度のお酒だ!

 上槽日は2004年2月29日。 うるう日に生まれたお酒!

 9年熟成とはいえ、本当に2回しか誕生日を迎えていないのではと思えるほど、軽い色づき。 繊細なお酒が、ゆっくりと年輪を重ねてきたという印象です。

 もともと吟醸香のない、お米らしい香りをただよわせるお酒だけれど、熟成してさらに落ち着いた雰囲気。


 よく練れたつややかな口当たりながら、甘味はしっかり切れていてドライな飲み口。 そのぶん、円熟した上品な旨味・酸味が素直に伝わる。


 ゆっくり、じっくり堪能したい、奥深い味わいのお酒。



【三重県伊賀市 森喜酒造】 純米吟醸
 1800ml:4000(4200)円   720ml:2000(2100)円
 アルコール度数:16.6   日本酒度:+5
 原料米:山田錦(伊賀産、無農薬栽培)   精米歩合:50%
 酵母:協会601号   酸度:1.7   アミノ酸度:1.2


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙乃華(妙の華) 山廃一段仕込 無濾過生」(2011年01月
「妙の華 山廃純米吟醸 阿波山田錦」
 (↑2011年06月03月2010年09月
「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「英(はなぶさ) 生もと 特別純米酒」
 (↑2011年06月2010年07月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
 (↑2008年11月2007年06月
「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」
 (↑2012年08月2004年01月
「英(はなぶさ) 特別純米酒(赤ラベル)」(2011年08月

「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2011年02月2009年09月2007年04月
              2006年11月
  6号酵母無濾過生:2012年08月2007年09月
  7号酵母瓶火入れ:2011年02月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:
              2012年09月(すっぴんるみ子)、2005年12月
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」
 (↑2011年01月2008年05月爆発注意酒

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月

「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
 (↑2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 7号酵母」
 (↑2011年05月2010年01月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
 ↑(2012年08月2011年08月2009年02月[熟成]、2008年10月
   2007年04月2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 16:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年09月06日

すっぴん るみ子の酒 純米無濾過生原酒 あらばしり 2006BY3

妙の華 るみ子の酒 すっぴん 京都西陣の「鵜飼商店」にて購入。

 しぼってから何も足さず、何も隠さない無濾過生原酒のために、「すっぴん」と名づけられたお酒。

 1年半の常温熟成を経て開栓。

 まずは冷温でいただきます。

 あらばしり(槽でしぼって最初に出てくる部分)ながら、ややオリが含まれている程度で、ほとんど澄んだお酒といっても良いくらい。

 さわやかな麹の香りと、ナッツ様の熟成香が共存している。 まだまだ若さを保ちながら、落ち着きも出てきている。

 まろやかな甘味から、引き締まったドライな中盤、おだやかで長い余韻へ。 複雑に味わいが変化してゆく。


 温めると、ドライな飲み口に磨きがかかり、強い酸も存在感を増す。 切れも鋭い。 ボリュームは中庸〜濃厚で、しっかりと飲みごたえがある。

 しぼりたての時期には表現できない、落ち着きと奥行きが楽しめる。 これは好み!



【三重県伊賀市 森喜酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2900(3045)円   720ml:1450(1522)円
 アルコール度数:17.7   日本酒度:+5
 原料米:(麹米)山田錦(徳島県阿波産)、(掛米)ひとごこち(長野県産)
 精米歩合:60%   酵母:協会7号
 酸度:1.9   アミノ酸度:1.2


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙乃華(妙の華) 山廃一段仕込 無濾過生」(2011年01月
「妙の華 山廃純米吟醸 阿波山田錦」
 (↑2011年06月03月2010年09月
「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「英(はなぶさ) 生もと 特別純米酒」
 (↑2011年06月2010年07月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
 (↑2008年11月2007年06月
「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」
 (↑2012年08月2004年01月
「英(はなぶさ) 特別純米酒(赤ラベル)」(2011年08月

「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2011年02月2009年09月2007年04月
              2006年11月
  6号酵母無濾過生:2012年08月2007年09月
  7号酵母瓶火入れ:2011年02月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:2005年12月
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」
 (↑2011年01月2008年05月爆発注意酒

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月

「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
 (↑2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 7号酵母」
 (↑2011年05月2010年01月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
 ↑(2012年08月2011年08月2009年02月[熟成]、2008年10月
   2007年04月2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 00:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年08月31日

るみ子の酒 特別純米 無濾過生3

妙の華 るみ子の酒 無濾過生 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 今日は弟の誕生日。

 ということで、去年のよっしんの誕生日以来、1年半ぶりに家族そろって「和浦」に見参!

 最初のお酒は、「るみ子の酒 無濾過生」。

 無濾過生原酒に加水して、飲みやすくしたお酒で、最初にピッタリ。


 冷温でも注文できるし、じゅうぶんに楽しめるけれど、「純米燗酒の店」をうたう「和浦」なので、ぬる燗でいただきます。

 ドライな酒質が特徴の蔵ながら、生酒らしいなめらかな口当たりに、やさしい甘味を連想する。

 旨味がさりげなく顔を出したと思うと、酸がしっかりと味わいを締めて、切れが良い。 加水して、ボリュームが小さめになっているぶん、なおさら軽快に飲める。


 普段もっと濃醇なお酒を飲んでいる人には物足りないかもしれないが、じゅうぶんに味のあるお酒だ。



【三重県伊賀市 森喜酒造】 特別純米酒(無濾過、生)
 1800ml:2500(2625)円   720ml:1250(1312)円
 アルコール度数:14.7   日本酒度:+5
 麹米:山田錦(徳島県阿波産)、掛米:五百万石(新潟県産)
 精米歩合:60%   酵母:協会6号
 酸度:1.8   アミノ酸度:1.4


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙乃華(妙の華) 山廃一段仕込 無濾過生」(2011年01月
「妙の華 山廃純米吟醸 阿波山田錦」
 (↑2011年06月03月2010年09月
「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「英(はなぶさ) 生もと 特別純米酒」
 (↑2011年06月2010年07月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
 (↑2008年11月2007年06月
「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」
 (↑2012年08月2004年01月
「英(はなぶさ) 特別純米酒」(2011年08月

「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2011年02月2009年09月2007年04月
              2006年11月
  6号酵母無濾過生:2007年09月
  7号酵母瓶火入れ:2011年02月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:2005年12月
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」
 (↑2011年01月2008年05月爆発注意酒

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月

「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
 (↑2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 7号酵母」
 (↑2011年05月2010年01月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
 ↑(2012年08月2011年08月2009年02月2008年10月
   2007年04月2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 20:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年08月20日

どすこい誉 純米吟醸 2010BY3

妙の華 どすこい誉 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 久しぶりに「どすこい誉」を発見。

 見ると、食べたくなるなるケンタッキー・・・ではなく、飲みたくなるなる「どすこい誉」。

 いかにも泥臭い名前の「どすこい誉」は、尾瀬あきら氏の漫画に登場する架空の銘柄。 「妙の華」「英」「るみ子の酒」で知られる森喜酒造の協力で実現してしまった。

 森喜酒造の「どすこい誉」は、その名前から連想するとおり華やかさはない。 でも、重苦しくもない。 不思議なバランスのお酒だ。


 今回も熱めの燗でいただきます。

 果実のようなさわやかな香りや、花のような優雅な香りはない。 ワラのような落ちついた香りで非常にドライな雰囲気。

 お米らしいおだやかな旨味が広がりながらも、クリアで軽やかな酒質。 酸が主張しすぎず、より軽快なイメージで展開するところが純米吟醸らしい。

 食事を邪魔する吟醸香がなく、食中に燗で楽しめる、森喜酒造らしい吟醸酒。 飲みごたえがありながらも軽快な、飲み飽きしない旨口酒だ。


サンマの塩焼き
 今シーズン最初のサンマの塩焼き。

 まだ旬は先で、脂の乗りは少ないながら、じゅうぶんにおいしい。 濃厚な味を受け止め、油気をサッと洗い流すドライな「どすこい誉」と好相性。



【三重県伊賀市 森喜酒造】 純米吟醸
 1800ml:3619(3800)円
 アルコール度数:16.1   日本酒度:+6
 麹米:山田錦(徳島県阿波産)、掛米:八反錦(広島県産)
 精米歩合:50%   酵母:協会7号
 酸度:1.8   アミノ酸度:1.1


