神力

2013年07月28日

栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 神力

栄光冨士 純米大吟醸 神力 池袋東武で試飲・購入。

 「山形の酒まつり」と銘うたれた試飲販売で、「羽前桜川」、「栄光富士」、「米鶴」(50音順)が来店。

 いろいろ試飲したなかで、もっとも個性的で好印象だったのが、この「栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 神力」。


 甘味を残して、さわやかな酸味とバランスを取った、飲みごたえのあるお酒。

 熟したメロンのような芳香と洗練された味わいに、よく磨いたお酒らしさがある。

 それでいて、1800mlが3150円、720mlが1680円(ともに消費税込)という、すばらしいコストパフォーマンス。



 それにしても、山形の酒蔵が熊本の神力を使うのはめずらしいですね。 いったい、どのような経緯が?



 と、疑問を投げかけたところ、蔵の方が教えてくださった。 なんでも、「栄光冨士」の蔵元は、熊本城を築いた加藤清正公の末裔とのこと。

 そういえば、熊本を改易となった加藤家は、庄内に移ったんでしたね。

 そんな熊本に縁のある蔵元が、熊本の篤農家とのつながりと神力を得て、今回のお酒が誕生した。

 おいしいお酒を生んだ、素敵な人と人とのつながりに感謝です。



【山形県鶴岡市大山 冨士酒造】 純米酒
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1600(1680)円
 アルコール度数:17.1   日本酒度:−5
 原料米:神力(熊本県菊池市七城町・原農場産、無肥料・無農薬栽培)
 精米歩合:50%   酵母:山形酵母
 酸度:1.4   アミノ酸度:1.3


「栄光冨士」の過去の記事
「栄光冨士 手造り純米酒 純月」(2011年04月

rain_of_tears at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年02月24日

龍力 特別純米しぼりたて 神力 無濾過生原酒4

龍力 神力 しぼりたて 池袋西武で試飲・購入。

 「龍力 特別純米無濾過生原酒」は、山田錦と雄町と山田穂と神力、4種類のお米のバージョンが発売されている。

 なかでもお気に入りなのが、山田錦バージョン

 ただ、ここ数年は、山田錦バージョンよりも神力バージョンのほうが好みになってきている。

 よっしんの味覚が変わってきているから? それとも、酒質が変化してきているから?

 神力の詳細については、2008年8月の記事を参照。


 では、冷温でいただきます。

 熟したメロンのような香りと、フレッシュな生酒らしい麹の香りが重なる。 甘味だけでなく、苦味・酸味も連想するスッキリとした印象。

 トロリと濃厚な口当たりで、ボリューム感のある甘味・旨味・酸味が押し寄せる。 中盤からは苦味も加わって、さわやかに切れ上がる。

 余韻も豊かで、飲みごたえ抜群。 濃いお酒を飲んだなあという満足感と、もうひと口ほしくなる爽快感が両立する。


 非常に好みのお酒。



【兵庫県姫路市 本田商店】 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+3
 原料米:神力(兵庫県たつの市御津町産)   精米歩合:65%
 酵母:協会9号   酸度:1.8   アミノ酸度:1.7


「龍力」の過去の記事
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦」
 (↑2012年01月2011年11月2009年05月01月2007年11月
   2006年10月08月2005年10月2004年10月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦 夏にごり」
 (↑2010年07月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦 活性にごり酒」
 (↑2012年03月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田穂」(2008年10月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 神力」
 (↑2012年01月2008年08月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 雄町」
 (↑2012年01月2011年12月2008年05月2007年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 山田錦 活性にごり酒」(2008年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 雄町 活性にごり酒」(2010年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 雄町 無濾過生原酒」(2011年06月
「龍力 生もと仕込み 特別純米 無濾過生 限定直詰」
 (↑2012年06月01月2008年05月
「龍力 生もと仕込み 特別純米」(2011年01月
「龍力 純米しぼりたて」(2007年02月
「龍力 特別本醸造 蔵出し生酒」(2007年12月
「龍力 大吟醸 米のささやき ドラゴン Episode 1(青ラベル)」
 (↑2012年08月
「龍力 純米大吟醸 米のささやき 米優雅」(2004年12月
「龍力 特別純米 熟成雄町 1999年醸造 貯蔵タンク142号」
 (↑2009年10月
「龍力」各種試飲(2004年10月

