家族も増え、賃貸で借りていた家を出て、そろそろマイホームが欲しいなと感じて、ローンを組んで購入する方は多いことでしょう。

しかし、折角だからと自分の収入に見合わないローンを組んで払えなくなり、住宅ローンを滞納することになったら一瞬でマイホームを失うことになります。

住宅ローンを滞納すると、2ヶ月で期日までに払わなければ一括返済の催促が届き、3ヶ月目で一括返済ができない場合、競売にかけられて住宅を失うことになります。
競売は、住宅の所有者の意志など関係なく、裁判所が強制売却することです。
競売にかけられると、叩き売られてしまうため、すべての借金を返済できる訳ではありません。
また、売られて得たお金は返済にあてられてしまうため、何一つ手元に残りません。
そのため、家は失う、借金は残るという最悪の状況に陥る可能性が高くなります。

この最悪な状況を回避するために、競売にかけられる前に任意売却してしまうことが一番でしょう。
任意売却なら市場価格近い金額で売却することができ、ローンの返済も分割払いにすることができるかもしれません。

住宅ローンを滞納すると、3ヶ月で頑張って買った家を失います。
そうならないよう、はじめから財布と相談して、自分の収入に見合ったマイホームを購入しましょう。

多重債務者や自己破産をした人の中には、会社が倒産したことにより収入を得ることができなくなったためという理由の人もいるでしょう。
その場合、個人や専門的な弁護士さんに頼んで破産手続を行います。

しかし、会社が倒産したということは、会社も破産手続を行っています。
個人で破産する時、個人再生や特定調停、自己破産と破産方法はいくつかありますが、会社が倒産した時の破産方法もいくつかあります。

任意整理は債権者と個別に話し合うことで、債務を減らす方法です。
これは裁判所を頼ることなくできるので、スピーディーに解決できる可能性があります。

会社が倒産したときによく聞く破産は、すべての資産を分配し清算します。
会社自体がなくなり、裁判所の管理の元で行われるため、時間がかかります。

民事再生は、主に中小企業を対象に再建を目指す方法で、再建者は今までの経営者が行います。
裁判所と関わらずに行うことができるため、スピーディーに解決できる可能性があります。

会社更生は、主に大企業を対象に再建を目指す方法で、管財人が再生会社の事業運営、財産管理処分を行い、裁判所が監督します。
そのため、解決までに時間がかかります。

以前勤めていた会社は民事再生を行い、再建せずに消えていきました。

また、会社更生で有名なのは航空会社のJALですね。
今は持ち直していますが、当時は大量のリストラなど、大変だったことでしょう。

お金が返せなくなったから破産手続をしようとしても、いくつか種類があり、解決するにはどれも大変そうだということがわかりますね。
会社の運営も、個人の家計も余裕を持った計画が大事だなとつくづく思います。