2005年09月26日

BROTHER

155c8ac5.jpgいい結婚式だった。懐かしい顔ぶれともいっぱい会えたし、みんな変わったけど変わってなかった。10代の頃の話をして笑い合った。

俺は12時前には自宅に戻ったんだが、tomo-kunはまだまだこれから、といった感じで、俺を家に送った後、再び友達と繰り出していった。

tomo-kunはなにしろ友達が多いやつだ。地元を離れて何年も経つと、高校時代の友達は少しずつ遠い存在になってゆくものだ。俺の場合がそうだった。今でも連絡を取り合える幼馴染は俺の場合数人しかいない。しかしtomo-kunに限っては違うのだ。毎日朝まで飲み明かせる友達が次々と彼を訪れてくる。きっとtomo-kun自身が持っている「絶妙なバランスの友情スタイル」の成せる技だろう。ひとことで言ってしまうと「イイヤツ」なんだ。



tomo-kunに「rainmanに入らないか?」と誘ったのは2003年の夏だった。

rainman2代目ブルースハープが脱退することになり、俺は途方に暮れていた。ギタリストやベーシストと違ってブルースハープ奏者は極端に人口が少ない。たまにその逸材がいたとしても、その貴重な存在はすでにどこかに所属している状態だった。
しかしブルースハープの魅力的な音色は、俺の目指す音楽にとって不可欠なもので、どうしても俺はブルースハープ奏者をメンバーに入れたかった。
その当時rainmanは1stアルバムのリリースを目前に控えており、ツアーも決まっていた。なんとしても早く次のブルースハープ吹きを見つけなければいけなかったのだが、なんともならずに日々が過ぎていった。
ある日、何かが落ちてきたように、ある人物の顔が浮かんだ。

「いたぜ!俺のことを一番わかってる、最高にロックなヤツが!!」

灯台もと暗しとはこの事だった。思い立ったら吉日、早速俺は『弟』に電話をかけた。
「友くん、ちょっと飲みに行かないか?」

焼酎のボトルが一本空きかけた頃、俺は切り出した。
「いやぁ、実はさぁ、ブルースハープが抜けちゃってさぁ。」
「えぇぇぇ?まじで?どうするのレインマン。。大変じゃん。」
「そうなんだよ。。そこで、いろいろ俺も捜してみたんだけどなかなかいい奴いなくてさぁ。。。」
「そうだろうねぇ。。なかなかハープ吹きはいないよねー。」
「うん。。でさぁ、まぁ今日の本題に入るんだけどさ。。」
「え?本題?なにそれ?」
「あのさ、おまえ…rainmanのブルースハープやんねぇか?」
「!!!」

それから俺は、驚く顔のtomo-kunを猛烈な勢いで口説いた。tomo-kunはもともとハードコアパンクバンドのギタリストだったので、もちろんブルースハープなんて吹いたこともなかった。でも俺は確信していた。

「こいつのセンスは間違いねぇ。だって俺の血が流れてるから。」

30分後。
「わかった。兄貴、俺rainmanのブルースハープやるよ。面白そうだし。でも言っとくけど、俺はロックに行くぜー。今までのアコースティックなイメージのrainmanを目指すなら、俺はやらねぇ。」
「もちろんお前の好きにやっていいよ!おっしゃ!決まりだな!よろしく頼むぜ!!」

その後は、俺も耳を疑うくらいの猛スピードでtomo-kunのハープは成長していった。そしてヤツがはじめに言ったとおり、やっぱり音はロックだった。



昨日の結婚披露宴。司会の姉ちゃんが、
「御新郎のご友人にあたります、ダイスケさまトモヒトさまご兄弟による演奏をお聞き下さい。」
と紹介されたときは少し違和感があった。
マイクロフォンの前に立った時点で、俺達二人は、兄でも弟でもなく、rainmanのボーカリストとハーピストだったからだ。
俺の隣では、一人のハープ吹きが、いつものようにロックな音を奏でていた。

tomo-kunは、今日、25歳の誕生日を迎えた。きっと今夜も友達に囲まれて飲んだくれているはずだ。

HAPPY BIRTHDAY! MY BROTHER!

人気ブログランキングブログランキング


トモ君3トモ君2












トモ君1

rainman_daisuke at 22:47│Comments(12)TrackBack(0)daisukeの今日の出来事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by チーのり   2005年09月27日 00:10

初めての『スーツ姿』にドキッ!…これも、ありだね(笑)

私にとって、このブログは見逃せないものになっています。だって、「知らなかった知りたかったこと」が満載なんだもん(嬉) daisuke君の言葉が状況を想像させて離さないんだもん(^m^)
今後にますます期待しま〜すo(*^^*)/


そして、daisuke君の素晴しいBROTHER、tomo-kunお誕生日おめでとう!

2. Posted by kyon   2005年09月27日 00:35
tomo-kun、おめでとう!!
ホント、tomo-kunのお友達、いい子ばかりですよね。。
アニマルに行くたびに、顔見知りが増えてます。(*^^)
親子ほど、年が違うのに友達気分にさせてもらってます、ありがとう!!

ところで、daisukeとtomo-kunのスーツ姿、初めて見ました。
カッコイイーーー(*^^*)ポッ
3. Posted by 中山マコト   2005年09月27日 00:59
この、収まりの悪さが「ロック」だな〜。

赤いギターが、「ハート」だな〜。

似合わないスーツが「人生」だな〜。
4. Posted by みー   2005年09月27日 11:10
兄弟仲良いって素敵ですね♪
これからもレインマン応援します☆
5. Posted by 四代目   2005年09月27日 19:06
いやー、わるいひとたち、みたいですね。お二人とも。よくお似合いですよ。
6. Posted by 中山マコト   2005年09月27日 21:48
なんか、ブルースブラザーズみたいな雰囲気もあって、ヨイゾ!!!
7. Posted by rainman_daisuke   2005年09月27日 23:31
チーのりさん。
見逃せないものになった、とは、嬉しいお言葉。どうもありがとう。ますます、手が抜けません(笑)
なにか知りたいことがあったらリクエストもメールで下さいね。『書ける事だけ(笑)』書きますよ。
8. Posted by rainman_daisuke   2005年09月27日 23:33
kyonさん。
スーツ姿は初めてでしたかー。スーツは実は顔に似合わず結構好きで、モッズ系のスーツは何着か持っていますが、とにかく着る機会がない!って感じです。むむむ。
9. Posted by rainman_daisuke   2005年09月27日 23:45
中山さん。
(笑)確かに収まりが悪いですねー。オレンジ色のギターが輝いてます。
披露宴会場は、最初ガヤガヤしてたんですが、俺達が唄いはじめたとたんシーンとなりました。よっぽど外見と違う唄だったので、親族一同ビックリしたんでしょう(笑)がはは。
10. Posted by rainman_daisuke   2005年09月27日 23:47
みーさん。
どうもありがとん。確かに仲はいいかもね。兄弟に限らずrainmanは。。ふふふ。
11. Posted by rainman_daisuke   2005年09月27日 23:49
四代目。
わるいひとたちって。。(笑)
一見わるそうなひとたち、くらいにしておいてください(笑)
12. Posted by rainman_daisuke   2005年09月27日 23:50
中山さん。再び。
ブルースブラザーズ!!!
そうそう!!!そういう前向きなイメージで行きましょう!!(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