rain_of_tears at 00:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月09日

庭のうぐいす 純米吟醸 あきあがり2

庭のうぐいす あきあがり 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 スタートは、初めて見る「庭のうぐいす あきあがり」を燗でいただきます。

 この蔵のお酒は、ラベルがかわいい。

 もちろん中身がいちばん大切だけれど、ラベルも重要。

 多くの人に興味を持ってもらい、「飲んでみたい」と思ってもらわないと、中身の意味がないわけだから。

 見た目も大切というのは、「まじめに音楽をやっていても、聞いてもらえなければ意味がない」というYOSHIKIの発想と重なりますね。


 この「庭のうぐいす あきあがり」は、今年登場の新商品。

 上品な香りと、キリっと引き締まったシャープな飲み口が魅力。


 さわやかな苦味を想起させる、マスカット様の香りがさりげない。 お米らしい香りもある。

 ミネラルを感じるやや硬質な口当たり。 甘味を切ったドライな飲み口で、酸味ではなく苦味を活かしてすっきり感を演出する。

 この蔵のラインナップのなかで、もっとも淡麗な部類。 お酒単体では物足りないけれど、この苦味・シャープさは、ほろ苦い秋の味覚に合う!



【福岡県久留米市北野町 山口酒造場】 純米吟醸(生詰)
 1800ml:2650(2783)円   720ml:1325(1391)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+10
 原料米:神力   精米歩合:55%
 酵母:自社酵母   酸度:1.1


「庭のうぐいす」の過去の記事
「庭のうぐいす 純米吟醸 無濾過生原酒 春の生酒」(2010年04月
「庭のうぐいす 純米吟醸 無濾過生詰原酒」(2008年08月
「庭のうぐいす 純米吟醸無濾過 ひやおろし」(2007年10月
「庭のうぐいす 特別純米酒 無濾過生詰原酒 ひやおろし」
 (↑2003年11月
「庭のうぐいす 特別純米無濾過 うぐいすラベル」
 (↑2007年05月2005年10月
「庭のうぐいす 純米吟醸 ぬるはだ」
 (↑2011年02月2009年04月2008年03月2007年07月
「庭のうぐいす 純米酒 たなから」(2011年02月2007年05月
「庭のうぐいす 本醸造 からくち 鴬辛(おうから)」(2009年04月

rain_of_tears at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年09月26日

悦凱陣 純米無濾過生原酒 丸尾神力 2011(H23)BY5

悦凱陣 神力 池袋東口の「日本酒BAR 希紡庵」にて飲む。

 お酒の入門編ということで、「而今 千本錦」と「澤姫 大吟醸 おりがらみ」を堪能中のYさん。

 その横でよっしんは、「悦凱陣 神力」と「遊穂 純米生原酒」をいただきます。

 初心者には少し抵抗があるかもしれない、濃醇なお酒たちです。


 まずは「悦凱陣」から。

 リンゴのような香りに、みずみずしい甘味・酸味を連想する。

 口当たりからボリューム満点で、さわやかで力強い酸に豊かな旨味が合流する。 スパイシーな雰囲気や、塩気を帯びた雰囲気も重なる。

 日本酒度+15と聞いても信じがたい、豊かな肉付きだ。 このお酒を飲むと、甘味と旨味がちがう要素・ベクトルであることが体感できる。

 後口は苦味が活躍して、濃醇な味わいを爽快な余韻へと変える。

 やっぱりすごいお酒です。



【香川県仲多度郡琴平町 丸尾本店】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:19.5   日本酒度:+15
 原料米:神力   精米歩合:65%
 酵母:協会9号   酸度:2.1


