2010年06月16日

ビオレu でさらさらすべすべ

先日また当たりましたっ!!

『ビオレuボディウォッシュ』 

NEC_0034


汗でベタベタの、この時期にはいいよね〜っ(^▽^)/

サンプルとはいえ、けっこうしっかり入ってるので嬉しい限りっ♪

みなさんは石鹸派?
ボディーシャンプー派?

ちなみに今ウチで使ってるのは、頂きものの石鹸で〜す(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



rainbow_harutan at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月13日

オリンピックデー・ラン

今日は朝から雨でしたが・・・。

パパはharuとオリンピックデー・ランに参加。
1.5Kmを走りました。
その後は、haruを連れてオリックス観戦。
大阪市民デーの為、こどもは無料というおいしいこともあり、haruの友達も連れていくというハードなスケジュール。

オリンピックデーランのほうは、
大林素子さんや千葉真子さんなどなどアスリート達がいてて
それなりに見どころ満載だったそうで。
参加者にはTシャツも頂けました。
haruは雨の中、1.5kmをけっこう速いペースで走ってたようで、
パパ本気モードになったそうです(笑)。
結局2人そろって同時にゴール!
野球で鍛えてもらってたおかげかもしれないですね。


MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ 【携帯向けサイト】






rainbow_harutan at 23:55|PermalinkComments(0)

2010年05月31日

最近懸賞にハマってます

今年1月に、ベネッセから2万円の旅行券が当たり・・・!
そのビギナーズラック(とは言わないか?)から
懸賞をはじめて、最近は毎週恩恵に預っちゃってます。

1月
*JTB旅行券2万円

4月
*紀文さんより
『魚河岸あげ』&あんかけだれ のセット

*のどごし生
ビール12本
クーラーバケツ
マラカス のセット

5月
*花王フレア(試供品)
*薬用基礎化粧品meete
*花王バスマジックリン
*QUOカード1000円分(3月アンケート分謝礼)
*アッサムティー(試供品)
*エステ美顔無料券

4月〜は本格的にいろんなところに応募してるので
これからまた増えるかもしれませんね。

花王の製品はタイミングよくて
切れる間際に頂くことができて、助かりました。

「当たったらいいなぁ」だけど
応募しなきゃあたらないっ!!

いざ応募だっ!!

お得なポイント貯まる!ECナビ


5年前、初めて自分のパソコン買った時に登録したECナビ。
懸賞も多く、ポイントも貯まりやすくて使いやすいので
オススメです。



rainbow_harutan at 23:28|PermalinkComments(0)私のこと 

2010年05月28日

それから・・・4年後、の今。

4年ぶりの更新。

中学生になった子供達がlivedoor blogで更新してるのを横目でみてたけど
管理画面が4年前と比べてこんなに進化してるとはっ!!

アバターの画像は今とさほど変わらないのでこのままにしておきます。

この4年間に自分の環境が凄まじいくらい変わってしまい、
そして今また穏やかな日々を過ごしています。

前回の更新の1ヶ月後、
今のパパと付き合い
2007年3月に再婚をしました。
私と子供達の先の先まで慎重に考えてくれるパパ。
どんなことも相談するときちんと答えをくれるパパ。
毎日いろんな気づきを与えてくれる。
たくさんの反省を与えてくれる。
そしてたくさんの感謝の気持ちがわいてくる。
私にとって最高のパートナーです。

前回の更新の3ヶ月後、
会社を辞め、今の商社に派遣で勤めて
翌年の夏、正社員になりました。

私の担当は中近東のお客さまへ車輌のスペアパーツを提供する仕事。
日々英語には苦戦しながらも、現地へとコミュニケーションをとっています。
仕事内容は前職とはまた違う業務に携わっているけれど
前職での苦労した様々な経験が、今の業務に役だっているということは
随所随所で確信がもてます。
不思議なことに辞めたいと思ったことは一度もなく。
仕事も、人間関係も円滑にいっているおかげなのかも。

そして夢もまた・・・
中学校の教壇に立つという夢も持つことができました。
同じ夢をもつ素晴らしい仲間とも出会うことができ、
お互い成長をすることができる機会がもてたことは
たとえ、夢が夢のまま終わったとしても
私にとって大きな収穫です。

この4年間で得たものは

『日々感謝の気持ち』。

今の自分が、自分らしくいられるのは
何よりも自分の知らないところで支えてくれる人達がいるからこそ。

これから自分はどんなふうに年を重ねていくのか
4年間でいろんなことがあったくらいだから
想像もつかないけれど、

昔から変わらない前向きに進むパワーで
なりたい自分を模索しつつ、

そして
日々感謝の気持ちを忘れずに、


これからも1日1日を大切に月日を重ねていきたいと思います。



rainbow_harutan at 01:13|PermalinkComments(0)私のこと 

2006年04月25日

あれから1年

尼崎の列車脱線事故から1年・・・。
あの日のことを忘れはしない。

あの日、ネットでその事実を知った。
みんな釘付けになって、その事実を見た。
ひとり、またひとり、犠牲者が増える。
どうか、夢であってほしい、と願っていた。

1年前のあの日。もうひとつ、夢であってほしいことがあった。

直属の上司が突然目の前でクビになった・・・。

前日。電話が鳴り、社長と話をした。
突然の出来事に、言葉を失った。
信頼していた上司が、明日付けで退職するから、との話。
そのかわり、君に役職をつける、と。
私は急に責任の重い仕事に就くことになった。

