純米大吟醸

2014年12月31日

楯野川 純米大吟醸 初槽 生3

楯野川 純米大吟醸 初槽 生 池袋西武で見かけて購入。 大みそかに祖父母の家に集まって飲む。

 池袋西武の季節のお酒コーナーには、しぼりたてのお酒が20種類ほど集まっていました。

 魅力的なお酒たちの中でもっとも気になったのが、山形の「楯野川 純米大吟醸 初槽」。

 シーズンで最初にしぼられるお酒。 「楯野川」ファンとしては、このチャンスは逃せません。


 冷温でいただきます。

 梨を思わせるフレッシュな吟醸香が特徴的。

 みずみずしい酸味が中心となった、幅・奥行きを感じる味わい。 上品で飲みやすい第一印象ながら、起伏にも富んでいて、飲みごたえがある。


 さわやかさと味わい深さを兼備した、「楯野川」らしいお酒。



【山形県酒田市 楯の川酒造】 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3,100(税込3,348)円   720ml:1,650(税込1,782)円
 アルコール度数:16.5%   日本酒度:+2
 原料米:美山錦(山形県庄内産)   精米歩合:50%
 酵母:山形KA   酸度:1.5   アミノ酸度:1.0


「楯野川」の過去の記事
「楯野川 中取り 純米大吟醸 無濾過生原酒 美山錦」
 (↑2012年01月2011年12月2010年12月
「楯野川 純米大吟醸 中取り 美山錦」(2012年04月
「楯野川 中取り純米 美山錦」
 (↑2008年10月2007年11月2006年08月
「楯野川 激流 純米大吟醸 無濾過生原酒 山田錦」(2012年06月
「楯野川 風流 おりがらみ 純米大吟醸 無濾過生原酒 出羽燦々」
 (↑2012年04月
「楯野川 主流 純米大吟醸」(2013年12月
「楯野川 中取り純米 出羽燦々」(2006年08月
「楯の川(楯野川) 特別純米酒」(2010年08月
「楯野川 清流 吟醸仕込」(2010年01月

 「楯野川」楯の川酒造は、年間製造300石という小規模蔵。
 すべての原料米を手洗いし、麹米の全量を麹蓋で少量ずつ丁寧に管理し、全量無濾過、そして全量ビン火入れ・ビン貯蔵というこだわりを徹底している。
 さらには、2010BYから、全量が純米大吟醸となった。 品質にこだわってきた蔵が、さらなる進化を目指す。


rain_of_tears at 18:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月29日

やまとしずく 純米大吟醸 雫取り生原酒

 ちょうど2年ぶりに訪れた、銀座の「和酒バー 庫裏」にて飲む。

 地元農家と契約栽培したお米で醸す「やまとしずく」シリーズの最高峰。

 鑑評会に出品する用のお酒。

 家で日常的に飲むための価格・味わいのお酒ではないので、日本酒バーで少量試す程度が良いですね。


 ということで、冷温でいただきます。

 吟醸香が非常に華やか。 酸味を想起させる果実様の香りではなく、花のような香り。

 味わいはおどろくほど薄く、まるで水のよう。 香りが強く、味がないという点では焼酎のようなバランス。


 意外と、蒸留酒好きに受け入れられる可能性があるのかもしれません。



【秋田県大仙市 刈穂酒造 販売元:秋田清酒】 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 720ml:2,800(税込3,024)円
 アルコール度数:17.1%   日本酒度:±0
 原料米:秋田酒こまち   精米歩合:40%
 酵母:協会1801号   酸度:1.4   アミノ酸度:0.9


「刈穂」「やまとしずく」の過去の記事
「刈穂 山廃純米酒 超辛口」(2011年04月2009年02月
「刈穂 山廃純米生原酒 番外品」(2008年03月
「刈穂 山廃自然米酒 陸羽132号」(2005年10月2004年11月
「刈穂 山廃純米生原酒 Y2 60-NO.12」(2004年10月
「刈穂 碇星 山廃純米吟醸」(2004年05月
「刈穂 9種類試飲」(2004年10月
「やまとしずく 山廃純米」(2004年02月

rain_of_tears at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

陸奥八仙 純米大吟醸 華想い2

 ちょうど2年ぶりに訪れた、銀座の「和酒バー 庫裏」にて飲む。

 「陸奥八仙」の純米大吟醸を飲むのは初めて。


 冷温でいただきいます。

 リンゴ様の香りが華やか。 ボリュームは淡麗ながら、含み香が広がって立体的なイメージ。

 キレイな酸がアクセントとなって、個性・楽しさを演出する。

 香りだけにならない、味も意識した大吟醸。



【青森県八戸市 八戸酒造】 純米大吟醸
 1800ml:6,000(税込6,480)円   720ml:3,000(税込3,240)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:-2
 原料米:華想い(青森県産)   精米歩合:40%
 酵母:まほろば吟酵母   酸度:1.6


「陸奥八仙」の過去の記事
「陸奥八仙 黒ラベル 純米吟醸 無濾過生原酒 直汲み」
 (↑2012年04月
「陸奥八仙 黒ラベル 純米吟醸」(2013年08月
「陸奥八仙 赤ラベル 特別純米 無濾過生原酒」(2012年12月
「陸奥八仙 青ラベル 特別純米 無濾過生原酒 ふなざけ」
 (↑2013年01月2012年12月
「陸奥八仙 どぶろっく」(2012年12月
「陸奥八仙 prototype 2013 試験醸造酒」(2013年07月

rain_of_tears at 18:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月05日

酔鯨 純米大吟醸 旭友2

酔鯨 純米大吟醸 旭友 いただきもの。

 よっしん父が愛飲してきた高知の「酔鯨」は、よっしんが人生で初めて飲んだ日本酒。

 今まで飲んできた900近くの酒蔵・銘柄のなかでも、特別な存在です。


 今回の「酔鯨 純米大吟醸 旭友」は、蔵の豊かなラインナップの中でも高級酒のひとつ。

 試飲販売でしか体験したことがなかった、家でじっくり飲むのは初めてというお酒。


 では、冷温でいただきます。 メロン・柑橘系の酸味を想起させる吟醸香が上品。

 しっとりとした、きめ細やかな口当たりで、雑味のないクリアな酒質。

 お米をぜいたくに磨いたお酒だけあって、ふくらみに欠けるものの、華美ではなくおだやかな旨味が息づいている。

 幅を感じさせながらも甘味を排した飲み口と、味切れの良さがこの蔵らしい魅力。



 ひと口だけで辟易してしまう香り酒とは一線を画した、次のひと口を誘う純米大吟醸。



【高知県高知市 酔鯨酒造】 純米吟醸
 1800ml:5,300(5,724)円   500ml:2,510(2,711)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+6.5
 原料米:八反錦(広島県産)   精米歩合:40%
 酵母:熊本酵母   酸度:1.55   アミノ酸度:1.15


「酔鯨」の過去の記事
「酔鯨 吟寿 純米吟醸」(2006年11月
「酔鯨 吟寿 うすにごり 純米吟醸無濾過生原酒」
 (↑2009年06月2003年11月
「酔鯨 吟寿 純米吟醸 生」(2008年09月
「酔鯨 吟麗 純米吟醸」(2007年10月2004年03月
「酔鯨 吟麗 純米吟醸 未濾過すっぴん」
 (↑2011年02月2006年05月
「酔鯨 吟麗 にごり酒 純米吟醸無濾過生原酒」(2009年08月
「酔鯨 吟麗 純米吟醸 しぼりたて(五百万石)」(2011年01月
「酔鯨 純米吟醸 鯨海酔侯 土佐錦」(2012年05月
「酔鯨 純米吟醸 備前雄町」(2010年08月
「酔鯨 山内家ゆかりの酒 純米酒」(2006年05月
「酔鯨 特別純米酒」(2004年01月2003年10月

rain_of_tears at 19:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月04日

東洋美人 原点 愛山2

東洋美人 原点 愛山 池袋東口の日本酒バー「希紡庵」にて飲む。

 2013年7月28日。

 記録的豪雨がもたらした濁流が、「東洋美人」澄川酒造場を襲いました。

 人的被害がなかったことは不幸中の幸いだったものの、蔵の被害は甚大。

 その痛ましい災害を知った各地からの応援・協力を受け、蔵は奇跡的なスピードで年内に復興。


 そんな感謝の思いと新たな決意を示したお酒が、「東洋美人 原点」。

 では、冷温でいただきます。

 メロン様の吟醸香がさわやか。 薄めの酒質ながら、やさしい甘味、ささやかな酸味が明るく彩る。


 今まで飲んできた「東洋美人」のイメージのとおり。 今年も健在!