「悦凱陣」の過去の記事
「悦凱陣 純米無濾過生原酒 丸尾神力」
 (↑2010年03月2005年07月04月2003年11月
「悦凱陣 山廃 純米無濾過生原酒 赤磐雄町」(2005年11月
「悦凱陣 山廃 純米無濾過生原酒 オオセト」(2011年02月
「悦凱陣 山廃 純米無濾過生原酒 亀の尾」(2012年08月
「悦凱陣 純米無濾過生原酒 さぬきよいまい」
 (↑2011年02月2007年03月
「悦凱陣 純米吟醸 無濾過生原酒 興」(2012年08月2007年01月
「悦凱陣 純米吟醸 無濾過生原酒 雄町・山田錦」(2012年08月
「悦凱陣 純米吟醸 無濾過生原酒 五百万石」(2007年05月
「悦凱陣 手造り純米酒 オオセト」(2004年11月
「悦凱陣 手造り本醸造」(2004年02月

rain_of_tears at 18:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年01月01日

龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦/雄町/神力/山田錦(生もと) 2008BY

龍力 辰年2012
 元旦に祖父母の家で飲む。

 2012年は辰年。 辰年、龍ということで、「龍力」で乾杯。

 いやあ、本当は山田錦、雄町、神力、山田穂の4バージョンそろい踏みといきたかったのですが・・・。

 あれ? お酒置場を探しても、山田穂バージョンが見つからない!? しかたなく、山田錦の生もとの生酒で間に合わせました。

 なので、特別純米無濾過生原酒シリーズの3種類は2008BYで、生もとの生は2009BYという、ラベルも年度も異なる1種類が飛び入り参加。


 ビン内を見てみると、それぞれ底にオリが沈んでいる。 熟成が進んだ証拠ですね。 グラスに注ぐと、濃さはちがうものの、それぞれが黄金色に色づいている。

 新酒のころからお米のちがいによる味の差はあるが、熟成を経ることでさらにそれぞれの個性・方向性がはっきりとしてくる。


 なかでも山田錦バージョンは色・味ともに最も濃厚。 クルミのような熟成香と、まろやかでコッテリと濃厚な甘味・旨味がインパクト大。 この山田錦バージョンだけ熟成香が強く、これは飲み手を選びそう。

 雄町バージョンは、濃厚でありながらも切れが良く、スッキリとまとまっている印象。 シャープな酒質に旨味が肉付けされた、筋肉質なタイプ。

 神力バージョンは、甘味豊かでまろやかな飲み口で、終盤にかけて軽やかに収束する。 引き際が潔いというか、アッサリというか、余韻を引きずらない不思議な軽さがある。

 生もとバージョンは、ヨーグルト様の乳酸の香りがあって、1つだけ香りが別系統。 同じお米を使っていながら、速醸の山田錦バージョンよりも、熟成香・ボリュームともにおとなしい。 1年分、若いからかな。 乳酸の香りと酸味が目立つ、さわやかな飲み口だ。

 濃厚なラインナップなので、賛否両論。 でも、その万人受けしない個性こそが、「龍力」の魅力だ。


【兵庫県姫路市 本田商店
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦 2008BY」
 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3500(3675)円   720ml:1800(1890)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+2
 原料米:山田錦(兵庫県特A地区産)   精米歩合:65%
 酵母:協会9号   酸度:2.0

「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 雄町 2008BY」
 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3300(3465)円   720ml:1700(1785)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:±0
 原料米:雄町(岡山県赤磐郡産、有機栽培)   精米歩合:65%
 酵母:協会9号   酸度:1.9   アミノ酸度:1.7

「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 神力 2008BY」
 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+3
 原料米:神力(兵庫県たつの市御津町産)   精米歩合:65%
 酵母:協会9号   酸度:1.8   アミノ酸度:1.7

