庭のうぐいす

2012年11月09日

庭のうぐいす 純米吟醸 あきあがり2

庭のうぐいす あきあがり 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 スタートは、初めて見る「庭のうぐいす あきあがり」を燗でいただきます。

 この蔵のお酒は、ラベルがかわいい。

 もちろん中身がいちばん大切だけれど、ラベルも重要。

 多くの人に興味を持ってもらい、「飲んでみたい」と思ってもらわないと、中身の意味がないわけだから。

 見た目も大切というのは、「まじめに音楽をやっていても、聞いてもらえなければ意味がない」というYOSHIKIの発想と重なりますね。


 この「庭のうぐいす あきあがり」は、今年登場の新商品。

 上品な香りと、キリっと引き締まったシャープな飲み口が魅力。


 さわやかな苦味を想起させる、マスカット様の香りがさりげない。 お米らしい香りもある。

 ミネラルを感じるやや硬質な口当たり。 甘味を切ったドライな飲み口で、酸味ではなく苦味を活かしてすっきり感を演出する。

 この蔵のラインナップのなかで、もっとも淡麗な部類。 お酒単体では物足りないけれど、この苦味・シャープさは、ほろ苦い秋の味覚に合う!



【福岡県久留米市北野町 山口酒造場】 純米吟醸(生詰)
 1800ml:2650(2783)円   720ml:1325(1391)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+10
 原料米:神力   精米歩合:55%
 酵母:自社酵母   酸度:1.1


「庭のうぐいす」の過去の記事
「庭のうぐいす 純米吟醸 無濾過生原酒 春の生酒」(2010年04月
「庭のうぐいす 純米吟醸 無濾過生詰原酒」(2008年08月
「庭のうぐいす 純米吟醸無濾過 ひやおろし」(2007年10月
「庭のうぐいす 特別純米酒 無濾過生詰原酒 ひやおろし」
 (↑2003年11月
「庭のうぐいす 特別純米無濾過 うぐいすラベル」
 (↑2007年05月2005年10月
「庭のうぐいす 純米吟醸 ぬるはだ」
 (↑2011年02月2009年04月2008年03月2007年07月
「庭のうぐいす 純米酒 たなから」(2011年02月2007年05月
「庭のうぐいす 本醸造 からくち 鴬辛(おうから)」(2009年04月

rain_of_tears at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年02月10日

庭のうぐいす ぬるはだ 純米吟醸3

庭のうぐいす ぬるはだ  浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 「庭のうぐいす たなから」と「庭のうぐいす ぬるはだ」の飲みくらべ。

 こちらの「庭のうぐいす ぬるはだ」は、その名のとおり人肌燗〜ぬる燗で楽しむためにつくられたお酒。

 甘味・酸味の溶け合ったつややかな飲み口が魅力で、まさしく燗向けの逸品。 35〜40度くらいの、やや冷めてきたころの酸の活躍が魅力だ。

 2年熟成ながら、クセのある熟成香はなく、飲みやすい。 それでいて、甘味・酸味が調和して旨味も増して、熟成の恩恵が発揮されている。

 中盤からじわじわと旨味と酸が染み出してくる。 ひと口目、ふた口目、どんどんとスケールが大きくなってくる。

 「庭のうぐいす たなから」と「庭のうぐいす ぬるはだ」。 これほどまでに違うとは、想像以上でした。

 よっしんとしては、「庭のうぐいす ぬるはだ」のほうが好みです。


【福岡県久留米市北野町 山口酒造場】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:14.8   日本酒度:+1
 原料米:山田錦・レイホウ・夢一献   精米歩合:60%
 酵母:協会9号   酸度:1.5   アミノ酸度:1.2


「庭のうぐいす」の過去の記事
「庭のうぐいす 純米吟醸 無濾過生原酒 春の生酒」(2010年04月
「庭のうぐいす 純米吟醸 無濾過生詰原酒」(2008年08月
「庭のうぐいす 純米吟醸無濾過 ひやおろし」(2007年10月
「庭のうぐいす 特別純米酒 無濾過生詰原酒 ひやおろし」
 (↑2003年11月
「庭のうぐいす 特別純米無濾過 うぐいすラベル」
 (↑2007年05月2005年10月
「庭のうぐいす 純米吟醸 ぬるはだ」
 (↑2009年04月2008年03月2007年07月
「庭のうぐいす 純米酒 たなから」(2011年02月2007年05月
「庭のうぐいす からくち 鴬辛(おうから)」(2009年04月

rain_of_tears at 18:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

庭のうぐいす たなから 純米酒2

庭のうぐいす たなから 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 「庭のうぐいす」の“文字ラベル”のコンビ、「庭のうぐいす たなから」と「庭のうぐいす ぬるはだ」がある!