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙乃華(妙の華) 山廃一段仕込 無濾過生」(2011年01月
「妙の華 山廃純米吟醸 阿波山田錦」
 (↑2011年06月03月2010年09月
「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「英(はなぶさ) 生もと 特別純米酒」
 (↑2011年06月2010年07月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
 (↑2008年11月2007年06月
「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」
 (↑2012年08月2004年01月
「英(はなぶさ) 特別純米酒」(2011年08月

「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2011年02月2009年09月2007年04月
              2006年11月
  6号酵母無濾過生:2007年09月
  7号酵母瓶火入れ:2011年02月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:2005年12月
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」
 (↑2011年01月2008年05月爆発注意酒

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月

「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
 (↑2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 7号酵母」
 (↑2011年05月2010年01月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
 ↑(2011年08月2009年02月2008年10月2007年04月
   2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年08月16日

英(はなぶさ) 特別純米酒 瓶火入れ無濾過原酒 山田錦 2003(H15)BY4

はなぶさ 特別純米 浦和駅西口すぐの「食と燗 くら川」にて飲む。

 看板娘・燗番娘のスーさんのおすすめは、「英 特別純米」の8年モノ。

 スーさんいわく、「熟成してようやくこのお酒の良さがわかってきました」。

 たしかに、新酒の状態ではまだ味も乗っておらず、硬さが残っていて、飲みづらいかもしれませんね。


 では、長き眠りから覚めるように、熱めの燗にしていただきます。

 複雑で、おだやかな香り。 焦げたようなクセのある熟成香はない。 きっと、ていねいに保管されて、しずかに熟成を重ねたんでしょうね。

 まろやかな口当たりながら、甘さはひかえめ。 ゆっくりと旨味が広がってゆくところに、幅と奥行きを感じる。 余韻も豊かで、充実した味わいだ。

 香味ともに硬さがなく、飲み手の緊張をほぐしてくれる。 延々と飲みつづけたい、懐の深いやさしいお酒だ。


野菜のあんかけ
 いろんな野菜(とくに根菜類)の入ったあんかけごはん。 2人とも、食べる前にすかさず撮影!

 おいしいお酒に、おいしい食事。 最高です。



【三重県伊賀市 森喜酒造】 特別純米酒(無濾過)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:17.6   日本酒度:+6
 原料米:山田錦(伊賀産、無農薬栽培)   精米歩合:60%
 酵母:協会6号   酸度:1.7   アミノ酸度:1.3


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙乃華(妙の華) 山廃一段仕込 無濾過生」(2011年01月
「妙の華 山廃純米吟醸 阿波山田錦」
 (↑2011年06月03月2010年09月
「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「英(はなぶさ) 生もと 特別純米酒」
 (↑2011年06月2010年07月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
 (↑2008年11月2007年06月
「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」(2004年01月
「英(はなぶさ) 特別純米酒」(2011年08月

「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2011年02月2009年09月2007年04月
              2006年11月
  6号酵母無濾過生:2007年09月
  7号酵母瓶火入れ:2011年02月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:2005年12月
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」
 (↑2011年01月2008年05月爆発注意酒

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月

「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
 (↑2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 7号酵母」
 (↑2011年05月2010年01月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
 ↑(2011年08月2009年02月[熟成]、2008年10月2007年04月
   2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年08月28日

英(はなぶさ) 特別純米酒 瓶火入れ 無農薬山田錦 2009BY(H21BY)3

妙の華 英 特別純米 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 あると飲みたくなる「英(はなぶさ)」。 でも、意外と記事にしていなくてビックリ。

 森喜酒造のお酒は、以前から好きだけど、年々さらに好きになってきた。

 よっしんの味覚が森喜酒造のお酒寄りに変化? それとも、森喜酒造の酒質がよっしんの好み寄りに変化?

 その共通した特徴は、ほどよくドライで、香りをおさえてお米の旨味を存分に引き出しているところ。

 この「英 特別純米酒」は、火入れ・加水タイプの燗向きのお酒。

 さっそく燗でいただきます。

 無濾過のまま熟成した、稲ワラのような色。 香りも、穀物らしいおだやかな雰囲気。

 しっとりとキメの細かいタッチで、スルリと流れてゆく。 クリアで静かな飲み口で、じわじわと酸・旨味が現れてくる後半型のお酒。

 甘味を切ったドライな酒質のため、力強さがありながら軽快。 ワラ様の余韻が豊かで、飲みごたえを感じさせる。

 やっぱり「英」、好きだなあ。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 特別純米酒(無濾過)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:15.8   日本酒度:+7
 原料米:山田錦(伊賀産、無農薬栽培)   精米歩合:60%
 酵母:協会6号   酸度:1.8   アミノ酸度:1.4


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙乃華(妙の華) 山廃一段仕込 無濾過生」(2011年01月
「妙の華 山廃純米吟醸 阿波山田錦」
 (↑2011年06月03月2010年09月
「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「英(はなぶさ) 生もと 特別純米酒」
 (↑2011年06月2010年07月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
 (↑2008年11月2007年06月
「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」(2004年01月

「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2011年02月2009年09月2007年04月
              2006年11月
  6号酵母無濾過生:2007年09月
  7号酵母瓶火入れ:2011年02月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:2005年12月
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」
 (↑2011年01月2008年05月爆発注意酒

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月

「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
 (↑2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 7号酵母」
 (↑2011年05月2010年01月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
 ↑(2011年08月2009年02月[熟成]、2008年10月2007年04月
   2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 18:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年08月12日

どすこい誉 純米吟醸 2009BY(H21BY)3

妙の華 どすこい誉 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 おー、久しぶりに見た「どすこい誉」!

 このお酒、あるとついつい飲みたくなるなあ。

 森喜酒造の「どすこい誉」は、その名前から連想するとおり華やかさはない。 でも、重苦しくもない。 不思議なバランスのお酒だ。

 果実のようなさわやかな香りや、花のような優雅な香りはない。 ワラのような落ちついた香りで非常にドライな雰囲気。

 お米らしいおだやかな旨味が広がりながらも、クリアで軽やかな酒質。

 酸が主張しすぎず、より軽快なイメージで展開するところが純米吟醸らしい。

 食事を邪魔する吟醸香がない、食中に燗で楽しめるという、森喜酒造らしい吟醸酒だ。


刺盛・どすこい誉
 刺盛と一緒に記念撮影。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 純米吟醸
 1800ml:3619(3800)円
 アルコール度数:17.0   日本酒度:+7
 原料米:(麹米)山田錦(徳島県阿波産)、(掛米)八反錦(広島県産)
 精米歩合:50%   酵母:協会7号
 酸度:1.6   アミノ酸度:1.0


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙乃華(妙の華) 山廃一段仕込 無濾過生」(2011年01月
「妙の華 山廃純米吟醸 阿波山田錦」
 (↑2011年06月03月2010年09月
「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「英(はなぶさ) 生もと 特別純米酒」
 (↑2011年06月2010年07月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
 (↑2008年11月2007年06月
「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」(2004年01月

「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2011年02月2009年09月2007年04月
              2006年11月
  6号酵母無濾過生:2007年09月
  7号酵母瓶火入れ:2011年02月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:2005年12月
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」
 (↑2011年01月2008年05月爆発注意酒

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月

「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
 (↑2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 7号酵母」
 (↑2011年05月2010年01月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
 ↑(2009年02月[熟成]、2008年10月2007年04月2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年06月12日