「龍力 生もと 特別純米 無濾過生原酒 山田錦 2009BY」
 特別純米酒(生もと、無濾過、生、原酒)
 720ml:1800(1890)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+4
 原料米:山田錦(兵庫県特A地区産)   精米歩合:65%
 酵母:協会9号系   酸度:2.3


「龍力」の過去の記事
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦」
 (↑2011年11月2009年05月01月2007年11月
   2006年10月08月2005年10月2004年10月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦 夏にごり」
 (↑2010年07月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田穂」(2008年10月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 神力」(2008年08月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 雄町」
 (↑2011年12月2008年05月2007年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 山田錦 限定直詰無濾過生 きもと仕込み」
 (↑2008年05月
「龍力 特別純米しぼりたて 山田錦 活性にごり酒」(2008年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 雄町 活性にごり酒」(2010年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 雄町 無濾過生原酒」(2011年06月
「龍力 生もと仕込み 特別純米」(2011年01月
「龍力 純米しぼりたて」(2007年02月
「龍力 特別本醸造 蔵出し生酒」(2007年12月
「龍力 純米大吟醸 米のささやき 米優雅」(2004年12月
「龍力 特別純米 熟成雄町 1999年醸造 貯蔵タンク142号」
 (↑2009年10月
「龍力」各種試飲(2004年10月

rain_of_tears at 08:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年02月17日

いづみ橋 赤とんぼ 山廃純米 無濾過生原酒 亀の尾/神力3

いづみ橋 赤とんぼ 亀の尾 浦和駅西口の「和浦酒場 弐(二号店)」にて飲む。

 ワンテンポ遅ればせながら、二号店の“板長”和くんの誕生日をお祝いするために訪れる。

 久しぶりの二号店で待ち受けていたのは、「いづみ橋 赤とんぼ」シリーズの、亀の尾バージョンと神力バージョン。

 つい先日までは、山田錦バージョンもあったらしい。

 これは熱い! 飲みくらべたい!

いづみ橋 赤とんぼ 神力 ということで、どちらも燗でいただきます。

 まずは、少しピンク色がかったラベルの、亀の尾バージョンから。 竹皮のような香りが、ドライな飲み口を想像させる。

 うわあ、いかにも「いづみ橋」の新酒・生酒らしい、若々しく硬い飲み口。 ほろ苦い風味が一貫していて、ほっそりとしたイメージ。

 今ままでに飲んできたなかで、もっとも「いづみ橋」の個性を際立たせているお酒だと思った。

 次は、黄色がかったラベルの、神力バージョン。

 こちらも「いづみ橋」らしい、ほろ苦い風味は同様。 ただ、こちらのお酒には、スルリとなめらかな飲み口と、メロンを思わせる香りと甘味が加わっている。

 この神力バージョンのほうが若いはずなのに、やさしい香味の広がりがある。 これは、お米のちがいによるところが大きいのかな。

 楽しく有意義な飲みくらべでした。


「いづみ橋 赤とんぼ 4号 山廃純米 無濾過生原酒 亀の尾」
【神奈川県海老名市 泉橋酒造】 純米酒(山廃、無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+9
 原料米:亀の尾(海老名市、泉橋酒造自営田産)
 精米歩合:(麹米)55%、(掛米)65% [ともに自社で扁平精米]
 酵母:協会9号   酸度:1.8
 上槽:2011年01月

「いづみ橋 赤とんぼ 5号 山廃純米 無濾過生原酒 神力」
【神奈川県海老名市 泉橋酒造】 純米酒(山廃、無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円
 アルコール度数:18.5
 原料米:神力(座間市産)
 精米歩合:(麹米)50%、(掛米)65% [ともに自社で扁平精米]
 上槽:2011年02月