 そう思うと同時に、毎年仕込めることの貴重さと、(ほぼ)毎日飲めるありがたさをかみしめるのでした。



【山口県萩市 澄川酒造場】 純米大吟醸(無濾過、生詰)
 1800ml:3,000(税込3,240)円
 アルコール度数:16.5%
 原料米:愛山   精米歩合:50%


「東洋美人」の過去の記事
「東洋美人 純米吟醸 山田錦」(2011年05月
「東洋美人 純米吟醸生 雄町」(2007年12月
「東洋美人 純米吟醸 西都の雫」(2009年04月
「東洋美人 純米吟醸 無濾過生詰 愛山」
 (↑2006年11月2004年11月
「東洋美人 純米吟醸 レトロ」(2010年12月09月

rain_of_tears at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年09月23日

富翁 京のはないちりん 大吟醸純米 (吟麗)

富翁 大吟醸純米 京のはないちりん 京都旅行のおみやげとしていただく。

 ありがとうございます!

 「京のはないちりん」という商品名のとおり、一輪挿しとしても使えそうなおしゃれなビン。

 中身は、蔵の通常商品にして看板商品である「富翁 大吟醸純米 吟麗」とのこと。


 では、常温でいただきます。

 甘味少なめのメロンのような香りに、アルコールの揮発も感じられる。

 しっとりとなめらかな口当たりで、アルコールらしさの後にさりげない酸味が現れる。 甘さひかえめの落ち着いた飲み口で、淡麗な酒質。


 後口の味切れにいたるまでアルコールの存在を感じる点で、一貫性はあるものの、一本調子な面もある。 個人的には飲みづらいタイプ。

 こういうお酒によく出会うということは、需要がある、つまり淡麗好きの人が多いということですね。



【京都府京都市伏見区 北川本家】 純米大吟醸酒
 1800ml:3,000(3,240)円   720ml:1,500(1,620)円
 300ml:510(551)円   180ml:500円(540)円
 アルコール度数:15.5%   日本酒度:+3
 精米歩合:49%   酸度:1.2

rain_of_tears at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年09月17日

醸し人九平次 純米大吟醸 無濾過割水黒2

醸し人九平次、無濾過割水黒 池袋東口の「裏や」にて飲む。

 千駄木の酒販店「伊勢五本店」との限定コラボレーション商品とのこと。

 量的にだったり、質的にだったり。 今夜はめずらしいお酒に出会えます。

 華やかな岐阜「房島屋」、みずみずしい長野「川中島」、力強い茨城「百歳」に続いて、さわやかな愛知「醸し人九平次」。

 バラエティに富んだ日本酒メニューは、さすが「裏や」です。


 では、冷温でいただきます。

 メロン・梨のような、さわやかな酸味と苦味を想起させる香り。

 水の良さを感じるクリアな口当たりで、やさしい甘味・酸味・苦味が調和したさわやかな味わい。



 弱めのボリュームながら、香味のバランスは秀逸。

 日本酒を飲み慣れていない人にとって、日本酒にハマるきっかけとなるかもしれない逸品です。



【愛知県名古屋市緑区 萬乗醸造】 純米大吟醸(無濾過)
 アルコール度数:14.5%
 原料米:山田錦   精米歩合:50%


「醸し人九平次」の過去の記事
「醸し人九平次 純米吟醸 雄町」(2007年12月
「醸し人九平次 純米吟醸 山田錦」
 (↑2006年07月2005年12月2004年06月
「醸し人九平次 純米吟醸 五百万石」(2006年07月
「醸し人九平次 純米吟醸 ポンヌフ(Pont Neuf)」(2012年10月
「醸し人九平次 吟醸 うすにごり生」(2010年03月

rain_of_tears at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年08月02日

まんさくの花 亀寿 純米大吟醸 無濾過生 亀の尾仕込3

まんさくの花、亀寿純米大吟醸無濾過生2014 池袋西武で見かけて購入。

 10年前に初めて飲んだ「まんさくの花 亀寿」。

 その味は今でもおぼえているけれど、ずいぶん長い間飲んでいなかったなあ。

 ひさしぶりに飲もう! ということで奮発して購入。

 数年前に純米吟醸から純米大吟醸へと名称を変えたものの、造りの規格は以前とほぼ同じようです。


 冷温でいただきます。

 みずみずしい甘味・酸味を想起させる、リンゴ様の華やかな吟醸香が広がる。

 生酒らしいなめらかな口当たりと親和して、甘味がスルリと流れこむ。 そして、上品な旨味・酸味が続き、さわやかな苦味が締める。

 余韻にワラのようなドライな雰囲気をまとうところは、この蔵らしい演出。

 お米を磨いたぶん味が薄くなってしまった大吟醸が多いなか、いろいろな味の要素を残していて、飲みごたえがある。



 見せ場は香りだけではない。 みずみずしく甘酸っぱい、飲んで楽しい純米大吟醸です。

 唯一の難点は、希少なお米をぜいたくに磨いたお酒ゆえ、けっして日常・晩酌用のお酒ではないということでしょうか。

 もっとも、奮発して納得の、すばらしいコストパフォーマンスです。



【秋田県横手市増田町 日の丸醸造】 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3,880(4,190)円   720ml:2,000(2,160)円
 アルコール度数:17.5%   日本酒度:+3.5
 原料米:亀の尾(秋田県産)   精米歩合:48%
 酵母:協会9号   酸度:1.4   アミノ酸度:0.9


「まんさくの花」「真人」の過去の記事
「真人(まなびと) 生もと純米 無濾過」
 (↑2011年09月2010年12月2009年12月2008年12月
   2007年12月09月2006年12月01月2004年07月
「真人(まなびと) 生もと純米 無濾過生詰」(2004年02月

「まんさくの花 純米吟醸」(2003年12月
「まんさくの花 純米酒 うまからまんさく 無濾過生詰」(2006年10月
「まんさくの花 純米酒」(2003年12月
「まんさくの花 純米吟醸生原酒 荒走り」(2014年06月
「まんさくの花 純米吟醸生原酒 責め取り」(2014年06月
「まんさくの花 杜氏直詰 純米吟醸生原酒 吟の精 蔵内限定」
 (↑2011年07月
「まんさくの花 杜氏直詰 純米吟醸生詰原酒 美山錦 蔵内限定」
 (↑2008年12月
「まんさくの花 杜氏直詰 純米吟醸生詰原酒 秋田酒こまち 蔵内限定」(2011年12月2005年12月
「まんさくの花 杜氏直詰 純米吟醸生詰原酒 山田錦・美山錦 蔵内限定」(2004年12月
「まんさくの花 美郷 純米吟醸 中汲み 無濾過生原酒」(2012年07月
「まんさくの花 亀寿 純米吟醸 生」(2004年03月
「まんさくの花 特別純米 無濾過生ささにごり 槽しずく」(2007年01月
「まんさくの花 大吟醸」(2013年06月
「まんさくの花 山廃純米大吟醸」(2004年12月

【亀の尾とは】
 戦前は東北を中心に日本を席巻した飯米、亀の尾。

 コシヒカリやあきたこまち、ひとめぼれなど、現代の人気品種はみな亀の尾の子孫です。

 そして、酒造にも適したという亀の尾は、美山錦や五百万石の祖先として、その影響力を残しています。

 しかし、亀の尾自身は長らく水田から姿を消し、山形「鯉川」・新潟「清泉」が昭和末期に復活栽培に成功しました。


 そんな古い品種である亀の尾は、栽培はもちろん、お酒づくりも簡単ではありません。

 「幻の米」と謳われる亀の尾ですが、一歩まちがえれば酸味・苦味ばかり目立つ単調な酒質になる危険があります。

 「亀の尾だからおいしいお酒」になるわけではなく、「亀の尾でもおいしいお酒」にできる蔵が少ない点に、注意が必要でしょう。


rain_of_tears at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年07月16日

仙禽 クラシック 中取り無濾過原酒 亀ノ尾3

仙禽 クラシック 亀ノ尾 赤羽駅西口の「日本酒BAR しじゅうごえん」にて飲む。

 甘口派のYさんに、「仙禽」をチョイス。

 Yさんは「この味、前も飲んだ気がする」とひとこと。

 先日「仙禽 亀の尾」を飲んで気に入っていたYさん。 鋭い指摘に感服しました。


 冷温でいただきます。

 芳醇でかつ水のように飲めるというコンセプトのもとに生まれた「仙禽 クラシック」シリーズは、 原酒でありながらアルコール度数が低め。

 さわやかな香りと甘酸っぱい味わいという「仙禽」の個性を保ったまま、飲みやすさも追求したお酒。


 さわやかな果実香と、クッキーのようなおだやかな香りが重なる、繊細で複雑な香り。 スルリと流れるなめらかな口当たりで、みずみずしく甘酸っぱい。

 軽快でいて、甘味・旨味・酸味・苦味の各要素を感じる豊かな味わい。


 スタートからすばらしいお酒に出会えました。



【栃木県さくら市 せんきん】 純米大吟醸(無濾過、原酒)
 1800ml:3,000(3,240)円   720ml:1,500(1,620)円
 アルコール度数:14.5%
 原料米:亀の尾(栃木県さくら市産、特等米)
 精米歩合:50%