英(はなぶさ) 生もと特別純米酒 2005BY(H17BY)4

妙の華 はなぶさ 生もと 2005BY 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 10種類以上のお酒を楽しんできた今夜も、「英 生もと 2005BY」で締めくくり。

 森喜酒造のお酒は年々、よっしんの好みの酒質になってきている。 飲むたびに好きになる。

 「年々」とはいっても、対象が2005年のお酒だったり2006年のお酒だったりするわけだけど。

 新しいお酒も、これからの熟成がすごく楽しみ。

 では、熱めの燗でいただきます。

 穀物らしいおだやかな香りや、ヨーグルト様のやさしい香りをひそませた、しっとりと静かな口当たり。

 なめらかな口当たりが甘さを連想させるものの、甘味自体はしっかり切ってあるドライな飲み口。

 クリアな中を、熟成で育った豊かな旨味が伸びやかに活躍する。

 余韻には苦味を想起させるワラ様の風味があり、後口をシャープに締めている。

 ゆっくりと時間をかけて、落ちついて飲みたいお酒だ。 今夜も幸せな時間を過ごせました。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 特別純米酒(無濾過)
 1800ml:3500(3675)円   720ml:1800(1890)円
 アルコール度数:15.8   日本酒度:+6
 原料米:山田錦(伊賀産、無農薬栽培)   精米歩合:60%
 酵母:協会6号   酸度:1.7   アミノ酸度:0.9


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)、
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙乃華(妙の華) 山廃一段仕込 無濾過生」(2011年01月
「妙の華 山廃純米吟醸 阿波山田錦」
 (↑2011年06月03月2010年09月
「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「英(はなぶさ) 生もと 特別純米酒」(2010年07月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
  (2008年11月2007年06月
「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」(2004年01月

「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2011年02月2009年09月2007年04月
              2006年11月
  6号酵母無濾過生:2007年09月
  7号酵母瓶火入れ:2011年02月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:2005年12月
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」
 (↑2011年01月2008年05月爆発注意酒

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月

「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
  (2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 7号酵母」
  (2011年05月2010年01月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
  (2009年02月[熟成]、2008年10月2007年04月2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 00:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年06月04日

るみ子の酒(妙の華) 山廃づくり純米吟醸 阿波山田錦 2008BY4

妙の華 阿波山田錦 2008BY 池袋東武で試飲・購入。

 「全量純米蔵を目指す会」の11蔵が、阿波山田錦・60%精米の純米酒2008BYを持参。

 同規格の2年半熟成を試飲したところ、11種類のうちもっとも好みだったのが、この「るみ子の酒(妙の華)」。

 このお酒は、自宅熟成していたものを3月に飲んだけれど、蔵で熟成したものはさらに見事。


 2年間の常温熟成を経て、しっかりと色づいている。 香りは、この蔵らしい枯草・稲ワラ様のドライな雰囲気で、熟成香はひかえめだ。 さりげなく乳酸のニュアンスもひそむ。

 おちついた香りとドライな飲み口のおかげで、調熟した酸・旨味が効果的に活躍する。 練れた味わいが非常に好み。

 伸びやかでいて、切れも良い。 濃醇なのに軽い、飲み疲れない味わい深いお酒としての高い素質を感じる。

 濃い色から連想するよりも香味に古酒っぽさがなく、むしろ若々しさを感じさせる、溌剌としたお酒だ。

 冷温より常温、常温よりも燗。 少し熱めの燗で、その酸・旨味をさらに活躍させてあげたい。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 純米吟醸(山廃)
 1800ml:3200(3360)円   720ml:1600(1680)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+6
 原料米:山田錦(徳島県阿波産)   精米歩合:60%
 酵母:無添加(蔵付天然酵母)   酸度:2.0   アミノ酸度:1.5


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)、
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙乃華(妙の華) 山廃一段仕込 無濾過生」(2011年01月
「妙の華 山廃純米吟醸 阿波山田錦」(2011年03月2010年09月
「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「英(はなぶさ) 生もと 特別純米酒」(2010年07月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
  (2008年11月2007年06月
「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」(2004年01月

「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2011年02月2009年09月2007年04月
              2006年11月
  6号酵母無濾過生:2007年09月
  7号酵母瓶火入れ:2011年02月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:2005年12月
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」
 (↑2011年01月2008年05月爆発注意酒

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月

「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
  (2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 7号酵母」
  (2011年05月2010年01月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
  (2009年02月[熟成]、2008年10月2007年04月2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月02日

伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 7号酵母 2008BY3

妙の華 伊賀の舞 京都西陣の「鵜歉ε后廚砲胴愼。

 「伊賀の舞」は鵜飼商店で購入する定番のお酒のひとつ。

 ただ、うすにごりタイプだった前回とちがって、今回は透明。 生タイプの透明な「伊賀の舞」は初めてだ。

 生熟成特有のアーモンド様の香味が豊か。 生熟成の風味にお米らしい味わいが重なって、濃厚なイメージ。

 濃厚でもさわやかに切れるのは、力強い酸のおかげ。

 うすにごりでも、透明でも、同様の魅力が感じられる。 これが「伊賀の舞」の個性・魅力だなあ。 やっぱりうまし!


【三重県伊賀市 森喜酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2619(2750)円
 アルコール度数:17.2   日本酒度:+5
 原料米:山田錦・一般米(三重県産)   精米歩合:70%
 酵母:協会7号   酸度:2.0   アミノ酸度:1.4


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)、
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙乃華(妙の華) 山廃一段仕込 無濾過生」(2011年01月
「妙の華 山廃純米吟醸 阿波山田錦」(2011年03月2010年09月
「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「英(はなぶさ) 生もと 特別純米酒」(2010年07月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
  (2008年11月2007年06月
「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」(2004年01月

「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2011年02月2009年09月2007年04月
              2006年11月
  6号酵母無濾過生:2007年09月
  7号酵母瓶火入れ:2011年02月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:2005年12月
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」
 (↑2011年01月2008年05月爆発注意酒

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月

「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
  (2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 7号酵母」
  (2010年01月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
  (2009年02月[熟成]、2008年10月2007年04月2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 19:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年03月16日

妙の華 山廃 純米吟醸 阿波山田錦 ひやおろし 2008BY3

妙の華 阿波山田錦 ひやおろし2008BY 池袋東武で試飲・購入。

 寒い日がまだまだ続くので、今夜はとっておきのお酒を燗にして楽しもう!

 先日の鳥取「冨玲」と同じく、全量純米蔵を目指す会の統一規格商品。 阿波産の山田錦を60%精米したお酒だ。

 ただ、統一規格といいながら、60%精米のお酒をどう位置づけるかは、統一されていないみたい。

 純米酒なのか、特別純米酒なのか、純米吟醸酒なのか。 蔵によって呼び方が異なっている。

 今回の三重「妙の華」は、純米吟醸として発売している。 まあ、この蔵なら当然かもしれない。

 「妙の華・英・るみ子の酒」は70%精米の純米酒が多く、90%精米の純米酒もつくっている。 60%のこのお酒までも純米酒と呼んだら、純米酒だけで味も値段もかなりの幅になってしまう。


 さてさて、さっそく飲んでみよう!