 これは、飲みくらべたい!

 この2商品は加水して飲みやすくしてあるタイプで、「庭のうぐいす たなから」は、低めの精米歩合の山田錦で仕込んだ純米酒。

 サラサラとした飲み口が印象的で、軽やかな旨味が楽しめる。

 4年前に飲んだときは、マスカット・リンゴ様の香味があったけれども、今回は非常に落ちついた味わい。 年々、酒質が変化・向上する「庭のうぐいす」らしい。

 ただ、ぬる燗でスルスルと抵抗なく飲めてしまう、キレイでやさしいお酒という点は一貫している。

 この蔵のラインナップでは、軽快なタイプ。 個人的には、もう少し味わいに幅・変化・強さがあってほしいなあと思った。


【福岡県久留米市北野町 山口酒造場】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2548(2685)円   720ml:1280(1344)円
 アルコール度数:15.0   日本酒度:+3
 原料米:山田錦   精米歩合:68%
 酵母:協会7号   酸度:1.5   アミノ酸度:1.2


「庭のうぐいす」の過去の記事
「庭のうぐいす 純米吟醸 無濾過生原酒 春の生酒」(2010年04月
「庭のうぐいす 純米吟醸 無濾過生詰原酒」(2008年08月
「庭のうぐいす 純米吟醸無濾過 ひやおろし」(2007年10月
「庭のうぐいす 特別純米酒 無濾過生詰原酒 ひやおろし」
 (↑2003年11月
「庭のうぐいす 特別純米無濾過 うぐいすラベル」
 (↑2007年05月2005年10月
「庭のうぐいす 純米吟醸 ぬるはだ」
 (↑2009年04月2008年03月2007年07月
「庭のうぐいす 純米酒 たなから」(2007年05月
「庭のうぐいす からくち 鴬辛(おうから)」(2009年04月

rain_of_tears at 18:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年04月07日

庭のうぐいす 純米吟醸 無濾過生原酒 春の生酒4

庭のうぐいす 純米吟醸 京都西陣の「鵜飼商店」にて購入。

 「毎年味がちがう」と鵜飼さん・ヨラムさん・よっしんに突っ込まれてきた「庭のうぐいす」。

 けれど、そういえばここ2〜3年は良い意味で(高品質で)安定してきたような気がする。

 なかでも一番気に入っているのが、紫色のうぐいすラベルがかわいい純米吟醸。 今回は初の生酒。

 まずは常温で飲んでみよう。

 穀物様のおだやかな香りに、生熟成らしいナッツ系の香りがある。 さすが生熟成、好みの香りですね〜。

 まろやかな口当たりで、甘味・旨味の溶け合った濃厚な味わい。 お米を半分まで磨いてしまっても、ここまで味が出せるのはおどろき。

 では、ぬる燗にしてみよう。

 トロリと密度を感じる口当たりで、スルリと流れてゆく非常にまろやかな飲み口。 酸が少ない分、やさしい甘味や幅のある旨味が前面に出ている。 濃密な味わいが魅力的・好み。

 これはうまし!


【福岡県久留米市北野町 山口酒造場】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2850(2993)円   720ml:1425(1496)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+4
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)夢一献   精米歩合:50%
 酵母:協会9号系自家培養   酸度:1.3   アミノ酸度:1.2


「庭のうぐいす」の過去の記事
「庭のうぐいす 純米吟醸 無濾過生詰原酒」(2008年08月
「庭のうぐいす 純米吟醸無濾過 ひやおろし」(2007年10月
「庭のうぐいす 特別純米酒 無濾過生詰原酒 ひやおろし」
 (↑2003年11月
「庭のうぐいす 特別純米無濾過 うぐいすラベル」
 (↑2007年05月2005年10月
「庭のうぐいす 純米吟醸 ぬるはだ」
 (↑2009年04月2008年03月2007年07月
「庭のうぐいす 純米酒 たなから」(2007年05月
「庭のうぐいす からくち 鴬辛(おうから)」(2009年04月

rain_of_tears at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年04月17日

庭のうぐいす 純米吟醸 ぬるはだ3

庭のうぐいす ぬるはだ 浦和駅西口の「和浦酒場 弐」にて飲む。

 「いづみ橋 赤ラベル生」の次は「庭のうぐいす ぬるはだ」。

 さっきの「庭のうぐいす からくち」のリベンジだ! 「庭のうぐいす」の名誉挽回のチャンスです!