「仙禽」の過去の記事
「仙禽 木桶仕込み 山廃純米 袋しぼり無濾過生原酒 とちぎ酒14」
 (↑2010年03月
「仙禽 木桶仕込み 山廃純米 袋しぼり無濾過生原酒 愛山」
 (↑2011年06月
「仙禽 中取り無濾過生原酒 亀ノ尾」(2014年06月
「仙禽 中取り無濾過生 雄町50 かぶとむし」(2014年06月
「仙禽 純米吟醸 無濾過生原酒 雪雫 搾りたてヌーヴォー」
 (↑2011年03月
「仙禽 純米吟醸 無濾過生原酒 初しぼり」(2012年01月
「仙禽 純米吟醸 無濾過生原酒」(2007年03月
「仙禽 山廃純米 木桶仕込み原酒」
 (↑2007年05月「日本酒大利き酒会」)
「仙禽 山廃純米吟醸 木桶仕込み原酒」
 (↑2007年05月「日本酒大利き酒会」)
「仙禽 雪だるま にごり生酒」(2012年12月

rain_of_tears at 18:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年06月11日

仙禽 雄町50 かぶとむし 中取り無濾過生3

仙禽 かぶとむし 池袋西口の日本酒バー「希紡庵」にて飲む。

 「仙禽 亀ノ尾」と飲みくらべたのは、無色透明ビンに七色のかぶとむしが描かれたお酒。

 実は、こちらも「仙禽」。


 バナナのような、甘くやわらかい香りがふんわりと広がる。

 「仙禽」らしい甘味も存在感を示すものの、鮮烈な酸を主体としたみずみずしい味わい。

 酸味・苦味に加えてミネラルも感じるスッキリとした後口は、塩気を連想するほど。


 強烈な個性を持ちつつ、アルコール度数を下げて飲みやすくしてある。

 見た目も、味わいも、夏向きのお酒。



【栃木県さくら市 せんきん】 純米大吟醸(無濾過、生)
 1800ml:2,900(3,132)円   720ml:1,450(1,566)円
 アルコール度数:15.5%
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:50%


「仙禽」の過去の記事
「仙禽 木桶仕込み 山廃純米 袋しぼり無濾過生原酒 とちぎ酒14」
 (↑2010年03月
「仙禽 木桶仕込み 山廃純米 袋しぼり無濾過生原酒 愛山」
 (↑2011年06月
「仙禽 中取り無濾過生原酒 亀ノ尾」(2014年06月
「仙禽 純米吟醸 無濾過生原酒 雪雫 搾りたてヌーヴォー」
 (↑2011年03月
「仙禽 純米吟醸 無濾過生原酒 初しぼり」(2012年01月
「仙禽 純米吟醸 無濾過生原酒」(2007年03月
「仙禽 山廃純米 木桶仕込み原酒」
 (↑2007年05月「日本酒大利き酒会」)
「仙禽 山廃純米吟醸 木桶仕込み原酒」
 (↑2007年05月「日本酒大利き酒会」)
「仙禽 雪だるま にごり生酒」(2012年12月

rain_of_tears at 20:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

仙禽 中取り無濾過生原酒 亀ノ尾(亀の尾)4

仙禽 山廃 亀の尾 池袋西口の日本酒バー「希紡庵」にて飲む。

 甘口好きのYさんのスタートは、「仙禽 亀ノ尾」。

 「仙禽」は、その豊かなラインナップに貫かれた、インパクト抜群の甘酸っぱい味わいが魅力。

 ワインに造詣が深いゆっきーをはじめ、「仙禽」がきっかけで日本酒にハマる人もいるほど。

 今回のお酒は、蔵元・杜氏の薄井さん兄弟がもっともこだわるお米で仕込んだ、蔵の看板商品。



 バナナを思わせる甘い香りに続いて、熟したメロンのようなさわやかな甘味・酸味・苦味が広がる。 単に濃厚なだけでない、洗練されたキレイな味わい。

 繊細さと豪快さが共存しているすごいお酒だなあと思って裏ラベルを見てみたら、なんと麹米の精米歩合が35%! 出品酒並みの手間暇・コストをかけたぜいたくな造りですね。


 インパクトもボリューム感も楽しめ、そして上品・軽快に切れる。

 「仙禽」らしい個性に磨きをかけた、すごいお酒。



【栃木県さくら市 せんきん】 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3,100(3,348)円   720ml:1,550(1,674)円
 アルコール度数:17.5%
 原料米:亀の尾(栃木県さくら市産、特等米)
 精米歩合:(麹米)35%、(掛米)50%


「仙禽」の過去の記事
「仙禽 木桶仕込み 山廃純米 袋しぼり無濾過生原酒 とちぎ酒14」
 (↑2010年03月
「仙禽 木桶仕込み 山廃純米 袋しぼり無濾過生原酒 愛山」
 (↑2011年06月
「仙禽 純米吟醸 無濾過生原酒 雪雫 搾りたてヌーヴォー」
 (↑2011年03月
「仙禽 純米吟醸 無濾過生原酒 初しぼり」(2012年01月
「仙禽 純米吟醸 無濾過生原酒」(2007年03月
「仙禽 山廃純米 木桶仕込み原酒」
 (↑2007年05月「日本酒大利き酒会」)
「仙禽 山廃純米吟醸 木桶仕込み原酒」
 (↑2007年05月「日本酒大利き酒会」)
「仙禽 雪だるま にごり生酒」(2012年12月

rain_of_tears at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

一ロ万(ひとろまん) 初しぼり無濾過生原酒2

花泉 一ロ万 池袋西口の日本酒バー「希紡庵」にて飲む。

 これぞ濃醇酒、という「花泉」を醸す花泉酒造。

 「花泉」とは別路線を目指した「ロ万」の最高峰となる、しぼりたてのお酒が今回の「一ロ万(ひとろまん)」。

 純米大吟醸にもち米を追加して四段仕込みにしたようなお酒とのこと。

 黒地に白い文字のラベルがカッコいい! 好みのデザインです。


 では、冷温でいただきます。

 フレッシュな吟醸香に、とろりと密度を感じる口当たり。 甘味と酸味のバランスが良く、充実の味わいが楽しめる。

 以前飲んだ「花泉 純米無濾過生原酒」ほどのボリューム感はなく、麹の風味もひかえめ。

 キレイな甘味が魅力の、上品なのに飲みごたえのあるお酒。



【福島県南会津郡南会津町 花泉酒造
 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:4,429(4,783)円   720ml:2,524(2,726)円
 アルコール度数:18.5
 原料米:(麹米)五百万石、(掛米)たかねみのり、(四段目)ヒメノモチ
 酵母:うつくしま夢酵母(F7-01)


「花泉」「ロ万」の過去の記事
「花泉 純米無濾過生原酒 上げ桶直詰め」(2011年02月

rain_of_tears at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年01月12日

雁木 純米大吟醸 スパークリング 活性にごり生原酒3

雁木 純米大吟醸 スパークリング 池袋西武で見かけて購入。

 祖父母の家にて飲む。

 新年会を兼ねた祖父の叙勲祝賀会が無事に終了。 直系の親族たち10人で急きょ打ち上げをすることに。

 いったん帰宅して、お祝いの日に合うお酒をチョイス。

 お祝いの日ということで、明るく元気なイメージの「雁木 スパークリング」。


 冷やしてから慎重に開栓して、いざ乾杯!

