菩提もと

2013年08月05日

鷹長 菩提もと 純米酒 生3

鷹長 菩提もと 池袋東口の「坐唯杏」にて飲む。

 甘いお酒を好むYさんにも合うお酒ということで、「鷹長 菩提もと」。

 前回いろいろな温度で飲んで、このお酒の個性をいちばん引き出せるのが冷温〜常温とわかった。

 なので今回は冷温でいただきます。


 さわやかな麹の風味と、梅・リンゴ・はちみつのような甘酸っぱい香味が個性的。 濃厚な甘味と、鮮烈な酸味が魅力的。

 余韻には木を思わせる香りもあって、ドライな雰囲気もある。



 このお酒もまた、お酒単体で楽しめる実力がある。

 Yさんも納得の、濃厚で個性的なお酒。



坐唯杏 チーズ
 チーズの味噌漬け。

 チーズ(発酵もの)+味噌(発酵もの)+お酒(発酵もの)。 それぞれがケンカせずに調和するところがおもしろい。



【奈良県御所市 油長酒造】 純米酒(菩提もと、無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:−16
 原料米:ヒノヒカリ(奈良市菩提仙町産)   精米歩合:60%
 酵母:正暦寺酵母   酸度:3.0   アミノ酸度:2.9


「風の森」の過去の記事
「風の森 純米大吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 キヌヒカリ」
 (↑2012年09月2011年02月2008年02月
「風の森 純米吟醸 笊籬採り 無濾過無加水生酒 露葉風」
 (↑2011年06月
「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 露葉風」
 (↑2011年04月
「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 山田錦」
 (↑2011年04月
「風の森 純米吟醸 無濾過無加水生酒 斗ビン取り 雄町」
 (↑2006年01月
「風の森 純米 しぼり華 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2013年01月、2010年03月[1][2]
「風の森 純米 真中採り 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2011年04月
「風の森 純米 無濾過無加水生酒 山田錦」(2006年01月
「鷹長 菩提もと 純米酒 生」(2012年11月2011年04月
 「風の森」油長酒造は、全国でもめずらしいほどの硬水で仕込む。 全量を無濾過生原酒で出荷し、しかもお手ごろ価格という、非常に個性的な蔵。


rain_of_tears at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年06月21日

三諸杉 菩提もと 純米3

三諸杉 菩提もと 池袋西武で試飲・購入。

 三輪山のふもと、大神神社の参道に蔵を構える「三諸杉」。

 お酒づくりの神様をまつる神社のふもとの酒蔵。 1660年創業という古さも手伝って、すごみがありますね。

 大神神社を訪れたものの、蔵に立ち寄るチャンスを逃してしまったのが2011年春。

 20代の若い蔵元が来店した今回、ようやく試飲する機会に恵まれました。


 「三諸杉 純米吟醸 露葉風」など、通常商品も好印象ながら、購入したのは「三諸杉 菩提もと」。

 「清酒発祥の地」正暦寺で生まれた、室町時代の製法「菩提もと」を復元したお酒。 今回のお酒も、正暦寺で醸されたとのこと。



 常温でいただきます。

 ヨーグルト様の香りに、はちみつ・黒糖のようなニュアンスも感じられて、甘酸っぱい雰囲気。

 とろりと濃密な口当たりで、やさしい甘味に豊かな酸味・旨味が重なって濃醇な味わい。 飲みごたえがあって好み。



 千葉「醍醐のしずく 菩提もと」、奈良「鷹長 菩提もと」とくらべると、落ち着いておとなしい印象。 そのぶん、繊細で複雑な表情も見えてくる。

 そういえば、「醍醐のしずく」も「鷹長」も生原酒だった。 火入れタイプの菩提もと仕込みのお酒も良いですね〜。



【奈良県桜井市 今西酒造】 純米酒(菩提もと)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:−6
 原料米:ヒノヒカリ   精米歩合:70%
 酵母:正暦寺酵母   酸度:2.4   アミノ酸度:1.8