 2年間の常温熟成を経て、しっかりと色づいていておいしそう。 香りは、この蔵らしい枯草・稲ワラ様のドライな雰囲気で、熟成香はひかえめだ。

 おちついた香りとドライな飲み口のおかげで、調熟した酸・旨味が効果的に活躍する。

 伸びやかでいて、切れも良い。 濃醇なのに軽い、飲み疲れない味わい深いお酒としての高い素質を感じる。

 濃い色から連想するよりも香味に古酒っぽさがなく、むしろ若々しさを感じさせる、溌剌としたお酒だ。

 冷温より常温、常温よりも燗。 少し熱めの燗で、その酸・旨味をさらに活躍させてあげたい。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 純米吟醸(山廃)
 1800ml:3200(3360)円   720ml:1600(1680)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+6
 原料米:山田錦(徳島県阿波産)   精米歩合:60%
 酵母:協会7号   酸度:2.0   アミノ酸度:1.5


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)、
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙乃華(妙の華) 山廃一段仕込 無濾過生」(2011年01月
「妙の華 山廃純米吟醸 阿波山田錦」(2010年09月
「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「英(はなぶさ) 生もと 特別純米酒」(2010年07月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
  (2008年11月2007年06月
「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」(2004年01月

「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2011年02月2009年09月2007年04月
              2006年11月
  6号酵母無濾過生:2007年09月
  7号酵母瓶火入れ:2011年02月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:2005年12月
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」
 (↑2011年01月2008年05月爆発注意酒

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月

「伊賀の舞 純米酒 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
  (2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米無濾過 あらばしり生原酒 7号酵母」
  (2010年01月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
  (2009年02月[熟成]、2008年10月2007年04月2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年02月03日

るみ子の酒 特別純米酒 6号酵母/7号酵母 2009BY3

るみ子の酒 6号酵母るみ子の酒 7号酵母 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 今夜は人生初の屋形船を経験。 新木場から乗船してお台場を周遊して返ってくるコースで、初めてレインボーブリッジをくぐりました。

 そして、もはや宴会後のお約束となってきた、「和浦酒場で飲みなおし」。

 ということで、連日、お世話になります。

 遅い時間に訪れたので、カウンターには地元の常連の方々。 終電がなくなっても、みなさん徒歩で帰れますからね。

 さて、お酒は何にしようかな・・・、おー!

 「るみ子の酒」の6号酵母バージョンと7号酵母バージョンがある。

 これは飲みくらべてみたい!

 「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」は、全国的に使われる定番酵母である協会6号7号9号のそれぞれで醸された3商品がある。

 酵母ちがいの商品はさまざまな蔵で造られていて、よっしんとしては一般的に7号酵母のお酒が好み。

 ただ、「るみ子の酒(妙の華)」の場合は、好みの順に9号、6号、7号。 この蔵の7号酵母のお酒は、経験的になぜかしっくりこない。

 まずは常温で。 6号酵母と7号酵母は、後口に差が出る印象を持っているけれど、今回は最初の香りからして全然ちがう。

 6号酵母バージョンは、さわやかな麹の香りで、甘味を想起させる。 なめらかな口当たりで、ミルキーな甘味を帯びたやさしいお米の旨味が感じられる。

 7号酵母バージョンはウコン・パセリのような香りで、苦味を想起させる。 甘味を切ったドライな飲み口で、ふっくらとした旨味が鋭く切れる。

 差は歴然だ。


 燗になると、さらに差が広がる。

 6号酵母バージョンは、麹の香りが引き立つ。 なめらかな口当たりも手伝って、火入れの1年熟成酒にもかかわらず、まるで生酒のような印象を受ける。

 これにはお燗番のモトコさんも納得。

 7号酵母バージョンは、ドライで野趣あふれる、数年前までにみられた森喜酒造らしい個性が引き立つ。 こちらは飲み手を選びそうだ。


 モトコさん・よっしんで「ちがう」を連発していたところ、“大将”蔵ちゃんがブラインドで利き当てる運びとなった。

 一般論として6号酵母が好き、「るみ子の酒」も6号酵母が好き、と公言する蔵ちゃん。 ここはハズせません。

 大将なら楽勝でしょう。 好きなお酒なんでしょう? これほど差があるとね。 と、ギャラリーがハードルを上げる。

 重圧をかけられた蔵ちゃん、「明らかにこっちが6号でしょう」と言いつつも、モトコさんの「ファイナルアンサー?」との問いかけに自信を乱される。

 結果・・・、みごと正解! おー、さすがー!

 蔵ちゃんも、よっしんも、あらためて両商品の個性・ちがいをじっくり意識できました。


「るみ子の酒 特別純米酒 6号酵母 2009BY」
【三重県伊賀市 森喜酒造】 特別純米酒
 1800ml:2500(2625)円   720ml:1250(1312)円
 アルコール度数:15.8   日本酒度:+6
 原料米:(麹米)山田錦[徳島県産]、(掛米)八反錦[広島産]・五百万石[新潟産]
 酵母:協会6号   酸度:1.6   アミノ酸度:1.1
 上槽:2010年03月

「るみ子の酒 特別純米酒 6号酵母 2009BY」
【三重県伊賀市 森喜酒造】 特別純米酒
 1800ml:2500(2625)円   720ml:1250(1312)円
 アルコール度数:15.9   日本酒度:+6
 原料米:(麹米)山田錦[徳島県産]、(掛米)ひとごこち[長野産]
 酵母:協会7号   酸度:1.7   アミノ酸度:1.2
 上槽:2010年03月

 記事を作成中に気づきました。 掛米がちがったんですね。 ひとごこちと言われれば、「神亀 ひとごこち」や「真澄 山廃純米吟醸」といったドライで苦いお酒との共通点に納得です。


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)、
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙乃華(妙の華) 山廃一段仕込 無濾過生」(2011年01月
「妙の華 山廃純米吟醸 阿波山田錦」(2010年09月
「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「英(はなぶさ) 生もと 特別純米酒」(2010年07月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
  (2008年11月2007年06月
「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」(2004年01月

「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2009年09月2007年04月2006年11月
  6号酵母無濾過生:2007年09月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:2005年12月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」
 (↑2011年01月2008年05月爆発注意酒

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月

「伊賀の舞 純米酒 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
  (2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米無濾過 あらばしり生原酒 7号酵母」
  (2010年01月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
  (2009年02月[熟成]、2008年10月2007年04月2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年01月21日

妙乃華(妙の華) 山廃一段仕込 無濾過生4

 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。
妙の華 山廃一段仕込み

 最後は「妙の華」の山廃一段仕込。 どぶろく風のお酒です。

 さすがスーさん、森喜酒造のラインナップで、とくに変わったお酒を選んできましたね。

 京都の鵜飼商店以外ではじめて見ました。

 今年のお酒は麦茶を入れるような容器に入っていた。 以前は漬物の甕のような容器(レンゲでよそる)だったけど、変わったんですね。

 山廃一段仕込みの無濾過生原酒という点では、「木戸泉 純米AFS 生」と同じ製法。

 ただ、「木戸泉 AFS」は澄んだ状態で出荷するのに対し、この「妙の華 一段仕込」はにごった状態での出荷。 まるでどぶろくです。

 和浦酒場といえば燗なので、もちろんこのお酒も燗でいただきます!

 濃厚なにごりで、ヨーグルト様の乳酸の香りが非常に豊か。 森喜酒造らしい甘さひかえめのドライな飲み口で、酸味が強烈。

 これはまさしく、甘くない、アルコール入りの酸っぱいヨーグルトだ!

 後口には、ヤクルトのような、乳酸菌飲料のような軽い苦味がある。 なんとなく体に良さそうな気がする(気のせいだけど)。

 スーさんによると、蔵で飲んだときはもっとやわらかい香りで、軽快な飲み口だったとのこと。 たぶん愛媛「千代の亀 名称募集」に近いイメージだったのかな。

 今夜が2回目の来店という方も、「英 生もと」に感動し、この「妙の華 一段仕込」でビックリし、森喜酒造特集を満喫していた。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 純米酒(山廃、無濾過、生、原酒)
 1200ml:2256(2368)円
 アルコール度数:10.5


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)、
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙の華 山廃純米吟醸 阿波山田錦」(2010年09月
「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「英(はなぶさ) 生もと 特別純米酒」(2010年07月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
  (2008年11月2007年06月
「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」(2004年01月

「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2009年09月2007年04月2006年11月
  6号酵母無濾過生:2007年09月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:2005年12月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」
 (↑2011年01月2008年05月爆発注意酒

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月

「伊賀の舞 純米酒 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
  (2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米無濾過 あらばしり生原酒 7号酵母」
  (2010年01月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
  (2009年02月[熟成]、2008年10月2007年04月2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 18:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒3

妙の華 活性濁り 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 スーさんが年末に「妙の華・るみ子の酒・英」の森喜酒造を訪れたとのこと。

 スーさんが蔵で試飲して選んだお酒たちがそろい、今月の和浦酒場は森喜酒造特集。

 ということで、さわやかな「るみ子の酒 活性にごり」からスタートしよう!

