雄町

2014年09月17日

はなあび(花陽浴) 純米吟醸無濾過生原酒 粗漉し本生 雄町 3

花陽浴 純米吟醸無濾過生原酒 雄町 池袋東口の「裏や」にて飲む。

 今夜の締めは、埼玉の「はなあび」。 へえ、「花陽浴」にはひらがなバージョンがあるんですね。

 「花陽浴」は、濃醇な生酒に力を入れ始めた蔵。

 今回は低アルコールの原酒というめずらしいタイプ。 気になります。

 ということで、冷温でいただきます。


 開栓と同時に白い煙が上がる、発泡性のあるお酒。 グラスに注ぐと、うっすらと白くにごっているのがわかる。

 ブドウ様のフレッシュな吟醸香で、スタートから甘酸っぱさ全開。 オリの旨味も重なって、濃醇な飲み口。 さすが雄町、さすが「花陽浴」。

 低アルコールとは思えない凝縮感で、飲みごたえのあるお酒。

 それでいて低アルコールらしい軽さもあり、炭酸の活躍もあって爽快。



 許容量的にたくさんは飲めないけれど、おいしいお酒なら飲みたい。 そんな人にピッタリのお酒。



【埼玉県羽生市 南陽醸造】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3,200(3,456)円
 アルコール度数:12.5%
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:55%


「花陽浴」「藍の郷」の過去の記事
「花陽浴 生もと純米吟醸原酒」(2008年10月試飲
「花陽浴 吟醸純米酒 樽酒」(2013年04月
「純米 藍の郷」(2007年10月試飲

rain_of_tears at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年07月30日

黒牛 純米 雄町60 瓶燗急冷2

黒牛 純米酒 雄町 神田駅すぐの「和酒BAR&DINING醇」にて飲む。

 いろいろなお店で見かける・飲む「黒牛 純米酒」は、山田錦でつくられたお酒。

 「黒牛」に雄町バージョンがあるとは、初見・初耳でした。

 気になったら飲む、あるのみですね。


 冷温でいただきます。

 落ち着いたお米の香りのなかに、甘味の少ないメロン様の香りがひそむ。 味の要素がそれぞれ突出せずにまとまった、おだやかな味わい。

 山田錦バージョンよりもドライでシャープな印象。 そして、両バージョンとも、バランスの良さに共通点を感じる。


 ただ、個人的には唯一無二の個性を主張してほしいなあ。



【和歌山県海南市 名手酒造店】 純米酒
 1800ml:2,600(2,808)円   720ml:1,300(1,404)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+3
 原料米:雄町   精米歩合:60%
 酵母:協会7号   酸度:1.6


過去の「黒牛」の記事
「黒牛 純米酒」(2007年12月

rain_of_tears at 22:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年07月19日

花邑・翠玉 3種飲みくらべ3

両関 花邑・翠玉 池袋東口の「裏や」にて飲む。

 「花邑」の3種類飲みくらべセット。

 店内の壁に、気になるメニューが貼り付けられていました。

 「花邑」・・・はて?

 お店のスタッフいわく、秋田「両関」の新ブランドとのこと。

 おー、「両関」ですか!

 「両関」といえば、大正時代から高品質を評され、高度経済成長期には全国屈指の製造量をほこった、秋田県を代表する酒蔵のひとつ。

 そんな歴史と技術を持つ大規模蔵が、どんな新ブランドを立ち上げたのでしょうか。


 さっそく、冷温で飲みくらべてみましょう!

 まずは写真右、ピンクのラベルに青い文字の「花邑 純米吟醸」からいただきます。

 ミネラルやハーブを感じる繊細な香りが静かに立ちのぼる。

 水の良さを感じさせるクリアな飲み口で、やさしい甘味にかわいらしい酸味が走る。 キレイで淡麗な酒質を好む人にはピッタリかな。

 でも、このお酒にしかないという個性に乏しくて、物足りないなあ。 東北の蔵が雄町を使うとこういう味わいになることが多い気がする。

 裏ラベルで「濃醇甘口」と自称しているけれど、それは自社製品の中ではという意味で受け取ったほうが良さそう。 このお酒を濃醇と呼んだら、ほとんどのお酒が濃醇酒になってしまう。

 濃淡の基準をどこに置くかは、難しい問題だなあ。



 次に写真中央、ピンクのラベルに赤い文字の「花邑 純米酒」。

 梨・ブドウ様のみずみずしい香りで、純米吟醸タイプよりも少し香り高い印象。 こちらも淡麗で、香りや繊細な味わいを楽しむタイプのお酒。

 純米酒だからもっとボリュームを期待していたけれど、ハードルを上げすぎてしまったのかな。



 最後に、同じく「両関」の新ブランドの「翠玉 特別純米酒 無濾過生」。

 ヨーグルト様の香りにお米らしさもひそむ。 麹の風味も感じる、ドライで旨味のある味わい。

 ボリュームは淡麗〜中庸ながら、味わいに起伏・奥行きがあって、飲みごたえがある。

 兵庫「琥泉 純米吟醸 無濾過生原酒 しぼりたて」に似た印象で、実に好み。 これだ! 待ち望んでいた感動が、今ここに!



 新たな発見・体験ができた、楽しい飲みくらべでした。



【秋田県湯沢市 両関酒造
「花邑 純米吟醸」 純米吟醸
 好み度:1(★)
 1800ml:2,860(3,089)円
 アルコール度数:15.4   日本酒度:-6
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:50%
 酸度:1.5   アミノ酸度:1.0

「花邑 純米酒」 純米酒
 好み度:1(★)
 1800ml:2,266(2,447)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:-2.7
 原料米:陸羽田(山形県産)   精米歩合:55%


「翠玉 特別純米酒 無濾過生」 特別純米酒(無濾過、生)
 好み度:3(★★★)
 1800ml:2,770(2,992)円   720ml:1,460(1,577)円
 アルコール度数:16.2   日本酒度:-2
 原料米:秋田酒こまち(秋田県産)
 精米歩合:(麹米)55%、(掛米)59%
 酸度:1.3   アミノ酸度:1.0

rain_of_tears at 20:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年06月11日

仙禽 雄町50 かぶとむし 中取り無濾過生3

仙禽 かぶとむし 池袋西口の日本酒バー「希紡庵」にて飲む。

 「仙禽 亀ノ尾」と飲みくらべたのは、無色透明ビンに七色のかぶとむしが描かれたお酒。

 実は、こちらも「仙禽」。


 バナナのような、甘くやわらかい香りがふんわりと広がる。

 「仙禽」らしい甘味も存在感を示すものの、鮮烈な酸を主体としたみずみずしい味わい。

 酸味・苦味に加えてミネラルも感じるスッキリとした後口は、塩気を連想するほど。


 強烈な個性を持ちつつ、アルコール度数を下げて飲みやすくしてある。

 見た目も、味わいも、夏向きのお酒。



【栃木県さくら市 せんきん】 純米大吟醸(無濾過、生)
 1800ml:2,900(3,132)円   720ml:1,450(1,566)円
 アルコール度数:15.5%
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:50%


「仙禽」の過去の記事
「仙禽 木桶仕込み 山廃純米 袋しぼり無濾過生原酒 とちぎ酒14」
 (↑2010年03月
「仙禽 木桶仕込み 山廃純米 袋しぼり無濾過生原酒 愛山」
 (↑2011年06月
「仙禽 中取り無濾過生原酒 亀ノ尾」(2014年06月
「仙禽 純米吟醸 無濾過生原酒 雪雫 搾りたてヌーヴォー」
 (↑2011年03月
「仙禽 純米吟醸 無濾過生原酒 初しぼり」(2012年01月
「仙禽 純米吟醸 無濾過生原酒」(2007年03月
「仙禽 山廃純米 木桶仕込み原酒」
 (↑2007年05月「日本酒大利き酒会」)
「仙禽 山廃純米吟醸 木桶仕込み原酒」
 (↑2007年05月「日本酒大利き酒会」)
「仙禽 雪だるま にごり生酒」(2012年12月

rain_of_tears at 20:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年06月04日

阿櫻 無濾過生原酒 3本 (純米吟醸 雄町 / 純米吟醸 美郷錦 / New 特別純米 秋田酒こまち)3

阿櫻 3本セット 池袋西武で見かけて購入。

 池袋西武の日本酒売場は、壁一面が冷蔵オープンケースになっていて、その一角に全国各地の季節限定のお酒が集められています。

 そこで発見したのが今回の3本。

 池袋西武で横手の「阿櫻」に出会うのは初めて。


 ここで出会うとは!

 しかも3本同時に!

 飲みくらべたい!

 買うしかない!



 と思うと同時に、すかさず3本をかごに入れてレジに並んでいました。



 さっそく冷温で飲みくらべてみましょう。

阿櫻 純米吟醸 雄町 まずは、赤い文字の「阿櫻 純米吟醸 雄町」から。

 ささやかながらただよう吟醸香がさわやか。 豊かな甘味・旨味にしっかりとした酸味が加わって、みずみずしい味わい。

 酸味の強さとさりげない苦味が活躍して、飲みごたえがありつつ、切れが良い。

 他の蔵でも似たような味わいに出会えるような酒質ながら、そのぶん非常にバランスが良いとも言える。

 さわやかで濃醇なタイプを好む人におすすめしたいお酒。



阿櫻 純米吟醸 美郷錦 次に、青い文字の「阿櫻 純米吟醸 美郷錦」。

 メロン様の吟醸香に、清涼感ある苦味を想起する。

 雄町バージョンとくらべると、甘味・酸味ともにひかえめで、おだやかな旨味が楽しめる。

 スルリとなめらかな口当たりながら、落ち着いた味わいから、ふっくらとした雰囲気も感じられる。

 お米のちがいによる味わいのちがいが顕著で、お米の魅力が見事に引き出されていて好印象。



阿櫻 特別純米 秋田酒こまち 3本目は、白いラベルの「阿櫻 New 特別純米 秋田酒こまち」。

 3本の中ではもっとも香りがひかえめながら、それでもリンゴ様のさわやかな香りがある。

 やさしい甘味を基調としたつややかな飲み口。 甘味が重くならない、不思議な軽さがある。

 と思ったら、なんと、原酒なのにアルコール度数が12%台。 そのわりに、味が薄っぺらになっていない。

 調べてみたら、多酸性の酵母を使っているとのこと。 飲みやすく、それでいて味もある。

 今までに経験のないバランス・・・だからお酒の名前に「New」が入っているのか!