「いづみ橋」の過去の記事
【赤ラベル純米】
「いづみ橋 恵 赤ラベル 純米無濾過生原酒」
 (↑2009年04月2004年10月
「いづみ橋 赤とんぼ 純米無濾過生原酒(赤ラベル)」(2008年01月
「いづみ橋 夏ヤゴ 純米無濾過生原酒(赤ラベル)」(2007年09月

【青ラベル純米吟醸】
「いづみ橋 恵 青ラベル 純米吟醸無濾過」(2004年12月
「いづみ橋 とんぼの越冬卵と雪だるまラベル 粉雪 しぼりたて純米生原酒」(2011年01月

【低精白純米】
「いづみ橋 恵 海老名耕地80」(2005年07月03月

【山廃タイプ】
「いづみ橋 赤とんぼ 山廃 純米無濾過生原酒」(2007年03月
「いづみ橋 山廃純米 ひやおろし」(2006年09月
「いづみ橋 秋とんぼ 山廃 雄町」(2008年10月

「いづみ橋 茜 亀の尾 純米酒」(2008年11月
「いづみ橋 晴瑠野(ハレルヤ) 雄町」(2005年03月
「いづみ橋 赤とんぼ 純米無濾過生原酒 神力」(2010年04月
「いづみ橋 神力 無濾過辛口純米酒」(2006年09月
「いづみ橋 7種類試飲」(2004年10月

rain_of_tears at 17:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年12月05日

富成喜 生もと造り 神力米 純米原酒 ひやおろし2

富成喜 生もと 池袋西武で試飲・購入。

 「北の庄」「富成喜」は、水の魅力を伝える非常に軽い酒質。

 山形米沢の「香梅」にも通ずるこの軽さは、並大抵の軽さではない。

 今回購入した「富成喜 生もと」は、この蔵の商品では味を出しているほう。 生もとは2008年秋から始めたとのことで、今回のお酒は2シーズン目の造りだ。

 ほんのりと色づいていて、おいしそう。

 ヨーグルト様のやさしい香りが、いかにも乳酸菌を利用した生もと造りらしい。 ミネラル・苦味を想起させる香りに、豆腐・ウエハースのような雰囲気もあって、軽い熟成感がある。

 ミネラル・苦味を主体にスルリと流れる、非常に軽い味わい。

 重心が低く硬質なイメージで、幅・奥行き・高まりといった立体的なふくらみを見せず、不思議なほど求心的にまとまって流れてゆく。

 温めると、「こんなに酸っぱいお酒だったのか」と驚くほどの酸味が現れて、雰囲気がガラリと変わる。 もちろん、それでも旨味や力強さとは縁遠く、あくまでも軽い。

 余韻に、生もと・山廃にありがちなモワッと感が残る。 この余韻は好き嫌いが分かれそうだけれど、よっしんにとっては好みの系統。

 味は軽いのに、余韻はずいぶんと豊か。 これに似たお酒をさがすのは難しいなあと思うほど、個性的だ。


【福井県福井市 舟木酒造】 純米酒(生もと、生詰、原酒)
 720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:17.4   日本酒度:+8
 原料米:神力   精米歩合:60%
 酸度:1.7   アミノ酸度:1.6


「北の庄」「富成喜」の過去の記事
「北の庄 富成喜 純米無濾過原酒 生貯蔵」(2006年04月

rain_of_tears at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年04月11日

いづみ橋 赤とんぼラベル5号 純米無濾過生原酒 神力3

いづみ橋 赤トンボ 神力 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 「秋鹿 霙もよう」の次は「いづみ橋 赤とんぼ 神力」。

