RAINBOW STAGE

RAINBOW STAGEは関東学院大学公認のゲイ・レズビアン・バイセクシュアル・トランスジェンダーなどのセクシュアルマイノリティ(性的少数派)と、彼らに理解のあるヘテロセクシュアル(異性愛者)によるサークルです。 このブログはRAINBOW STAGEの情報の場です。イベントの通知・詳細はこちらで行っていきます!またメーリングリストもありますので興味のある方はご連絡ください。
どんなサークルか知りたい人は★こちら★
疑問に思った点があればまずは★こちら★
質問・サークル入会希望の問い合わせは ★こちら★にメールを下さい。

新入生歓迎会5

こんばんは、青(仮)です^^
今日、ようやく本館や人間環境のキャンパスにもポスターを貼り終えました。
さて・・
これを見ている新入生の皆さんこんばんは^^RainbowStageのHPやメールのやり取りをしている青(仮)です。私はトランスジェンダー(MtF)なのですが、自覚するようになったのが遅いこともあり、まだ下の名前をどうしようか決めていなかったりします。ですので青(仮)となっています^^;

?サークルのメンバーについて。

私たち、RainbowStageは、私のような性的少数者(セクシャルマイノリティー)だけでなく、ヘテロセクシュアル(異性愛者)の方の参加も受け付けています。私たちがどういった人たちなのか興味がある、ジェンダーや性的少数者についてもっと知りたい!という人は是非ご参加ください。
*ただし異性愛者の場合、私たち性的少数者を差別するためや攻撃するため、からかい等の目的で参加したいという方は、申し訳ありませんがお断りしています。
また、メンバーのプライバシー保護のため一度、メンバーの人と面接をしていただきますので、ご了承いただければ幸いです。


?サークルの趣旨について

次にこのサークルの趣旨についてです。
なぜ学校にこのようなサークルが必要なのでしょうか?

セクシャルマイノリティの方へ、普段の生活で私たちと同じような人を見つけたことはありますか?異性愛者の方へ、普段の生活で私たちセクシャルマイノリティを見かけたことはありますか?
専門家の研究によると、割合として30人のクラスがあったらそのうち1〜3人は同性愛者であるという結果がもうずいぶん前から発表されています。論文によって差はあるのですが、最も少ない割合を出す研究者でも2%となっており、これは50人いたら1人は同性愛者がいる、ということになります。
では、そんなに身近にいるのになぜ同性愛者は気付かれず、テレビの中や欧米だけのことのように感じている人が多いのでしょうか?

それは、私たちは異性愛者となんら変わりがないからです。

違う点は、異性を好きになるか・同性を好きになるか・異性も同性も好きになるか(または相手の性別は関係なくある人を好きなるか)、たったそれだけの違いだけなんです。私たちは、異性愛者と同じように毎日学校に来て、授業を受けて、友達と遊び、バイトをし、恋愛もします。

そのため普段の生活では、私たちのような性的少数者は見た目では気付かれづらいので、自分の周りには存在しないものとして認識されやすいのが事実だと思います。

なお、私みたいなトランスジェンダーは、体と心の食い違いがメインですので、外見を変えていくこと自体が治療のひとつなので、性的少数者の中では可視化されやすいです。しかしながら、トランスジェンダーは絶対数の上で同性愛者に比べて圧倒的に少ないのです(日本ではだいたい3-5万人に1人とされています。ただ、諸外国では数千人に1人というところもあるようで、ジェンダー規範に左右されている面があるらしいです)。
以下は、昨年同性愛者の人が書いたものを今年用に改訂したものです。私は同性愛者ではないので、100%同性愛者の苦労は分かりません・・・ですので、なるべく、そのまま載せています^^

【仲間が見つけづらい】

異性愛者が日常で同性愛者などの性的少数者に気付かないのと同じように、当事者同士もお互いの存在に気付くのが困難です。
たとえ同じクラスに自分と同じような性的指向の学生がいたとしても、見た目だけでは判断できないので、自分だけが他の学生と違うような気がして孤独感を感じやすいのです。なので、友達同士で何気ない恋愛話をしている時も、なかなか自分が同性が好きであること、自分の性に違和感を感じてることを周りの人たちに話しにくいのが現状です。話したら嫌われるんじゃないか、気持ち悪がられるんじゃないか、友達がいなくなってしまうんじゃないか・・・
そんな不安が日常の様々な場面で常につきまとってきます。


