2005年11月26日

旅立つ君へ

俺とかずくん今日ネパールに再び旅立つ親友がいる。
名前は「KAZUくん」。

彼と初めて会ったのは中国の雲南省「麗江(リージャン)」という町に滞在してた時。
出会い方はちょっと変わっていて、麗江よりすこし南にある「大理(ダーリー)」という町で、俺の友人から受け取った「ある物」を、まだ会ったことのない俺にわざわざ届けにきてくれたんだ。
麗江にある数々の安宿を「daisukeという奴はいないか?」と探し回ってくれて、俺の泊まっていた宿まで辿り着き、無事に俺はその友人からの贈り物を手にすることが出来た。
その後は当たり前のように「KAZUくん」と仲良くなって、しばらく一緒に旅をした。

彼は「絵描き」であり「登山家」だ。彼と一緒じゃなかったらチベット越えはもっと大変だっただろう。当時はよく助けられた。

今年の夏は北海道で「ラフティング(ボートでの川下り)」のガイドをしていたという生粋のアウトドアマン。この前の関西ツアー中、京都で久しぶりに再会した。相変わらずだった。好きなことをやってるせいか目がキラキラしてて出会った頃と全く変わってなかった。

今回もガイドを兼ねつつ、ヒマラヤ登山をしてくるらしい。

「KAZUくん!行ってらっしゃい。山の事は君のほうが全然詳しいけど、あんまり無茶するなよー!気をつけてな。土産話楽しみにしてるよ」

旅立ちの記念に「KAZUくん」のベストショット!
ここまで綺麗にガンジス川に飛び込んだ男を俺は他に知らない。

撮影…西村和晃
1







2











3













4いやぁ美しいジャンプ…肉体美ですなぁ。
↓人気ブログランキング参加中!クリックありがとよ。
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ


いよいよ明日だね!準備はいいかい?マイフレン。おりゃ!

●今日の小説
「深夜特急」沢木耕太郎
旅人のバイブル的な本になった名作。俺も20歳の時この本を読んで初めて旅立ったのだ。大沢たかお主演でドラマ化もされたね。
●今日のBGM
「青いバス」rainman
次の町に辿り着く時の顔を、もう君はしてた。

rainman_daisuke at 13:20│Comments(2)TrackBack(0)daisukeの今日の出来事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 四代目   2005年11月27日 10:42
カズさん無事に着いたでしょうかね。ほんまにストイックな男でんなあ。ガンガーに飛び込んだあとの頭だけ出てる写真が海坊主っぽくていいでしょ。

さて、船上ライブいよいよ今日ですね。大阪にいても気持ちはそっちにいるんでよろしくっす、マイフレン。
また後日談をブログにてお待ちしてまっせ。

じゃ、今日も一日よい旅を。
2. Posted by rainman_daisuke   2005年11月27日 11:04
四代目。
どうもどうも。写真使わせていただきましたよー。いつ見ても素晴らしい「4コマ漫画?」だねー、この写真!海坊主だねー彼は。

船上ライブ、いよいよ当日。大阪で見守っててくれマイフレン。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