2010年12月

2010年12月29日

受け手と施術者のコミュニケーションによって、リフレクソロジーの質は決まる

リフレクソロジーを受けている最中に、もし痛いと感じたら、我慢せずにリフレクソロジストに伝えましょう。
するとリフレクソロジストは、その部分が痛む理由を説明してくれます。
そのときに痛みが我慢できないほどなら、リフレクソロジストは力の加減を調整してくれるのです。


西洋式のリフレクソロジーにおいては、痛みもストレスに結びつき、体に負担をかけてしまうとしているのです。
よって痛みを感じたときは、素直に痛いと伝えましょう。
また、そのときになぜ痛むのか、あるいはそれをどう対処していけばいいのかも尋ねてみましょう。
そうすることで、スムーズにリフレクソロジーを施術できるようになるのです。


我慢せずに痛みをリフレクソロジストに伝えることは、リフレクソロジーの基本と覚えておきましょう。
受け手と施術者、この双方のコミュニケーションがうまく取れないようだと、せっかくのリフレクソロジーの効果もいまひとつ、ということになってしまいます。


rainbows643 at 12:40|Permalink 足ツボマッサージ 

2010年12月23日

腰痛には、こまめにマッサージしていくのが一番!

人類が直立歩行をするようになって以来、二本の足で立って生活する人類の「宿命」といわれているのが、腰痛です。
どうしても腰には大きな負担がかかってしまうため、急に痛みを感じた場合は、椎間板ヘルニアやギックリ腰などが考えられます。
一方、何となく重い痛みがずっと続くようなら、そのほとんどが腰痛症と考えられます。


同じ姿勢(立ち仕事や座り仕事など)を長時間取り続けていたり、姿勢がよくなかったり、肥満や運動不足などが原因となって、腰痛が起こります。
これらによって腰の痛みが引き起こされると、血液の循環が悪くなったり、筋肉がこわばって周囲の神経を圧迫されているということです。
したがって、腰が重苦しく感じたり痛みを感じたときには、その都度、腰を軽くマッサージ 足立区をして血行が悪くならないようにし、筋肉の緊張をほぐしていきましょう。


腰痛は慢性化するとなかなか治るものではありません。
正しい姿勢や、こまめなマッサージ 豊島区を意識するなど、普段からの注意を必要とします。
また腰痛には、手の甲にある2つの腰腿点(やおとえてん)をマッサージしていくのが最も有効です。

rainbows643 at 13:32|Permalink

2010年12月20日

リンパマッサージが健康にいいと言われる所以

わきの下やひざの後ろ、脚の付け根などに「リンパ節」があり、そこに向かってリンパ液が流れています。
リンパをそこへ向かって流してやるつもりで、押したりさすったりしながら、リンパ液の流れをよくしてやるのがリンパマッサージです。
基本さえ覚えてしまえば、一人でも簡単にできる健康・美容法がリンパマッサージなのです。
リンパマッサージは冷え性や美容対策に大変効果的なので、ぜひ、毎日の日課にしてみましょう。
また、岩盤浴やゲルマニウム温浴、酵素風呂、リラクゼーションとリンパマッサージの相性も抜群です。


リンパ液の中に多くあるのが免疫細胞で、体外から入ってくる細菌などの外敵に備えています。
ところがこのリンパの流れが滞ってしまうと、免疫細胞に必要な栄養素や酸素の供給ができなくなり、こうなると外敵が侵入してきても、それにに対抗できなくなってしまいます。
「リンパの流れが滞ると病気に対しての抵抗力が落ちる」といわれるのは、このためです。
リンパマッサージをしてリンパの流れを良くしてやると、免疫細胞もスムーズに体内を流れるようになり、病気になりにくい体にしてくれるのです。


rainbows643 at 14:03|Permalink リンパマッサージ 

2010年12月15日

リンパマッサージをして、セルライトを作らぬよう

近年では、「セルライトがどうのこうの……」と、メディアを通してよく言われるようになりました。
さて、これを読んでいらっしゃるみなさんは、セルライトがどういうものなのかご存知ですか?


セルライトとは、肥大した脂肪細胞の周りに、老廃物や余計な水分がくっついてできるかたまりのことです。
見た目においては、太ももやお尻にできるみかんの皮のようなデコボコが特徴です。
太ももとお尻以外でセルライトが特にできやすいのは、二の腕、お腹、ふくらはぎで、外見も気になるうえに、その部分はなかなかやせません。
しかも、セルライトが大きくなるほど、その周辺のリンパ液や血液の流れが滞ってしまい、むくみや冷え性を引き起こしてしまいます。


血行不良が原因でセルライトができることが多いため、きつい下着の着用を避けたり、マッサージや軽い運動をしたりして、新陳代謝を上げることが有効な予防策といわれています。
もちろん、リンパマッサージをしてリンパを流れをスムーズにしていれば、セルライトはできにくくなります。
つまり、リンパマッサージはセルライト予防に非常に有効なのです。


rainbows643 at 13:13|Permalink リンパマッサージ 

2010年12月09日

リンパマッサージにおける鉄則

リンパの流れが滞ってしまうと老廃物がどんどん溜まっていき、体のこりやむくみ、セルライトなどの原因となってしまいます。
そこで、リンパマッサージをして、そうした悩みを解消していきましょう。
リンパマッサージをすれば、リンパ節をほぐしてやることで滞ったリンパの流れを改善できます。


リンパ節は全身に600箇所もあるといわれますが、実際にリンパマッサージをするときは、アキレス腱まわり、ひざの裏、足のつけ根、わきの下、首、鎖骨のくぼみの6箇所を覚えておけば十分です。
この6つのリンパ節をほぐしてやることで、リンパの流れがよくなって、美容や健康に効果があらわれるのです。


実際にマッサージをするときには、強い力でマッサージせず、それぞれのリンパ節に向かってリンパ液を流していくイメージを持ってマッサージしていきましょう。
そして、マッサージする順番が重要になります。
鎖骨のくぼみのリンパ節を真っ先にほぐすようにしましょう。
最終的には、このリンパ節に体中のリンパ液が集まり、老廃物を出すための出口の役割をしているからです。
ここをほぐす前に他のところをマッサージしても、効果はいまひとつとなってしまいます。


rainbows643 at 19:34|Permalink リンパマッサージ 
プロフィール

アメ

ブログパーツ
  • seo

あわせて読みたいブログパーツ