 軽いにごり具合で、炭酸が弾けるたびに吟醸香とお米の香りが広がる。

 この華やかな吟醸香と落ち着いたお米の香りのバランスが、純米大吟醸のにごり酒の魅力。

 炭酸の刺激を受け止めるやさしい甘味も上品。


 発泡性のにごり酒からイメージする豪快さではなく、奥ゆかしさを感じるお酒。



【山口県岩国市 八百新酒造】 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 720ml:2000(2100)円
 アルコール度数:14.5   日本酒度:−12
 原料米:山田錦(山口県産)   精米歩合:50%


「雁木」「錦乃誉」の過去の記事
「雁木 純米無濾過生原酒」(冷蔵庫常置酒。記事にする機会が少ない)
 (↑2010年09月2008年06月2007年09月2007年01月
   2006年03月2004年11月
「雁木 純米無濾過生原酒 初搾り新酒」(2012年12月
「雁木 純米無濾過生原酒 槽出あらばしり」(2006年03月
「雁木 純米無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2013年12月2012年10月2011年11月
「雁木 純米大吟醸無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」(2013年12月
「雁木 純米吟醸 無濾過 ひやおろし」(2008年09月
「雁木 純米無濾過原酒 ひやおろし」(2009年12月2007年09月
「雁木 純米無濾過 ひとつ火」(2011年04月2005年07月
「雁木 純米無濾過 西都の雫」(2013年06月2012年04月
「雁木 活性にごり 発泡純米生原酒」(2008年06月2006年06月
「雁木 スパークリング 純米吟醸 活性にごり生原酒」
 (↑2011年08月04月2009年01月
「錦乃誉 特別純米 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2008年12月、(2007年02月
「錦乃誉 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2009年06月
「錦乃誉 朝しぼり 特別純米 無濾過生原酒」(2009年03月
「錦乃誉 朝しぼり 純米大吟醸」(2008年04月
「錦乃誉 特別純米 西都の雫」(2008年10月2007年09月

rain_of_tears at 18:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年01月01日

金陵 純米大吟醸 煌(きらめき)

金陵 純米大吟醸 煌 祖父母がいただいたものとのこと。

 元日の夕飯時に、祖父母の家で飲む。

 ちょうど1年ぶりですね。


 冷温でいただきます。

 開栓した瞬間に、バナナのような甘い香りと、梨のようなみずみずしい酸味を想起させる香りが、優雅に広がる。

 キメ細かい口当たり、クリアな飲み口、静かな味わいが特徴。

 繊細で上品だと感じるか、味気ない・物足りないと感じるかは飲み手の好みしだい。



 先に飲んだ「龍力 純米吟醸」に負けてしまったので、飲む順番をまちがえてしまいました。



【香川県仲多度郡琴平町 西野金陵】 純米大吟醸
 1800ml:9700(10185)円   720ml:4850(5093)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+2.5
 原料米:山田錦   精米歩合:35%
 酵母:協会9号系   酸度:1.5


「金陵」の過去の記事
「金陵 純米大吟醸 煌(きらめき)」(2013年01月2010年01月
「金陵 本醸造 生貯蔵」(2012年12月

rain_of_tears at 19:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年12月31日

獺祭 純米大吟醸 45

獺祭 純米大吟醸45 大みそかに祖父母の家にて飲む。

 純米大吟醸だけを醸す、独自のこだわりを持つ「獺祭」。

 その人気は海外に始まり国内にも広まって、各地の百貨店で行われる試飲販売では初日に完売してしまうほど。

 しかし、冬場だけでなく1年中仕込みを行う四季醸造の蔵なので、製造量は4400石と、十分な供給が可能。

 日本酒に親しみのない方たちへ話題を提供し、日本酒の世界への入口の1つとして活躍中です。



 この「獺祭 純米大吟醸45」は、精米歩合50%の純米大吟醸と、精米歩合39%の純米大吟醸を1対1の割合でブレンドしたお酒とのこと。

 (50+39)÷2=44.5≒45

 なるほど。


 冷温でいただきます。

 酸味を想起させるような果実香ではなく、イチゴのような、落ち着いた植物的な香り。

 クリアでややドライな酒質だからこそ、さりげない酸味や上品な苦味、アルコールの刺激がはっきりと感じ取れる。


 多くの人が「飲みやすい」と感じるお酒。

 ただ、この「飲みやすい」が「味気ない」につながる危険性がある。

 そのため、熱狂的ファンに支えられるお酒というより、あくまで入口・入門編という位置づけのお酒なのかもしれない。



【山口県岩国市周東町獺越 旭酒造】 純米大吟醸
 1800ml:3800(3990)円   720ml:1900(1995)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+5
 原料米:山田錦   精米歩合:50%、39%
 酸度:1.5


「獺祭(だっさい)」の過去の記事
「獺祭 三割九分 発泡にごり スパークリング」(2006年11月
「獺祭 純米大吟醸50」(2011年01月
「獺祭 温め酒50」(2003年11月

rain_of_tears at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年12月15日

雁木 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟 (純米酒/純米大吟醸)5

雁木 純米無濾過生原酒 おりがらみ秋熟雁木 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ秋熟 池袋東武で試飲・購入。

 今日は父の誕生日。

 父子ともに大好きな「雁木」を開栓。

 季節限定酒の飲みくらべです。


 そういえば、2人の「雁木」との出会いは、2004年11月の京都、ヨラムさんのお店。

 あれから9年が経ったのか。 と、しみじみ回想する。

 2人とも、この9年間でお酒の味わいの許容範囲が広がってきた。 2人とも、少し丸くなりましたね。


 今回の「雁木」2種類は、約1年の熟成を経て少し丸くなったお酒。

 とはいえ、「雁木」らしいヤンチャさは健在。


 まずは純米酒バージョンを冷温でいただきます。

 ひとことで言えば濃醇!

 ひかえめながら、麹の香りがさわやか。 ヨーグルト様の乳酸の風味が主体で、豊かな甘味と旨味、強烈な酸味が凝縮されている。

 このボリューム感とさわやかさに、2人とも満足!



 次に純米大吟醸バージョンを冷温でいただきます。

 ハーブ・青竹を思わせるドライなイメージの吟醸香に、麹の香りが重なる。

 純米酒バージョンよりも洗練されて、ほっそりとした印象ながら、純米大吟醸らしからぬ豪快さが魅力。

 ぜい肉をそぎ落としながらも、筋肉質なイメージ。 上品な含み香の底流には、力強い酸味、さわやかな苦味が活きている。

 好バランスで飲みごたえのある純米大吟醸。



【山口県岩国市 八百新酒造
「雁木 純米無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2650(2782)円   720ml:1380(1449)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3.5
 原料米:山田錦(山口県産)   精米歩合:60%
 酵母:山口酵母9H   酸度:1.8

「雁木 純米大吟醸無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 500ml:1500(1575)円
 アルコール度数:16.9   日本酒度:+4
 原料米:山田錦   精米歩合:45%
 酸度:2.0


「雁木」「錦乃誉」の過去の記事
「雁木 純米無濾過生原酒」(冷蔵庫常置酒。記事にする機会が少ない)
 (↑2010年09月2008年06月2007年09月2007年01月
   2006年03月2004年11月
「雁木 純米無濾過生原酒 初搾り新酒」(2012年12月
「雁木 純米無濾過生原酒 槽出あらばしり」(2006年03月
「雁木 純米無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2012年10月2011年11月
「雁木 純米吟醸 無濾過 ひやおろし」(2008年09月
「雁木 純米無濾過原酒 ひやおろし」(2009年12月2007年09月
「雁木 純米無濾過 ひとつ火」(2011年04月2005年07月
「雁木 純米無濾過 西都の雫」(2013年06月2012年04月
「雁木 活性にごり 発泡純米生原酒」(2008年06月2006年06月
「雁木 スパークリング 純米吟醸 活性にごり生原酒」
 (↑2011年08月04月2009年01月
「錦乃誉 特別純米 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2008年12月、(2007年02月
「錦乃誉 純米大吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ 秋熟」
 (↑2009年06月
「錦乃誉 朝しぼり 特別純米 無濾過生原酒」(2009年03月
「錦乃誉 朝しぼり 純米大吟醸」(2008年04月
「錦乃誉 特別純米 西都の雫」(2008年10月2007年09月

rain_of_tears at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年12月12日

楯野川 主流 純米大吟醸2

楯野川 主流 東京駅地下の「はせがわ酒店 Gransta店」で見かけて購入。

 見つけたらつい飲みたくなる「楯野川」。

 清流、本流、濁流、激流など、川にちなんだ商品名も凝っていて好き。

 Xも、Xの文字を使ったイベント・商品が多かったなあ。


 おっと、話をもどそう。

 今回の「楯野川 主流」は、見るのも飲むのも初めて。

 蔵のホームページの商品紹介によると、
 近年の綺麗な味わいと華やかな香りを特徴とする吟醸系の日本酒の中で、楯野川の中心的なアイテムになるようにと「主流」と名付けました。
 酒米は山田錦、精米歩合は50%、酵母は9号系と高香気性酵母を併用し、価格は3,000円(1.8Lあたり)と、美味しい吟醸系日本酒の基本をおさえた自信の逸品で、華やかな香りと共に山田錦らしい米の旨みがバランスよく口中に広がります。
とのこと。


 無濾過のため、うっすらと色がある。 いかにも味がありそうで、おいしそうな雰囲気だなあ。

 リンゴ様のさわやかな吟醸香がふんわりと香る。 含み香とともにやさしい甘味が広がり、やわらかく展開する。



 純米酒らしさよりも、大吟醸らしさの方が全面に出た、華やかなお酒。

 華やかなタイプを好む人にピッタリ。 コストパフォーマンスも抜群です。



【山形県酒田市 楯の川酒造】 純米大吟醸(無濾過)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1600(1680)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:−1
 原料米:山田錦(兵庫県産)   精米歩合:50%
 酵母:山形KA・協会1801号
 酸度:1.6   アミノ酸度:1.1