 開栓して数日経過しているので、酒質は安定しているもよう。 安心して高めの温度まで上げられます。

 ということで、熱めの燗でいただきます。

 この蔵らしい、苦味を想起させるさわやかな若草の香り。 麹の甘い香りがひそんでいて、生酒の要素も感じられる。

 口当たりからシャープでドライ。 甘味を切ったクリアな飲み口の中に、一貫した苦味が走り抜ける。

 おだやかな旨味がふくらんで、強めの酸がサッと押し流す。 非常に鋭くとぎすまされた印象のお酒で、いかにも「いづみ橋」らしい。

 刺激的・個性的で、好き嫌いがはっきり分かれそうなお酒。 ただ、飲み重ねてゆくと、徐々にやさしい甘味の存在に気づけるようになる。

 「見た目は怖いけれど、接してみると実はやさしい頑固親父」のイメージ。 そんな人、そんなお酒は、好きだなあ。


【神奈川県海老名市 泉橋酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+11
 原料米:神力(神奈川県座間市産)
 精米歩合:(麹米)50%、(掛米)65%
 酵母:協会9号   酸度:1.7


「いづみ橋」の過去の記事
「いづみ橋 恵 赤ラベル 純米無濾過生原酒」
 (↑2009年04月2004年10月
「いづみ橋 赤とんぼ 純米無濾過生原酒(赤ラベル)」(2008年01月
「いづみ橋 夏ヤゴ 純米無濾過生原酒(赤ラベル)」(2007年09月
「いづみ橋 恵 青ラベル 純米吟醸無濾過」(2004年12月
「いづみ橋 恵 海老名耕地80」(2005年07月03月
「いづみ橋 茜 亀の尾 純米酒」(2008年11月
「いづみ橋 赤とんぼ 山廃 純米無濾過生原酒」(2007年03月
「いづみ橋 山廃純米 ひやおろし」(2006年09月
「いづみ橋 秋とんぼ 山廃 雄町」(2008年10月
「いづみ橋 晴瑠野(ハレルヤ) 雄町」(2005年03月
「いづみ橋 神力 無濾過辛口純米酒」(2006年09月
「いづみ橋 7種類試飲」(2004年10月

rain_of_tears at 20:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月26日

悦凱陣 純米無濾過生原酒 丸尾神力 H17BY3

悦凱陣 神力 京都二条東洞院の「酒BAR よらむ」にて飲む。

 広島「竹鶴 生もと」、香川「悦凱陣 神力」、千葉「香取 90生」のパワフル熟成酒セットの2つめ。

 4年の常温熟成を経て、「悦凱陣」特有のとろみがさらに増している。

 熟成香や甘味が印象的だが、底流にある上質な苦味は健在。 強い酸とあいまってシャープな印象をつくっている。

 濃厚なのにシャープ。 このぜいたくな味の集合が「悦凱陣」の魅力だ。

 ただ、酸と苦味が前面に出る「悦凱陣」らしさが薄れてしまっているのが、少しもったいないなあとも思った。


【香川県仲多度郡琴平町 丸尾本店】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:−2
 原料米:神力   精米歩合:65%
 酵母:協会9号   酸度:2.6


「悦凱陣」の過去の記事
「悦凱陣 純米無濾過生原酒 丸尾神力」
 (↑2005年07月04月2003年11月
「悦凱陣 山廃 純米無濾過生原酒 赤磐雄町」(2005年11月
「悦凱陣 純米無濾過生原酒 さぬきよいまい」(2007年03月
「悦凱陣 純米吟醸 無濾過生原酒 五百万石」(2007年05月
「悦凱陣 手造り純米酒 オオセト」(2004年11月
「悦凱陣 純米吟醸 興」(2007年01月
「悦凱陣 手造り本醸造」(2004年02月