【誰に話したらいいか分からない】

上記のように、なかなか日常生活で仲間を見つけにくいため誰に話したらいいか分からず、自分が一人ぽっちのように孤独感を感じて自殺をしてしまうケースも少なくありません。

また、大きな問題のひとつがメディアが作っている同性愛者のイメージです!
近年、IKKOさんやKABAちゃんのようにカミングアウト(自分の性的指向を公表すること)してメディアに出演するゲイの人が増えてきましたよね。
それは今まで隠れて生きざるを得なかった性的少数者にとって、驚くべき進展ではあります。
しかしそれと同時に、「ゲイはIKKOさんたちのようにオネエ言葉を喋り、派手で、キャーキャー騒ぐような人なんだ」という固定概念を異性愛者の人たちに植え付けてしまっています。
そしてこのことを嫌がる同じゲイの人たちはたくさんいます。ゲイの人たちはご存知のように男性に恋愛感情を抱く男性のことです。しかし共通点はたったそれだけなんです。
ゲイが全員、派手な格好をしてオネエ言葉を喋るわけではありません!地味な格好をして大人しいゲイもいれば、スポーツ系やジャニーズ系のゲイの人もたくさんいます。
(青注:これは私のようなトランスジェンダーにとっても大きな問題です。というのも、テレビで取り上げられる多くのゲイは、IKKOさんのように女性に近い服装をしていたり、もしくは女性のようなしぐさを売りにしています。そのため私たちトランスジェンダーと混同されることが多々あります。私のようにトランスジェンダーは、MtFならば男性が好き、というものでもありません。事実私はMtFですがセクシュアリティ、性的指向は女性です)

また、レズビアンに対しても変なイメージを持っている人が多くいるように思えます。
その一番の原因はアダルトビデオにあると私は考えています。はっきり言って、本当のレズビアンはあんな怪しい感じじゃないですよ!!がっかりする方もいるかもしれませんが・・・(笑)男性同士の漫画ヤオイものが実際のゲイとはかなり異なった描写であるのと同じことです。

それからレズビアンというと、男性的な女性と女性的な女性がカップルになるというイメージもありますよね。これも実は人によって様々なんです。
私の周りの友人を見ても、フェミニンな女性同士で付き合うことがとても多いですし、またボーイッシュな女性同士で付き合うことも少なくないようです。
そのような偏ったイメージが付いてしまうのには、どうしても異性愛者が同性同士のカップルにも男性と女性の役割を当てはめたがる傾向があるからではないでしょうか?
ボーイッシュな女性は男性の役割をし、フェミニンな女性はか弱く相手に頼る。
みんながみんなそうではありません!逆にフェミニンな女の子がボーイッシュの子を引っ張っていくケースもよくありますw

・・・だそうです。
もちろん、実生活においては婚姻が認められないため財産分与や遺産相続の点で大きな問題があります。

 一般的に、こうしたLGBTサークルは当事者たちの“居場所”作りとして結成される場合が多いです。多くのセクシャルマイノリティの学生は現在の社会状況によって、いたる場で自分を偽る事を強いられます。だからこそ、大学という4年間の大半の時間を過ごす場で、自分のありのままの姿で過ごせる“居場所”があるのかは重要となってきます。もちろん、このRAINBOW STAGEも大学におけるセクシャルマイノリティの“居場所”としての側面を持っています。ぜひこのサークルを通して、有意義な4年間を過ごしてほしいと思います。異性愛者のかたも、こういったサークルに参加することで、大学の4年間がより良いものになってくれるとうれしいです^^

 このサークルの特色は、ゲイフレンドリーなヘテロセクシャルの学生も受け入れているという点です。私たちセクシャルマイノリティの存在はなかなか可視化されにくいのが現状です。たしかに、プライドパレードなどの大掛かりなイベントによって世間には徐々に認知されつつあります。しかし、その実像がヘテロセクシャルの人たちに伝わっているのかというと、少し疑問が残ります。これは、RAINBOW STAGEは単なるセクシャル。マイノリティの自助サークルで終わりたくない、という意思からです。