「楯野川」の過去の記事
「楯野川 中取り 純米大吟醸 無濾過生原酒 美山錦」
 (↑2012年01月2011年12月2010年12月
「楯野川 純米大吟醸 中取り 美山錦」(2012年04月
「楯野川 中取り純米 美山錦」
 (↑2008年10月2007年11月2006年08月
「楯野川 激流 純米大吟醸 無濾過生原酒 山田錦」(2012年06月
「楯野川 風流 おりがらみ 純米大吟醸 無濾過生原酒 出羽燦々」
 (↑2012年04月
「楯野川 中取り純米 出羽燦々」(2006年08月
「楯の川(楯野川) 特別純米酒」(2010年08月
「楯野川 清流 吟醸仕込」(2010年01月

 「楯野川」楯の川酒造は、年間製造300石という小規模蔵。
 すべての原料米を手洗いし、麹米の全量を麹蓋で少量ずつ丁寧に管理し、全量無濾過、そして全量ビン火入れ・ビン貯蔵というこだわりを徹底している。
 さらには、2010BYから、全量が純米大吟醸となった。 品質にこだわってきた蔵が、さらなる進化を目指す。


rain_of_tears at 20:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年12月07日

竹林 純米大吟醸 無濾過生原酒 3年熟成2

酒茶論20131207b

 品川駅西口、ウィング高輪の長期熟成日本酒BAR「酒茶論」にて飲む。

酒茶論20131207c

 自営田で山田錦の無農薬栽培を行うなど米づくりからこだわり、熟成にも力を入れる「竹林」。

 純米大吟醸の無濾過生原酒は初めて。 一般流通していない商品らしく、データを記した裏ラベルのみ。

 ほとんど無色透明で、リンゴ様のみずみずしい吟醸香と麹の風味もフレッシュ。

 「竹林」の無濾過生原酒らしい若々しい味わいをそのまま残している。 熟成酒と名乗るには若いなあ。


 ボリューム・パンチ力に欠ける印象もあるので、濃醇な純米酒「竹林 ふかまり 瀞(とろ)」のほうが好みです。



【岡山県浅口市鴨方町 丸本酒造】 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 アルコール度数:17.8   日本酒度:+3.5
 精米歩合:50%   酸度:1.5   アミノ酸度:1.2


「竹林」の過去の記事
「竹林 ふかまり 瀞(とろ) 純米無濾過生原酒」
 (↑2010年11月2010年01月2009年06月
「竹林 かろやか 瀞(とろ) 純米吟醸 無濾過生原酒」(2009年02月
「竹林 ふかまり 純米酒」(2005年05月2004年05月

rain_of_tears at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月10日

鳥海山 純米大吟醸 無濾過生原酒3

鳥海山 純米大吟醸 無濾過生原酒 池袋西武で試飲・購入。

 地元の花火大会にて飲む。

 暑い夜、花火を見ながら冷やしたお酒でクールダウン。 夏のぜいたくなひとときです。


 華やかなでさわやかな香味の「鳥海山」は、IWCで金賞を受賞したり、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」で最高金賞を受賞したりと大好評。

 そんな「鳥海山」の無濾過生原酒バージョンは、池袋西武の限定商品。

 今まで純米吟醸だった「鳥海山」は、2012BYから純米大吟醸となった。 ただ、表記が変わっただけで、中身・値段は変わらず。

 造りも味わいも今までどおり、価格もすえ置きで、従来のファンにとってはひと安心です。



 では、冷温でいただきます。

 生酒らしい麹のフレッシュな香りがさわやかで、自宅熟成で生まれたナッツ様の香りも出てきている。

 まろやかで濃厚な口当たりで、桃のような甘味・酸味を感じさせる明るいイメージの味わい。

 さわやかで、それでいて飲みごたえもある。 香味のバランスのとれた佳酒。



【秋田県由利本荘市 天寿酒造】 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+1
 原料米:美山錦(秋田県産、天寿酒米研究会による栽培)
 精米歩合:50%   酵母:ND-4酵母(ナデシコ分離)
 酸度:1.5   アミノ酸度:1.0


「鳥海山」「天寿」の過去の記事
「鳥海山 純米大吟醸 無濾過生原酒」(2013年06月
「鳥海山 純米吟醸 無濾過生原酒」
 (↑2011年10月2010年02月2009年06月01月2008年06月
「鳥海山 純米吟醸」(2007年02月2005年12月
「天寿 米から育てた純米酒 美山錦 ひやおろし」(2011年01月
「天寿 なでしこ純米」(2011年01月

「日本酒天国2008 東京大試飲会 at 新宿京王プラザホテル」で試飲
「天寿 純米吟醸 無農薬米仕込み」(2008年10月
「天寿 米から育てた純米酒 ひやおろし」(2008年10月

rain_of_tears at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月07日

天狗舞 山廃純米大吟醸3

天狗舞 山廃純米大吟醸 池袋西武で見かけて購入。

 祖父母の家にて飲む。

 山廃を得意とすることで知られる、石川県の代表的な蔵「天狗舞」。

 そんな「天狗舞」の山廃の最高峰にあたるお酒が、この「天狗舞 山廃純米大吟醸」。

 いつ、どんなタイミングで開栓しようか。

 貴重なお酒だからこそ、もったいぶってしまってなかなか決断できません。

 ところが、よっしんのお酒ストックたちから「いつもの『天狗舞 山廃純米』だろう」という理由で持ち出される事件が発生。

 まぁ、こうしたアクシデントがなければ開栓する機会を失ったかもしれないので、結果オーライでしょう。



 蔵での熟成を経て黄金色になったお酒で、常温〜ぬる燗でその魅力を発揮する。

 まずは常温でいただきます。

 ワラのようなおだやかな香りに、かすかに山廃らしいヨーグルト様の香りがひそむ。

 甘味をおさえた、旨味のしっかりとした落ち着いた味わい。 味の切れが良く、軽やかな余韻を残すところに上品・上質なお酒の一面が見られる。

 ぬる燗にすると、お米らしい香りや旨味が引き立って、余韻も深くなる。


 現時点でも十分にすばらしい熟成具合。 ただ、さらに何年か熟成させた状態でも飲んでみたいと、ついつい欲張ってしまいます。



 石川「常きげん 山廃純米吟醸」に似た雰囲気。

 岐阜「飛騨自慢 純米大吟醸原酒」、三重「妙の華 純米大吟醸」、大阪「秋鹿 純米大吟醸 嘉村壱號田」、広島「竹鶴 純米大吟醸」にも通じるところがある、華やかさと無縁の大吟醸。



 酒蔵みずから、「熟成によるお酒の色は目も楽しませてくれます」、「35〜40度のぬる燗でもお楽しみいただけます」と自信を持つ、色・温度も楽しめる逸品。



【石川県白山市 車多酒造】 純米大吟醸(山廃)
 1800ml:5000(5250)円   720ml:2857(3000)円
 アルコール度数:16.4   日本酒度:+4
 原料米:山田錦(兵庫県特A地区産)   精米歩合:45%
 酵母:協会9号系(自社培養)   酸度:1.6


「天狗舞」の過去の記事
「天狗舞 山廃仕込純米酒」
 (↑2013年01月2012年01月2009年08月2004年09月
「天狗舞 石蔵仕込 山廃純米」(2011年03月
「天狗舞 旨醇 純米酒」(2007年03月
「天狗舞 純米カップ」(2006年06月
「天狗舞 山廃純米生原酒」(2010年05月2006年09月
「天狗舞」6種類試飲(2011年03月

rain_of_tears at 21:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年07月28日

栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 神力

栄光冨士 純米大吟醸 神力 池袋東武で試飲・購入。

 「山形の酒まつり」と銘うたれた試飲販売で、「羽前桜川」、「栄光富士」、「米鶴」(50音順)が来店。

 いろいろ試飲したなかで、もっとも個性的で好印象だったのが、この「栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 神力」。


 甘味を残して、さわやかな酸味とバランスを取った、飲みごたえのあるお酒。

 熟したメロンのような芳香と洗練された味わいに、よく磨いたお酒らしさがある。

 それでいて、1800mlが3150円、720mlが1680円(ともに消費税込)という、すばらしいコストパフォーマンス。



 それにしても、山形の酒蔵が熊本の神力を使うのはめずらしいですね。 いったい、どのような経緯が?



