2018年07月21日

こっぷ

表紙谷川俊太郎さんが紡ぐ視点

1971年初版の写真絵本です。
そのせいもあってか、大半が白黒写真ですが、かえって、感性が研ぎ澄まされるような気がします。
谷川俊太郎さんが紡ぐコップ考、でしょうか。
深い語りに、ため息です。
今村さんの写真も、味わい深いです。
割れる瞬間はやはりスリリングです。
裏表紙のコップの写真に「!」と感じたら、『まほうのコップ』をぜひ。
幼稚園児くらいからでしょうか。


rainbow_y at 05:00