もちろん、セクシャル・マイノリティーの方のプライバシーは責任を持って守ります。先述したように、異性愛者の参加希望者の方には加入前に面接をさせていただきます。ただ、個人情報の管理には細心の注意を払っていますが、最終的には自己責任になりますので、その点だけご了承お願いします<(_ _)>

(以上は前のブログを更新していたあやさんたちが書いたものを、私が今年用に改良したものです^^)

さて、長くなりましたが、今年の歓迎会についてです。

予定:4月後半(土日)
場所:横浜から上大岡あたり
時間:18時から19時ごろ開始

なんかずいぶんアバウトですが・・^^;
このブログは誰が見ているか分からないため、あまり詳細に書くことはプライバシーの面でちょっと悩ましいのです><詳細は、メールをいただければメールで、加入後はメーリスでお伝えします。
参加を迷っているセクシャルマイノリティーの方も、異性愛者の方も、是非メールをください^^ノシ
↓↓メールはこちらです↓↓
rainbow_stage_rainbow@yahoo.co.jp

もうすぐ新学期

こんにちは(^-^*)/青(仮)です。
サークルの皆さん春休みは楽しめましたでしょうか?私はハワイにいっていたり汚部屋^^;の片付けに追われたりで、結構急がしめな春休みでした。
そろそろオリエンテーションも始まっていますし、来年度に向けていろいろと決めなきゃいけないこともあると思うので、そのうち学食あたりで集ろうと思います。日時はメーリスで送りますので、よろしくです〜。

「ハートをつなごう」LGBT2

こんにちは(*゚▽゚)ノ
今回は青(仮)が書かせてもらいます〜
さっそくですが、以前ここでも紹介したNHKの「ハートをつなごう」LGBT第2弾が放映されます(*´∇`*)

放送日時
1月26日(月)20:00〜20:29(教育テレビ)

1月27日(火)20:00〜20:29(教育テレビ)

再放送:

2月2日(月)13:20〜13:49(教育テレビ)

2月3日(火)13:20〜13:49(教育テレビ)
サイト
http://www.nhk.or.jp/heart-net/hearttv/

テストで忙しい人も多いと思いますが><是非見てくださいな〜

なお、15日には久しぶりの集りあります!参加したいっていう方はご連絡くださいな(日時があんまりないのでお早めに)。

☆イギリスのLGBT若者との交流イベント☆

707d6a74.jpgご無沙汰しております!!
Rainbow Stage代表のあやです。
更新が滞ってしまい申し訳ない!
テストもすっかり終わり、みなさん夏休みいかがお過ごしでしょうか?
私は夏休みに入りすぐに国外逃亡していました・・・アメリカにゼミ研修に行って参りました、単独でw
しかもちゃっかりLGBT系について調べてきましたよww英文の資料がわんさかわんさか…(汗)
研究内容に関してはいずれ報告できるといいなと思っております。こっ、乞うご期待☆(笑)


さぁ、今日は直前になっての宣伝で申し訳ないですが、この夏一番の貴重なイベントのお知らせ!!(←のくせして遅い;)

只今イギリスからLGBT(レズビアン、ゲイ、バイ、トランスセクシュアル)の若者たちがあるプロジェクトのために来日しております!

題して「日本×イギリスLGBTユースエクスチェンジプロジェクト」

さて、具体的に日本に来て彼らが何をしているのかというと、LGBTに関する様々なテーマについて日本とイギリスの若者が普段抱えてる想いや意見を一緒に話し合おうじゃないかwというイベントです☆★
日本とイギリスではLGBTの置かれてる状況もかなり違うはず!!
そんな「違い」をお互い知り合うところから始まり、今回の交流で得たものを今後日本、そしてイギリスでどう生かしていけるかを考えていこうというものです。
海外のLGBT事情を生で知れるこんな貴重なチャンスは滅多にありません!なのでぜひこれを読んでいるあなたにも24日の公開イベントに参加してほしいのですw