フラフラしながら、涙を流す上司。
私は何も声をかけることができなかった。
成人式を迎えたばかりのお嬢さんと、
先日高校に入学したばかりだ、というお嬢さんがいた。
ただ、願っていたことは、
早く次の就職先が見つかってほしい、ということと、
ホームに飛び込まないで、ということ。

私はただ目の前にある業務をこなすだけでいっぱいいっぱいだった。

それから1年たった。

あの時の上司は、今、ウチにきていた船会社に就職し、
元気で毎日を過ごしている。
今でも「どうや?最近?」と変わらぬ声で、電話をくれる。

あのときの運命、今思えば良かったのかもしれない。

運命なんてどこでどうなるかわからない。
この会社にいて、特にそう思う。
今は・・・・いろいろ不満もたくさんあるけど、
業務内容も変わって、まだいっぱいいっぱいだけど、
とりあえずは、今ある環境に身をおいておこう。

置いていただいているだけで、感謝する気持ち、
大切にしよう。







rainbow_harutan at 21:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)仕事のこと 

2006年02月18日

アナログな人間だから

昨日のネットワークビジネスの続き。

そのビジネスは
これから来るであろうデジタル化時代を
見込んで、先がけるものだったんだけど
私の受けとめ方は、
違うよ、そうじゃないよ、
と異質に受けとめていたところがあって。

雇用状況が厳しくなる、ということは、
共働きの夫婦が増えること。
専業主婦の割合は減るだろう。
また社会復帰したい女性も出てくるだろう。
きっとその時に必要になってくるのは、
デジタルを通した情報よりも、
人の心のよりどころ、
といった、アナログの部分だと思う。

今こんなふうに、モノや情報は豊かに溢れているけど、
逆に自然に触れることとか、
優しいモノに触れることとか、
本来の人間の感情を出すこととかによって、自分の心のバランスを取ることを
求めているのではないだろうか。

私はいつの時代も、
変わらないモノ、
必要とされるモノ、
愛され続けるモノ、
信頼できる品質のイイモノ、
そんなモノ、
そんなコトに
携わることができたらいいな。

アナログって、まんざらでもないね。
人の心はいつの時代もアナログだからね!

そう考えるコトができただけでも、昨日セミナーに参加したことは無駄ではなかった。
直感を信じてよかった。




rainbow_harutan at 00:23|PermalinkComments(13)TrackBack(0)

2006年02月17日

ネットワークビジネス

昨日、昔勤めてた会社の先輩と、
一緒に食事をした。
懐かしい人達の近況がきけて、楽しい時間を過ごすことができた。
でも、やはりそうだった。
ネットワークビジネス。

私も昔友達に誘われて、講演会を聞きに行ったことがあったが、
これは、自分には合わない、
と直感的に感じたので、しなかった。

今回もそうだった。
必ず媒体は何らかのカタチである。
買わないと仕事ができないようになってる。
しかも高価だ。
ただ、昔の会社の先輩に会えたこと、
ビジネスチャンスがどこにあるか、とか
これからどんなモノが主流になるか、
そういったことがきけただけ、
自分にとって、大きな収穫だった。
いいところだけ、吸収して、
将来なにかするために役立てようと思う。

それには何が自分はしたいか、
から探さなきゃ、だけどね!


rainbow_harutan at 22:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年02月15日

失望と希望

ウチの会社は外資系。
かなり複雑で、製造の会社と物流の会社が
同じオフィス内に存在している。
私は製造の会社から出向というカタチで、
いままで物流の仕事に携わってきた。 が、
今回、日本法人を二つつくるということの組織変更で、
私は物流の業務から全く外れた。
製造の会社の、単なる物流の窓口ということで、
物流に関する実務業務は一切やらないということに決まった。

そのことですごく不満を感じる。

人員は少なく、私の下に男性がひとり。
でも、彼は出入りもあるし、今でも多忙なのに、
これから彼一人に業務を任せるのは、彼に非常に大きな負担をかけることになる。

会社ばかり立ち上げるのはいいけれど、
本当にこの会社は大丈夫なんだろうか。

適材適所に人を配備している?
工場の内部にたくさん問題を抱えているのに、
それを解決できないままずっと走っているのに。
本当に大丈夫なのかな、この会社。

そんな不安をこの約3年間抱えてきているのに、
ぜんぜん改善されず。私はここは長くはないな、とは思っている。
いかんせん、仕事をしないと、家族が食べていけない。
だからなんとかふんばっていう状態。
業務としては私は結構好きだったりするけどさ。

