2010年10月

2010年10月27日

足裏マッサージでむくみを解消し、足やせしていきましょう。

足首と、足の裏のマッサージをすると全身の血液の循環がよくなると同時に、内臓も活性化されるので、新陳代謝が向上します。
足の裏には、身体全体の内臓器官に対応している反射区があり、そこと足首とを併せて丹念にマッサージすると、むくみを解消する効果がさらにあがります。


最初に手の指を足の指の間に入れ、足の指をゆっくり上下させたり、よく足首を回したりすると、足全体の疲れがとれてリラックスしてきます。
次に、足の裏を手の親指を使って、ていねいにもみほぐしていきます。
足裏を親指でまんべんなく押したり、芋虫のように親指を足裏に沿って這わせて移動させたりしながら刺激していきます。
これ以外にも、手をグーにして足裏をマッサージすることもおすすめです。


お風呂上がりなどゆったりした気分のときに行うと、よりリラックスできるので効果がアップします。
身体にたまった老廃物を排出するために、終わったあとはコップ1杯くらいの水分補給を忘れずにしましょう。

[PR]
大阪 オイルマッサージ
マッサージ 世田谷

rainbows643 at 15:50|Permalink 足やせ方法 

2010年10月26日

カフェインでダイエット補助

カフェインが含まれる飲料といえばコーヒー、紅茶、緑茶、烏龍茶などなど。

実は嬉しいことにカフェインにはダイエット効果があるのです。
ヘルシア緑茶のような話ですね。
カフェインには、自律神経を刺激して、脂肪の分解を促進してくれるという効果があるんです。
特に、運動前にカフェインを摂取すると、脂肪燃焼の効果がアップするといわれていますね。

ただし、世の中そんなに甘くありません。
このカフェインのダイエット効果は、糖分をとると打ち消されてしまうそうです。
つまり、コーヒーや紅茶を飲んでも、砂糖を入れたらこの効果を得ることができないんです。
もし、運動前にブラックコーヒーや烏龍茶を飲んだとしても、運動中に糖分の入ったスポーツドリンクなどを飲んだら、やはり効果を得ることができません。
もちろん、運動の効果がゼロになることはありませんが、少しでも効率よく脂肪を燃やしたいなら、運動中は水やお茶を飲むようにした方が良いかもしれませんね。

rainbows643 at 12:57|Permalink 食べるダイエット 

2010年10月21日

シジミを食べると背が伸びる

シジミを食べると背が伸びる。
ほんとかどうか?
そういう話があるんですけど。

さて、シジミには、オルニチンというアミノ酸が豊富に含まれています。
このオルニチンは成長ホルモンの分泌を促進してくれます。
つまるところ、身長が伸びてもおかしくないという考え方ですね。
なるほどと言ったところです。

そして、このオルニチンには、ダイエット効果も期待できるのです。

もうひとつオルニチンには、筋肉を増やしてくれる効果があります。
つまり筋肉が増えるということは、何もしないでも消費されるカロリーである基礎代謝量が増えるということになります。

ちなみに、シジミを砂抜きしてから、一度冷凍保存するとオルニチンの量がなんと一気に4倍に増えるそうです。
このオルニチンをきちんと摂取するため、シジミの味噌汁を飲む時は、面倒でも一粒一粒身を探し出して食べるようにした方がよいですね。

もちろん、シジミを食べたからすぐやせるという話ではありません。
長いスパンで見ると、ダイエットにもいい食品のひとつということです。
そして、シジミにはダイエット中に不足しがちなビタミンB12も豊富です。
貧血予防なんかにも効果があります。

rainbows643 at 16:26|Permalink 食べるダイエット 

2010年10月19日

ため込みやすい体質

ダイエットしても、いつも途中で挫折したり、リバウンドしたりしていませんか。
そんなダイエット失敗組に共通しているのは、ため込みやすい体質になってしまっていることであるかもしれません。

ダイエットというと、とりあえずは食事制限を考えますよね。
摂取エネルギーを減らし、運動をして消費エネルギーをふやす。
これがダイエットの基本と言えます。

しかし、ただ食べ物を制限するだけだとその状態に対して、カラダはなるべくエネルギーを節約し使わない方向に進みます。
しかも、食事を制限すると栄養素が偏ることが多いので、体の調整能力も落ちてしまいます。
こうなるとエネルギーを燃焼させることもうまくいかず、体内の不要なものを排出できなくなってしまう。
これがため込み体質なのです。

では、ため込み体質から脱出するにはどうすればよいのでしょうか。
まず、体の毒素排出機能を復活させましょう。
その為の栄養素が食物繊維です。
食物繊維は体内で消化吸収をされることのない成分で、同時にコレステロールなどをくるんで体外に排出してくれるので、直接毒素排出に役立ってくれます。

また、クッキーでダイエットする方法もあります。
ダイエット用のクッキーには、ポピュラーな大豆以外に玄米クッキーもあります。
主な成分は、玄米、カルシウム、オリゴ糖、DHA、還元麦芽糖水飴、卵、植物性油脂、米こうじ酵素など。
実はそういったクッキーはカロリーが高めなのですが、そもそもダイエットには、栄養のバランスを取る必要があるのです。
栄養不足は、急激なリバウンドの元ですしね。

rainbows643 at 15:36|Permalink 食べるダイエット 

2010年10月12日

おでんは安くて低カロリー

おでんは値段も安いですけど、カロリーも低い食品です。

例えばこんにゃく、白滝などは6kcal、昆布巻9kcal、大根14kcalなどなど。
さすがに餅入り巾着やソーセージなどはカロリー高めになっちゃいますけどね。
基本的なネタには低カロリーなものが多いです。

しかも、水分が多いので満腹感も早く得られますし、野菜類などは食物繊維も摂ることができます。

と、言いましたが、実は野菜類はおでんとは別に摂った方が良かったりします。
流石に種別で言うとおでんダネの野菜類は数が少ないので。

それと塩分には注意です。
意外と塩分が高いのがおでんなので、むくみの原因となってしまいます。

練り物系も食べ過ぎるのは良くないですね。
おでんの魅力は安価で少量でもお腹一杯に慣れるところですから。 

rainbows643 at 18:51|Permalink 食べるダイエット 
プロフィール

アメ

ブログパーツ
  • seo

あわせて読みたいブログパーツ