 純米吟醸を2年熟成して加水した、やさしい飲み口のお酒。

 モチ・クルミのような落ちついた香りに熟成した感じがある。 軽い甘味を添えたスルリとやわらかい口当たり。

 中盤からじわじわと旨味と酸が染み出してくる。 ひと口目、ふた口目、どんどんとスケールが大きくなってくる。

 40度を切って、ぬるくなってきたころが一番バランス良く感じる。 かわいらしい酸味がキュッと味を締める。

 けっして濃厚ではないけれども、さりげなく味の詰まっているお酒。

 ゆっくり、じっくり飲みたい。

 さすが「庭のうぐいす」!


【福岡県久留米市北野町 山口酒造場】 純米吟醸
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:14.8   日本酒度:+1
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)山田錦・レイホウ・夢一献
 精米歩合:50%
 酵母:協会9号   酸度:1.5   アミノ酸度:1.2

rain_of_tears at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

庭のうぐいす からくち 鴬辛(おうから)

庭のうぐいす からくち 浦和駅西口、玉蔵院前のお店で飲む。

 「義侠 五百万石」、「東洋美人 西都の雫」に続いては「庭のうぐいす からくち」。

 等級検査で規格外となった山田錦なので、普通酒の扱い。

 篤農家から全量を買う契約栽培だと、どうしてもサイズが小さい、無農薬なので虫食い率が高いなど、問題のあるお米も含まれてしまう。

 当落線上から惜しくも外れたお米や、虫食いのないお米を選別して使えば、まったく問題なくおいしいお酒がつくれる。

 さて、味はどうかな。

 「庭のうぐいす」らしい、静かな口当たり。 ここから、飲めば飲むほど味が染み出してきて、やさしくも奥行きのある優雅なパフォーマンスを見せてくれるハズ。

 あれ? 味が出てこない。

 立ち上がってくるハズの中盤〜後半で、失速する。

 後口に感じられるアルコールの感触からもわかるけれど、アルコール添加によって旨味が伸ばされて希薄化してしまった。 もったいない。

 今、開栓したばかりだから、これから変化するのかもしれない。 そう願いたい。


【福岡県久留米市北野町 山口酒造場】 普通酒
 1800ml:2000(2100)円   720ml:1000(1050)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+10
 原料米:山田錦(規格外米)   精米歩合:68%
 酸度:1.2

rain_of_tears at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年08月03日

庭のうぐいす 純米吟醸 無濾過生詰原酒4

庭のうぐいす 純米吟醸 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 お燗番の和くんが、「今回のはすごい」といって出してくれたのが、「庭のうぐいす 純米吟醸 無濾過生詰原酒」。

 おぉ、遠目に見えていた白ばっかりのラベルは、やっぱり「庭のうぐいす」だったか。 あいかわらず、ナイスデザイン!

 さっそく燗にしてもらう。

 カドが取れて、まろやかな飲み口。 しっとり濃密な味わいが魅力的。 酸が少ない分、やさしい甘味や幅のある旨味が前面に出ている。

 極端な個性はないが、杯を重ねて味わいを増してゆくパフォーマンスに感動。 一緒に飲んだTさまも「お米の味のする、好きなお酒」と好印象。

 ゆっくりと楽しみたい、ホッと一息つけるお酒だ。


【福岡県久留米市北野町 山口酒造場
 純米吟醸(無濾過、生詰、原酒)
 1800ml:2850(2993)円   720ml:1425(1496)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+4
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)夢一献   精米歩合:50%
 酵母:協会9号系自家培養   酸度:1.3   アミノ酸度:1.2

rain_of_tears at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月06日

庭のうぐいす 純米吟醸 ぬるはだ3

庭のうぐいす ぬるはだ 京都のおみやげ(生麩・阿闍梨餅)を渡すために、浦和駅西口ガード下「和浦酒場」へ。

 ちょうど今日、3月6日は和浦の開店記念日。 お店の前には、たくさんのお祝いの花が飾られていた。

 「庭のうぐいす ぬるはだ」がある! 「庭のうぐいす」は毎年味がちがうから、毎年飲んでみたくなるんだなあ。

 さっそく、ぬる燗でいただく。

 モチ・クルミのような落ちついた香り。 口当たりはドライでサラサラと粒子を感じるが、中盤にはまろやかな旨味と酸が太いうねりをつくる。 味わいが変化してゆくところは、「庭のうぐいす」の特徴だ。