 3本とも好みで、おもしろい飲みくらべができました。



【秋田県横手市 阿桜酒造
「阿櫻 純米吟醸 無濾過生原酒 雄町」
 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 好み度:3(★★★)
 1800ml:3,333(3,600)円   720ml:1,667(1,800)円
 アルコール度数:16.7%   日本酒度:−1
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:50%
 酵母:静岡系酵母   酸度:2.4   アミノ酸度:1.2

「阿櫻 純米吟醸 無濾過生原酒 美郷錦」
 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 好み度:3(★★★)
 1800ml:3,200(3,456)円   720ml:1,600(1,728)円
 アルコール度数:16.7%   日本酒度:±0
 原料米:美郷錦(秋田県産)   精米歩合:50%
 酵母:秋田酵母No.15   酸度:1.8   アミノ酸度:1.0

「阿櫻 New 特別純米 無濾過生原酒 秋田酒こまち」
 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:3(★★★)
 1800ml:2,500(2,700)円   720ml:1,250(1,350)円
 アルコール度数:12.8%   日本酒度:−5
 原料米:秋田酒こまち(秋田県産)   精米歩合:60%
 酵母:KT901   酸度:1.7   アミノ酸度:1.2


「阿櫻」の過去の記事
「阿櫻 特別純米 無濾過生原酒 荒走り 吟の精」(2013年01月

rain_of_tears at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年10月15日

山本 純米吟醸 秋田酒こまち / 備前雄町 / 美郷錦 / 山廃セクスィー山本酵母3

白瀑 山本4本飲みくらべ 池袋西口に移転した「希紡庵」にて飲む。

 本日のメニューに、「山本」の4種類飲みくらべセット!

 すべて純米吟醸で、そのうち3種類は酵母まで同じ。

 こういうお米ちがいの飲みくらべ、大好きです!


 さっそく、写真の右側から、冷温でいただきます。


 まずは黒いラベルの「山本 純米吟醸 秋田酒こまち」

 バナナ様の甘い香りが、ふんわりとやさしく広がる。 自然な甘味とキレイな酸味の組み合わせは、「新政 純米吟醸 六號」にも似ている。

 かすかにメロンソーダのような雰囲気もある。 総じてさわやかな香味が魅力的。



 次に赤いラベルの「山本 純米吟醸 備前雄町」

 同じ酵母とはいえ、香りは落ち着いている。 旨味・酸味が豊かで、ボリューム感がある。

 ただ、さわやかな香味なのか、おだやかな香味なのか、どっちつかずの印象も受ける。 味わいの方針に迷いを感じてしまう。



 3つめは緑のラベルの「山本 純米吟醸 美郷錦」

 このお酒もバナナのような香りが印象的。

 サラサラと粒子を感じる口当たりで、さわやかな酸味にかくれてほのかな旨味がふくらむ繊細な味わい。

 冷温から常温に近づくにつれて甘味が顔を出して、表情が変化する。



 最後は黄色いラベルの「山本 純米吟醸 山廃セクスィー山本酵母」

 培養酵母を添加せず、蔵付きの天然酵母で醸したお酒。

 漬物、ドレッシングを思わせる個性的な香り。 乳酸が前面に出た味わいで、かすかに熟成香も感じられる。

 「ロックで飲む山廃」と書いてあるけれども、濃厚・濃醇というわけでもないので、個性が薄まってしまってもったいないかな。

 そして、「お燗はダメよ」と書いてあるけれども、燗で個性を引き出してみるのもおもしろいと思う。



 香味もちがえば、温度変化による味わいの変化もちがう。 すごくおもしろい飲みくらべでした。

 好みの順に、黒(秋田酒こまち)、緑(美郷錦)、赤(雄町)、黄(山廃)でした。



【秋田県山本郡八峰町 山本
「山本 純米吟醸 秋田酒こまち」 純米吟醸
 好み度:3(★★★)
 1800ml:2838(2980)円
 アルコール度数:16.6   日本酒度:+3
 原料米:秋田酒こまち(秋田県産)
 精米歩合:(麹米)50%、(掛米)55%
 酵母:秋田酵母No.12   酸度:1.8   アミノ酸度:1.0

「山本 純米吟醸 備前雄町」 純米吟醸
 好み度:2(★★)
 1800ml:3048(3200)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+2
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:55%
 酵母:秋田酵母No.12   酸度:1.7   アミノ酸度:1.2

「山本 純米吟醸 美郷錦」 純米吟醸
 好み度:3(★★★)
 1800ml:3048(3200)円   720ml:(1600)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+2
 原料米:美郷錦(秋田県大潟村産)
 精米歩合:55%   酸度:1.7

「山本 純米吟醸 山廃セクスィー山本酵母」 純米吟醸(山廃)
 好み度:2(★★)
 1800ml:3048(3200)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:−1
 原料米:秋田酒こまち(秋田県産)   精米歩合:55%
 酵母:セクスィー山本酵母(蔵付天然酵母)   酸度:2.2


「白瀑」「山本」の過去の記事
「山本 純米吟醸 生原酒 荒走り」(2013年01月
「白瀑 ど 純米にごり」(2012年01月
「白瀑 ど ピンク(Pink) 純米活性にごり生酒」(2013年03月

rain_of_tears at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年09月01日

三芳菊 微発泡にごり純米生酒 TAKE A WALK ON THE WILD SIDE2

三芳菊 スパークリング 池袋東口の「裏や」にて飲む。

 パイナップルジュースのような、鮮烈な香りと酸味、濃厚な甘味という唯一無二の個性で輝く、徳島の「三芳菊」。

 スパークリングは、初めて見ました。

 きっと、あの香りと酸味がよりいっそう引き立つんだろうなあ。


 そんな期待をもって注文。

 グラスに注ぐと、微発泡とうたうだけあって、炭酸はおとなしめ。 にごり具合もうっすらと白くなる程度。

 この蔵のお酒らしい、パイナップル様の香りがさわやか。 甘酸っぱい味わいとやさしい炭酸の刺激が魅力的。

 日本酒に対する先入観・偏見を取り外してくれる、楽しいお酒。



 ただ、意外なことに、「三芳菊」の強烈な個性が少しおさえられている。

 にごっているせい? それとも炭酸のせい?

 もっともっと個性的で良いのに。 それが「三芳菊」の立ち位置だと思うので。



【徳島県三芳市池田町 三芳菊酒造】 純米酒(生、発泡、にごり)
 360ml:800(840)円
 アルコール度数:12.5
 原料米:雄町   精米歩合:60%
 酵母:徳島酵母


過去の「三芳菊」の記事
「三芳菊 特別純米辛口 福井五百万石」(2010年09月

rain_of_tears at 19:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年07月06日

龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 雄町4

龍力 雄町 池袋西武で試飲・購入。

 祖父母の家にて飲む。


 池袋西武に1年に6回来店する、大人気の蔵「龍力」。

 夏用のお酒ということで、生酒が8種類も登場。 単独の蔵なのに、すでに生酒まつり状態です。

 今回購入したのは、純米無濾過生原酒の雄町バージョン。

 甘さひかえめの、酸の効いたシャープな飲み口がさわやかで、夏向きのイメージ。


 もちろん、単にサッパリしているだけのお酒とはちがうのが「龍力」。

 暑気を払う力強さ、食欲を誘う濃醇さが魅力。

 濃いと感じる場合は、ちょっと氷を浮かべて、または少し水で割って飲むのも良いですね。



【兵庫県姫路市 本田商店】 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3300(3465)円   720ml:1700(1785)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:±0
 原料米:雄町(岡山県赤磐郡産、有機栽培)   精米歩合:65%
 酵母:協会9号   酸度:1.9   アミノ酸度:1.7


「龍力」の過去の記事
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦」
 (↑2012年01月2011年11月2009年05月01月2007年11月
   2006年10月08月2005年10月2004年10月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦 夏にごり」
 (↑2010年07月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦 活性にごり酒」
 (↑2012年03月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田穂」(2008年10月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 神力」
 (↑2012年01月2008年08月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 雄町」
 (↑2012年01月2011年12月2008年05月
「龍力 特別純米しぼりたて 山田錦 活性にごり酒」(2008年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 雄町 活性にごり酒」(2010年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 雄町 無濾過生原酒」
 (↑2011年06月2007年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 神力 無濾過生原酒」(2013年02月
「龍力 生もと仕込み 特別純米 無濾過生 限定直詰」
 (↑2012年06月01月2008年05月
「龍力 生もと仕込み 特別純米」(2011年01月
「龍力 純米しぼりたて」(2007年02月
「龍力 特別本醸造 蔵出し生酒」(2007年12月
「龍力 大吟醸 米のささやき ドラゴン Episode 1(青ラベル)」
 (↑2012年08月
「龍力 純米大吟醸 米のささやき 米優雅」(2004年12月
「龍力 特別純米 熟成雄町 1999年醸造 貯蔵タンク142号」
 (↑2009年10月
「龍力」各種試飲(2004年10月

rain_of_tears at 19:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月17日

七田 純米無濾過生原酒 山田錦・レイホウ / 七割五分磨き 山田錦 / 七割五分磨き 雄町3

七田 純米無濾過生原酒七田 純米無濾過生原酒 七割磨き 山田錦七田 純米無濾過生原酒 七割磨き 雄町 池袋東武で見かけて購入。

 今までに飲んだことのあるのは、山田錦・レイホウバージョン(緑)、山田錦バージョン(赤)の2種類。

 今回はさらに雄町バージョン(橙)も入荷。

 よーし、3種類の飲みくらべだー!