 と、疑問を投げかけたところ、蔵の方が教えてくださった。 なんでも、「栄光冨士」の蔵元は、熊本城を築いた加藤清正公の末裔とのこと。

 そういえば、熊本を改易となった加藤家は、庄内に移ったんでしたね。

 そんな熊本に縁のある蔵元が、熊本の篤農家とのつながりと神力を得て、今回のお酒が誕生した。

 おいしいお酒を生んだ、素敵な人と人とのつながりに感謝です。



【山形県鶴岡市大山 冨士酒造】 純米酒
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1600(1680)円
 アルコール度数:17.1   日本酒度:−5
 原料米:神力(熊本県菊池市七城町・原農場産、無肥料・無農薬栽培)
 精米歩合:50%   酵母:山形酵母
 酸度:1.4   アミノ酸度:1.3


「栄光冨士」の過去の記事
「栄光冨士 手造り純米酒 純月」(2011年04月

rain_of_tears at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年06月16日

鳥海山 純米大吟醸 無濾過生原酒3

鳥海山 純米大吟醸 無濾過生原酒 池袋西武で試飲・購入。

 父の日(6月第3日曜日)ということで、父のお気に入りのお酒「鳥海山 無濾過生原酒」を進呈・開栓。

 華やかなでさわやかな香味の「鳥海山」は、IWCで金賞を受賞したり、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」で最高金賞を受賞したりと大好評。

 そんな「鳥海山」の無濾過生原酒バージョンは、池袋西武の限定商品。


 「鳥海山」はかつて純米吟醸という表記だったところ、2012BYからは純米大吟醸となった。 ただ、表記が変わっただけとのこと。

 造りも味わいも今までどおり、価格もすえ置きで、従来のファンにとってはひと安心です。



 では、冷温でいただきます。

 生酒らしい麹のフレッシュな香りがさわやかで、桃のような甘い香りが華やか。

 まろやかな飲み口で、やさしい甘味・旨味に酸味が重なって飲みごたえがある。 インパクトのある香りに負けない、しっかりと味のあるタイプ。



 さわやかで、かつ濃厚なお酒を好む人にはピッタリのお酒。 やっぱり「鳥海山 無濾過生原酒」は良いなぁ。



【秋田県由利本荘市 天寿酒造】 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+1
 原料米:美山錦(秋田県産、天寿酒米研究会による栽培)
 精米歩合:50%   酵母:ND-4酵母(ナデシコ分離)
 酸度:1.5   アミノ酸度:1.0


「鳥海山」「天寿」の過去の記事
「鳥海山 純米吟醸 無濾過生原酒」
 (↑2011年10月2010年02月2009年06月01月2008年06月
「鳥海山 純米吟醸」(2007年02月2005年12月
「天寿 米から育てた純米酒 美山錦 ひやおろし」(2011年01月
「天寿 なでしこ純米」(2011年01月

「日本酒天国2008 東京大試飲会 at 新宿京王プラザホテル」で試飲
「天寿 純米吟醸 無農薬米仕込み」(2008年10月
「天寿 米から育てた純米酒 ひやおろし」(2008年10月

rain_of_tears at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年05月03日

福小町 純米大吟醸原酒 特別限定3

福小町 純米大吟醸原酒 池袋西武で試飲・購入。

 祖父母の家に持参して飲む。

 「福小町」は、毎週2蔵ずつ試飲販売のために来店する池袋西武でも人気の蔵。

 ご愛顧に応えて、池袋西武限定の商品もたびたび登場する。

 今回の「福小町 純米大吟醸原酒」もそんな貴重なお酒の1つ。



 ひかえめながら上品な香り。 お米らしい甘味・旨味を備えた落ち着いた味わい。 古酒っぽさのない、おだやかな旨味が乗る程度の熟成具合で、今が飲みごろかもしれない。

 冷やしすぎるより常温〜ぬる燗で魅力を増す。



 宮城「森泉 特別本醸造」や、福島「会津中将 特別本醸造」、長野「川中島 純米大吟醸」にも似た雰囲気を感じた。



 自己主張が強すぎず、重すぎず、軽やかなのに落ち着いていて味わい深い。 こういうお酒も好みですね〜。



【秋田県湯沢市 木村酒造】 純米大吟醸(原酒)
 精米歩合:50%


「福小町」「秋田杜氏」「角右衛門」の過去の記事
「秋田杜氏 純米吟醸 原酒 無圧汲み出し」(2012年05月
「福小町 純米生原酒」(2009年07月試飲
「福小町 純米酒」(2009年07月試飲
「福小町 純米吟醸生原酒」(2009年07月試飲
「福小町 純米吟醸」(2009年07月試飲
「福小町 大吟醸」(2009年07月試飲
「福小町 純米大吟醸 亀の尾」(2009年07月試飲
「福小町 純米大吟醸 三年熟成 改良信交」(2009年07月試飲
「角右衛門 特別純米 別誂」(2012年09月

rain_of_tears at 21:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月01日

花垣 純米大吟醸 無濾過生原酒2

花垣 純米大吟醸 無濾過生原酒 池袋東武で試飲・購入。

 先日、「和浦酒場 弐(二号店)」で3種類を飲みくらべた、創業110周年をこえた「花垣」。

 「花垣」は、火入れのお酒を燗で飲むのが好き。

 でも今回は、「花垣 純米大吟醸 無濾過生原酒」を購入。

 せっかくの新酒の季節なので、若々しい状態のお酒も楽しんでみましょう!


 まずは、常温でいただきます。

 上立香はひかえめながら、マスカットのような上品な吟醸香がある。

 飲み口はドライで、甘さひかえめのリンゴのようなイメージ。 酸味・苦味が引き立って、スッキリした味わい。


花垣 純米大吟醸 無濾過生原酒の炭酸

 グラスに注いでしばらくすると、お酒に含まれていた炭酸が小さな泡になって現れる。


 次に、ぬる燗で。

 甘い印象の香りなのにドライで、炭酸も活躍して軽い飲み口。 この軽快さが、純米大吟醸らしい魅力。

 おだやかな旨味と、リンゴ風のさわやかな酸味は、大阪「秋鹿」にも似た雰囲気。 ただ、ぜいたくを言えば、もう少しボリュームがほしいかな。


 しぼりたての純米大吟醸・無濾過生原酒といっても、冷やさないと香味が崩れてしまう淡麗型の香り酒ではない。 常温〜燗で楽しめる、重心の低い、落ち着いた味わいのお酒。



【福井県大野市 南部酒造場】 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:4000(4200)円   720ml:2000(2100)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+4
 原料米:山田錦   精米歩合:40%
 酵母:協会9号系   酸度:1.6   アミノ酸度:1.0



「花垣」の過去の記事
「花垣 米しずく 生もと純米」
 (↑2007年11月2006年04月2005年03月
「花垣 米しずく 山廃純米」(2010年11月
「花垣 米しずく 無殺菌・酵素栽培 純米酒」(2004年04月
「花垣 米しずく 純米生詰 ひやおろし」(2010年11月2007年09月
「花垣 米しずく 純米酒」(2009年09月2008年12月
「花垣 生もと純米 亀の尾」(2008年05月
「花垣 純米無濾過生原酒 110th 110周年限定酒 越の雫」
 (↑2013年02月
「花垣 純米無濾過生原酒 110th 110周年限定酒 五百万石」
 (↑2013年02月
「花垣 純米無濾過原酒 110th 110周年限定酒 山田錦」
 (↑2013年02月
「花垣 純米無濾過生原酒」(2008年04月2007年01月
「花垣 純米酒 超辛口」(2008年01月
「花垣 純米生酒」(2012年08月
「花垣 オーク樽貯蔵 純米大吟醸」(2010年03月
「花垣 純米吟醸 無濾過生原酒」(2005年11月
「花垣 純米吟醸 伍年古酒」(2007年10月2006年12月
「花垣 純米吟醸 全麹 長期熟成酒」(2007年05月
「花垣 米雫 貴醸年譜 1年貯蔵」(2012年10月

rain_of_tears at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月16日

鳳凰美田 純米大吟醸酒 無濾過本生 黒判 / 鳳凰美田 純米吟醸酒 無濾過本生 若水2

鳳凰美田 純米大吟醸鳳凰美田 若水 池袋東口の「日本酒BAR 希紡庵」にて飲む。

 「鳳凰美田」の飲みくらべからスタート。


 まずは左、黒いラベルの純米大吟醸から。

 桃のような甘く華やかな香り。 含み香も豊か。

 大吟醸らしい洗練された酒質で、繊細な甘味・酸味がクリアな飲み口を彩る。


 次に右、白いラベルの純米吟醸。

 こちらも含み香が甘く華やか。 香りのおかげで、口当たりからインパクトがある。

 袋吊りの雫酒らしい甘く濃密な味わいで、スッキリとした苦味が後口を締める。



 どちらも香りが印象的で、食事に合わせるというよりも、食前酒・食後酒としてお酒単独で味わうほうが向いているかな。



【栃木県小山市 小林酒造】
「鳳凰美田 純米大吟醸酒 無濾過本生 黒判」
 純米大吟醸(無濾過、生)
 好み度:2(★★)
 1800ml:3500(3675)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+3
 原料米:山田錦(兵庫県産)   精米歩合:45%
 酸度:1.4   アミノ酸度:0.8