rain_of_tears at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月17日

醍醐のしずく 菩提もと仕込み 2012(H24)BY 仕込み7号4

五人娘 醍醐のしずく 蔵から届く。

 寺田本家は蔵に直接注文が可能。 しかも、季節限定の商品も購入できるので、非常に便利です。

 2年ぶりに飲む「五人娘」。

 この間、蔵には大きな大きな変化がありました。

 2010BYまで務めていた藤波良貫杜氏が退職し、2011BYから大野考俊杜氏が就任。

 独自の思想にもとづいて個性的なお酒を醸してきた蔵元、寺田啓佐さんが2012年4月に逝去。 蔵は24代当主として寺田優さんが継承。

 今回飲むお酒は、そんな新体制のお酒。

 大好きな「醍醐のしずく 菩提もと仕込み」は、どんな味になっているのかな。

 菩提もとは、空気中の乳酸菌・酵母菌をつかってお酒をつくる。 生もとより昔、中世に確立した醸造(もと立て)方法です。



 麹の香りと、リンゴ・ヨーグルト様のさわやかな香り。 この香りが甘酸っぱい味わいを想起させる。

 濃厚な甘味と鮮烈な酸味がボリューム満点。 白ワインのような、いや白ワインに負けない味の強さがある。

 同じ千葉の「木戸泉 AFS 生」にも似た雰囲気がある。 日本酒の常識を打ち破れる存在だ。



 やっぱり、「醍醐のしずく」はおいしいなあ。 これからも「五人娘」のお酒たちが楽しみです。



【千葉県香取郡神崎町 寺田本家
 純米酒(菩提もと、無濾過、生、原酒)
 720ml:1450(1523)円
 アルコール度数:13.5   日本酒度:−58
 原料米:コシヒカリ(神崎町産、無農薬栽培)   精米歩合:90%
 酵母:無添加(蔵付天然酵母)   酸度:9.7   アミノ酸度:5.5


「香取」「五人娘」などの過去の記事
「香取 生もと純米90% 無濾過生原酒」(2011年03月2010年03月
「香取 生もと純米 自然酒80」(2011年01月
「坊主のどぶろく (醍醐のしずく にごり)」(2008年03月
「醍醐のしずく 菩提もと仕込み」(2008年03月

rain_of_tears at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月16日

鷹長 菩提もと 純米酒 生3

鷹長 菩提もと 池袋東口の「坐唯杏」にて飲む。

 水道橋での用事の帰りに寄って夕飯。

 充実したおいしいお酒メニューから最初のお酒に選んだのは、「鷹長 菩提もと」。

 と、ここで、新鮮な指摘をされました。

 「どんなお酒なんですか?」という質問に対して、今までのよっしんの返答は独特だそうです。


 つくりや味の説明がなくて、こんな人がつくっている、こんな蔵でつくっているという、人・場所の情報が中心とのこと。


 なるほど、たしかにそうだったかもしれません。

 つくりよりも、味が大切。 そして味は、嗜好や味覚は各人でちがうし、まして飲めばわかること。

 教科書に載っていること、いまこれから体験できることは、いちいち説明しない。 そんなスタンスが自然と表れていたんですね。

 あ、何を注文しようか迷っているときに「どんな味?」と聞かれれば、「酸っぱいお酒」とか簡単な説明はします。



 さてさて、この「鷹長 菩提もと」は、2011年3月に訪れた正暦寺で生まれたお酒。 奈良市郊外の山間にある、広大な境内をほこるお寺だ。

 お寺の落ち着いた雰囲気に似合わず(?)、そこで生まれたお酒は、甘酸っぱくてやんちゃな味わい。


 冷温では、フレッシュな麹の風味と、梅・リンゴ・はちみつのような甘酸っぱい香味が楽しめる。 濃厚な甘味と、鮮烈な酸味がインパクト大。

 後口に木の香りもあって、ドライな雰囲気もある。


 ぬる燗にすると、複雑な香味は薄れて、生酒らしいなめらかさと甘味が目立つようになる。 燗冷ましも同様。

 もっとも個性が感じられる、冷温〜常温のままが好みかな。



刺盛20121114

 今夜は(も)、お刺身をいただきます。 魚介類バンザイ!