 この「るみ子の酒 活性にごり」は、爆発するお酒として何度もテレビに登場し、話題になったお酒。

 酵素・酵母が活きているため、ビン内で発酵がすすんで炭酸が発生してゆく。 そのため、出荷から日数がたつとビン内のガス圧が高まって、開栓時に爆発する危険がある。

 4合ビンは、ガス抜き穴があってしかもスクリュー栓なので、少しずつガスを逃がしやすい。

 ところが、1升ビンはフタ式なので、一気に封を切るとフタが吹き飛んで、中身が大量に噴きこぼれてしまう。

 爆発する1升ビンの開栓方法は何種類かあるけれど、どれも時間・集中力が必要。 今回も、大変でしたね。


 さて、ビン内はもちろん開栓後も発酵を続けるわけだから、いつ飲むかで劇的に味が変化する「るみ子の酒 活性にごり」。 今回は残りわずかの状態だから、ずいぶん味が変化してるかな。

 では、燗でいただきます。

 仕込み年度もちがえば、環境・条件もちがうから、前に家で飲んだときとは当然ちがうお酒だ。

 麹の香りにつづいて塩気の強い味噌のような香りがあって、独特の刺激がある。 これは飲み手を選びそう。

 にごり部分も甘さひかえめで、強い酸味と爽快なキレが印象的。

 そうだ。 このお酒はもともと、森喜酒造のドライな純米酒だった。

 さわやかな香りを楽しむお酒というより、お米の旨味を引き出した味重視のお酒。 スモーキーな余韻も森喜酒造らしい。

 年内にしぼって、年明けに開栓。 そして何日も空気に触れていたから、これほど個性的な味になったんですね。

 おもしろい体験をしました。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 純米吟醸(山廃)
 1800ml:2900(3045)円   720ml:1450(1522)円
 アルコール度数:17.5
 原料米:山田錦・うこん錦(三重県産)   精米歩合:60%
 酵母:協会6号


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)、
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙の華 山廃純米吟醸 阿波山田錦」(2010年09月
「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「英(はなぶさ) 生もと 特別純米酒」(2010年07月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
  (2008年11月2007年06月
「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」(2004年01月

「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2009年09月2007年04月2006年11月
  6号酵母無濾過生:2007年09月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:2005年12月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」(2008年05月爆発注意酒

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月

「伊賀の舞 純米酒 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
  (2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米無濾過 あらばしり生原酒 7号酵母」
  (2010年01月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
  (2009年02月[熟成]、2008年10月2007年04月2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 17:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年09月16日

るみ子の華 山廃純米吟醸3

妙の華 るみ子の華 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 アメフトのトレーナー経験のあるスーさんに、先日はじめてアメフトを生観戦した感動を報告。

 すると、なんと、スーさんも現場で同じ試合を観戦していたとのこと。

 おー、さすが!

 陣取った席は反対チーム側でしたが。

 アメフト初観戦の人向けに、試合前にモニターで簡単なルール説明。 まとめると「がんばって前に進む。 反則はそのつど審判が説明するから、そのときにね」というもの。 単純明快だから、見ながらおぼえられる。

 試合中の場内アナウンスも秀逸。 「背番号1、ランニングバックの猿渡選手のランで、3ヤードのゲインでした」といった1プレーごとの説明。

 実況が簡単な説明を兼ねていて、スタンドから少し見づらい位置でのプレーも把握できる。

 NFLを見慣れているせいか、ラインやパスの精度やキックの距離など、さすがのレベルの差は感じたものの、生の臨場感・迫力・スピード感にハマりました。 また見たいなあ。


 ということでお酒に戻ります。 今夜は、初めて見た「るみ子の華」。

 通常の「妙の華」「るみ子の酒」をミックスしたネーミングの「るみ子の華」は、全量純米蔵を目指す会の共同企画である、精米歩合60%の阿波山田錦のお酒。

 「和浦酒場」の仕入れ先のひとつである、鈴鹿の「安田屋(安田酒店)」さんのオリジナルラベル。 ただし、中身は通常ラベルと同じ。

 少し熱めの燗でいただきます。 おだやかな香りに、ドライな口当たり。 稲ワラのような香りで、じつにお米のお酒らしい。

 果実や花のような華やかな香りの、第一印象が鮮やかなお酒とは、対極にあるといっても過言ではない。 反応・反響をいそがない、落ちついた雰囲気で、ゆとりを感じる。

 練れた旨味が中盤からじわじわと現れ、ドライな感触を緩和して、まろやかになってゆく。 つややかな終盤が、この蔵のお酒の中でも上品に仕上がっている。

 甘味は切れている。 でも、アルコールの刺激が露呈するような軽薄なお酒ではない。 この感覚は、甘口・辛口しか言葉を持たない人には表現しにくいと思う。

 「自分の好みに合っている」という意味ではなく、「旨味が豊富」という意味での、旨いお酒だ。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 純米吟醸(山廃)
 1800ml:3200(3360)円   720ml:1600(1680)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+6
 原料米:山田錦(徳島県阿波産)   精米歩合:60%
 酵母:無添加(蔵付酵母)   酸度:2.0   アミノ酸度:1.5


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)、
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「英(はなぶさ) 生もと 特別純米酒」(2010年07月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
  (2008年11月2007年06月
「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」(2004年01月

「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2009年09月2007年04月2006年11月
  6号酵母無濾過生:2007年09月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:2005年12月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」(2008年05月爆発注意酒

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月

「伊賀の舞 純米酒 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
  (2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米無濾過 あらばしり生原酒 7号酵母」
  (2010年01月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
  (2009年02月[熟成]、2008年10月2007年04月2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 19:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年07月20日

英(はなぶさ) 生もと 特別純米酒 2005(H17)BY4

妙の華 英 生もと 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 「三重錦 山廃純米」の次は、「英(はなぶさ) 生もと」。

 「妙の華」「英」「るみ子の酒」の森喜酒造と「三重錦」の中井酒造場は、ご近所でゆかりのある蔵。

 そういえば、「英 生もと」を記事にするのは初。 家にある「英 生もと」は色んな年度が熟成中。 開栓したあかつきには続々と記事にしよう!

 さて、この「英 生もと」も熱めの燗でいただきます。

 しっとりとした静かな口当たり。 甘味をしっかり切ったドライな飲み口で、そのぶん、熟成した豊かな旨味をストレートに楽しめる。

 上質な苦味とワラ様の余韻が、シャープな後口に磨きをかけている。

 華やかさとは無縁の、重心の低いお酒。 これまた好み〜。

 おいしいお酒を飲んで、元気百倍! またおいしいお酒を飲むために、もうひとがんばりするぞー!


