レインボー ラボ

商品検証、気になる商品の紹介、自社商品の紹介等を書き綴っています。 不定期更新。

マーベルスーパーヒーローの父スタン・リー死去

2018年11月12日、マーベル・コミックスの伝説的クリエーター、スタン・リーが緊急搬送先のロサンゼルスの病院Cedars-Sinai Medical Centerで亡くなりました。
95歳でした。
自身の作品映画シリーズには、必ずカメオ出演されていたので、ウォーリーを探せ的に楽しんで鑑賞させていただきました。
晩年まで精力的に活動をされていたので、本当に見習いたいところだらけです。
今後も続いていくであろうマーベル作品をこれからも楽しませていただきます。
ご冥福をお祈りいたします。

日本酒 甲子(きのえねまさむね) ㈱飯沼本家 (千葉)

㈱飯沼本家さんの日本酒「甲子」(きのえねまさむね) (千葉)を飲みました。
最初の口当たりは、ピリピリと炭酸のような感覚あります。スッキリしていますが、きっちり酒の味がしてとても美味しいお酒でした。
ラベルが、「神宮館運勢暦」みたいでなんかありがたい感じがします。
DSC_3118

[神田]無銘(ラーメン)

たまたま通りかかった神田のラーメン屋さん「無銘」に行ってきました。
DSC_3075

セオリーではないですが、醤油ラーメンではなく、塩ラーメン トリュフオイルかけを注文しました。
※味玉はトッピングです。
DSC_3074

⚪スープ
濃厚ベジポタ系で、トリュフオイルのかおりが食欲をそそります。塩味は若干強めかもしれませんが、個人差はあると思いますが、しょっぱいという程ではありませんでした。

⚪麺
もっちりつるつるの平打ち麺。
かたさも程よく、スープとよくあっています。

⚪具材
チャーシュー
ベビーリーフ??
ネギ??
スープのインパクトで陰に隠れてますがそれぞれいい仕事してると思います。中でもベビーリーフは口のなかにスッキリ感をもたらせます(*´v`)

たまたま通りかかって入ったお店ですが、とても美味しいおすすめできるラーメン屋さんでした。

ソラマチの店舗にて販売中✨

弊社のオリジナル商品、カプセルドームペンキットが本日より東京ソラマチ内のショップ様で販売開始となりました✨ 
実際にお店を見てみると…

FullSizeRender

FullSizeRender
ありました!!
右にある動物の消しゴムを入れても可愛くなりそうです💕
皆様のアイデアでさまざまな楽しみ方ができますので
ぜひ世界にひとつだけのオリジナルドームペンを作ってみてください✨
  
カプセルドームペンキットはAmazonで絶賛販売中です✨





【capcell】カプセルスノードームペンキットにラメと水を入れてみた。

今回は【capcell】カプセルスノードームペンキットにラメと水を入れてみます。
今回用意するもの(絶対じゃありません)
●シリンジ(注射器)※100均製
●紙コップ
●ラメ※市販品
●中性洗剤
●ホットボンド※100均製
●カプセルスノードームペンキット

水が入れやすいので、100均のシリンジ(注射器)を今回は使います。
CIMG2286
左記の部分はあってもなくてもいいですが、今回は入れやすいので先のついているものを使います。
CIMG2284
ラメは、市販のラメを用意します。今回のものは、オーロラタイプのラメになります。
シリンジで吸い取って入れるので、管に詰まりにくいサイズが細かいラメを用意しました。
CIMG2285
紙コップに水とラメを入れて混ぜます。
うまく混ざらない時は、界面活性剤の入っている中性洗剤をごく少量入れますと混ざりやすくなります。
CIMG2288
シリンジでラメの混ざった水を吸い取り・・・
CIMG2289
カプセルに注ぎます。
CIMG2291
ラメは紙コップの下の方に溜まっているので、底の方から吸い取りましょう。
CIMG2293

水を入れたカプセルの口は、水漏れを防ぐため、ホットボンド(100均製)で止めることをお勧めします。
CIMG2296
ペン軸とカプセルをカチッというまではめて・・・
CIMG2298
完成!
CIMG2297
ドームに舞うキラキラが心和ませます。
水を入れてみるとペンの重さのバランスがちょうどよく、
非常に持ちやすく感じます。
Amazonで販売しておりますので、是非お試しください。





今大人気の、スクイーズの中の粒粒を乾燥させてみました。

今大人気の、スクイーズ。
原宿には専門店もあり、世間では盛り上がっているようです。
スクイーズって何?なんて方もいると思いますが、スクイーズとは・・・
bl_pic003
これの事です。
どうに使うの?って人もいると思いますが・・・
bl_pic002

Squeeze(絞る)というくらいなので・・・

bl_pic001
こんな感じに絞ったり、ムニュムニュしながらその感触を楽しみ、
ストレス緩和、心を癒す商品です。
弊社でもノベルティとして作れますので、ご興味のある方はこちらからお問合せ下さい。