「鳳凰美田 純米吟醸酒 無濾過本生 若水」
 純米吟醸(無濾過、生)
 好み度:2(★★)
 1800ml:2600(2730)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+3
 原料米:若水(小山市美田地区産)   精米歩合:55%
 酸度:1.4   アミノ酸度:1.0


「鳳凰美田」「美田鶴」の過去の記事
「鳳凰美田 しぼりたて 純米吟醸無濾過 かすみ生 五百万石」
 (↑2010年01月
「鳳凰美田 純米吟醸無濾過生 試験醸造 WINE CELL(ワイン酵母)」
 (↑2012年09月

rain_of_tears at 18:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月01日

金陵 純米大吟醸 煌(きらめき)

金陵 純米大吟醸 煌 元日に、祖父母の家に親族で集まって飲む。

 2010年の元日以来、ちょうど3年ぶり。

 夕飯の乾杯用に開栓。

 梨のような香りが、みずみずしい酸味を想起させる。

 香りの印象とはちがって、飲み口は非常に静か。 しっとりとしたキメ細かいタッチで、ささやかな酸味がアクセントになっている。


 1杯目にちょうど良いお酒。 2杯目以降に飲むと、前のお酒に負けてしまってもったいないとも言えますね。



【香川県仲多度郡琴平町 西野金陵】 純米大吟醸
 1800ml:9700(10185)円   720ml:4850(5093)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+2.5
 原料米:山田錦   精米歩合:35%
 酵母:協会9号系   酸度:1.5


「金陵」の過去の記事
「金陵 純米大吟醸 煌」(2010年01月
「金陵 本醸造 生貯蔵」(2012年12月

rain_of_tears at 17:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月17日

諏訪泉 鵬 純米大吟醸 おりがらみ 2009(H21)BY3

諏訪泉 鵬 おりがらみ 池袋東武で試飲・購入。

 父の誕生日を祝うために開栓。

 「諏訪泉」の最高峰、「諏訪泉 鵬 純米大吟醸」の生原酒バージョン。 袋吊り・斗瓶取り・おりがらみという貴重なお酒で、300本の限定出荷とのこと。

 通常の火入れタイプは、熟成を経るごとに味わいを増す硬派なお酒。 今回の生原酒は、また異なる魅力がある。


 まずは冷温でいただきます。

 梅の花、リンゴのような香りがささやかに立つ。 やさしい甘味に続いてしっかりとした酸が現れ、おだやかな旨味へと変化してゆく。



 常温に近づいてくると、麹の香りが中心になり、よりドライな雰囲気が出てくる。 酸味の強さが際立ち、濃醇な飲み口になる。

 余韻には生熟成らしいナッツ様の香りが出てくる。 さらには、メープルシロップ、クッキーのような雰囲気も感じられる。



 ぬる燗にすると、「諏訪泉 鵬 純米大吟醸」の本領発揮。 常温と表情はそれほど変わらないものの、単なる上品な大吟醸とは別次元の旨味・厚みを堪能できる。

 芳醇で、かつ複雑。 すばらしいお酒ですね。



【鳥取県八頭郡智頭町 諏訪酒造】 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 720ml:5000(5250)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+2.5
 原料米:山田錦(兵庫県西脇市冨田農場産、無農薬無化学肥料栽培)
 精米歩合:40%   酵母:協会9号   酸度:1.7


「諏訪泉」の過去の記事
「諏訪泉 純米酒」(2008年11月
「諏訪泉 純米吟醸 満天星」(2005年10月
「諏訪泉 特別純米生 蔵出しにごり酒」(2009年08月
「諏訪泉 純米生 蔵出しにごり酒」
 (↑2012年08月2008年10月08月2007年07月
「諏訪泉 純米吟醸生 袋吊り うすにごり」(2007年11月
「諏訪泉 智頭の純米生原酒 ばんなりました 2010 五百万石 しぼりたて おりがらみ」(2011年01月
「諏訪泉 阿波山田錦 純米生原酒」(2010年08月
「諏訪泉 阿波山田錦 純米ひやおろし」(2012年11月
「諏訪泉 田中農場 純米酒」(2009年11月2006年11月
「諏訪泉 田中農場 特別選別米 生」(2011年07月
「諏訪泉 冨田 純米酒」(2009年11月
「諏訪泉 冨田 特別選別米 五割磨き」
 (↑2011年12月02月2009年12月
「諏訪泉 冨田 特別選別米 五割磨き 生」(2011年07月
「諏訪泉 冨田 特別選別米 七割磨き 7号酵母」(2006年01月
「諏訪泉 冨田2004 無濾過生原酒 山田錦特別選別米
  七割搗き 協会六号酵母」(2004年11月
「諏訪泉 冨田2004 無濾過生原酒 山田錦特別選別米
  七割搗き 協会七号酵母」(2004年11月

rain_of_tears at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月14日

秋鹿 純米大吟醸 無濾過雫生酒 秋鹿入魂之一滴 / 秋鹿 純米吟醸 にごり生酒 霙(みぞれ)もよう3

秋鹿 純米大吟醸 無濾過生原酒 入魂の一滴 池袋東口の「楽旬堂 坐唯杏 別館」にて飲む。

 大好きな「秋鹿」を2種類。

 とくに、最初の「秋鹿 入魂之一滴」は、なかなか飲む機会のないお酒だ。

 冷温でいただきます。

 生酒特有の麹の香りに、リンゴ様の上品な吟醸香もある。 「秋鹿」ではめずらしくオーソドックスな、大吟醸らしい香り。

 さわやかな含み香とともに明るいイメージの甘味・酸味が表れて、軽やかに引いてゆく。

 「秋鹿」の純米大吟醸といえば、お米らしさ全開の「秋鹿 嘉村壱號田」や、梨のような香味の「秋鹿 奥鹿之助」は、個性的な熟成酒。

 それに対して、この「秋鹿 入魂之一滴」は、他の蔵の純米大吟醸にも共通点を見出せる、王道的な高級酒だ。

 ただ、シャープな酸味の効いた、鮮やかな展開が「秋鹿」らしい。



秋鹿 霙もよう 山田錦 次は「秋鹿 霙もよう」。

 写真は、以前に浦和の「和浦酒場(本店)」で撮影したもの。

 お米の香りだけでなく、リンゴ様の吟醸香もある。

 しっかりとにごっているのに、さわやかな香りと炭酸の活躍で、サラリと軽快・爽快な飲み口。

 にごり部分のお米の味、豊かな酸味、上質な苦味が濃醇で複雑な味わいをつくりあげている。

 濃厚なのにさわやか。 飲みごたえがあるのに、飲みやすい。 矛盾しそうな魅力を兼備している。


 やっぱり「秋鹿」って良いなあ。



【大阪府豊能郡能勢町 秋鹿酒造】
「秋鹿 純米大吟醸 無濾過雫生酒 秋鹿入魂之一滴」
 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 好み度:3(★★★)
 1800ml:6500(6825)円   720ml:3000(3150)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+9
 原料米:山田錦(秋鹿自営田産)   精米歩合:50%
 酵母:協会9号系自家培養   酸度:2.0   アミノ酸度:1.3

「秋鹿 純米吟醸 にごり生酒 霙もよう」
 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 好み度:3(★★★)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1648(1730)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+1
 原料米:山田錦(能勢町産)   精米歩合:60%
 酵母:協会9号   酸度:2.7   アミノ酸度:1.5


「秋鹿」の過去の記事
「秋鹿 純米大吟醸 無濾過原酒 一貫造り 嘉村壱號田」
 (↑2004BY(2010年03月)、2002BY(2007年03月
   2001BY(2004年11月05月
「秋鹿 純米大吟醸 一貫造り 雫酒」(2012年11月
「秋鹿 純米大吟醸 袋吊雫 生 奥鹿之助」
 (↑2012年11月2007年10月
「秋鹿 純米大吟醸 生原酒 速醸もと 七號酵母」(2010年05月
「秋鹿 純米大吟醸 無濾過生原酒 弐引滓酒」(2012年08月
「秋鹿 純米吟醸 無濾過原酒 一貫造り もへじ」
 (↑2011年11月01月2009年05月2006年11月2004年02月
   2003年10月
「秋鹿 純米吟醸 無濾過生原酒 一貫造り もへじ」
 (↑2012年08月2010年09月02月2008年08月05月
   2007年11月2005年09月
「秋鹿 山廃純米吟醸 無濾過原酒」
 (↑2009年03月2007年05月2004年04月
「秋鹿 山廃純米吟醸 無濾過生原酒」(2006年04月

「奥鹿 山廃純米吟醸」
 (↑2005BY:2011年01月、2006BY:2011年01月
「奥鹿 生もと純米生原酒」(2011年03月
「奥鹿 生もと純米原酒」(2011年08月
「奥鹿 速醸 純米無濾過原酒」(2011年11月