【奈良県御所市 油長酒造】 純米酒(菩提もと、無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:−16
 原料米:ヒノヒカリ(奈良市菩提仙町産)   精米歩合:60%
 酵母:正暦寺酵母   酸度:3.0   アミノ酸度:2.9


「風の森」の過去の記事
「風の森 純米大吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 キヌヒカリ」
 (↑2012年09月2011年02月2008年02月
「風の森 純米吟醸 笊籬採り 無濾過無加水生酒 露葉風」
 (↑2011年06月
「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 露葉風」
 (↑2011年04月
「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 山田錦」
 (↑2011年04月
「風の森 純米吟醸 無濾過無加水生酒 斗ビン取り 雄町」
 (↑2006年01月
「風の森 純米 しぼり華 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2010年03月[1][2]
「風の森 純米 真中採り 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2011年04月
「風の森 純米 無濾過無加水生酒 山田錦」(2006年01月
「鷹長 菩提もと 純米酒 生」(2011年04月
 「風の森」油長酒造は、全国でもめずらしいほどの硬水で仕込む。 全量を無濾過生原酒で出荷し、しかもお手ごろ価格という、非常に個性的な蔵。


rain_of_tears at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年04月28日

鷹長 菩提もと 純米酒 生4

鷹長 菩提もと 池袋東口の「坐唯杏」にて飲む。

 今夜の締めは奈良「鷹長 菩提もと」。 菩提もと、好きです!

 菩提もとは、室町時代、奈良の正暦寺で誕生したお酒造りの方法を復活させたもの。

 2011年03月に行ってきたばかりの奈良の正暦寺。

 境内は、菩提山から流れる菩提仙川のせせらぎが山肌に染みこんで、非常に落ちついた雰囲気。

 乳酸菌を利用して殺菌し、酵母を育てるという手法は、江戸時代に確立する生もとの原型となった。

 このお酒は、正暦寺の領内で育てたお米、境内から分離した乳酸菌と酵母を使い、菩提仙川の水で仕込んでいる。


 さてさて、味ですね。

 麹の甘い香り、リンゴ様の香りがみずみずしくさわやかな印象。

 濃厚な甘味とともに、鮮烈な酸味がいっぱいに広がる。 濃密〜! 味の凝縮感がすごい。

 後口にどことなく木の香りがあって、ドライな印象も受ける。

 強烈な酸味といっても、「竹鶴 雄町純米 無濾過生原酒」は日本酒らしさを基調としている。 この菩提もとのお酒は、日本酒というよりも白ワインに近い。

 こんな日本酒もあるということを、ほとんどの人が知らないのが残念でならない。 日本酒の世界は意外と広い、ということを示してくれる一例が、菩提もとだと思う。


【奈良県御所市 油長酒造】 純米酒(菩提もと、無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:−16
 原料米:ヒノヒカリ(奈良市菩提仙町産)   精米歩合:60%
 酵母:正暦寺酵母   酸度:3.0   アミノ酸度:2.9


「風の森」の過去の記事
「風の森 純米大吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 キヌヒカリ」
 (↑2011年02月2008年02月
「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 露葉風」
 (↑2011年04月
「風の森 純米吟醸 しぼり華 無濾過無加水生酒 山田錦」
 (↑2011年04月
「風の森 純米吟醸 無濾過無加水生酒 斗ビン取り 雄町」
 (↑2006年01月
「風の森 純米 無濾過無加水生酒 山田錦」(2006年01月
「風の森 純米しぼり華 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2010年03月[1][2]
「風の森 純米真中採り 無濾過無加水生酒 秋津穂(アキツホ)」
 (↑2011年04月

rain_of_tears at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年03月26日

花巴 太古の滴 菩提もと純米 無濾過生原酒4

花巴 菩提もと 京都西陣「鵜飼商店」で購入し、新幹線内で飲む。

 飲んでみたかった「花巴」。 吉野町にある御芳野商店。

 今は吉野となったものの、昔は芳野と表記していて、今でも奈良県各地に芳野という地名は残る。

 蔵の名前からして、すでに昔風の御芳野商店。 この「花巴 菩提もと」は戦国時代、奈良の正暦寺で誕生したお酒造り方法を復活させたもの。

 乳酸菌を利用して殺菌し、酵母を育てるという手法は、江戸時代に確立する生もとの原型となった。

 正暦寺の領内で育てたお米を使用し、乳酸菌と酵母も正暦寺の境内から分離したものを使うというこだわり。 酒母は正暦寺でつくり、それから蔵に運んできたらしい。

 ものすごい気合いの入り方だ。

 鵜飼さんによると、千葉「醍醐のしずく」が一段仕込みなのに対して、この「花巴 菩提もと」は現代的な三段仕込み。

 山田錦を掛米として使っていて、より「現代の一般的な日本酒」に近いという。 ただ、「醍醐のしずく」とくらべたら近いというだけで、やはり個性的な味わいにはちがいない。