それはさておき、こちらの商品の中に入っている粒粒は何だろ?
なんか、給水ポリマーっぽいなと思い素材確認すると「非晶ポリアリレート」と明記されていました。似ていますが給水ポリマーとは違うようです。こっちの方が弾性があり丈夫な印象です。
今回は別の虹色のカラフルなスクイーズを破壊してトレーに載せ乾燥させてみました。
その翌日・・・

bl_pic004
カピカピに乾燥していました。
しかも小さな粒状に。
「!これは水に入れればまた戻るんじゃないか?」と思い、紙コップに水をはり三粒投入。
その翌日。
bl_pic005
やはり復活!!
つまり原材料の時は固い小さな粒で、生産時にふやかしてつめているという事なんですね。
なるほど、なるほど。
bl_pic006
ちなみにこちらがスクイーズの取説になります。


【capcell】カプセルスノードームペンキット にオーロラシートを入れてみた。

今回は、【capcell】カプセルスノードームペンキットのカスタム例です。
CIMG2187
これは、市販のオーロラシートです。
画像のものは、A4くらいのサイズのものを4分の1にカットしたものです。

CIMG2188
まず、オーロラシートをくしゃくしゃにします。
それをカプセルにつめるのですが…
CIMG2189
寂しいかと思い、市販のリボンパーツを入れてみました。

CIMG2192
完成!
思い付きでなんでも入れてみるといいかもしれません。
Amazonで絶賛販売中です。




GAOMON液晶ペンタブPD1560 15.6インチIPS HDのマニュアル

GAOMON液晶ペンタブPD1560 15.6インチIPS HDの付属マニュアルをなくしてしまった時の為に、備忘録としてのこしておきます。

pic_002


pic_003


pic_004


pic_005



【UGREEN】の HDMI・DVI 変換アダプタを購入

GAOMON液晶ペンタブPD1560 15.6インチIPS HDを会社に設置をしようとしたら、会社のPCはHDMIケーブルが使用できなかったので、急遽変換器を注文しました。
CIMG2212
HDMIから、DVIへの変換が出来る、「【UGREEN】の HDMI・DVI 変換アダプタを購入!
CIMG2213
なんとなく裏面を激写。

CIMG2214
DVIのねじ止めもしっかりついています。
CIMG2215
これでいよいよ液タブを接続する準備が整いました!!


GAOMON液晶ペンタブPD1560 ライバーをダウンロード

GAOMON液晶ペンタブPD1560 15.6インチIPS HDの設置の際にドライバをダウンロードする必要があります。ダウンロードはこちらです。


pic_001


GAOMON PD1560 [液晶ペンタブ]購入

GAOMON  PD1560 [液晶ペンタブ]購入しました。
去年、購入しましたが時間がなく開封できなかかったので、会社に持ってきました。
CIMG2201
GAOMON液晶ペンタブPD1560 15.6インチIPS HD外装。
実は、配送の時にスカスカの段ボールの中にくしゃくしゃになった薄紙1枚と一緒に送られてきて、正直相当の衝撃に揺られてきていると思うので壊れていないか心配です。
CIMG2200
GAOMON液晶ペンタブPD1560 15.6インチIPS HDの品番を意味なく激写。
CIMG2202
フタをあけてみると意外に厳重な梱包でいいです。
※画像はドライバーのURL・簡易的な取説と、液タブを固定する台です。
CIMG2203
本体が比較的軽量なので持ち運びを想定しているからなのか、フェルトのケースが付属していました。
家と会社の持ち運びに重宝しそうです。
CIMG2204
本体自体もかなり厳重に梱包されてます。
CIMG2205
付属品の中にビス止め用のプラスドライバーが入っていました。
痒い所に手が届く!って感じですね。
CIMG2206
液タブをA4の紙と並べて撮ってみました。
重さ、サイズ感がいいかんじです。
CIMG2207

液晶の表面には保護シートらしきものが付いています。
画像の様な感じの4点止めタイプです。
これは、好みが分かれそうですね。
CIMG2208
ケーブルの穴は右に設定されています。
CIMG2209
液タブの左側に10個??のファンクションキーがついています。
CIMG2210
左側面に、電源、メニューボタン等が設定されています。
さて繋ごうと思ったのですが・・・・
!!!!!!
会社のPC HDMIケーブルの穴がない!!!
変換器を購入しないと!
という事で、使用レビューはまた次の機会に・・・

【capcell】カプセルスノードームペンキット の組み立て例。

今回は弊社オリジナル商品の【capcell】カプセルスノードームペンキット の組み立て例をご紹介いたします。
CIMG2171

今回は付属のキラキラストーンを入れてみます。
オーロラシートは市販品で今回は使いません。

CIMG2173

付属のキラキラストーンを開封して…

CIMG2175

割り型カプセルに、サラサラと入れます。

CIMG2178

意外に量があるので、お好みの量に調整して入れましょう。

CIMG2179

付属の割り型のもう半分を、上からかぶせて…

CIMG2180

しっかりとめます!!