「秋鹿 山廃特別純米酒 雄町 無濾過生原酒 槽搾直汲 七号酵母」
 (↑2010年06月2009年09月2007年09月05月04月03月
   2005年03月
「秋鹿 山廃特別純米酒 雄町 無濾過原酒 七号酵母」(2010年04月
「秋鹿 山廃特別純米酒 山田錦 無濾過生原酒 七号酵母」
 (↑2011年10月2010年11月03月2009年07月02月
「秋鹿 生もと純米 雄町 無濾過生原酒 七号酵母」(2012年07月
「秋鹿 生もと純米生原酒」(2009年03月
「秋鹿 純米吟醸 大辛口 無濾過生原酒」(2011年12月
「秋鹿 山廃特別純米酒 山田錦 無濾過原酒 七号酵母」
 (↑2008年12月11月
「秋鹿 純米吟醸 槽搾直汲 超辛口」
 (↑2011年02月2008年01月2007年02月
「秋鹿 純米吟醸 槽搾直汲 無濾過生原酒」
 (↑2009年01月2008年03月2007年01月
「秋鹿 朴 特別純米無濾過生原酒 桶貯蔵常温熟成」(2009年03月
「秋鹿 特別純米 槽搾直汲 無濾過生原酒」(2008年03月
「秋鹿 純米無濾過生原酒」(2010年12月2009年02月
「秋鹿 純米吟醸 多酸古酒 1997BY 仕込第参拾弐號 槽口直汲 山田錦」(2010年06月
「秋鹿 純米吟醸 多酸酵母 1997BY」(2006年12月
「秋鹿 クレマンドノゼ 1998BY」(2006年12月
「秋鹿 霙もよう 純米吟醸にごり生酒」(2010年04月2005年03月
「秋鹿 純米酒 あらごし生酒」(2005年02月
「秋鹿 純米吟醸 阿波山田錦 ひやおろし」
 (↑2012年10月2011年03月
「秋鹿 純米吟醸 能勢山田錦 ひやおろし」(2007年09月
「秋鹿 純米吟醸 秋出し」(2012年11月
「秋鹿 純米無濾過原酒 雄町 精米80%」(2007年07月
「秋鹿 純米無濾過原酒 山田錦 精米80%」
 (↑2012年08月2011年02月2010年11月03月

rain_of_tears at 21:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月21日

安芸虎 純米大吟醸 KANPA+i 0311 PROJECT3

安芸虎 純米大吟醸 東京駅地下の「はせがわ酒店 Gransta店」にて購入。

 京都へ向かう新幹線車内で飲む。

 乾杯と、カンパ+愛をかけたネーミング。

 日本酒10銘柄、リキュール2銘柄、合わせて12の蔵元によるチャリティー企画商品だ。

 日本酒は、宮城「伯楽星」、山形「米鶴」、石川「天狗舞」、長野「御湖鶴」、岐阜「醴泉」、三重「作」、広島「雨後の月」、山口「東洋美人」、高知「文佳人」・「安芸虎」。

 リキュールは、和歌山「雑賀 梅酒」、高知「美丈夫 ぽんかん」。

 それぞれの商品を購入すると、1本につき21円が被災地に寄付される。 ということで、よっしんも21円を寄付します!


 12蔵のなかで唯一飲んだことのない「安芸虎」。

 マスカット様のさわやかな吟醸香。 香りだけではなく、酸味・苦味もさわやか。 「伯楽星 特別純米」にも似た雰囲気だ。

 純米大吟醸と名乗っているものの、秋田「新政」、宮城「伯楽星」、長野「御湖鶴」など、さわやかな酸味で人気を集める純米酒と遜色のない、しっかりとした味を持っている。


 「安芸虎」、良いね〜。 他のお酒たち、通常商品も飲んでみたくなる。



【高知県安芸市 有光酒造場】 純米大吟醸
 375ml: 627(658)円
 アルコール度数:15.5   精米歩合:50%

rain_of_tears at 09:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月09日

秋鹿 奥鹿之助 生 2005BY3

秋鹿 奥鹿之助 浦和駅西口の「食と燗 くら川」にて飲む。

 最初の「秋鹿 一貫造り 純米大吟醸 雫酒」に並び、この「秋鹿 奥鹿之助」も希少なお酒。

 飲めるチャンスは逃しません!


 ぬるめの燗でいただきます。

 静かな雰囲気のなかに立ちのぼる梨の香り。 5年前に飲んだときと変わらないことに驚き。

 繊細な口当たりで、クリアな飲み口。 雑味がないというのは、こういうことなんだと思わせるキレイさだ。

 慣れてくると、甘味・苦味が底流に息づいていることに気づく。 そして後半には強い酸が活躍する。 軽くナッツ様の熟成香もある。

 しかし、余韻はさわやかな梨の香りにもどり、スッキリと切れる。

 清廉なのに複雑さも持ち合わせている。 奥深いお酒だ。


 Yさんは、「梨! おいしいです」とのこと。 シンプルな感想ですが、的確な表現で、さすがYさんです。



【大阪府豊能郡能勢町 秋鹿酒造】 純米大吟醸(生)
 720ml:4667(4900)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+5
 原料米:山田錦(秋鹿自営田産、無農薬無化学肥料栽培)
 精米歩合:40%   酵母:協会9号
 酸度:1.7   アミノ酸度:1.0


「秋鹿」の過去の記事
「秋鹿 純米大吟醸 無濾過原酒 一貫造り 嘉村壱號田」
 (↑2004BY(2010年03月)、2002BY(2007年03月
   2001BY(2004年11月05月
「秋鹿 純米大吟醸 一貫造り 雫酒」(2012年11月
「秋鹿 純米大吟醸 袋吊雫 生 奥鹿之助」(2007年10月
「秋鹿 純米大吟醸 生原酒 速醸もと 七號酵母」(2010年05月
「秋鹿 純米大吟醸 無濾過生原酒 弐引滓酒」(2012年08月
「秋鹿 純米吟醸 無濾過原酒 一貫造り もへじ」
 (↑2011年11月01月2009年05月2006年11月2004年02月
   2003年10月
「秋鹿 純米吟醸 無濾過生原酒 一貫造り もへじ」
 (↑2012年08月2010年09月02月2008年08月05月
   2007年11月2005年09月
「秋鹿 山廃純米吟醸 無濾過原酒」
 (↑2009年03月2007年05月2004年04月
「秋鹿 山廃純米吟醸 無濾過生原酒」(2006年04月

「奥鹿 山廃純米吟醸」
 (↑2005BY:2011年01月、2006BY:2011年01月
「奥鹿 生もと純米生原酒」(2011年03月
「奥鹿 生もと純米原酒」(2011年08月
「奥鹿 速醸 純米無濾過原酒」(2011年11月

「秋鹿 山廃特別純米酒 雄町 無濾過生原酒 槽搾直汲 七号酵母」
 (↑2010年06月2009年09月2007年09月05月04月03月
   2005年03月
「秋鹿 山廃特別純米酒 雄町 無濾過原酒 七号酵母」(2010年04月
「秋鹿 山廃特別純米酒 山田錦 無濾過生原酒 七号酵母」
 (↑2011年10月2010年11月03月2009年07月02月
「秋鹿 生もと純米 雄町 無濾過生原酒 七号酵母」(2012年07月
「秋鹿 生もと純米生原酒」(2009年03月
「秋鹿 純米吟醸 大辛口 無濾過生原酒」(2011年12月
「秋鹿 山廃特別純米酒 山田錦 無濾過原酒 七号酵母」
 (↑2008年12月11月
「秋鹿 純米吟醸 槽搾直汲 超辛口」
 (↑2011年02月2008年01月2007年02月
「秋鹿 純米吟醸 槽搾直汲 無濾過生原酒」
 (↑2009年01月2008年03月2007年01月
「秋鹿 朴 特別純米無濾過生原酒 桶貯蔵常温熟成」(2009年03月
「秋鹿 特別純米 槽搾直汲 無濾過生原酒」(2008年03月
「秋鹿 純米無濾過生原酒」(2010年12月2009年02月
「秋鹿 純米吟醸 多酸古酒 1997BY 仕込第参拾弐號 槽口直汲 山田錦」(2010年06月
「秋鹿 純米吟醸 多酸酵母 1997BY」(2006年12月
「秋鹿 クレマンドノゼ 1998BY」(2006年12月
「秋鹿 霙もよう 純米吟醸にごり生酒」(2010年04月2005年03月
「秋鹿 純米酒 あらごし生酒」(2005年02月
「秋鹿 純米吟醸 阿波山田錦 ひやおろし」
 (↑2012年10月2011年03月
「秋鹿 純米吟醸 能勢山田錦 ひやおろし」(2007年09月
「秋鹿 純米無濾過原酒 雄町 精米80%」(2007年07月
「秋鹿 純米無濾過原酒 山田錦 精米80%」
 (↑2012年08月2011年02月2010年11月03月

rain_of_tears at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数