rain_of_tears at 21:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年08月13日

龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 神力4

龍力 神力 つづいては「龍力 神力」。

 こちらもまた池袋西武で購入後、常温で熟成させておいた。

 「龍力」は、山田錦雄町山田穂と神力、4種類のお米でそれぞれ特別純米無濾過生原酒を発売している。

 お米がちがうと味わいもずいぶんちがうから、飲みくらべてみるとおもしろい。

 今回は神力を使ったバージョン。

 神力といえば、明治時代に在来種より選抜された、現存最古のイネ品種のひとつ。 愛国、旭、亀の尾とならぶ戦前の主要品種だったが、神力もご多分にもれず姿を消していった

神力翁 神力のふるさと、御津町中島村(現、たつの市)で1994年にふたたび栽培開始。

 この神力で醸したのが、このお酒とのこと。

 裏ラベルには神力の発見・選抜者、「神力翁」丸尾重次郎氏の写真もある。

 丸尾さんが発見した神力。 な〜るほど。 だから「悦凱陣 丸尾神力」なんて言い方があるんだ。


 さてさて開栓。 熟したメロンのような香りが、濃密な「龍力」の特徴。 生で熟成した、木を思わせる香りもすこし出てきた。

 トロリと甘味のある口当たりで、はじめからボリューム全開!

 毎回のことながら、想像していたよりも濃い。 豊かな甘味、迫力ある旨味、力強い酸。 なかなか他の蔵では出会えない濃厚さだ。

 これはうまいねー。 久しぶりのパワーに感動した。


【兵庫県姫路市 本田商店】 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+3
 原料米:神力(兵庫県たつの市御津町産)   精米歩合:65%
 酵母:協会9号   酸度:1.8   アミノ酸度:1.7

rain_of_tears at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年04月14日

春鹿 山廃純米超辛口 鬼斬2

春鹿 鬼斬 池袋東武にて試飲・購入。 久しぶりに東武に春鹿が来た。 2004年以来蔵には行っていないので、今年の秋〜冬あたりにまた行けるといいなあと思う。

 春鹿。 よっしんが「濃醇な純米酒」路線を歩む後押しをしてくれた蔵だ(起源は高知の「無手無冠」)。

 きっかけとなった「山廃純米生原酒」の製造をやめてしまったのは残念だが、高品質なお酒を醸し続けていることに変わりはない。

 さて、大好きな「山廃純米生原酒」の代わりに登場したお酒が、この「山廃純米超辛口」。 大ヒットした蔵の看板商品「純米超辛口」の弟分にあたるお酒だ。

 モワッとした香りに、いかにも山廃仕込みの熟成酒らしさを感じる。 ドライなタッチながら原酒らしいボリュームを感じ、中心的存在の酸が走り抜ける。 後口でサッと引いてゆくところが「超辛口」らしく、後口重視のよっしんからすると少し物足りない。

 しかし、決して淡麗な薄っ辛いだけのお酒ではない。 石川の菊姫や「天狗舞」、「常きげん」などの重厚な山廃の風味が「好き」または「好みのだがやや重い」と感じる人には、ピッタリのお酒だと思う。


【奈良県奈良市 今西清兵衛商店】 純米酒(山廃、原酒)
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1400(1470)
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+13
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)神力   精米歩合:58%
 酵母:協会901号系(春鹿4号・5号)
 酸度:1.7   アミノ酸度:1.9

rain_of_tears at 19:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年09月21日

いづみ橋 神力 無濾過辛口純米酒2

いづみ橋 神力 池袋東武で試飲・購入。

 「いづみ橋 山廃純米 ひやおろし」とともに購入。

 「いづみ橋」が神力を使うのは今年(2005BY)が初めて。

 兵庫県原産の神力といえば、姫路の「龍力」が純米無濾過生原酒を発売している。 甘味たっぷりで独特の苦味のある風味が特徴だ。

 今回の「いづみ橋 神力」も同様に、熟れたメロンのような個性的な苦味がある。

 しかし、甘味は極力おさえ、すっきりドライな飲み口に仕上げいているところは、やはり「いづみ橋」の個性が出ている。

 奥行きの山田錦、そして口当りのインパクトの神力。 それぞれのお米の違いが味わえた2種類だった。


【神奈川県海老名市 泉橋酒造】 純米酒
 1800ml:3220(3380)円   720ml:1610(1690)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+9
 原料米:神力(神奈川県産)   精米歩合:(麹)50%、(掛)65%
 酵母:協会7号   酸度:1.9