よろしくっ!!♪



*以下転送可*


「LGBTワカモノと仲間たちの“希望”宣言☆」

日英LGBTユースエクスチェンジプロジェクト(YEP)は、日英のワカモノが集まって「LGBTをテーマに話し合う」場所を提供しています。

その報告会を8月24日にやります。これまでのYEPの取り組みで見えてきた、学び、気づき。もっと大勢に知ってもらいたいのです。

題して「LGBTワカモノと仲間たちの”希望”宣言」。

LGBTに関心があるワカモノはもちろん、学校の先生、親や兄弟、ともだち、LGBTのオトナたち、行政関係者等々のご来場をお待ちしてます。
今日もLGBTのワカモノは生きていて、そのことがどういうことなのか、あなたとともに考えてみたいのです!! 是非、ご参加ください。

■日時:2008年8月24日(日)10:00開場 10:30〜16:30(ランチ休憩あり)
■会場:国立オリンピック記念青少年総合センター 国際交流棟 国際会議室
東京都渋谷区代々木神園町3番1号 小田急線「参宮橋」駅より徒歩7分
■料金:一般500円 25歳以下および定期収入のないかた無料(自己申告制)
■定員:250名(予約不要、先着順)

■タイムテーブル
10:30〜12:00 ごあいさつ/YEPのご紹介
イギリスのLGBTユースをめぐる現状報告
日本のLGBTユースをめぐる現状報告
RainbowCollegeのパフォーマンス
12:00〜13:00 ランチタイム(各自で持参するか、レストランをご利用ください)
13:00〜14:15 YEPのワークショップ報告
(自分自身について/カミングアウト/学校生活/ホモフォビア、トランスフォビア、社会のなかのLGBT/セクシュアル・ヘルス、HIVについて)
14:15〜14:30 休憩
14:30〜15:15 グループディスカッション
15:15〜15:30 グループディスカッション報告、スピーチ
15:30〜16:30 交流会

■日英LGBT ユース エクスチェンジ プロジェクト(YEP)とは?

・日本とイギリスの若者たちが「LGBT」をテーマに交流(エクスチェンジ)しあう場をつくる会です。
・LGBTとは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー/セクシュアル(T)の略称を合わせた言葉。同性が好きだったり、同性と異性のどちらかに関係なく誰かを好きになったり、自分の性についての表現が周りとちょっと違ったり、自分の体の性がしっくりこなかったりする人たちのことをいいます。
・ ユース(youth)とは英語で「10代から20代前半までの若者」のことをいいます。

■「メディア対応について」「当日フライヤー設置について」等の、詳細は近日中にブログにてUPされます。是非ご覧ください。
http://www.delta-g.org/youth/

次回のイベント情報♪♪

5d2babac.jpg







さてさて、外は雨が降り続いていますが月曜の夜、皆さんいかがお過ごしですか?
どうも、代表のアヤ(「彪」は読みづらいから変えたよん)です
ついに梅雨入りかしら??
あたくしこの梅雨という時期が一年で一番苦手です・・・もうっ、雨イヤっ(´Д⊂)

とまぁ、そんなことは置いといて(笑)


次回のイベント情報をお伝えします(。・ω・)ノ゙

その名も・・・

おうちでまったりお好み焼き食いながら『RENT』観ちゃおうぜparty

うーーーん、、、

ネーミングのセンスの無さに自分でもガッカリです!(笑)

まぁ詳細は以下の感じです!!

日時:6月13日(金)18時30分くらい〜

場所:メンバー宅(@金沢八景と金沢文庫の間らへん)

内容:タイトルの通り、お好み焼きをみんなで焼いて食べて、セクマイやHIV、愛(笑)がテーマのブロードウェイミュージカル映画『RENT』のDVDを観たいと思いますすごくオススメの映画!!


参加者は私宛かサークル宛にご一報をよろしく!
ではでは、レポートやらなきゃ


代表 アヤ



新歓おつかれさまでした!!