 去年の夏に飲んだ「庭のうぐいす ぬるはだ」よりも、まちがいなく濃醇に感じる。 今年のバージョンの方が好みの仕上がりだ。

 加水してあるのに、しっかり味があって、うまし。


【福岡県久留米市北野町 山口酒造場】 純米吟醸
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:14.8   日本酒度:+1
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)山田錦・レイホウ・夢一献
 精米歩合:50%
 酵母:協会9号   酸度:1.5   アミノ酸度:1.2

rain_of_tears at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月03日

庭のうぐいす 純米吟醸無濾過 ひやおろし3

庭のうぐいす 純吟無濾過 ひやおろし 「和浦酒場」にて。

 水曜日のお燗番がナカちゃんからヨーコちゃんに交替。

 ヨーコちゃん、久しぶり&よろしくです。 調理するナカちゃんの姿もだんだん見慣れてくるのかな。

 さて、今夜の最初は「庭のうぐいす 純米吟醸無濾過 ひやおろし」。

 ラベルの大きなうぐいすは、2002年にヨラムさんのお店で飲んで以来、5年ぶりだ。


 ちょうど昨日家で飲んだ「庭のうぐいす 特別純米無濾過(下の写真)」と良いタイミングで飲みくらべができた。

庭のうぐいす ちょっと熱めの燗で。

 瓜・ミネラルを感じさせる香りはこの蔵の個性で、とろみを感じるなめらかな口当たり。

 さすが「庭のうぐいす」、良い意味で洗練されていない。 酸が若々しく奔放に飛ぶ。

 家にある特別純米が1年半熟成なのに対し、この純米吟醸は半年熟成。 その差かもしれないが、特別純米よりも、この純米吟醸の方が刺激的だ。

 ややぬるくなってからが好バランス。 バラけ気味だった酸が収束し、軽快に味が流れる。 引き際に軽やかな吟醸香が抜けてゆくところが爽やかだ。

 ぬる燗にしてスルスルと飲めるが、味もある、食前酒・食中酒としてナイスパフォーマンスを発揮してくれるお酒。


【福岡県久留米市北野町 山口酒造場】 純米吟醸(無濾過、生詰)
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+2
 原料米:山田錦・レイホウ   精米歩合:50%
 酵母:協会9号系   酸度:1.4   アミノ酸度:1.2

rain_of_tears at 19:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年07月13日

庭のうぐいす 純米吟醸 ぬるはだ3

庭のうぐいす ぬるはだ 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場」にて飲む。

 めずらしく4人で行く。 今日は金曜とあって、すごく忙しそうだ。 早めに注文しなくては!

 ナカちゃんも「庭のうぐいす」の不思議な魅力に魅せられたのか、またの入荷だ。

 今回は「純米酒 たなから」の姉妹品「純米吟醸 ぬるはだ」。 ぬる燗にしてくれといわんばかりの名前だ。

 さっそくぬる燗で。

 アルコール度数を低くしているので、スルスルといける。 加水しても味わいの個性は失われず、つややかな米の甘味、しっとりとふくらむ旨味が楽しめる。

 「あ、うまい」。 気がつくとハマっている。 濃醇でもなく、淡麗でもない、中間型の「庭のうぐいす」に今日も魅せられた。


【福岡県久留米市北野町 山口酒造場】 純米吟醸
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:14.8   日本酒度:+1
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)山田錦・レイホウ・夢一献
 精米歩合:50%
 酵母:協会9号   酸度:1.5   アミノ酸度:1.2

rain_of_tears at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年05月26日

庭のうぐいす 特別純米無濾過 2005BY3

庭のうぐいす これも京都の「鵜飼商店」から。

 このお酒を飲むのは1年半ぶり。 今回の2005BYの味はどうだろうか。

 前回飲んだ2004BYは、米の甘味が印象的だった。 口当たりはドライなのに、甘味がふんわりと広がる。 余韻も豊かだった。

 なんと、今回は苦味が印象的。
 神奈川「いづみ橋 恵 純米吟醸 青ラベル」、
 愛媛「石鎚 純米吟醸 山田錦・松山三井(緑ラベル)
 にも感じられる、スーッと抜ける瓜・リンゴ様の香味が爽やか。 旨味が顔を出すと、酸と苦味がシャープに整える。

