2005年10月18日

新宿ロフト、20年前のルーフトップを眺めながら

町田SIONのライブが終わり、新宿ロフトの出入り口に向かう階段の途中で、スタッフが新宿ロフトの20年前、1985年10月のルーフトップ(ライブスケジュールが載っているフリーペーパー)を配ってたので貰ってきたんだけど、これ、改めて見てみると結構すごいの。

70年代80年代の日本のパンクマニアには、かなり涙もの。「アレルギー」を解散した後の復活直前の「宙也」さんのインタビューとか載ってるし…。スケジュールも、「レピッシュ」、「レッドウォーリアーズ」、「町田町蔵」!!そして10月15日のところにはもちろん「SION」って書いてあるし。ちょっとマニアックすぎてここで書いても「なにそれ?」と言われてしまいそうだけど、俺としては鳥肌立ちまくりのBANDがぞろぞろ出演してる。今は今で好きなんだけど、この頃の日本のロックシーンは間違いなくかっこいいね。そして今でも活動してる皆さん、凄いです。俺もそうありたい。

町田町蔵さんはご存知の通り、今は「町田康」という本名で作家活動もしてて芥川賞とかとっちゃってるけど、でも、俺はやっぱり「町田康」より「町蔵」の方がしっくりくるねー。「メシ喰うな」ですよ。「俺の存在をーー頭から否定してくれーー」ですよ、ほんと。
あとね、町蔵さんといえば、鬼才アルトサックス奏者「安部薫」さんを題材にした「エンドレスワルツ」って映画にも主演で出てて、この映画、東京出てきたばっかりの時に一人で新宿に見に行ったんだけど、映画終わった後しばらく椅子から立てなかったよ。とにかく「強い」映画だよ。バンドマンは絶対見たほうがいい。「シド&ナンシー」が可愛く見えるよ。

いやぁ、この頃の話をすると止まらなくなるなぁ。この辺でセーブしないと(笑)…。

しかし、雨よく降りますねぇまったく。

うーむ。最近はいろいろあったけど、その中でも一応いろいろ動いてて、来年早々rainmanを代表するラブソング「夢を見るには」があるレーベルのオムニバスCDに収録されます。まだちょっと詳しくは発表できないんだけどね。そのオムニバスCDにはDVDも付いてて、rainmanの映像も収録される予定です。楽しみにしてて下さいよ。あと、「夢を見るには」を提供してる女性シンガー「水野蘭」ちゃんも、この曲のレコーディングに入るらしいね。発売は年内だとか…。俺もゲストミュージシャンで呼ばれてます。ってどの楽器演奏するの?って感じですが…(汗)。こちらもお楽しみに!あとは…埼玉テレビの収録とか、3rdアルバムの準備とか…、まぁぼちぼちやってます。はい。

がくんと夏が消えていって、まだ秋自体が「ここ」にやってくる準備が出来ていない、このポッカリと空いた穴を、どう過ごすか。この時期大事なんですよね。冬が来てクリスマスソングが聞こえる頃、焦りはじめない様に、しっかり足元固めておかないといけません。
皆さん、影は足にくっついてますか?

↓ブログランキングです。今日もクリックお願いします。
ブログランキング
↓こっちもね。
にほんブログ村 旅行ブログへ

rainman_daisuke at 13:26│Comments(2)TrackBack(0)daisukeの頭の中 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 中山マコト   2005年10月19日 09:11
読者になってみました(笑)。

それにしても、色々うごめいていて素敵だね!

中山の友人の「大社長(ニックネームです)」が、今回のDaisukeの記事に異常に反応してました。

町田町蔵とか、レッドウォーリアーズあたりが「刺さった」らしいです。

思わず「コメントしちゃおうか!」って思って、危うく思いとどまったらしいですが・・・。

なぜ、思いとどまるのか?
2. Posted by rainman_daisuke   2005年10月19日 15:32
中山さん。
そうですか。では「大社長」さんがもっと反応するように、その他の、「1985年10月の新宿ロフトのルーフトップ」の紙面上に登場してるアーティストの皆様を書いておきましょう(笑)すごい面子ですよー。

シーナ&ロケッツ。ルースターズ。ロンドンタイムス。ブルーハーツ。ゲンドウミサイル。遠藤ミチロー。POGO。マルコシアスバンプ・・・etc。

ふふふ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