報告がだいぶ遅れてしまいましたが、、、

5月23日に横浜で行われたRS初の新入生歓迎会
過去最多(!?)の11名参加で大盛況のうちに無事終えることができましたパチパチパチ

いや〜よかった!!!ほっ(*´ェ`*)

新しく来てくれたメンバーの中には、初めて同じセクシュアルマイノリティの人に会った子もいたけど、みんなそれぞれ楽しんでくれたようで、ほんとによかった!!みんなの楽しそうにしている笑顔を見ていたら、なんかすごく純粋に嬉しかった。

これからも企画盛りだくさんなので、ぜひ参加してねー☆


新歓は終えたけど随時メンバーは募集中なのでぜひ興味持ってくれた方は連絡ください。

Rainbow Stageは他大学や専門学校の方、セクマイ当事者以外(異性愛者)の方もみんなウェルカムなので、みんなでワイワイ楽しいサークルにしていきましょう!!(※もちろん差別的な方はお断りよーw)

大学・短大・専門学校・年齢・国籍もちろん気にしません!
みんなが楽しい学生生活を遅れればそれでイイのです!
これが私のスタンスです。


近々またイベントを企画してるので、またブログ書きます!(うん、がんばる笑)

新歓★参加締め切り

そろそろお店の予約をするため、5月23日に開催する新入生歓迎会の参加募集を明日(13日)18時をもって締め切ります。

参加希望の方は、早めに連絡してください☆

今のところ参加メンバーは11名です(。・ω・)ノ゙

すでにニューフェイスに参加現役メンバーが人数越されましたw(笑)

初めて会う方、どうぞよろしくお願いしますっ

5月23日新歓やります!

お待たせしました
ついに、新入生歓迎会の日程が決定したのでお知らせします。

日にち:5月23日(金)
時間:19時位に集合
場所:横浜


ざっとこんな感じです☆彡
詳細は決まり次第メーリスで流します。メーリスに登録していない方にはメール致します!

なんと嬉しいことに、もうすでに他大学生を含め数名の方から参加要望のメールを頂いています
現メンバー並びに新メンバーもこの新歓をぜひ楽しみにしていてくださいねっ

また「まだサークルに入るかどうか分からないけど、なんとなく雰囲気を見てみたい」という方でももちろんOKなのでお気軽に質問も含め、サークル宛てにご連絡ください

メールはこちらまで★
rainbow_stage_rainbow@yahoo.co.jp

本日20時からNHKで『ゲイ・レズビアン特集』やります!

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

学生ちゅうも〜っく

いや、学生じゃない方も大注目です


本日と明日、20時からNHKでゲイとレズビアンが特集されます(。・ω・)ノ゙


NHK ハートTV 『ハートをつなごう!』
性同一性障害シリーズ時からリクエストの多かった企画がスタートします!!

ゲイ/レズビアン 第1弾
4月28日(月)、29日(火)午後8時〜8時29分
再放送5月5日(月)、6日(火)午後1時20分〜1時49分


http://www.nhk.or.jp/heart-net/hearttv/

ゲイって?レズビアンって??
……と思ったあなた、必見です。


この番組では以前、性同一性障害が取り上げられましたが、今回はついに同性愛がテーマです!

しかも出演者は、元大阪府議会議員で昨年夏の参議院選挙にも立候補した尾辻かな子さん
(尾辻さんの活動ブログはコチラ→http://otsuji.blog.so-net.ne.jp/)

尾辻さんは日本で初めてレズビアンだと公表した政治家であり、昨年パートナーと名古屋の公園で公開結婚式を挙げられました

同性婚が認められていない日本では、法の下で結婚したことにはなりませんでしたが、このニュースに勇気付けられた方は世界中に多くいることでしょう。


そんな尾辻さんが出演される今夜のNHKの30分番組、ぜひ当事者でない方もご覧ください。むしろ私は当事者以外の多くの異性愛者の方々に見てもらいたいと願っています!

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

RSサークルの趣旨

こんにちは
Rainbow Stage代表の彪です。


新入生も入学して初めてこのブログを見る方も多くいると思うので、すでにQ&Aなどにも書いてありますがここでもう一度サークルについて説明しておきたいと思います

々柔しているメンバーについて。

ブログのトップにも書いてありますが、うちのサークルはセクシュアルマイノリティ(性的少数者:レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)、性同一性障害(生まれてきた体の性と心の性が異なる人)、アセクシュアル(性的指向がない人)。

以上のようなセクシュアルマイノリティ、そしてそれらに興味のあるヘテロセクシュアル(異性愛者)によるサークルです。
※ただし異性愛者の場合は、差別や偏見のある方・からかい等の目的で参加したいという方はお断りしています。
メンバーのプライバシー保護のため一度、代表の私と面接をしていただきます。



▲機璽ルの趣旨について

次に一番大事なポイント、このサークルの趣旨についてです。
なぜ学校にこのようなサークルが必要であるか、疑問に思う方々もいると思います。
また普段生活していると、私たちのような性的少数者は見た目では気付かれづらいので、自分の周りには存在しないものとして認識されやすいのが事実だと思います。

しかし専門家の研究によると、割合として30人のクラスがあったらそのうち1〜3人は同性愛者であるという結果がもうずいぶん前から発表されています。
では、そんなに身近にいるのになぜ同性愛者は気付かれず、テレビの中や欧米だけのことのように感じている人が多いのでしょうか?


