2005年10月17日

「SION」20周年ライブ。新宿LOFT

東京ノクターンいやぁ、呑みましたねー。結局、新宿ロフトのSIONのライブ中から呑み始めて、そのまま朝の9時まで呑んだから、14時間くらい呑んでた。んで、4時間寝て、rainmanのリハに行ったんだけど、マネージャに「酒臭いです」って怒られたね。。すんません。。
最近、結成当時よく唄ってた「PARK」って曲を、再びリハで唄い始めてるんだけど、詩の内容とは裏腹に頭ぐらんぐらんしてたよ。呑みすぎたね。すんません。

でもSIONのライブよかったよ。
ひさしぶりに客席から他人のライブ見たけど、やっぱり楽しいね。開演前は、まだ出てこないのか?まだ出てこないのか?ってドキドキしたし、SIONが見えたときはテンションがーんと上がったしね。オープニングからいきなり「風向きが変わっちまいそうだ」。イントロでハープを吹き、それを客席に放り投げる。かっこいいねぇー。こぶしを振り上げて、ふつうにファンの兄ちゃんしてきました。たまにはお客さんもいいね。
SIONデビュー20周年のライブということもあって、セットリストもよかったなぁ。古い曲いっぱいやったし。「俺の声」「街は今日も雨さ」「コンクリートリバー」「ハードレイン」「レストレス・ナイト」「水の中にいるようだ」「クロージングタイム」etc。。うーん名曲ぞろいだ。。俺としては「ノックオンザハート」が聞けたのが嬉しかったねー。しかし、とても43歳とは思えないパワーだった。元気でたよ。ありがとSION。
ライブ会場に、静岡のrainmanのお客さんが偶然いたりして、意外な出会いもあったし、なんと言っても、初代ブルースハープのCHIIさんと久しぶりに飲めたのは嬉しかったね。相変わらず熱くて優しい奴だった。彼が電話くれなかったらSIONも見れてなかったし、感謝です。

ではSION最新オリジナルアルバム「東京ノクターン」より「曇り空、ふたりで」という曲の歌詞を紹介するね。


「曇り空、ふたりで」 SION

曇り空がおおう
色のない町並みを
悲しみしか伝えられない
新聞が舞う

心ない声が
心ある君を
悲しませつまづかせて
また大切を破く

真面目に生きてたら
報われたのはいつまで
悪いことをやったら
罰があたったのはいつまで

罪のない天使が
また踏みつぶされている
神様がほんとにいるなら
いつまで黙ってる

真面目に生きてたら
報われたのはいつまで
悪いことをやったら
罰があたったのはいつまで

もう眠ろうな
明日があるから
今日は眠ろうな
俺はここに傍にいるから

曇り空がおおう
カサカサな町並みで
真っ直ぐは難しいけど
ふたりで ふたりで ふたりで


というわけで、明日があるから、寝ます。いろいろあるけど、、真っ直ぐは難しいけど、ゆっくり進んでいこう。おやすみ。


↓ブログランキング。今日もクリックしておくれ
にほんブログ村 旅行ブログへ
↓こっちもね。
ブログランキング


rainman_daisuke at 00:16│Comments(2)TrackBack(1)daisukeの今日の出来事 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 突然の死!  [ 儲けのヒントは日常から。あなたは今日、何に気づきましたか?中山マコトの「ガウ!」のすすめ! ]   2005年10月17日 04:29
Rainmanのマネージャーの弟さんが、数日前に亡くなった。 交通事故による「死」だった。   こういう話題は、あまり得意ではないし、少し時間が欲しかった。   で、Daisukeのblogの様子を見ていて、そろそろ大丈夫かな?って気がして来たんで書く!...

この記事へのコメント

1. Posted by YUMIKO   2005年10月17日 22:54
シオン、そうきましたかぁ。。やっぱ、14日とは選曲が違うねー。うぅぅ、15日も見たかったなぁ。ノック オン ザ ハートでこぶし振り上げたかったなぁ。「俺の声」も聴きたかったなぁ。
2. Posted by rainman_daisuke   2005年10月18日 13:49
YUMIKOさん。
そうきました(笑)tomo-kunも言ってたけど14日とはまったく違うセットリストだったみたいだねー。俺としては、最高のライブだった。あんないいライブ見たのは久しぶりって感じだったよ。「MAY BE」も良かった!震えた。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