2017年07月18日

風をつかまえたウィリアム

表紙図書館が救いの手

『THE BOY WHO HARNESSED THE WIND』が原題。
日本でも、スーパープレゼンテーションという番組でおなじみの
TED(世界的講演会)に作者自身が登壇していたをたまたま視聴していたので、
ピン!ときました。
そう、アフリカの貧しい少年が、独学で風力発電の風車を作った実話です。
マラウィという国に住むウィリアム少年の家は貧しく、
とうとう学校にも行けなかったのですね。
幸運なことに、近所に図書館があったので、そこで、
英語の辞書片手に科学の本を読破し、風力発電の風車を手作りしたのです。
図書館が救いの手になったということが嬉しいですね。
もちろん、ウィリアム少年のまっすぐな意志の強さもあってのことです。
巻末には、その後のウィリアム少年の姿も掲載されています。
TEDにより資金が集まり、ウィリアム少年も復学し、家の畑も再生し、
地域のためにさらなる学びを続けているそう。
小学生くらいから届けた作品です。



rainbow_y at 05:00