 甘くやわらかい印象の2004BYと、シャープな印象の2005BY。 同じラベルながら、印象はずいぶん異なる。


【福岡県久留米市北野町 山口酒造場】特別純米酒
 1800ml:2600(2730)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)レイホウ
 精米歩合:(麹米)50%、(掛米)60%
 酵母:協会9号酵母   酸度:1.5

rain_of_tears at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年05月16日

庭のうぐいす 純米酒「たなから」20073

庭のうぐいす たなから 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場」にて。

 2002年から毎年「庭のうぐいす」を飲む機会があるけれど、飲むたびに大幅に味がちがう気がする。

 鵜飼さん・ヨラムさんもおっしゃっていることなので、気のせいではないか。

 まだまだ安定しない分、毎年どんな味になるのか楽しみでもある。

 今年はどうだろう?

 「たなから」は棚田からという意味らしい。 ついつい肩ラベルの「たなから」の下にうぐいすの絵があるから、「棚からうぐいす」という意味だと思った(どういう意味だ)。

 原料米の山田錦は福岡県の棚田で育てたとのこと。

 福岡の山間部?

 福智、三郡、耳納(水縄)、脊振、英彦・・・。 福岡は山が点在しているから、「ここらへんかな」と見当がつかない。

 味わいはというと、なんだろう、不思議な感じがする。 ふんわりやわらかい口当たりで、かすかにマスカット様の香り。 リンゴの蜜のような甘い風味がスルリと流れてゆく。 そこで思いついたのがマシュマロ。

 そう、マシュマロを食べているときのような感触だ。

 ぬる燗〜常温と冷えてゆくごとに、どんどん味わいが変化してゆくのも面白い。

 あまりお米を磨いていないとは思えない、キレイでやさしいお酒。


【福岡県久留米市北野町 山口酒造場】 純米酒
 1800ml:2548(2675)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+3
 原料米:山田錦(福岡県産)   精米歩合:70%
 酵母:協会7号   酸度:1.5

rain_of_tears at 20:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年10月07日

庭のうぐいす 特別純米 うぐいすラベル4

庭のうぐいす 特別純米 中野の「味のマチダヤ」にて購入。

 久しぶり! ラベルのうぐいす、小さいバージョン。

 口当たりはドライなのに、すぐに甘みが広がる。 これは不思議。 後味も豊か。

 うーん、酒質が安定しない蔵だけど、今回のってちょっと甘さが強い気がする。 うまく発酵しきらなかったのかな。

 もっと伸びやかな後半だったと思う。 次回の造りに期待!


【福岡県久留米市北野町 山口酒造場】 特別純米酒(無濾過)
 1800ml:2600(2730)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)レイホウ   精米歩合:60%
 酵母:協会9号酵母   酸度:1.5

rain_of_tears at 01:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2003年11月18日

庭のうぐいす 特別純米酒 無濾過生詰原酒 ひやおろし4

庭のうぐいす ひやおろし 京都二条東洞院の「酒BAR よらむ」にて飲む。

 自分の求めている理想にぴったりの雰囲気・メニューのお店に出会えることは、非常に少ない。

 今回の「よらむ」は、大好きなお店の1つになった。

 となると、1週間の京都滞在でふたたび訪れたくなるのが性(さが)というもの。

 今日は新たに仕入れたお酒を紹介してもらい、その中から福岡県三井郡の「庭のうぐいす」を選択。 かわいいデザインだなあ。 ヨラムさんも、このうぐいすのラベルを気に入っているとのこと。

 1回火入れの特別純米酒で、さわやかな苦味から、ほのかな甘味・しっかりした旨味へと変化する。 おだやかな麹の香りがあり、余韻もしまりがある。

 野球で言えばイチロー選手のような、高レベルでバランスの取れたオールラウンダーだ。


【福岡県三井郡北野町 山口酒造場】 特別純米酒(無濾過、生詰)
 1800ml:2500(2625)円   720ml:1250(1312)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)レイホウ
 精米歩合:(麹米)50%、(掛米)60%
 酵母:協会9号系   酸度:1.5   アミノ酸度:1.3

rain_of_tears at 18:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数