そんな中、偶然にも3日前の日曜日に、
伊丹、関空時代の昔の職場の先輩である女性から、1本の電話。
その先輩は私が短大卒後、入社からずっと相談相手になってくれていた人。
私が退職してから10年が経つが、年賀状のやりとりだけが、
唯一のコミュニケーション手段だった。

その先輩から電話・・・。
「一緒に食事でもどうかな?と思って。」と。
私はなにかピンとくるものがあった。
あえて触れなかったけど、きっとなにかあるんだ。
だって、この10年間のあいだ、
先輩はこんなふうにわざわざ電話なんて、かけてくることなかったもん。

なんだろう。
なんだろう。
胸騒ぎがする。

今日、組織変更についてのミーティングで、
私はひとごとのように
自分の業務管轄が変更になったことを受け止めていた。

何がどうなるのかわからないけど、
なんだかいい方向にきっと進む気がする。

そんなカンのようなものは正直あるかも。

きっと、今、その時にさしかかっているのかもしれない。

先輩と食事をするのは木曜日・・・。
そのときにまで、自分の気持ちを固めておこう。






rainbow_harutan at 00:47|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2006年01月31日

関東拠点

私の会社は香港に本社がある。
中国に工場があり、そこで金型から製品を作って、
日本へ輸出している。
私は日本支社で物流を担当している。
最初はただの事務ということでなんとなく採用されたが、
会社の規模が大きくなるにつれ、
物流の経験者ということから、仕事量も増えてきた。

そんな中、関東に拠点を移し、
日本を本社として、関東を中心に展開していくという構想。
これからまだ立ち上げていこうとしている段階。

人づたいにそれを聞いたときは、
もう辞めた方がいいんだろうな。と思っていた。
採算が合わない不安が大きくて。

でも、今日副社長が来日して、なかなかスケールのでかい構想だと感じた。
それに、そんなに深刻にならなくてもいいみたい。
今までやってきた香港・中国だけでなく、
今度はシンガポールと連携をとって物流業務を中心に展開するらしい。
なかなか魅力的だ。やってみたい。

関東拠点を統括する部長が、事務所を探しておおよそ目処がついている。
あとは、人事の問題だけ。

東京かぁ・・・。
今の私にはすぐにでも行きたいところ。

帰ってから母に「東京に住む?」と冗談まじりに言うと、
東京生まれの母の目が輝いていた。
娘は「絶対イヤ!」の一点張り。もう引っ越したくない。
そりゃそうだ。今までたくさん引越ししてきたもんね。

まだまだ問題が山積みだけど、
もし、私にできるならやってみたい、と思ったんだ。
可能性があるなら。
娘の意見も尊重しないといけないから無理かもしれないけど。
それに入院中の父の問題もあるから今は無理だけど。

でも、希望は見出せた。
住むことはできなくても、
行ったりきたりは出来るんだから。
プライベートな部分で考えると、
それはそれはすごく嬉しいこと。
そう考えると、想像しただけでも、
希望が満ちてきて、
ココロも元気になれた。
今の私にはまだまだここでやっていける気がした。
うん。
明日も頑張っていこう。












rainbow_harutan at 01:49|PermalinkComments(18)TrackBack(0)仕事のこと 

2005年12月28日

クレーム

今日、つくづく感じたことがある。

クレーム。

言われることは、厳しいこと。凹んでしまうけど、
誠意をもって対処することで、なんとか乗り切れる。
しかし、言う方の立場ってフクザツな思いだ。

客先に到着しなければいけない、約束の時間を過ぎてもまだ着かない、
という連絡が朝一番にあった。
いつも営業にくるフォワーダーの担当者に、すぐ状況を説明し、原因究明を依頼した。
原因は送り状に記載する時間指定の時間に誤りがあったという、人為的なミス。
担当者は誠意をもって詫びていた。

このところ、連絡が遅いこと、
こっちからアクションを起こさないと、リスポンスがないことに
上司やスタッフも小さいストレスを抱えていたが、
今回のことで、「ガツンといわなあかん!」ということになって、
急遽担当者に来てもらって、注意をした。

担当者が帰ってから、
「なめられてるんですよ。もっとキツくクレームを言わないと!」
と一緒に仕事をしている部下の男性からも、上司からも
私はダメ出しをされた。

正直、泣きそうだった。
強く言えない自分が情けないことに。
クレームを言う、というプレッシャーに。

私も同じような業界にいたからか、
こんな年末のごった返した中でのフォワーダーの諸事情も、
自分のことのように感じていたから、強く言えなかった事も正直ある。
正直、その担当者には好感をもってたので(そういう意味でなく)、
言いにくい、ということもあった。

これからも付き合いをしていく中で、信頼関係をお互い築いていく中で必要だとは思うんだけど、
それはすごくわかっているんだけど・・・
少し今日は重たい1日だった。





rainbow_harutan at 01:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)