rain_of_tears at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年07月27日

悦凱陣 純米無濾過生原酒 丸尾神力5

悦凱陣 神力 今日は「悦凱陣 丸尾神力」を飲んだ。

 とろろ蕎麦、掻揚げ、枝豆豆腐と合わせる。

 フレッシュなリンゴ様の香りに、豊かな米のやさしい甘味が立ち上がる。 後味には塩気を帯びた苦味が顔を出して、スッキリ感は抜群。

 苦味は大切。 グレープフルーツやレモンは、苦味があるから甘さよりスッキリ感が引き立つ。

 ボリューム満点のお酒で、まさに濃醇旨口。 そして爽快。

 たしかに味わいはしっかりしているが、「悦凱陣 丸尾神力」のサラリとした後口の軽さも特筆ものだ。

 お酒の「日本酒度」が甘辛を表すと妄信していると、このお酒(日本酒度+11)の持つ、まろやかなお米の旨味に驚くかもしれない。

 甘味と旨味はちがう、ということがよくわかるお酒。


【香川県仲多度郡琴平町 丸尾本店】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+11
 原料米:神力   精米歩合:65%
 使用酵母:901号酵母   酸度:2.0

rain_of_tears at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年04月30日

悦凱陣 純米無濾過生原酒 丸尾神力 2003BY5

悦凱陣 神力 大阪の「山中酒の店」で試飲・購入。

 お店に残っていた最後の1本をゲット。 2003年の秋にヨラムさんのお店で飲んで以来、ひさしぶりに飲む。

 リンゴのようなフレッシュな香りがある。 2003BYなので約1年熟成だが、それでもまだお酒が若く、渋味くて固い印象。

 はじめは豊かな甘味が感じられ、後に旨味がふくらみ、最後は苦味で締める。 クリアな酒質だがボリュームがあり、口当たりから余韻までの味わいの変化が大きく個性的なお酒。

 開栓して常温で1週間置いたところ、おどろくほど味が開いて濃厚・濃醇な飲み口になった。 このお酒は開栓直後に飲んだらもったいない。


【香川県仲多度郡琴平町 丸尾本店】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+10
 原料米:神力   精米歩合:65%
 酵母:協会9号   酸度:1.7

rain_of_tears at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2003年11月14日

悦凱陣 純米無濾過生原酒 丸尾神力5

 偶然知るにいたった京都二条東洞院の「酒BAR よらむ」にて飲む。

 今まで出会ったことのない、多くのお酒にめぐり会えた。

 店主はイスラエル出身のヨラムさん。 日本語も英語も話せるので、お酒好きの日本人だけでなく、初めて日本酒を飲むという外国の方々も訪れる。 ヨラムさんのお酒に対するこだわりはおどろくほど。

 常時50種類以上の、ヨラムさん自らの舌で選んだ純米酒がそろう。

 好みや気分を伝えると、ヨラムさんにお酒を何種類か選んでもらえるので、日本酒になじみのない人にも心強い。

 質問をすれば、お酒について一つ一つ製法・味わいの特徴を説明してもらえるので、自分で選ぶときにも参考になる。

 グラス(50〜60ml)で注文できるので、少量ずつ何種類ものお酒にチャレンジすることができる。

 まずは香川の「悦凱陣」から。 神力をつかった純米酒で、果実のような口当たりから、やがてさわやかな甘味、力強い酸味に変化する。 塩気・ミネラルを想起させる、スッキリとした苦味も印象的。

 濃醇・濃厚なお酒で、なおかつ爽快感がある。 余韻も豊かで、飲みごたえのあるお酒だった。


【香川県仲多度郡琴平町 丸尾本店】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+11
 原料米:神力   精米歩合:65%
 使用酵母:協会901号   酸度:2.0

rain_of_tears at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数