CIMG2181

念のため付属のシリコン栓を下の穴に差し込みます。

CIMG2182

栓は、しっかり閉めましょう。

CIMG2183

こんな感じです。

CIMG2184

そして付属のボールペンにしっかり嵌(は)めます。

CIMG2185

キラキラストーンの入った「カプセルドームペン」の完成!!
シャカシャカミニマラカスみたいでGOODです。

お好みでいろいろ封入してみてください。
現在AMAZONで販売中です。

現在取扱店募集中ですのでお気軽にご一報ください。







【capcell】カプセルスノードームペンキット(全3色) 紹介

「【capcell】カプセルスノードームペンキット capcell ASSEMBLY KIT」(全3色)のご紹介です。
「capcell ASSEMBLY KIT」は、ペンの後ろにカプセルドームが付けられて、自分の好きなものを封入できるセルフカスタマイズ出来るカプセルスノードームペンキットです。
amazon_pic_500_500_001

付属品は下記のお通りです。
●圧着済みカプセル×1個
●未圧着カプセル×1組
●シリコン栓×2個
●シリコンキャップ×1個
●ボールペン×1個
●カラーストーン×1袋

未圧着カプセルに付属のカラーストーンを入れてカラーストーンペンを作ることができます。
amazon_pic_500_500_004

圧着済のカプセルには、ラメやチップを入れて栓をホットボンドで止めると、スノードームペンを作ることができます。

amazon_pic_500_500_008
下記は市販品の夜光パウダーと水を封入して、暗闇で撮影したものです。以外に幻想的に撮影出来ました。

amazon_pic_500_500_007
このようにお客様のアイディアでオリジナルカスタマイズができるカプセルドームペンキット(全3色)。Amazonにて発売しておりますので。ご興味のあるかたは是非一度お手に取ってみたください。
販売店募集中です。

プラス「ラベルシール 超耐水光沢フィルムラベル ホワイト」 を使ってみました。

ウイスキーのボトルを、ラベルを剥がしてドレスボトルに使うため、ラベルなしでは不格好なので、
「プラス 「ラベルシール 超耐水光沢フィルムラベル ホワイト」」 を購入しました。

水に強いという事でしたが、超半信半疑で購入しました。
従来の耐水ラベルは紙に印刷したあとに、シートに透明のフィルムを貼るタイプだったので、空気が入ってしまったり、シワがよってしまったりとかなり大変でした。

しかし、今回の耐水ラベルはそのまインクジェットで印刷するだけでいいとの事。
本当に可能なのか検証してみました。

今回印刷するのは、こちらのラベル。
[画像:56799d74-s.jpg]
背面の装飾は透過をかけたものです。

こちらの印刷はCanonのT9030という機種で印刷しました。プリント時にパソコンの方から諸々設定。
用紙「写真用紙 光沢ゴールド」。
出力サイズ「A4」。
印刷品質「きれい」。
給紙方法「後トレイ」。
で設定。
で、印刷開始!
仕上がりは。
[画像:61db01dd-s.jpg]
問題なく印刷されました。
しかも超絶綺麗。
念の為印刷面はすぐ触らないように気をつけました。

しかし、耐水性は本当にあるのか?
確認のため、切れ端で検証してみました。
水をかけて…
[画像:9454fd86-s.jpg]

拭き取る。
[画像:0405f489-s.jpg]

全く問題ありませんでした。
これは本当にすごい。
どういう仕組みだかよくわかりませんが…
超絶凄いということだけはわかりました。

ついでに、シートの薄さの検証。
シールを剥離してみると結構ペラペラだったので、あえて文字の上からラベルを貼ってみました。

[画像:0e65a7b4-s.jpg]
微かに透過しますね。
まぁ印刷してしまえばほぼ気にならないと思います。
なんか、意味なく色々作ってみたくなりますね。
超オススメです。

説明の所に、用紙指定をしてほしいと書いてありました。
[画像:e6664417-s.jpg]

試しに用紙指定しないで印刷してみました。

[画像:5d015fdc-s.jpg]
なんと、透過した背景の絵柄が印刷されませんでした。印刷する時は必ず写真印刷の指定をした方が良さそうです。

結論
プラス「ラベルシール 超耐水光沢フィルムラベル ホワイト」は
耐水性はかなり優れているようです。
印刷時の用紙指定は必ずした方がいいです。
若干シールが透けるので柄や色が入っているものがオススメです。淡い色だと下地の明るさの影響を受けそうなので要注意です。従来品と比べて断然使い心地上がってます。オススメです。
ところで紫外線の影響はどのくらい受けるのだろうか??

[画像:93190b8f-s.jpg]



no title



ギャラリー
  • 日本酒 甲子(きのえねまさむね) ㈱飯沼本家 (千葉)
  • [神田]無銘(ラーメン)
  • [神田]無銘(ラーメン)
  • ソラマチの店舗にて販売中✨
  • ソラマチの店舗にて販売中✨
  • 【capcell】カプセルスノードームペンキットにラメと水を入れてみた。
  • 【capcell】カプセルスノードームペンキットにラメと水を入れてみた。
  • 【capcell】カプセルスノードームペンキットにラメと水を入れてみた。
  • 【capcell】カプセルスノードームペンキットにラメと水を入れてみた。
Twitter Time Line
  • ライブドアブログ