 まずは、上記写真左、ミントグリーンのラベルの「七田 純米無濾過生原酒」から。 精米歩合65%は3種類のなかで唯一。

 冷温〜常温では、麹の香りとメロン様の香りがさわやか。 アルコールの揮発・刺激を感じるという若々しさが、スッキリした印象につながる。

 みずみずしい飲み口で、酸味・旨味・苦味がまだバラけたヤンチャな味わい。

 燗にすると、さわやかな香りは消えて、落ち着いた雰囲気になる。 飲み口はマイルドになり、さりげない甘味も出てきた。

 30度くらいの甘味・酸味のバランスがいちばん好み。



 次は、上記写真中央、えんじ色の「七田 純米無濾過生原酒 七割五分磨き 山田錦」。

 麹の香りが中心で、低精白のお酒にみられるセメダイン様の香りもかすかに感じられる。

 低精白だからか、アルコール度数が高いからか、濃醇でパンチのある飲み口。 3本中もっとも力強い。 ただ、一本調子な面もあるかな。

 燗にすると、コッテリと濃厚な酒質に磨きがかかる。

 「飛騨自慢 鬼ころし 純米生酒 辛口原酒 しぼりたて」にも似た、無骨なお酒。



 最後に、上記写真右、橙色の「七田 純米無濾過生原酒 七割五分磨き 雄町」。

 香りは山田錦バージョンとほとんど同じ。 味わいは、山田錦バージョンよりシャープで、若干の軽やかさがある。

 燗にすると、甘味・酸味がまとまってジューシーな味わいになる。 このお酒も30度くらいが好み。



 3種類とも非常に似通った酒質で、注意して飲みくらべないと分からないほど。 1種類だけ飲んで、どのお酒かを当てるのは難しいなあ。

 お米の種類や磨き具合がちがっても、これほど似たお酒をつくれる。

 お米の個性を引き出せていないとも言えるし、蔵の一貫性を感じるとも言える。 消極的、積極的、どちらの感想を持つかは、飲み手の好み・性格によるかも。

 個人的には、味わいにもっと差があった方が、規格を変える面白みがあって良いかな。


 もちろん、鳥取「諏訪泉」や広島「竹鶴」でも体験したように、生酒のときには分かりづらかった個性が、火入れ・熟成によって明確になってくる場合もある。 なので、火入れ・熟成バージョンも飲みくらべてみたい。



【佐賀県小城郡小城町 天山酒造
「七田 純米無濾過生原酒」
 純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:2(★★★)
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+2.5
 原料米:山田錦、レイホウ   精米歩合:65%
 酵母:自家培養酵母   酸度:1.8

「七田 純米無濾過生原酒 七割五分磨き 山田錦」
 純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:3(★★★)
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+5.5
 原料米:山田錦(佐賀県産)   精米歩合:75%
 酵母:自家培養酵母   酸度:1.8

「七田 純米無濾過生原酒 七割五分磨き 雄町」
 純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:3(★★★)
 1800ml:2400(2520)円   720ml:1200(1260)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3.5
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:75%
 酵母:自家培養酵母   酸度:1.8


「七田」「天山」の過去の記事
「七田 純米吟醸無濾過」(2007年05月
「七田 純米無濾過」(2012年09月
「七田 純米無濾過 生原酒」(2011年02月
「七田 純米無濾過 七割五分磨き 山田錦」
 (↑2012年09月2005年10月
「七田 純米無濾過 七割五分磨き 山田錦 生原酒」(2011年02月
「天山 特別純米酒 純天山」(2013年01月

rain_of_tears at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年02月21日

姿 純米吟醸生原酒 Black Impact おりがらみ2

姿 純米吟醸生原酒 おりがらみ 池袋東口の「日本酒BAR 希紡庵」にて飲む。

 栃木のお酒を飲みくらべた後にメニューを見たら、まだ知らない栃木のお酒があと2つもある!

 よし、今夜は栃木デーだ!

 「杉並木」の銘柄でお酒をつくってきた飯沼銘醸が、搾ったそのままの姿を伝えるために立ち上げた新銘柄が「姿」。

 600kgタンクによる少量生産で、おもに自家栽培の山田錦を使っていることも特徴。


 今回のお酒は、「姿 ブラックインパクト おりがらみ」。 自信たっぷりの名前ですね!

 この名前で味わいにインパクトがなかったら、名前負け・不当表示ですから。


 オリがからんで、うっすらとにごったお酒からは、華やかな吟醸香が広がる。 ブラックと名乗りながら、カラフルなフルーツたちを想像させる。

 さらりと軽やかな口当たりで、やさしい甘味・旨味とキレイな酸がバランスよく配されている。

 強烈さはないものの、その整った味わいにホッとする。 素直に「おいしいなぁ」と思わせるという点で、感化させる影響力(impact)があるお酒。



【栃木県栃木市西方町 飯沼銘醸】 純米吟醸(生、原酒)
 1800ml:2850(2992)円   720ml:1425(1496)円
 アルコール度数:17.2   日本酒度:+4
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)雄町   精米歩合:55%
 酸度:1.5


「姿」「杉並木」の過去の記事
「杉並木 純米酒」(2005年02月

rain_of_tears at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年02月06日

酒屋八兵衛 山廃純米酒 備前雄町 2011(H23)BY3

酒屋八兵衛 山廃純米酒 備前雄町 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 久しぶりの「八兵衛」。

 見たことのない、目に鮮やかな黄色〜オレンジ色のラベル。 しかも、飲んだことのない、山廃純米の雄町。

 そんな、なかなか飲む機会のない「八兵衛 山廃純米酒 備前雄町」。

 じゃあ、いつ飲むの? 今でしょ!

 ということで、燗でいただきます。

 香りは非常に落ち着いていて、山廃特有のモワッとした雰囲気や、ヨーグルト様の香りもほぼ皆無。 キレイな味わいを想像させます。

 しっとりとキメの細かい口当たりで、やさしい甘味・旨味がゆったり、ゆっくりと広がってゆく。

 甘味・旨味・酸味の自然な調和がいかにも「酒屋八兵衛」らしく、そして、酸がさわやかに締めくくるところが雄町らしい。

 山廃純米という規格から通常想像できる味わいよりも、やわらかくまろやかで軽快。



 強烈な酸や豪快な旨味といった自己主張はせず、料理と飲み手に静かに寄り添ってくれるタイプのお酒。

 かつて、京都の友人がふと口にした、

 「京都は時間がゆっくり流れてるような気がする。 京都で生活してると、生き急がなくてええんやって思える」

 という言葉を思い出しました。


 この「酒屋八兵衛 山廃純米 備前雄町」も、忙しくて余裕を失いがちな日常の中で、ゆっくり過ごす時間の大切さを思い出させてくれました。



【三重県多気郡大台町 元坂酒造】 純米酒(山廃)
 1800ml:2666(2800)円   720ml:1333(1400)円
 アルコール度数:16.2   日本酒度:+2
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:60%
 酸度:1.6   アミノ酸度:1.7


「酒屋八兵衛」の過去の記事
「酒屋八兵衛 純米吟醸無濾過生原酒 雄町」
 (↑2007年11月10月
「酒屋八兵衛 純米吟醸無濾過生原酒 伊勢錦」(2011年05月
「酒屋八兵衛 純米吟醸 伊勢錦」(2011年05月
「酒屋八兵衛 山廃純米吟醸 無濾過生原酒 備前雄町」
 (↑2010年06月
「酒屋八兵衛 山廃純米吟醸 備前雄町」(2011年05月
「酒屋八兵衛 山廃純米酒 伊勢錦」(2010年06月
「酒屋八兵衛 山廃純米酒 山田錦・五百万石」(2010年06月
「酒屋八兵衛 特別純米 ひやおろし」(2007年09月

rain_of_tears at 20:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

扶桑鶴 純米吟醸 佐香錦 / 山田錦 / 雄町3

扶桑鶴 純米吟醸 佐香錦扶桑鶴 純米吟醸 山田錦扶桑鶴 純米吟醸 雄町浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 1月〜2月は、鳥取「辨天娘」と島根「扶桑鶴」を特集するとのこと。

 では、飲んだ経験の少ない「扶桑鶴」の3種類を飲みくらべます。

 それぞれ燗でいただきます。


扶桑鶴 純米吟醸 佐香錦 まずは、佐香錦バージョンから。

 お燗番のもとこさんいわく、3種類のなかでは1番目にふさわしいとのこと。

 ミネラルを感じる香りがありながら、軟水らしいやさしいな口当たり。

 透明感ある飲み口で、キレイな酸味やさりげない苦味が活躍する。 個性は強くないものの、やさしい味わいが魅力的。



扶桑鶴 純米吟醸 山田錦 次は、山田錦バージョン。

 穀物らしいおだやかな香りで、飲み口もややドライ。

 ボリューム感はそれほどないものの、しっかりと旨味が息づいている。 繊細・複雑な味わいが、山田錦らしい。

 今日の3種類のなかでは、「扶桑鶴」に対して個人的に抱いてきたイメージにもっとも近いお酒。



扶桑鶴 純米吟醸 雄町 最後は、雄町バージョン。

 栗・さつまいも様の軽い熟成香がある。

 つややかな口当たりで、甘味から入る。

 ダイナミックな変化ではないので、おとなしい印象ながら、甘味から酸味へスムーズに移行してゆく。

 少し野暮ったい雰囲気がありながら、しっかりと酸味を感じるところに、雄町らしさを感じる。



 どのお酒も純米吟醸らしい軽さがあって、それでいて華やかな吟醸香とは無縁。 そして、お米のちがいがはっきりと表れている。

 おもしろい体験ができました。



【島根県益田市 桑原酒造】
「扶桑鶴 純米吟醸 佐香錦 2011(H23)BY」 純米吟醸
 好み度:2(★★)
 1800ml:2850(2993)円   720ml:1430(1502)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+6.5
 原料米:佐香錦(島根県産)   精米歩合:55%
 酵母:協会9号   酸度:1.8   アミノ酸度:1.2

「扶桑鶴 純米吟醸 山田錦 2009(H21)BY」 純米吟醸
 好み度:3(★★★)
 1800ml:3000(3150)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+5.5
 原料米:山田錦(兵庫県産)   精米歩合:50%
 酵母:協会9号   酸度:1.8   アミノ酸度:1.4

「扶桑鶴 純米吟醸 雄町 2009(H21)BY」 純米吟醸
 好み度:3(★★★)
 1800ml:2900(3045)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+8.5
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:55%
 酵母:協会7号   酸度:1.9   アミノ酸度:1.2


「扶桑鶴」の過去の記事
「扶桑鶴 特別純米酒」(2008年11月
「扶桑鶴 純米にごり酒」(2013年01月

rain_of_tears at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年02月02日

小笹屋竹鶴 生もと純米無濾過原酒 2006(H18)BY 仕込14号4

小笹屋竹鶴 生もと純米原酒 池袋東武で購入して自宅熟成させていたものを開栓。

 夏は40度近く、冬は氷点下という常温で熟成させていた。

 温度変化があるほうが、より個性的に熟成してゆく。

 これは、京都西陣「鵜飼商店」の鵜飼さん、京都二条「酒BAR よらむ」のヨラムさんから学んだ流儀。

 いったん熟成させ始めると、なかなか開栓するタイミングがない。

 今回は、「竹鶴」を飲みたいというリクエストに応えて、いざ開栓!