【三重県伊賀市 森喜酒造】 特別純米酒(無濾過)
 1800ml:3500(3675)円   720ml:1800(1890)円
 アルコール度数:15.8   日本酒度:+6
 原料米:山田錦(伊賀産、無農薬栽培)   精米歩合:60%
 酵母:協会6号   酸度:1.7   アミノ酸度:0.9


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)、
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
  (2008年11月2007年06月
「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」(2004年01月

「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2009年09月2007年04月2006年11月
  6号酵母無濾過生:2007年09月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:2005年12月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」(2008年05月爆発注意酒

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月

「伊賀の舞 純米酒 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
  (2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米無濾過 あらばしり生原酒 7号酵母」
  (2010年01月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
  (2009年02月[熟成]、2008年10月2007年04月2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 20:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年01月09日

伊賀の舞 純米無濾過 あらばしり生原酒 7号酵母4

妙の華 伊賀の舞 京都西陣の「鵜飼商店」で購入。

 「妙の華」「るみ子の酒」「英(はなぶさ)」で知られる三重県伊賀の森喜酒造は、飯米を使用した「伊賀の舞」という銘柄も出している。 ただ、「伊賀の舞」は毎年つくっているわけではないらしい。

 ずーっとお気に入りだった生熟成の「伊賀の舞」が完売。 次に出荷された火入れタイプの「伊賀の舞」は、燗に向くバランスの良い火入れタイプだった。

 そして今回の「伊賀の舞」はフレッシュで酸味たっぷり。 今までの2種類とは似ても似つかない酒質ながら、これはこれでやっぱり好みの味。 さすが森喜酒造!

 「ポンッ」と栓が飛ぶような開栓となった。 注いだグラスにはたくさんの炭酸の泡がくっつく。

 オリを含んでかすみがかかったようなお酒からは、西洋ナシのようなさわやかな香りと、ヨーグルト様の乳酸の香りが感じられる。 香りはまるで千葉「木戸泉」のようで、いかにも酸が強そうだ。

 若々しい苦味を帯びたやんちゃな口当たり。 う〜ん、酸っぱくておいし〜。 そこまでにごっているわけではないのに、お米らしい風味や麹の風味も豊か。

 これから熟成して増幅してゆくだろう豊かな旨味を、強烈な酸味がささえている。 スケールが大きく個性的なお酒で、よっしんの好みだった。

 ふだん日本酒を飲まない人、日本酒に悪い先入観を持っていない人におすすめしたい。 日本酒の面白い世界が1つ見えてくる。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2619(2750)円
 アルコール度数:17.0   日本酒度:+5
 原料米:山田錦・一般米   精米歩合:70%
 酵母:協会7号   酸度:1.9   アミノ酸度:1.6


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)、
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
  (2008年11月2007年06月

「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」(2004年01月
「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2009年09月2007年04月2006年11月
  6号酵母無濾過生:2007年09月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:2005年12月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」(2008年05月爆発注意酒

「伊賀の舞 純米酒 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
  (2008年09月2007年05月
「伊賀の舞 純米酒」(2009年10月

「どすこい誉 純米吟醸」
  (2009年02月[熟成]、2008年10月2007年04月2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年10月06日

伊賀の舞 純米酒4

伊賀の舞 京都西陣の「鵜飼商店」にて購入。

 お気に入りの「伊賀の舞 にごり 生熟成」は終了。 今回の「伊賀の舞」は火入れタイプの新酒に切り替わり、ガラッと酒質が異なるという。

 春に会ったヨラムさんいわく「熟成不足でまだ飲めたもんじゃない」。 さて、それから半年たった秋ではどうだろう。

 鵜飼さんによると、燗向けのお酒らしい。

 もうあの生熟成が飲めないのか、と思うとさびしい。 けれど、新しい「伊賀の舞」も楽しみだ。

 ではさっそく開栓。

 栗のような香りのなかに、ささやかながらまるで大阪「秋鹿」のような、酸味を想起させるリンゴ様の香りがある。

 じゅうぶん熟成していて、すでに良い色づき&まろやかな口当たり。 松葉・稲ワラのような、ドライでおだやかな旨味がいかにも森喜酒造らしい。 今までの「伊賀の舞」というより、「妙の華」「るみ子の酒」のイメージ。

 燗にすると、旨味がふくらむふくらむ。 ムダな香りや甘味がなく、お酒らしいまろやかでつややかな旨味・酸味が楽しめる。 みごとな食中酒だ。

 たしかに若いけれど、だからといって未熟ではなくすでに素質を発揮している。

 非常に抽象的な表現だが、100mを11秒台で走る中学生のよう。 むだな贅肉はないし、大人のアスリートとしての体格も完成されていない。 それでも圧倒的な素質はだれもが見てわかる。

 にごり生熟成タイプとは似ても似つかないけれど、これも好みだなあ。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 純米酒
 1800ml:2500(2625)円
 アルコール度数:15.6   日本酒度:+9
 原料米:一般米   精米歩合:70%
 酵母:協会6号   酸度:1.7   アミノ酸度:1.4


「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)、
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
  (2008年11月2007年06月

「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」(2004年01月
「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2009年09月2007年04月2006年11月
  6号酵母無濾過生:2007年09月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:2005年12月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」(2008年05月爆発注意酒
「伊賀の舞 純米酒 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
  (2008年09月2007年05月

「どすこい誉 純米吟醸」
  (2009年02月[熟成]、2008年10月2007年04月2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年09月04日

るみ子の酒 特別純米酒 6号酵母3

妙の華 6号 浦和駅西口の「和浦酒場 弐」にて飲む。

 まずは最初に飲むお酒として、この「るみ子の酒 6号」と「独楽蔵 燗」を冷やした状態でいただきます!

 写真は以前「和浦酒場(本店)」で撮影したものを転用。

 ふだんは燗で飲むこのお酒も、冷やした状態ではまた別の表情に出会える。

 へえー、こんなに熟成した感じが顕著だとは思わなかった。

 落ちついた入りで、良くも悪くも泥臭さを感じる風味。 滋賀「七本鎗」にも通じるこの野暮ったさが、個人的には非常に魅力。

 個性的な旨味のおかげで、つややか・まろやかな印象もありながら、終盤は本来のスカッとドライになる。 味があるのに軽快なのが見事。

 セバさんも気に入ってくれたようで何より。 良いスタートが切れました。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 特別純米酒
 1800ml:2500(2625)円   720ml:1250(1312)円
 アルコール度数:15.7   日本酒度:+7
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)八反錦   精米歩合:60%
 酵母:協会6号   酸度:1.5   アミノ酸度:0.8


今回のまとめ記事「和浦酒場 弐」にて「和浦酒場(本店)」にて



「妙の華(英・るみ子の酒)」の過去の記事
「妙の華 純米酒 きもと山田錦90% チャレンジ90 無濾過」
  あらばしり生原酒:第四章(2008年09月)、第三章(2006年05月)、
              第二章(2005年05月)
  火入れ・加水タイプ:第一章(2004年07月)

「妙の華 特別純米 無濾過生原酒 備前雄町」
  山廃タイプ:2008年11月
  速醸タイプ:2007年04月2006年09月

「妙の華 特別純米酒 十年古酒」(2006年05月2005年06月
「英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過あらばしり生原酒(白ラベル)」
  (2008年11月2007年06月

「英(はなぶさ) 特別純米酒 無濾過原酒(赤ラベル)」(2004年01月
「るみ子の酒(妙の華) 特別純米酒」
  6号酵母瓶火入れ:2007年04月2006年11月
  6号酵母無濾過生:2007年09月
  7号酵母無濾過生原酒あらばしり:2005年12月
  9号酵母無濾過生原酒あらばしり:2008年07月(すっぴんるみ子)
  9号酵母瓶火入れ:2004年07月

「るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒」(2008年05月爆発注意酒
「伊賀の舞 純米酒 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母」
  (2008年09月2007年05月