それは、私たちは異性愛者となんら変わりがないからです。


違う点は、異性を好きになるか・同性を好きになるか・異性も同性も好きになるか(または相手の性別は関係なくある人を好きなるか)、たったそれだけの違いだけなんです。私たちは、異性愛者と同じように毎日学校に来て、授業を受けて、友達と遊び、バイトをし、恋愛もします。


しかし、異性愛者に比べて性的少数者はたくさんの問題を抱えています。
なかなか認知されづらい部分なので、以下でいくつか例を挙げてみたいと思います。


【仲間が見つけづらい】
異性愛者が日常で同性愛者などの性的少数者に気付かないのと同じように、当事者同士もお互いの存在に気付くのが困難です。
たとえ同じクラスに自分と同じような性的指向の学生がいたとしても、見た目だけでは判断できないので、自分だけが他の学生と違うような気がして孤独感を感じやすいのです。なので、友達同士で何気ない恋愛話をしている時も、なかなか自分が同性が好きであること、自分の性に違和感を感じてることを周りの人たちに話しにくいのが現状です。話したら嫌われるんじゃないか、気持ち悪がられるんじゃないか、友達がいなくなってしまうんじゃないか・・・
そんな不安が日常の様々な場面で常につきまとってきます。


【誰に話したらいいか分からない】
上記のように、なかなか日常生活で仲間を見つけにくいため誰に話したらいいか分からず、自分が一人ぽっちのように孤独感を感じて自殺をしてしまうケースも少なくありません。事実、私の同年代の知り合いにも残念なことに昨年命を落としてしまった人がいました。
▼Wikipediaには性同一性障害について
「産経新聞(2003年4月12日)によれば、調査対象の29.2%に不登校経験が、74.5%が自殺を考えたことがあり、自殺未遂や自傷行為に及んだ者は31.1%であり、MtFに比べFtMの方が不登校、自殺未遂・自傷行為経験率が高かった。」という記述がありました。


また、大きな問題のひとつがメディアが作っている同性愛者のイメージです!
近年、IKKOさんやKABAちゃんのようにカミングアウト(自分の性的指向を公表すること)してメディアに出演するゲイの人が増えてきましたよね。
それは今まで隠れて生きざるを得なかった性的少数者にとって、驚くべき進展ではあります。
しかしそれと同時に、「ゲイはIKKOさんたちのようにオネエ言葉を喋り、派手で、キャーキャー騒ぐような人なんだ」という固定概念を異性愛者の人たちに植え付けてしまっています。
そしてこのことを嫌がる同じゲイの人たちはたくさんいます。ゲイの人たちはご存知のように男性に恋愛感情を抱く男性のことです。しかし共通点はたったそれだけなんです。
ゲイが全員、派手な格好をしてオネエ言葉を喋るわけではありません!地味な格好をして大人しいゲイもいれば、スポーツ系やジャニーズ系のゲイの人もたくさんいます。

また、レズビアンに対しても変なイメージを持っている人が多くいるように思えます。
その一番の原因はアダルトビデオにあると私は考えています。はっきり言って、本当のレズビアンはあんな怪しい感じじゃないですよ!!がっかりする方もいるかもしれませんが・・・(笑)男性同士の漫画ヤオイものが実際のゲイとはかなり異なった描写であるのと同じことです。

それからレズビアンというと、男性的な女性と女性的な女性がカップルになるというイメージもありますよね。これも実は人によって様々なんです。
私の周りの友人を見ても、フェミニンな女性同士で付き合うことがとても多いですし、またボーイッシュな女性同士で付き合うことも少なくないようです。
そのような偏ったイメージが付いてしまうのには、どうしても異性愛者が同性同士のカップルにも男性と女性の役割を当てはめたがる傾向があるからではないでしょうか?
ボーイッシュな女性は男性の役割をし、フェミニンな女性はか弱く相手に頼る。
みんながみんなそうではありません!逆にフェミニンな女の子がボーイッシュの子を引っ張っていくケースもよくありますw


なんだかこのまま書き続けると話がずれてきてしまいそうなので次にいきます!!