 常温でいただきます。

 フロスト瓶なので、中の様子がわかりにくかったけれど、お猪口に注いでみて判明。

小笹屋竹鶴 生もと純米原酒2006BYの色

 約6年の常温熟成を経て、オリがしっかり出ている。 熟成酒は、オリが出てくると味わいが飛躍的に良くなる。 飲みごろですね。

 稲ワラ、米粉、さつまいも、レーズン。

 おだやかで複雑な香りの中に、生もと由来のヨーグルト様の香りが息づいている。

 よけいな甘味・重みはなく、ドライで軽快な飲み口は健在。 熟成で育った旨味・苦味が味わいに起伏をつける。

 このお酒がもともと持っていた魅力に、円熟した風格が加わった。


 ぬる燗にすると、複雑さが消えて、ぼんやりとした味わいになってしまった。 どうやら、常温がベストかな。


 開栓の時期は間違っていなかった!

 ブリかま焼き、アイナメ刺身、湯豆腐とともに堪能しました。



【広島県竹原市 竹鶴酒造】 純米酒(生もと、無濾過、原酒)
 1800ml:5000(5250)円   720ml:2500(2625)円
 アルコール度数:18.9   日本酒度:+17.5
 原料米:雄町(広島県竹原市大和産)   精米歩合:70%
 酵母:無添加(蔵付天然酵母)   酸度:1.7


「竹鶴」「小笹屋竹鶴」「清酒竹鶴」の過去の記事
「清酒竹鶴 雄町純米」(2006年02月2005年07月2004年02月
「清酒竹鶴 純米酒」(2010年06月2008年11月2004年04月
「清酒竹鶴 純米にごり酒」(2013年02月
「清酒竹鶴 合鴨農法米 純米酒」(2007年02月2004年01月
「清酒竹鶴 生もと純米」(2010年03月

「小笹屋竹鶴 大和雄町 純米無濾過原酒」
 (↑2006年02月2005年01月
「小笹屋竹鶴 大和雄町 純米無濾過生原酒」
 (↑2007年03月2007年04月
「小笹屋竹鶴 宿根雄町 純米無濾過原酒」(2005年01月
「小笹屋竹鶴 宿根雄町 純米無濾過生原酒」(2007年04月
「小笹屋竹鶴 生一本 番外 純米無濾過原酒」
 (↑2009年07月2005年02月
「小笹屋竹鶴 純米吟醸 無濾過原酒」(2008年02月2006年02月
「小笹屋竹鶴 生もと純米 無濾過原酒」(2010年03月2006年11月

「竹鶴 雄町純米 にごり」
 (↑2011年08月2009年04月2007年12月2006年12月
「竹鶴 熟成純米原酒(12BY) 八反」(2007年02月
「竹鶴 雄町純米 無濾過生原酒」
 (↑2012年11月2011年04月2006年03月
 屋号を冠した「小笹屋竹鶴」が純米原酒、「清酒竹鶴」は加水した通常商品の純米酒、「竹鶴」は季節商品やPBなど少量限定の純米酒となっている


rain_of_tears at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月01日

出羽桜 純米吟醸 しぼりたて生原酒 雄町3

出羽桜 純米吟醸 しぼりたて生原酒 雄町 池袋東武で試飲・購入。

 元日に、祖父母の家に親族で集まって飲む。

 池袋東武の「出羽桜」の試飲販売に、雄町のお酒が初登場。 山形の酒蔵が、岡山の雄町を使うのはめずらしい。

 そして何より、飲んでおいしい!

 めずらしさより、試飲して納得の味ということのほうが大事ですね。 ということで購入。


 「出羽桜」らしい、桃・リンゴ・メロンなどを思わせる、さわやかな果実香。

 香りが突出して華美な印象になるようなことがないのは、きっと、味もしっかりとしていて香味のバランスが取れているから。

 ふんわりとやわらかく広がってゆくのではなく、高い密度で求心的にまとまるところ、酸味・苦味でシャープな後口になっているところに、雄町らしさを感じる。



 いつもの「出羽桜」よりも味がしっかりしている。 知っている「出羽桜」とはイメージがちがう。 肯定的な文脈で、そんな感想が出ました。

 最初の「陸奥八仙 青ラベル ふなざけ」に続いて大好評。 人数がいると、500mlビンでは足りませんね。



【山形県天童市 出羽桜酒造】 純米吟醸(生、原酒)
 500ml:1238(1300)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+5
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:50%
 酵母:山形酵母   酸度:1.6


過去の「出羽桜」の記事
「出羽桜 微発泡 吟醸にごり とび六」(2008年12月
「出羽桜 桜花 吟醸酒」(2012年10月2012年04月
「出羽桜 特別純米酒」(2009年01月
「出羽桜 一耕 純米酒」(2004年04月

rain_of_tears at 09:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月21日

白鴻 純米吟醸 無濾過生詰原酒 広島雄町3

白鴻 純米吟醸 生詰原酒 広島雄町 池袋西武で試飲・購入。

 お酒はもちろん、社長の人柄も好きな「白鴻」。 今回の試飲販売でも、おもしろいお話とお酒が楽しめました。

 「白鴻」は、千本錦・八反35号・広島雄町という3種類の地元産米を使い分けた、純米吟醸無濾過生原酒シリーズが人気。

 なかでも広島雄町バージョンは、落ち着いた旨味と鋭い切れが魅力。 熟成で、さらに魅力が増すお酒でもある。

 そんな広島雄町バージョンを、1回火入れした後に蔵でこっそり(?)熟成させていたとのこと。 まだ正式に商品化していないものの、今回の試飲販売で試験的に発売していた。


 おー、すごい! そして、試飲して納得!

 2010BYと2011BYの2種類を飲みくらべて、より落ち着きが増した2010BYを購入。

 まずは冷温でいただきます。

 約2年の熟成により、軽く色づきはじめている。 吟醸香や涼やかな飲み口がさわやか。 ただ、香味ともに閉じこもっている印象。



 常温からぬる燗で本領発揮。

 藤の花のような香りで、サラサラとした感触と、とろみを帯びたまろやかな口当たりが共存している。 蔵の高級酒「沙羅双樹」シリーズにも共通する、上品な雰囲気だ。

 熟成して味が乗ってきているようすは、鳥取「千代むすび ゲゲゲの純米吟醸」にも通じるところがある。

 やさしい甘味をシャープな酸が支え、さらにその土台にはおだやかな旨味がある。 そのバランスが、ドライなのに味があって、不思議な軽さとふくらみがある酒質を成り立たせている。



 口当たりに甘味を感じさせる雄町。 熟成で花開く雄町。 切れの鋭い雄町。 各所に雄町らしい魅力がある。



【広島県呉市 盛川酒造】 純米吟醸(無濾過、生詰、原酒)
 720ml:1900(1995)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+6
 原料米:雄町(広島県産)   精米歩合:60%
 酵母:せとうち21号


「白鴻」の過去の記事
「白鴻 純米吟醸 無濾過生原酒 千本錦(赤ラベル)」
 (↑2009年05月2006年10月2004年10月
「白鴻 純米吟醸 無濾過生原酒 八反35号(黄ラベル)」
 (↑2011年08月2008年08月2007年09月2006年10月
「白鴻 純米吟醸 無濾過生原酒 広島雄町(水色ラベル)」
 (↑2007年07月
「白鴻 特別純米 無濾過生原酒(深緑ラベル)」(2011年04月
「白鴻 瀬戸の煌 吟醸生貯蔵酒」(2009年08月
「白鴻 純米軟水仕込み ひやおろし 秋宵」(2006年11月
「白鴻 純米軟水仕込み 原酒(青ラベル)」(2005年10月

rain_of_tears at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月11日

玉川 純米吟醸 雄町 2009(H21)BY / 玉川 純米吟醸 手つけず原酒4

玉川 純米吟醸 雄町玉川 手つけず原酒 東京駅地下「はせがわ酒店 Gransta店」にて購入。

 先日に続いての「玉川」!

 今回の2本は、ともに純米吟醸。 ただし、1本は3年熟成で、もう1本は新酒。

 ずいぶんと味わいに差がありそうで、楽しい飲みくらべになりそう。

玉川 手つけず原酒と雄町の色

 グラスに注いでみると、そのちがいは一目瞭然。

 緑ビンの「玉川 雄町」は、3年熟成らしい、うっすらとした色づき。

 熟したメロン・マンゴーのような香りをはじめ、お米の香りも立つ。 樹皮やドライフルーツのような含み香には、熟成酒の雰囲気がある。

 まろやかな口当たりながら、中盤以降はドライ。 まろやかでドライという不思議な飲み口。

 甘味を排したクリアな中を、複雑な旨味と酸味が目いっぱいに広がる。 練れた味わいには、甘味さえ想起させるやさしい一面もある。

 温度、食べながら、各条件によって表情が変わる懐の深いお酒だ。



 黒ビンの「玉川 手つけず原酒」は、ほとんど無色。 しかし、細かい炭酸が現れて、グラスにくっついたのにはびっくり。 さすが、しぼってそのままビン詰めしたお酒です。

 ヨーグルト様の香りに、リンゴの香りがフレッシュ。 甘酸っぱい口当たりはインパクト大。 ただ、味わいは単調といえば単調かもしれない。

 木を思わせる含み香に、「玉川」の一貫した個性を感じる。

 強い酸味や炭酸だけでなく、三つ葉のようなハーブを思わせる苦味が、スッキリ感をさらに引き立てる。



 円熟した複雑な味わいを楽しむなら、「玉川 雄町」。 爽快な飲み口を楽しむなら、「玉川 手つけず原酒」。 濃醇で落ち着いた旨味という根幹は同じながら、まったく別の個性を感じさせる。

 おもしろい飲みくらべができました。



【京都府京丹後市久美浜町 木下酒造
「玉川 純米吟醸 雄町」 純米吟醸(無濾過)
 好み度:4(★★★★)
 1800ml:2857(3000)円   720ml:1428(1500)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+2
 原料米:雄町   精米歩合:60%
 酸度:1.7

「玉川 純米吟醸 手つけず原酒」 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 720ml:1714(1800)円
 好み度:3(★★★)
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+3
 原料米:五百万石   精米歩合:60%
 酵母:協会9号   酸度:2.5


「玉川」の過去の記事
「玉川 生もと純米 自然仕込 コウノトリラベル 生」(2011年03月
「玉川 生もと純米 自然仕込 コウノトリラベル」(2010年02月
「玉川 山廃純米 自然仕込 無濾過生原酒」(2011年02月
「玉川 山廃純米 自然仕込 ひやおろし」(2010年11月
「玉川 山廃純米 自然仕込 にごり」(2012年12月2011年10月
「玉川 特別純米 無濾過生原酒」(2010年03月
「玉川 純米吟醸 無濾過生原酒 Ice Breaker」(2010年11月
「玉川 玉龍 山廃純米大吟醸 自然仕込 生」(2011年12月

rain_of_tears at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月24日

花巴 純米無濾過生原酒 速醸 山田錦 / 山廃 備前雄町4

花巴 速醸 山田錦花巴 山廃 備前雄町 京都西陣の「鵜飼商店」にて購入。

 6月に購入して、常温熟成後に開栓。

 「花巴」は、純粋培養した酵母を添加せず、蔵付天然酵母によるお酒づくりに力を入れる。

 今回はそんな「花巴」の酵母無添加のお酒を飲みくらべます。

 まずは色を見てみよう!