 麹の風味がしっかりと残っていて、ドライな印象を受けつつ、みずみずしくさわやか。 密度を感じる口当たりで、甘やかな雰囲気の中を強い酸味が走り抜ける。

 甘味はそれほど目立たない。 ガッシリした骨格のボリュームたっぷりのお酒で、お米の味わいも楽しめる。

 冷温はもちろん常温〜ぬる燗でも楽しめる。

 これくらい味がギッシリ詰まっているお酒、好みです!


【奈良県吉野郡吉野町 御芳野商店】 純米酒(菩提もと、無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:−7
 酒母米:ヒノヒカリ(奈良県正暦寺領内産)、精米歩合:60%
 麹米・掛米:山田錦(兵庫県産)、精米歩合:70%
 酵母:正暦寺酵母   酸度:3.1

rain_of_tears at 18:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2008年03月04日

坊主のどぶろく (醍醐のしずく H19BY 仕込み3号)4

五人娘 坊主のどぶろく 京都二条東洞院の「酒BAR よらむ」にて飲む。

 「醍醐のしずく」のどぶろくバージョン。

 ヨラムさん「鵜飼さんが蔵に注文して特別につくってもらったらしい」。

 出ました、「鵜飼商店」オリジナル!

 2006年に飲んだ「御代櫻 純米大吟醸 有機栽培美山錦」の無濾過生原酒も、「寛文の雫 木樽熟成」の酸度10.0バージョンも、「鵜飼商店」だけの入荷。

 開栓して数日たっているが、酵素・酵母は元気そのもの。 グラスに注がれてからも、プチプチと音をたてて発酵が続いている。 米粒が原型をとどめていて、飲みごたえならぬ「噛みごたえ」のあるお酒だ。

 蔵で感じられるフレッシュな香りに、木のような香りも感じられる。 ぬかみそのような個性的な香りもある。 柿のような甘味・渋味・酸味が広がって、米の甘味が後からついてくる。

 もちろん、強い酸でキレも良し! 貴重な体験ができた。


【千葉県香取郡神崎町 寺田本家】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 720ml:1165(1223)円
 アルコール度数:12.5   日本酒度:−52
 原料米:コシヒカリ(神崎町産、自然農法)   精米歩合:90%
 酸度:5.8   アミノ酸度:4.9

rain_of_tears at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

醍醐のしずく 菩提もと仕込み H19BY 仕込み3号4

五人娘 醍醐のしずく 京都二条東洞院の「酒BAR よらむ」にて飲む。

 ヨラムさんが「変わったお酒」と言って出してくれたのが、この「醍醐のしずく」。 おぉ、寺田本家だ。

 寺田本家は無農薬のお米づくりからはじめて、「香取 生もと純米 精米90」「発芽玄米酒 むすひ」などの個性的かつ滋味豊かなお酒を生み出している。

 今回の「醍醐のしずく」は「菩提もと」という仕込み方法でつくったお酒らしい。

 「菩提もと」は 、戦国時代に奈良の菩提山正暦寺で始まったお酒づくりの方法。 精米した白米を使い、空気中の乳酸菌や野生酵母を利用したつくりは、生もとの原型とも言われる。 くわしくは蔵の説明を参照のこと。

 自然まかせのお酒づくりゆえ、仕込み時期・タンクによってまったく味わいがちがうらしい。 どれどれ、どんな味かな?

 上立香はおとなしく、含んでからの麹の風味が鮮烈。 木を思わせる香りもある。 白ワインを思わせる渋味・甘味の豊かさと酸の強さは、同じ千葉の「木戸泉 純米AFS」のようだ。

 後半にかけて立体的に広がってゆく複雑な味わいと、強烈な酸がもたらす後口の爽快感は、オーソドックスな日本酒とは別格。

 すごいお酒に出会った。


【千葉県香取郡神崎町 寺田本家】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 720ml:1165(1223)円
 アルコール度数:12.5   日本酒度:−52
 原料米:コシヒカリ(神崎町産、自然栽培)   精米歩合:90〜93%
 酸度:5.8   アミノ酸度:4.9

rain_of_tears at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数