「どすこい誉 純米吟醸」
  (2009年02月[熟成]、2008年10月2007年04月2005年02月

「妙の華」「英(はなぶさ)」7種類試飲(2005年06月

rain_of_tears at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年02月22日

どすこい誉 純米吟醸 2007BY(仕込み17号)3

どすこい誉 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場」にて飲む。

 いかにも泥臭い名前の「どすこい誉」は、尾瀬あきら氏の漫画に登場する架空の銘柄。 「妙の華」「英」「るみ子の酒」で知られる森喜酒造の協力で実現してしまった。

 さきほど某所で尾瀬さんにお会いしたこともあって、ゆかりある「どすこい誉」を注文した。

 2008年秋に飲んだ「どすこい誉」は、2005BYの2年半熟成。 今回は2007BYの1年熟成だ。

 熟成香を感じた前回とはずいぶんと様相が異なり、2007年春に飲んだ「どすこい誉」に近い。

 かなりドライな口当たりで、お米らしい旨味がおだやかに広がってゆく。 ワラのようなおだやかな雰囲気も魅力的。


 落ち着くなあ。


 濃醇なタイプではないものの、飲み飽きしない飲みごたえのある軽快な旨口酒だ。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 純米吟醸
 1800ml:3619(3800)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+6
 麹米:山田錦(徳島県阿波産)、掛米:八反錦(広島県産)
 精米歩合:50%   酵母:協会7号
 酸度:1.7   アミノ酸度:0.9

rain_of_tears at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年11月19日

妙の華 山廃特別純米酒 無濾過生原酒 備前雄町4

妙の華 山廃雄町 池袋東武で試飲・購入。

 「英(はなぶさ) 山廃 山田錦」と同様、3月にしぼったお酒を4月の試飲販売で購入し、今まで常温で放置。

 熟成を経てから、冬に燗で楽しんだ。

 こちらの「妙の華 山廃 雄町」は、大好きな「妙の華 雄町」の山廃バージョン。 2007BYで初めてつくったお酒だ。

 常温熟成させた森喜酒造の山廃の無濾過生原酒を、精米歩合こそちがえど、山田錦と雄町の飲みくらべしてみた。

 穀物様の香りが中心だった山田錦バージョンとちがい、この雄町バージョンは熟成香のなかに乳酸のスッキリした香りも感じられる。 より多く磨いてあるぶん、繊細な香りも残っているのかな。

 酸味を主体としながらも、甘味も感じるキュッと締まった味わい。 ドライで複雑な要素も感じるが、伸びやかで濃厚な旨味が主体。

 後口の切れ上がりの良さも、雄町らしさが出ている。 これはうまし!

 ふっくらとして複雑な山田錦バージョンに対し、洗練された伸びやかで切れの良い雄町バージョン。 どちらも濃厚・濃醇ながら、味わいにしっかりと差がある。


 「和浦酒場」にも進呈。 店長の蔵ちゃんいわく「『雄町さん』って感じ」。 よっしんと同じく、山田錦よりも雄町のほうが好みとのこと。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 特別純米酒(山廃、無濾過、生、原酒)
 1800ml:3200(3360)円   720ml:1600(1680)円
 アルコール度数:17.6   日本酒度:+6
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:60%
 酵母:蔵内酵母   酸度:1.8   アミノ酸度:1.6

rain_of_tears at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

英(はなぶさ) 山廃純米 無濾過生原酒4

英 山廃山田錦 池袋東武で試飲・購入。

 3月にしぼったお酒で、4月の試飲販売で購入し、常温熟成させてから冬に開栓。 以前から生もとをつくっていた森喜酒造ながら、山廃は2007BYが2シーズン目だ。

 森喜酒造の「英(はなぶさ)」シリーズは、地元で無農薬・減肥料栽培された山田錦を使用し、6号酵母で醸す。 燗で魅力を発揮する、スカッと切れるタイプのお酒たちだ。

 この「英 白純米」の山廃バージョンは、昨年も飲んだ

 半年以上の常温熟成を経て濃く色づき、熟成香を帯びた落ちついた雰囲気になっていた。 新酒のときの荒れた雰囲気や固さ、味乗りの浅い印象とは別物。 変身をとげていた。

 では、熱めの燗でいただきます!

 重心の低い、落ちついた熟成香から入る。 ドライな中を旨味がフワッと広がってゆく、スケールの大きな飲み口。

 まろやかというより、ふっくら。

 徐々にふくらんでゆく味わいが、いかにも山田錦らしい。 あまり磨いていないからか、やや雑味がバラついているところもある。

 しかし、そこも個性。 ボリューム感たっぷりでうまし!


【三重県伊賀市 森喜酒造】 純米酒(山廃、無濾過、生、原酒)
 1800ml:2900(3045)円   720ml:1450(1522)円
 アルコール度数:17.8   日本酒度:+7
 原料米:山田錦(伊賀産、無農薬栽培)   精米歩合:70%
 酵母:蔵内酵母   酸度:1.8   アミノ酸度:1.4

rain_of_tears at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年10月28日

妙の華 どすこい誉 純米吟醸3

妙の華 どすこい誉 いよいよ開栓、「どすこい誉」!

 いかにも泥臭い名前の「どすこい誉」は、尾瀬あきら氏の漫画に登場する架空の銘柄。 「妙の華」「英」「るみ子の酒」で知られる森喜酒造の協力で実現してしまった。

 先に飲んだモーさんおすすめ温度、50度に上げて飲む。

 米、藤の花のようなふっくらと落ち着いた香りに、レーズン様の熟成香が入る。 ん? 熟成? ビンを見せてもらうと、「上槽日 2006年3月11日」、すでに2年半の熟成だ。

 お米を磨いても、食事に邪魔な果実香はない。 クリアでドライな酒質からは米の旨味がストレートに現れる。 甘さひかえめでワラのような雰囲気があり、酸の活躍が楽しめる。

 濃醇なタイプではないが、飲み飽きしない飲みごたえのある軽快な旨口酒として、絶妙なバランスを保っている。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 純米吟醸
 1800:3619(3800)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+6
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)八反錦   精米歩合:50%
 酵母:協会7号   酸度:1.6   アミノ酸度:1.0

rain_of_tears at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年09月10日

妙の華 純米酒 きもと山田錦90% 無濾過生あらばしり原酒 チャレンジ90 第四章4

妙の華 チャレンジ90 第四章 今夜は「妙の華 チャレンジ90」をいただきまーす!

 生シラス、生キハダマグロの漬け、マテ貝焼き、丸かじりサイズのトマト、野菜炒めとともに。

 森喜酒造は昨年(2006BY)、山廃に挑戦したかわりに生もとをお休み。 生もとの「チャレンジ90」も当然お休みだった。

 無農薬・無化学肥料で栽培された山田錦を、わずか外側10%しかけずらない「90%精米」で、しかも明治以前の技法である生もとでつくる。

 お米を削りに削って、香り重視のお酒をつくることに対するアンチテーゼ。 そして、旧来の手法を模索し、お米本来の魅力を存分に引き出そうという、温故知新の精神だ。

 2003BYの初挑戦、2004BYの「第二章」、2005BYの「第三章」。 それぞれが個性的なまったく別の味わいのお酒になっていた。

 2007BY、2年ぶりに帰ってきた「チャレンジ90」のラベルには第四章の文字が。 おぉ、1年あいたけれど継続している。

 ん? 「1」、「2」、「3」と3年連続で発売して、1年あいて「4」が発売。

 ドラゴンクエストみたいだ! (ファミコン世代なもので)

 ってことは、「5」や「6」はどんどん空白が長く・・・、ならないことを祈る!

 「第二章」と「第三章」がうすにごりタイプだったのに対して、今回の第四章はかすかにオリが沈んでいる程度。 ちょうどにごりの少ないビンだったのかもしれない。 グラスに注ぐと、うっすらと黄金色。 穀物らしくて好感触!

 まずは冷やした状態で。 おとなしい米の香りが主体で、マスカット様の香りもかすかに感じる。 幅も奥行きもある、立体的な旨味のふくらみ。

 低精白のお酒にありがちな、あっさり消えるような、物足りない後口ではない。 しっかりと存在感があり、飲みごたえのある後口だ。

 ではでは、燗にしてみよう。

 おだやかな香りは、精米直後の米の粉の雰囲気。
 ふっくらとした旨味、これが山田錦の味なんだろうなあ。

 ややドライに仕上がっているところは、まさしく森喜酒造のお酒だ。 蔵のラインナップのなかでも王道。 現代のつくりかたの主流からはずれたお酒だが、味わいは横道にそれていない。

 第四章、旨いなあ。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 純米酒(生もと、無濾過、生、原酒)
 1800ml:2400(2520)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+8
 原料米:山田錦(三重県産、無農薬栽培)   精米歩合:90%
 酵母:協会6号酵母   酸度:2.7   アミノ酸度:1.7

rain_of_tears at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年09月03日

伊賀の舞 純米酒 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 6号酵母4

伊賀の舞 京都の鵜飼商店から届く。 \(^O^)/

 今回注文したのは、まず、おなじみの4本。
 三重「妙の華 チャレンジ90」・「伊賀の舞」
 京都「蒼空」、島根「ヤマサン正宗

 そしてもう2本、おまかせで生酒をお願いした。
 おまかせって初めてだ。

 何が届くのかな〜。 ドキドキ・ワクワク。

 おぉー、千葉「木戸泉」に福岡「三重の寿 美田」!

 よっしんの好みにピッタリ! さすが鵜飼さん!


 どれから飲もうかなあ〜。 ん〜、迷う。

 よし、冷やした「伊賀の舞」にしよう。 理由は・・・、今日、暑かったから。

 「伊賀の舞」は、「妙の華・るみ子の酒・英」で知られる森喜酒造の商品。 槽でしぼったままのお酒を生で3年半熟成。

 白くにごっているところが、槽でしぼったあらばしりらしい。

 熟成した生酒特有の、アーモンド様の香ばしい香り。 チョコのコーティングにアーモンドをまぶしたグリコのアイスを思い出す。

 米・麹の味がそのまま残ったお酒らしい風味から入り、みずみずしい甘味がふくらむ。 それでいて強い酸が後を締めるから、飲み口は爽快!

 味はギュッとつまっていて、切れる。 冷えた状態でもパワフル。

 よっしんのお酒観
「冷やさないとダメなお酒は二流、
 燗にして味が出るのは一流、
 冷えていてもすでにパワフルなら超一流」

 にバッチリ応えてくれる、好みのお酒。

 ドライな傾向の森喜酒造のなかでは、マイルドなタイプ。 森喜酒造のラインナップのなかで、たぶん一番好きなお酒。 半年ぶりに飲むうれしさと安心感に酔いしれた。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒、にごり)
 1800ml:2619(2750)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3
 原料米:山田錦・一般米   精米歩合:70%
 酵母:協会6号   酸度:1.9   アミノ酸度:1.3
 熟成期間:3年半(2004BY、2005年2月24日上槽)

rain_of_tears at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年07月12日

すっぴんるみ子の酒 特別純米 袋搾り無濾過生原酒 あらばしり 9号酵母3

妙の華 すっぴんるみ子 9号酵母 久しぶりの浦和駅西口「和浦酒場」にて。

 長〜〜い名前!

 しかも「2007BY」とか「うすにごり」なんかもつけられる。

 まあ、「すっぴん」でだいたい通じるけど。

 少数限定商品ながら、その味のインパクトは多くのファンをつくってきた。 都内で行われる森喜酒造の試飲販売でも、「『すっぴん』は無いの?」という話が出るほど。

 今日は今年いちばんの暑さだったので、冷たいお酒でクールダウンしたいなあと思って注文。

 開栓して1週間もたたずに、1升ビンが空いてしまったらしい。 グラス分しか残っていなかった。 「『すっぴん』終わりました〜」と和くんの声。

飲みかけの「すっぴんるみ子の酒」 米らしい、おだやかでふっくらした香り。 甘味はひかえめで、米の旨味と上質な苦味が主体。

 シャープに切れる後口まで、一貫してドライ。

 軽快・爽快なのに、味はしっかりつまっている。

 このバランスと個性が、さすが森喜酒造やなあ。 秋口に温めてみたいなあとも思った。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2900(3045)円   720ml:1450(1522)円
 アルコール度数:17.6   日本酒度:+7
 原料米:(麹米)山田錦(徳島県産)、(掛米)ひとごこち(長野県産)
 精米歩合:60%   酵母:協会9号
 酸度:1.8   アミノ酸度:1.2

rain_of_tears at 19:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年05月26日

るみ子の酒 特別純米 活性濁り生原酒3

るみ子の酒 活性濁り生 京都西陣の「鵜飼商店」にて購入。

 鵜飼さんのお店は、「妙の華」「英」「るみ子の酒」だけでなく「伊賀の舞」まで、森喜酒造のラインナップが充実している。

 「妙の華 山廃純米 一段仕込み(どぶろく状態)」など、何ソレ? と思わず飲んでみたくなる商品も入荷する。

 鵜飼さんの娘さん(と回って言うものの、よっしんと同年代)は、2005・2006BYと森喜酒造に入って造りを勉強してきたこともあって、ひとつひとつの商品について非常にくわしい。

 先日京都に行ったときに、鵜飼さんのお店にお邪魔して、
 よっしん「あ、これ、爆発するお酒ですね」
 鵜飼さん「今年はガス抜きの穴が開いてますから大丈夫やと思います」
 よっしん「よかった〜。 それなら安心です」
 ということで購入。

 念のため用心して、ゆっくり開栓。

 …………。

 あれ? まったくもって安全に開いた。

 直後、大量の炭酸がシュワシュワと湧いてくる。 なにこの勢い!?

 炭酸の上昇でお酒が対流して、にごり部分とうわずみが自然に混ざる。 まずはうわずみを飲んでみようなんて思ったけれど、考えが甘かった。

 大人のカルピスソーダ。

 青リンゴのような香りに、炭酸のはじけるスカッと爽快な飲み口。 甘いタイプのにごり酒ではなく、米らしい旨味とサッと切れる後口。 う〜ん、さすが森喜酒造やねえ〜。 うまし!

 ドライで余韻が軽いところが魅力だが、その反面「もう少し余韻が長ければなあ」なんて欲張ってみたくなってしまう。

 ラベルには
この酒は活性濁り酒です。 瓶詰め後も、瓶内発酵をしている酒です。 発酵するということは炭酸ガスを出し、アルコールを生成し続けると言うことです。 味もダイナミックに変化していきます。
 との文字。

 仕込みのちがい、開栓のタイミングで味が変わる。 そう考えると、何度でも飲んでみたい、色んな味に出会ってみたいと思った。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 特別純米酒(無濾過、生、にごり)
 1800ml:2900(3045)円   720ml:1450(1522)円
 アルコール度数:17.5
 原料米:山田錦・うこん錦(三重県産)   精米歩合:60%

rain_of_tears at 19:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年09月12日

るみ子の酒 純米酒 6号酵母 無濾過生3

妙の華 るみ子の酒 無濾過生 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場」にて。

 お店のグランドメニュー「るみ子の酒 6号酵母」の、無濾過生バージョンが入荷。 では、試してみよう! もちろん燗で。

 おっ、意外と甘味を感じさせるやわらかい口当たり。 火入れタイプがスカッと晴れる、非常にドライなお酒なのに対し、この生タイプはやわらかさも感じる。

 後口はしっかり切れて、余韻もこの蔵らしく潔い。 けっして味気なく消えるのではなく、しつこく後まで残らない余韻。 山田錦の旨味がしっかり顔を出すのに、スッと去ってゆく。

 アルコール度数をやや低めにしてあるので、スルスルと飲める。

 少し熱めの上燗からいけて、米の苦味が楽しめる冷めぎわも良い。


【三重県伊賀市 森喜酒造】 純米酒(無濾過、生)
 1800ml:2500(2625)円   720ml:1250(1312)円
 アルコール度数:14.7   日本酒度:+8
 原料米:山田錦   精米歩合:60%
 酵母:協会6号   酸度:1.6   アミノ酸度:1.2

rain_of_tears at 19:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数