花巴 酵母無添加の色


 速醸の山田錦(左側)は、無濾過・熟成の影響で軽いコハク色。 山廃の備前雄町(右側)は、うっすらとにごっている。


 では、速醸の山田錦を飲んでみます。

 無菌状態をつくるために人工の乳酸は添加するものの、その後は空気中をただよう酵母に任せるという、めずらしいつくりのお酒。

 麹の香りにくわえ、酸味を想起させる雰囲気もある。 さらに、生熟成のナッツ様の香り、熱を通したトマトのような植物的な香りもひそむ。

 口当たりはまろやかで、ラムレーズンのような含み香にともなって、独特の甘味・苦味から入る。 複雑・濃厚な飲み口で、強い酸がキリっと後口を引き締める。

 余韻も複雑で、すばらしい飲みごたえ。 燗でゆっくりと、濃厚な味わいを堪能したい。



 次に、山廃の備前雄町。

 ヨーグルト様の乳酸の香りがさわやか。 乳酸の風味が前面に出ていて、甘酸っぱさ全開でさわやかな飲み口。

 ただ、そのぶん、速醸の山田錦とくらべると複雑さに欠ける印象。 冷温〜常温で、鮮烈な味わいを楽しみたい。


 色も香味も、想像以上に異なっている。 どちらも濃醇で譲れない個性があって、どちらも好み!



【奈良県吉野郡吉野町 美吉野醸造
「花巴 純米無濾過生原酒 速醸 山田錦」
 純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:4(★★★★)
 1800ml:2500(2625)円   720ml:1250(1312)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+2
 原料米:山田錦(奈良県産)   精米歩合:70%
 酵母:無添加(蔵付天然酵母)   酸度:2.5

「花巴 純米無濾過生原酒 山廃 備前雄町」
 純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:4(★★★★)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+7
 原料米:備前雄町(岡山県産)   精米歩合:65%
 酵母:無添加(蔵付天然酵母)   酸度:2.8


「花巴」の過去の記事
「花巴 山廃 特別純米 無濾過生原酒」(2011年03月
「花巴 太古の滴 菩提もと純米 無濾過生原酒」(2009年03月

rain_of_tears at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月18日

燦然 特別純米酒 ひやおろし 生詰原酒 備前雄町4

燦然 特別純米原酒 ひやおろし 池袋西武で試飲・購入。

 昨年の同時期につづき、池袋西武では2度目の試飲販売。

 どのお酒も個性的で、魅力的。 まだまだ知られていない蔵かもしれないけれど、要注目です。

 昨年飲んで気に入った「燦然 特別純米酒 ひやおろし 備前雄町」を今年も購入。


 よっしん父は知らない蔵とのこと。 では、お試しを!

 このお酒は、冷温〜常温と燗とでは、劇的に味わいが変化する。


 まずは常温でいただきます。

 白玉粉のような香りに、バナナ様の香りがひそむ。 トロリとした感触の非常にまろやかな口当たりで、甘味を想起させる。

 「なんじゃこりゃあ」

 その独特の口当たりに、よっしん父もびっくり。


 では、燗にしていただきます。

 甘味を感じるまろやかな飲み口はそのままに、お米らしい香味がふくらむ。 野菜のようなさわやかな苦味と、穀物らしいおだやかな旨味が堪能できる。

 後口にはバターのような雰囲気も出てきて、酸もしっかり活躍する。 スルリと流れて、ストンと切れる。 すばらしい総合力。


 「これほど切れの良い酒もめずらしい」「燗で大化けする」

 そのとおり、まだ知られていないのが不思議に思えるほどのお酒です。 昨年にまして、魅力を感じました。



【岡山県倉敷市 菊池酒造】 特別純米酒(生詰、原酒)
 1800ml:2838(2980)円   720ml:1333(1400)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+4
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:65%
 酸度:1.7


「燦然」の過去の記事
「燦然 特別純米酒 ひやおろし 生詰原酒 備前雄町」(2011年12月

rain_of_tears at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月16日

竹鶴 雄町純米 無濾過生原酒4

 池袋東口の「坐唯杏」にて飲む。

 「鷹長 菩提もと」の次は、「竹鶴 雄町純米 無濾過生原酒」。


 このお酒は説明不要。 飲めばわかる。

 ということで、何も情報を持たないままYさんに飲んでもらいました。

 「酸っぱくて、濃くて、おいしい。」


 すばらしく的確な反応・感想をいただきました。 そして、日本酒に対して先入観のないYさんは、やはり濃醇酒にも抵抗がない。

 この「竹鶴 雄町純米 無濾過生原酒」は、他の蔵では実現不可能なほどの、豊かな旨味と強烈な酸、鋭い切れを持つお酒。

 多種多様の日本酒を楽しむ才能を持った人に出会えると、うれしいですね。 そして、そんな人と濃醇な「竹鶴」を楽しむ瞬間も楽しいです。



【広島県竹原市 竹鶴酒造】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+9
 原料米:雄町(広島県産)   精米歩合:65%
 酵母:協会6号   酸度:3.6


「竹鶴」「小笹屋竹鶴」「清酒竹鶴」の過去の記事
「清酒竹鶴 雄町純米」(2006年02月2005年07月2004年02月
「清酒竹鶴 純米酒」(2010年06月2008年11月2004年04月
「清酒竹鶴 合鴨農法米 純米酒」(2007年02月2004年01月
「清酒竹鶴 生もと純米」(2010年03月

「小笹屋竹鶴 大和雄町 純米無濾過原酒」
 (↑2006年02月2005年01月
「小笹屋竹鶴 大和雄町 純米無濾過生原酒」
 (↑2007年03月2007年04月
「小笹屋竹鶴 宿根雄町 純米無濾過原酒」(2005年01月
「小笹屋竹鶴 宿根雄町 純米無濾過生原酒」(2007年04月
「小笹屋竹鶴 生一本 番外 純米無濾過原酒」
 (↑2009年07月2005年02月
「小笹屋竹鶴 純米吟醸 無濾過原酒」(2008年02月2006年02月
「小笹屋竹鶴 生もと純米 無濾過原酒」(2010年03月2006年11月

「竹鶴 雄町純米 にごり」
 (↑2011年08月2009年04月2007年12月2006年12月
「竹鶴 熟成純米原酒(12BY) 八反」(2007年02月
「竹鶴 雄町純米 無濾過生原酒」(2011年04月2006年03月
 屋号を冠した「小笹屋竹鶴」が純米原酒、「清酒竹鶴」は加水した通常商品の純米酒、「竹鶴」は季節商品やPBなど少量限定の純米酒となっている


rain_of_tears at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年10月21日

弥右衛門(大和川) 純米吟醸 無濾過生 雄町3

大和川 純米吟醸 無濾過生 雄町 池袋西武で試飲・購入。

 「会津中将」を開栓するときに、同じ福島県のお酒ということで、この「弥右衛門 雄町」も開栓。

 「弥右衛門」「大和川」は、お米づくりに力を入れる蔵。

 喜多方市に14町歩もの自社田を擁し、福島でおなじみの五百万石・夢の香をはじめ、西日本の酒米である山田錦・雄町も自家栽培する。


 現在では、新潟「鶴齢」が上越市産、山形「白露垂珠」が鶴岡市産、山形「くどき上手」が石巻市産、宮城「綿屋」が大崎市産、秋田「雪の茅舎」が由利本荘市産の山田錦をそれぞれ使用する。

 北上を続ける山田錦栽培地だが、1997年から自社田で山田錦栽培を開始した「大和川」は、寒冷地での山田錦を栽培する先駆者的存在だ。

 さらに「大和川」は、山田錦よりも晩生の品種である雄町をも栽培する。 今回の「弥右衛門 雄町」は、そんな喜多方産の雄町をつかったお酒。


 冷温でいただきます。

 グレープフルーツ様のさわやかな香りが、酸味を想起させる。

 生酒らしいなめらかな口当たりで、香りの印象どおり、さわやかな酸味・苦味が奔放に活躍するヤンチャな飲み口。

 キレイな「会津中将 中汲み」とは、好対照だ。

 若々しくシャープな酒質が、いかにも雄町らしい。 東北でも、雄町は雄町なんだなぁと実感しました。

 ということは、熟成してから燗で飲むと、それもまたきっとおいしいんだろうなぁ。



【福島県喜多方市 大和川酒造店】 純米吟醸(無濾過、生)
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:16.5   日本酒度:+5
 原料米:雄町(福島県喜多方市産)   精米歩合:55%
 酸度:1.4   アミノ酸度:1.2


「大和川(弥右衛門)」の過去の記事
「大和川 純米吟醸 活性にごりもろみ酒」(2006年12月
「大和川 純米無濾過生原酒 滓がらみ」
 (↑2007年08月2006年08月2005年09月2003年10月
「大和川(弥右衛門) 純米 活性にごり 生」(2010年01月
「大和川(弥右衛門) 特別純米 山廃仕込」(2010年11月
「大和川 純米 木桶仕込み 生」(2009年02月
「大和川 純米 木桶仕込み」(2005年12月
「大和川 カスモチ原酒 弥右衛門酒 しぼりたて生」(2011年10月
「大和川 カスモチ原酒 弥右衛門酒」(2003年10月

rain_of_tears at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年08月04日

悦凱陣 純米吟醸 興 / 純米 亀の尾 / 純米吟醸 雄町・山田錦4

悦凱陣 興悦凱陣 山廃 亀の尾悦凱陣 雄町・山田錦 池袋東口の「日本酒BAR 希紡庵」にて飲む。

 メニューが入れ替わりつづけるなか、今日は「悦凱陣」が3種スタンバイ。

 おー、これは貴重な機会。

 さっそく、飲みくらべてみよう!