【将来のロールモデルがいない】
異性愛者の人たちには「結婚」という人生の大きな節目があります。最近では結婚をしない人も大分増えてはきましたが、多くの異性愛者は「いつかは自分も結婚して、子供を生み家庭を築くんだろうな〜」という将来像をなんとなくでも描くことができると思います。

しかし私たちセクシュアルマイノリティにはそのようなイメージが描きづらいのが現実です!それは自分のセクシュアリティをオープンにして生きている人が少ないので、ロールモデルが身近にいないからです。

現在の社会制度を見てみても、

■同性同士での結婚(同性婚)が認められている国はまだ、オランダ、ベルギー、スペイン、カナダのわずか4ヶ国に過ぎません。

■婚姻に準じたパートナー制度を実施している地域は少しずつ増えてきてはいますが、日本ではまだまだ何十年先になることか分かりません。。

セクシュアルマイノリティが社会的に、法的に認められなければ、私たちには何の保障もありません。

もし自分のパートナーが事故などで病院に運ばれた時でも自分とパートナーは法的に「家族」として認められていないので、病院側に面会・看護を断られてしまいます。つまり「仲の良い友人」程度の扱われ方しかされません。その結果、パートナーの最期を看取ることが出来ずに途方に暮れる人々がたくさんこの世界にはいます。しかもそのパートナーが家族(親兄弟)に自分のことを「恋人」としてきちんと紹介していなければ、親族からも「ただの友人」として扱われてしまいます。長年連れ添ったカップルでも、一緒に築き上げた財産や思い出はそのパートナーの親族に奪われてしまいます。。

ちょうどこのようなパターンを描いた良い映画があるので紹介しておきます★
『ウーマン・ラブ・ウーマン』http://www.tsutaya.co.jp/item/movie/view_v.zhtml?pdid=10011639
関東学院大学で非常勤講師として講義をされた砂川秀樹先生の授業でも取り扱われた有名な映画です(*^-^*)

上記のことから分かるように、当然のことながら会社に就職しても「家族保障」の対象にもなりません。家を借りるときも同性カップルの場合入居を断られるケースが多いです。
以上いくつか例をあげましたが、これらは私たちが抱えている問題のほんの一部分です。実際、私たちはもっともっと多くの問題を抱えているということを、現代社会の多数派である異性愛者の人たちに理解してもらう必要があります。


               私たちはここにいます


同性愛者だけでも世界中に人口の3〜10%は存在しているのに、いない存在とされているのはどう考えてもおかしい!

これを読んでる新入生も、もしかしたら自分以外のセクシュアルマイノリティにあったことがないと思っているかもしれないけど、普段気付かないだけで意外と仲間はすぐ身近にいるものなんですよ☆だから安心してください。

私たちのサークルは、セクシュアルマイノリティの学生に「もしかしたら自分ひとりだけなのかもしれない・・・」という不安や孤独感を感じている人を一人でも減らすために「居場所」として存在する意味があります。
このようなサークルは確かに日本の大学では目新しいことなので(アメリカではこのようなサークルはあって当たり前の存在ですが。)、受け入れにくいという人もいると思います。しかしまだ異性愛が当たり前とされている今の社会に居場所を見つけづらいという学生(もちろん学生だけではありませんが)はたくさんいます。だから大学にこのようなサークルがあるという事はとても重要な意味を持っているんです。


熱く語っていたらずいぶんと長くなってしまいましたが、どうしても一度これを読んでくれている方々に伝えておきたかったことなので。ご精読ありがとうございました。

最後にあの有名な「世界がもし100人の村だったら」の動画をどうぞ☆彡




89人が異性愛者で
11人が同性愛者


もしこの数字が嘘だとしたら、他の数字も間違いだということになりますよね。
Recent Comments
  • ライブドアブログ