悦凱陣 興 まずは、「悦凱陣 純米吟醸 興」。

 一般的な純米吟醸とくらべれば濃醇で個性的、「悦凱陣」にしてはキレイでおとなしい。

 プリンスメロン、きゅうりなど、ウリ科の野菜のような、みずみずしくさわやかな香り。

 中硬水らしい密度を感じる口当たりのお酒は、緻密な酸で満たされている。



悦凱陣 山廃 亀の尾 次は、「悦凱陣 山廃純米 亀の尾」。

 神奈川「いづみ橋」が地元で栽培した、海老名産の亀の尾を使ったお酒だ。

 「いづみ橋 山廃純米 亀の尾」は、個性的で好きなお酒。

 同じお米を「悦凱陣」が使うと、どうなるのかな?

 お米らしい香りに、生酒らしい麹の香りが重なる。 酸味・旨味が存分に広がって、飲みごたえ抜群。 それなのに、甘味は切れているぶん、飲み口はクリア。

 「いづみ橋」とはまったく別個性で、「悦凱陣」らしい酒質。 ともに、味わいにメリハリがあって好みだ。 どうやら海老名産の亀の尾は、蔵の個性を引き出すのが得意みたい。


悦凱陣 雄町・山田錦 最後は、「悦凱陣 純米吟醸 雄町・山田錦」。

 麹米と掛米という使い分けではなく、雄町と山田錦を半々の量で使ったお酒とのこと。

 3種類のなかで、このお酒がいちばん果実香があって鮮やか。 味わいがなめらかに、ゆっくりと展開してゆく。

 最初に飲んだ「悦凱陣 純米吟醸 興」が味のトーンを落とした繊細なタイプなのに対し、こちらは味わいの量のかわりに質を優先的に取り込んだ、鮮やかで優雅なタイプ。


 お米も磨きかたもちがうので、単純な比較はできないけれど、それぞれに個性がある。 しかし同時に、ミネラル・塩気・苦味を感じる点に、一貫した「悦凱陣」らしさが感じられる。

 おもしろい飲みくらべができた。



【香川県仲多度郡琴平町 丸尾本店】
「悦凱陣 純米吟醸 無濾過生原酒 興」
 純米吟醸(無濾過、生、原酒) 2011(H23)BY
 好み度:3(★★★)
 1800ml:3800(3990)円   720ml:2000(2100)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+8
 原料米:八反錦(広島県産)   精米歩合:50%
 酵母:協会9号   酸度:1.4

「悦凱陣 山廃 純米無濾過生原酒 亀の尾」
 純米酒(山廃、無濾過、生、原酒) 2011(H23)BY
 好み度:4(★★★★)
 1800ml:3500(3675)円   720ml:1750(1837)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+7
 原料米:亀の尾(神奈川県海老名産)   精米歩合:70%
 酵母:協会9号   酸度:2.4

「悦凱陣 純米吟醸 無濾過生原酒 雄町・山田錦」
 純米吟醸(無濾過、生、原酒) 2011(H23)BY
 好み度:3(★★★)
 1800ml:4700(4935)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+9
 原料米:雄町・山田錦   精米歩合:50%
 酵母:協会9号   酸度:1.6


「悦凱陣」の過去の記事
「悦凱陣 純米無濾過生原酒 丸尾神力」
 (↑2010年03月2005年07月04月2003年11月
「悦凱陣 山廃 純米無濾過生原酒 赤磐雄町」(2005年11月
「悦凱陣 山廃 純米無濾過生原酒 オオセト」(2011年02月
「悦凱陣 純米無濾過生原酒 さぬきよいまい」
 (↑2011年02月2007年03月
「悦凱陣 純米吟醸 無濾過生原酒 五百万石」(2007年05月
「悦凱陣 手造り純米酒 オオセト」(2004年11月
「悦凱陣 純米吟醸 興」(2007年01月
「悦凱陣 手造り本醸造」(2004年02月

rain_of_tears at 17:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年07月20日

秋鹿 生もと純米 無濾過生原酒 七号酵母 雄町4

秋鹿、生もと雄町 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 「ハカセ、このお酒、知ってますか?」

 おー、「秋鹿」の生もと! しかも雄町! 初めて見た。

 ということで、さっそく熱めの燗でいただきます。

 香りはおだやかでクセがなく、静かな印象。 かすかに生酒特有の麹の香りが感じられる。

 「秋鹿」らしい、甘味を切って酸味を突出させたシャープな飲み口。 伸びやかに展開し、スケールの大きさを感じる。

 そんな「秋鹿」独特の力強さを、やわらかい乳酸の雰囲気や豊かな旨味が受け止めて、肉付けする。

 後半に鋭く切れ上がるところは、山田錦にはない、雄町らしい魅力だ。


 少し冷めてくると、麹の香りを感じやすくなり、より酸味が際立つ。 みずみずしい味わいが楽しめる、ぬるめの温度帯も好みだなあ。


 濃醇なのに重くない。 それがこのお酒の最大の魅力だ。 味が濃いのに飲みやすいから、次のひと口が欲しくなる。

 野球でいえば、回転数の少ない速球が重い(打球が飛ばない)のに対し、回転数の多い速球が軽い(打球が飛ぶ)ことにも似ている。

 同じような強烈さに思えても、同じような数値でも、重い・軽いという中身の差は存在する。 そんなことをあらためて実感した。



【大阪府豊能郡能勢町 秋鹿酒造】 純米酒(生もと、無濾過、生、原酒)
 1800ml:3200(3360)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+7
 原料米:雄町(能勢町産)   精米歩合:70%
 酵母:協会7号   酸度:1.8   アミノ酸度:1.2


「秋鹿」の過去の記事
「秋鹿 純米大吟醸無濾過原酒 一貫造り 嘉村壱號田」
 (↑2004BY(2010年03月)、2002BY(2007年03月
   2001BY(2004年11月05月
「秋鹿 純米大吟醸 袋吊雫 生 奥鹿之助」(2007年10月
「秋鹿 純米大吟醸生原酒 速醸もと 七號酵母」(2010年05月
「秋鹿 純米吟醸 無濾過原酒 一貫造り もへじ」
 (↑2011年11月01月2009年05月2006年11月2004年02月
   2003年10月
「秋鹿 純米吟醸 無濾過生原酒 一貫造り もへじ」
 (↑2010年09月02月2008年08月05月2007年11月
   2005年09月
「秋鹿 山廃純米吟醸 無濾過原酒」
 (↑2009年03月2007年05月2004年04月
「秋鹿 山廃純米吟醸 無濾過生原酒」(2006年04月
「奥鹿 山廃純米吟醸」
 (↑2005BY:2011年01月、2006BY:2011年01月
「奥鹿 生もと純米生原酒」(2011年03月
「奥鹿 生もと純米原酒」(2011年08月
「奥鹿 速醸 純米無濾過原酒」(2011年11月
「秋鹿 山廃特別純米酒 雄町 無濾過生原酒 槽搾直汲 七号酵母」
 (↑2010年06月2009年09月2007年09月05月04月03月
   2005年03月
「秋鹿 山廃特別純米酒 雄町 無濾過原酒 七号酵母」(2010年04月
「秋鹿 山廃特別純米酒 山田錦 無濾過生原酒 七号酵母」
 (↑2011年10月2010年11月03月2009年07月02月
「秋鹿 純米吟醸 大辛口 無濾過生原酒」(2011年12月
「秋鹿 山廃特別純米酒 山田錦 無濾過原酒 七号酵母」
 (↑2008年12月11月
「秋鹿 純米吟醸 槽搾直汲 超辛口」
 (↑2011年02月2008年01月2007年02月
「秋鹿 純米吟醸 槽搾直汲 無濾過生原酒」
 (↑2009年01月2008年03月2007年01月
「秋鹿 朴 特別純米無濾過生原酒 桶貯蔵常温熟成」(2009年03月
「秋鹿 生もと純米生原酒」(2009年03月
「秋鹿 特別純米 槽搾直汲 無濾過生原酒」(2008年03月
「秋鹿 純米無濾過生原酒」(2010年12月2009年02月
「秋鹿 純米吟醸 多酸古酒 1997BY 仕込第参拾弐號 槽口直汲 山田錦」(2010年06月
「秋鹿 純米吟醸 多酸酵母 1997BY」(2006年12月
「秋鹿 クレマンドノゼ 1998BY」(2006年12月
「秋鹿 霙もよう 純米吟醸にごり生酒」(2010年04月2005年03月
「秋鹿 純米酒 あらごし生酒」(2005年02月
「秋鹿 純米吟醸 阿波山田錦 ひやおろし」(2011年03月
「秋鹿 純米吟醸 能勢山田錦 ひやおろし」(2007年09月
「秋鹿 純米無濾過原酒 雄町 精米80%」(2007年07月
「秋鹿 純米無濾過原酒 山田錦 精米80%」
 (↑2011年02月2010年11月03月

rain_of_tears at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月30日

天遊琳 純米吟醸 雄町 2002BY4

天遊琳 純米吟醸 備前雄町 2002 池袋東武で見かけて購入。

 購入後、ひきつづき自宅で常温熟成を続けた後、セバさん宅に持参して飲む。

 引越しお疲れさまです! 新居で心機一転ですね!

 よっしんとセバさんは、濃醇な熟成酒を燗で飲むのが好き。 そして、2人とも「天遊琳」のファン。

 また、「天遊琳」のタカハシ酒造といえば、伊勢神宮の御神酒づくりに携わる蔵。

 国内外の神話に詳しく、神道・神社への造詣も深いセバさんのお祝いにふさわしいと思い、秘蔵の「天遊琳 純米吟醸 雄町 2002BY」を開栓。


 まずは常温でいただきます。

 9年半の歳月を経てゆっくりと生まれたのだろう、アーモンド様のおだやかな熟成香。 お米らしい香りも健在。 鼻をつく、こげたようなクセのある熟成香とは無縁だ。

 「天遊琳」らしい、非常にまろやかな口当たり。 やさしく練れた甘味と旨味がトロリと流れ、しだいに力強い酸味が主体となってゆく。

 香りといい味といい、さまざまな要素が複雑に展開しながらも、奔放に散らばることなく、キレイにまとまっている。 渾然一体という表現がピタリとくる。


 いよいよ、ぬる燗にしていただきます。

 重心の低い印象だった常温から一変し、お米をよく磨いたお酒らしい、洗練された軽やかさが現れた。

 温めたことで、お米らしい旨味がより引き立ち、まろやかな飲み口にドライな雰囲気が加わった。

 そして、雄町の魅力である鋭い切れが増し、味わいが鮮やかになった。

 おだやかで、まろやかで、切れが良く、余韻も深い。

 よっしん「これは・・・すごいお酒だね」
 セバさん「うまい・・・ものすごくうまい」

 2人とも、感動のために言葉が続かなかった。 このお酒の余韻に、感動に、もっとひたっていたい。 そう思わせるお酒だった。


【三重県四日市市 タカハシ酒造】 純米吟醸(無濾過)
 アルコール度数:16.5   精米歩合:55%
 原料米:雄町(岡山県産)


「天遊琳」の過去の記事
「天遊琳 純米吟醸50 阿波山田錦 2002 生」
 (↑2010年09月2009年03月2008年10月
「天遊琳 純米吟醸 2003 山田錦 生」(2008年04月
「天遊琳 純米吟醸 阿波山田錦 2003BY」(2007年05月
「天遊琳 特別純米酒 限定直汲み 生」(2011年02月
「天遊琳 特別純米酒 生」(2010年03月2009年01月2008年04月
「天遊琳 特別純米酒 限定瓶囲い」(2008年11月2005年01月
「天遊琳 特別純米酒 2003」(2011年02月2007年08月
「天遊琳 純米雄町 生」(2007年04月02月
「天遊琳 秘蔵純米酒 2003」(2011年07月
「天遊琳 手造り純米酒 伊勢錦2009」(2010年12月
「天遊琳 手造り純米酒 伊勢錦2003 中取り瓶囲い」
 (↑2010年03月2008年01月
「天遊琳 手造り純米酒 夏純」(2009年07月
「天遊琳 牡蠣限定 純米酒」(2007年11月2006年11月
「伊勢の白酒 純米生活性にごり酒」(2007年05月02月

rain_of_tears at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月25日

川鶴 純米大吟醸 袋しぼり無濾過生原酒 山田錦・オオセト / 川鶴 特別純米 無濾過生原酒 雄町3

川鶴 純米大吟醸 無濾過生原酒 山田錦川鶴 特別純米 無濾過生原酒 雄町 池袋東武で試飲・購入。

 2011年2月から、池袋東武に入る問屋さんが代わった。

 そのため、各地の蔵が集まる催事にも、少しずつ新しい蔵が来店するようになった。

 そんな新顔のひとつが香川「川鶴」。

 「川鶴 純米大吟醸」は2011年秋に、「川鶴 特別純米」は2012年春に購入。

 それぞれ常温で飲みくらべてみよう!

 まずは純米大吟醸から。

 お米をよく磨いたお酒らしい上品な香りと、生特有の麹の香りとが合わさって、甘くやさしい雰囲気。

 そのわりに、飲んでみると意外に甘さはひかえめ。 緻密な酸と麹の風味、お米らしい旨味が重なり合って、純米酒らしい複雑さを感じる。

 それでいて軽妙。 すごいお酒だ。


 次は特別純米。

 桃のような甘い香りがクドい印象。 真相はわからないけれど、この香りは協会1801号酵母なのかな。 埼玉「鏡山 純米無濾過生原酒 雄町」によく似ている。

 麹の香りと濃厚な味わいは嫌いではないけれど、香りが苦手だなあ。

 雄町好きの人も、こちらの特別純米ではなく、純米大吟醸のほうが好みだという感想を残してくれた。



【香川県観音寺市 川鶴酒造】
「川鶴 純米大吟醸 袋しぼり無濾過生原酒 山田錦・オオセト」
 純米大吟醸(無濾過、生、原酒)
 好み度:3(★★★)
 720ml:2000(2100)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+5
 原料米:(麹米)山田錦、(掛米)オオセト
 精米歩合:(麹米)45%、(掛米)50%
 酵母:協会9号   酸度:1.4

「川鶴 特別純米 無濾過生原酒 雄町」
 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 好み度:2(★★)
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1400(1470)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+4
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:60%
 酸度:1.6

rain_of_tears at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月20日

貴 純米吟醸 雄町50 中取り 無濾過生原酒 おりがらみ3

貴 純米吟醸 無濾過生原酒 雄町 池袋東武で見かけて購入。

 「貴」の通常商品を常備し、季節限定商品も随時入荷する池袋東武。

 今回の「貴 雄町 生」も、冷蔵ケースに入っているところを発見して、まよわず即購入。

 写真からも見てわかる(?)ように、ビンの底がうっすらと白くにごっている。

 開栓して、まずはうわずみを飲んで、それからにごり部分を混ぜて飲もう。 そんな予定を思い描きながら開栓する。

 すると、シュワシュワ・・・と、ビン内から次々に炭酸が湧き上がる。

 おおー、注意書きがなかったので油断していた! あやうく噴きこぼれるところだった。 さすが、元気の良い「貴」です。

 底にわずかに沈んでいたにごり部分が、元気な炭酸に舞い上げられて、お酒全体がうっすらとにごってゆく。

 あれ? 想像以上ににごった。 しばらく、うわずみは飲めそうにない。


 予定とは異なる展開におどろきつつも、しかたない(がまんできない)! にごった状態でいただきます。

 お米の香りに、マスカット様の涼やかかな香りもひそむ。

 第一印象は、お米らしさあふれる太い味わい。 しだいに、おだやかな旨味や、乳酸の雰囲気も感じられるようになってくる。

 この分厚い味わいが「貴」の魅力ですね〜。 うまし!

 冷えた状態では、炭酸も手伝ってさわやかな飲み口。 温めて炭酸が抜けると、パワフル。 サラサラとした米粒の感触も目立ってくる。

 温度によって大きく表情が変わるお酒。 ただ、その根底には、ドライで切れ味鋭い酒質が貫かれている。

 色々と試してみて、好みの温度帯を探ってみる面白さがある。



【山口県宇部市 永山本家酒造場】 純米吟醸(無濾過、生、原酒)
 720ml:1600(1680)円
 アルコール度数:16.8   日本酒度:+6
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:50%
 酵母:山口9号系酵母   酸度:1.6


「貴」の過去の記事
「貴 特別純米60 直汲 無濾過生原酒」
 (↑2011年06月2009年01月2008年01月2007年01月
   2005年03月
「貴 純米吟醸 無濾過生原酒 中取り 山田錦」
 (↑2011年06月2010年04月
「貴 山廃純米 山田錦 蔵付天然酵母」(2008年01月
「貴 山廃純米 雄町 蔵付天然酵母」(2011年04月2008年01月
「貴 特別純米 備前雄町60」(2006年08月
「貴 濃醇辛口純米酒80」(2011年04月2005年01月
「貴 夏純米 発泡にごり」(2011年06月

rain_of_tears at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年02月15日

酒一筋 生もと純米吟醸2

酒一筋 生もと 純米吟醸 池袋東武で試飲・購入。

 年末年始に池袋東武のお酒売場で行われる催事は、全国各地の蔵が今シーズンのしぼりたての生酒を持ち寄る。

 そんな中で、岡山「酒一筋」は、火入れの熟成酒を持参。

 生酒の鮮烈な香味に食傷気味のところに、「酒一筋 生もと純米吟醸」の落ちついた味わい。

 やっぱり火入れの熟成酒は落ち着くね〜。 寒い時期に燗で飲むのに良いね〜。 ということで購入。


 まずは冷えた状態(冬の常温)でいただきます。

 ささやかながらも、生もとらしいヨーグルト様の乳酸の香りに、ワラのようなおだやかな香りが添えられている。

 ミネラルを感じるやや硬質な口当たりで、スッキリ感がある。 軽快・上品な飲み口で、上質な苦味が軽やかさに一役買っている。

 暖房の効いた部屋で温まってくると、しだいに緊張が解けてやわらかい飲み口になってくる。

 さりげなくドライだから、やさしいお米の旨味がふくらんでゆく様子がよくわかる。


 次にぬる燗でいただきます。

 一瞬甘味を感じたかと思うとサッとさばける、ドライな飲み口に磨きがかかる。 餅のような旨味、乳酸を基調としたしっかりとした酸、スッキリとした苦味が複雑に展開する。

 濃厚・濃醇というわけではなく、やさしく奥行きのある、深い味わい。

 さすが生もとの純米吟醸、さすが「酒一筋」です。


【岡山県赤磐市西軽部 利守酒造】 純米吟醸(生もと)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1450(1523)円
 アルコール度数:15.5   日本酒度:+3.5
 原料米:雄町(岡山県赤磐市産)   精米歩合:58%
 酸度:2.0


「酒一筋」の過去の記事
「酒一筋 純米 秋あがり」(2009年10月
「酒一筋 山廃純米吟醸 時代おくれ」(2004年11月
「酒一筋 山廃純米大吟醸 秘伝」(2004年11月試飲
「酒一筋 純米吟醸 金麗」(2005年12月試飲
「酒一筋 純米吟醸 銀麗」(2004年11月試飲
「酒一筋 純米 ひやおろし」(2006年09月試飲
「酒一筋 純米10年」(2004年05月

 「酒一筋」の利守酒造は、雄町(山田錦と並び称される酒米)の原産地、岡山県赤磐郡にある蔵。
 栽培が難しく絶えかけていた雄町を残してきた蔵で、現在も赤磐産の最高品質の雄町を使用している。
 近年では、生もと・山廃によるお酒づくりにも力を入れている。


rain_of_tears at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年01月01日

龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦/雄町/神力/山田錦(生もと) 2008BY

龍力 辰年2012
 元旦に祖父母の家で飲む。

 2012年は辰年。 辰年、龍ということで、「龍力」で乾杯。

 いやあ、本当は山田錦、雄町、神力、山田穂の4バージョンそろい踏みといきたかったのですが・・・。

 あれ? お酒置場を探しても、山田穂バージョンが見つからない!? しかたなく、山田錦の生もとの生酒で間に合わせました。

 なので、特別純米無濾過生原酒シリーズの3種類は2008BYで、生もとの生は2009BYという、ラベルも年度も異なる1種類が飛び入り参加。


 ビン内を見てみると、それぞれ底にオリが沈んでいる。 熟成が進んだ証拠ですね。 グラスに注ぐと、濃さはちがうものの、それぞれが黄金色に色づいている。

 新酒のころからお米のちがいによる味の差はあるが、熟成を経ることでさらにそれぞれの個性・方向性がはっきりとしてくる。


 なかでも山田錦バージョンは色・味ともに最も濃厚。 クルミのような熟成香と、まろやかでコッテリと濃厚な甘味・旨味がインパクト大。 この山田錦バージョンだけ熟成香が強く、これは飲み手を選びそう。

 雄町バージョンは、濃厚でありながらも切れが良く、スッキリとまとまっている印象。 シャープな酒質に旨味が肉付けされた、筋肉質なタイプ。

 神力バージョンは、甘味豊かでまろやかな飲み口で、終盤にかけて軽やかに収束する。 引き際が潔いというか、アッサリというか、余韻を引きずらない不思議な軽さがある。

 生もとバージョンは、ヨーグルト様の乳酸の香りがあって、1つだけ香りが別系統。 同じお米を使っていながら、速醸の山田錦バージョンよりも、熟成香・ボリュームともにおとなしい。 1年分、若いからかな。 乳酸の香りと酸味が目立つ、さわやかな飲み口だ。

 濃厚なラインナップなので、賛否両論。 でも、その万人受けしない個性こそが、「龍力」の魅力だ。


【兵庫県姫路市 本田商店
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦 2008BY」
 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3500(3675)円   720ml:1800(1890)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+2
 原料米:山田錦(兵庫県特A地区産)   精米歩合:65%
 酵母:協会9号   酸度:2.0

「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 雄町 2008BY」
 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3300(3465)円   720ml:1700(1785)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:±0
 原料米:雄町(岡山県赤磐郡産、有機栽培)   精米歩合:65%
 酵母:協会9号   酸度:1.9   アミノ酸度:1.7

「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 神力 2008BY」
 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3000(3150)円   720ml:1500(1575)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+3
 原料米:神力(兵庫県たつの市御津町産)   精米歩合:65%
 酵母:協会9号   酸度:1.8   アミノ酸度:1.7

「龍力 生もと 特別純米 無濾過生原酒 山田錦 2009BY」
 特別純米酒(生もと、無濾過、生、原酒)
 720ml:1800(1890)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+4
 原料米:山田錦(兵庫県特A地区産)   精米歩合:65%
 酵母:協会9号系   酸度:2.3


「龍力」の過去の記事
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦」
 (↑2011年11月2009年05月01月2007年11月
   2006年10月08月2005年10月2004年10月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦 夏にごり」
 (↑2010年07月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田穂」(2008年10月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 神力」(2008年08月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 雄町」
 (↑2011年12月2008年05月2007年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 山田錦 限定直詰無濾過生 きもと仕込み」
 (↑2008年05月
「龍力 特別純米しぼりたて 山田錦 活性にごり酒」(2008年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 雄町 活性にごり酒」(2010年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 雄町 無濾過生原酒」(2011年06月
「龍力 生もと仕込み 特別純米」(2011年01月
「龍力 純米しぼりたて」(2007年02月
「龍力 特別本醸造 蔵出し生酒」(2007年12月
「龍力 純米大吟醸 米のささやき 米優雅」(2004年12月
「龍力 特別純米 熟成雄町 1999年醸造 貯蔵タンク142号」
 (↑2009年10月
「龍力」各種試飲(2004年10月

rain_of_tears at 08:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年12月08日

燦然 特別純米酒 ひやおろし 生詰原酒 備前雄町3

燦然 特別純米 備前雄町 池袋西武で試飲・購入。

 初めて見る・飲む蔵だなあと思ったら、池袋西武にも初登場とのこと。

 社長の菊池東氏は、杜氏を務めるほか、ヴァイオリニスト・コンサートマスター・オーケストラ指揮者としても活躍する方という。

 仕込み期間中には、蔵内でモーツァルトの曲を流す。

 また、除草剤・農薬・化学肥料はもちろん、有機肥料も使わない「木村農法」による酒米栽培に取り組む。

 ずいぶんと個性的な、こだわりの蔵みたい。 もっと知りたくなる。 そして、お酒も当然気になってくる。 そんな魅力がある。

 今回購入したお酒は、地元産の雄町をそれほど磨かずに仕込んだ純米酒。 この蔵の個性の一端が感じられる商品だ。

 購入の決め手は、味わいの後半にピークが来る、好みの展開だったこと。 そして、温めたらずいぶんと変化するのでは? という予感があったから。

 まずは冷えた状態でいただきます。

 上立香は非常に静かで、しっとりとした口当たり。 アロエ・キュウリのような植物的な含み香と、落ち着いた旨味が楽しめる。

 空気に触れて常温に近づいてくると、お米らしい含み香が開き、クリーミーな口当たり・味わいに変化してゆく。

 まちがいない。 やっぱり、このお酒は燗だ!

 温めてみると、実に見事にクリ〜ミ〜。 含み香にバターのような雰囲気も出てきて、まろやかさが増す。

 終盤には、お米らしい旨味と、シャープな酸味が調和してジューシーな味わいになる。 自信が確信に変わりました(松坂大輔投手の名言)。

 またひとつ、個性的なお酒・酒蔵に出会えた。 来年も試飲販売で池袋西武に再来店することを期待しています。


【岡山県倉敷市 菊池酒造】 特別純米酒(生詰、原酒)
 1800ml:2838(2980)円   720ml:1333(1400)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:+4
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:65%
 酸度:1.7

rain_of_tears at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年12月04日

龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 雄町4

龍力 純米無濾過生原酒 雄町 池袋西武で試飲・購入。

 12月〜1月の池袋西武は例年、3蔵ずつ試飲販売が行われて大にぎわい(平常時は2蔵ずつ)。

 そんな年末年始の人気・定番の1蔵が、岩手陸前高田の「酔仙」だった。

 だった、というのは、今季「酔仙」は来店できないから。

 周知のとおり東北地方太平洋沖地震と津波により、「酔仙」の蔵は壊滅し、スタッフの命が奪われた。

 現在は仮の移転先を見つけて、新酒づくりにこぎつけたとのこと。 復興への長い道のりを応援したい。


 今季、「酔仙」の代わりに試飲販売に参加するのは、よっしんと同じく16年前に被災した兵庫「龍力」。

 今回は雄町バージョンを購入。 先日購入した山田錦バージョンとの共通点・相違点が楽しめる。

 濃い色や、メロン様・麹のさわやかな香り、コッテリと濃厚な口当たりは共通している。

 ただ、中盤以降の展開は大きく異なる。 複雑な旨味がやわらかくふくらんでゆく山田錦バージョンに対し、雄町はまとまりよくスマートに流れて鋭く切れる。

 どちらも好み〜。

 味をより多く楽しみたいなら山田錦バージョン、鋭い切れを楽しみたいなら雄町バージョンかな。


【兵庫県姫路市 本田商店】 特別純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:3300(3465)円   720ml:1700(1785)円
 アルコール度数:18.5   日本酒度:±0
 原料米:雄町(岡山県赤磐郡産、有機栽培)   精米歩合:65%
 酵母:協会9号   酸度:1.9   アミノ酸度:1.7


「龍力」の過去の記事
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦」
 (↑2011年11月2009年05月01月2007年11月
   2006年10月08月2005年10月2004年10月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田錦 夏にごり」
 (↑2010年07月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 山田穂」(2008年10月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 神力」(2008年08月
「龍力 特別純米 無濾過生原酒 氷温貯蔵 雄町」
 (↑2008年05月2007年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 山田錦 限定直詰無濾過生 きもと仕込み」
 (↑2008年05月
「龍力 特別純米しぼりたて 山田錦 活性にごり酒」(2008年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 雄町 活性にごり酒」(2010年02月
「龍力 特別純米しぼりたて 雄町 無濾過生原酒」(2011年06月
「龍力 生もと仕込み 特別純米」(2011年01月
「龍力 純米しぼりたて」(2007年02月
「龍力 特別本醸造 蔵出し生酒」(2007年12月
「龍力 純米大吟醸 米のささやき 米優雅」(2004年12月
「龍力 特別純米 熟成雄町 1999年醸造 貯蔵タンク142号」
 (↑2009年10月
「龍力」各種試飲(2004年10月

rain_of_tears at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年11月15日

酉与右衛門(よえもん) 純米生原酒 雄町 斗ビン取り H20(2008)BY 仕込み18号3

よえもん 雄町 浦和駅西口ガード下の「和浦酒場(本店)」にて飲む。

 「鷹勇 純米吟醸 山田錦 2007BY」の次は、同じく残りわずかな「酉与右衛門(よえもん) 雄町 生」。

 「いづみ橋」「秋鹿」「鷹勇」と火入れ酒を3種類飲んで、最後に生酒というのもめずらしい順番だなあ。

 負担が重い(後で急に酔いが回る)のを覚悟で、冷温から少しずつ常温に近づいてくるところをいただきます。

 酸味・苦味を想起させるグレープフルーツのような香りで、清涼感たっぷり。 ご飯のようなふくよかな香りもある。

 なめらかな口当たりで、含んだ瞬間にフレッシュな麹の風味が広がる。

 甘味・旨味・酸味・苦味、それぞれが豊かでボリューム感がある。 飲みごたえがあって、味切れも潔い。 濃醇で爽快なお酒だ。

 おだやかな火入れ酒の後に、爽快なお酒を飲むのも良いなあ。


【岩手県花巻市石鳥谷町 川村酒造店】 純米酒(無濾過、生、原酒)
 1800ml:2800(2940)円   720ml:1450(1522)円
 アルコール度数:17.5   日本酒度:+5
 原料米:雄町(岡山県産)   精米歩合:70%
 酵母:協会7号   酸度:2.0   アミノ酸度:1.6


「酉与右衛門(よえもん)」の過去の記事
「酉与右衛門(よえもん) 純米無濾過 雄町」(2008年08月
「酉与右衛門(よえもん) 純米無濾過生原酒 雄町」(2011年02月
「酉与右衛門(よえもん) 特別純米無濾過 自家田美山錦」
 (↑2008年08月
「酉与右衛門(よえもん) 純米無濾過生原酒 山田錦」(2004年04月

rain_of_tears at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
blog内検索
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセス数