2005年11月29日

船上ライブを終えて。

6139988b.jpg無事に船上ライブが終わった。
夏からずっと自分自身が企画してきたものだったから、実現できたこと、そして素晴らしい夜になったことがとても嬉しい。本当に嬉しい。

今回はライブハウスのようにステージや機材が初めから用意されているわけじゃなく、まっさらな船の上に、ゼロからライブ会場を作った。
実際に船に乗って準備できる時間は、たったの40分。

港で船を待ちながら、ミキサー、ケーブル、モニター、スピーカー、アンプ類そしてドラムセットやパーカッションセットを組み、どうしたら効率よく準備が進められるか作戦を重ねた。
船が着くと同時に、それらをスタッフ・メンバー全員で船に積み込んだ。ステージを作りスピーカーを固定し、楽器を乗せて、少しずつ会場が出来上がった。忙しかったけど、みんな楽しそうだった。

全てのマイクがセットし終った時、皆の待ってる港に船が近づいていった。実際に音を出してのサウンドチェックまでは間に合わなかった。でもメンバー全員「音響スタッフ」を信じていた。

俺らは、待ってくれている皆を出迎えるために、船のふちに立った。
手を振って待っている皆の顔が見えた時の興奮を忘れることはないだろう。

心配してた「雨」も降らず、気温もこの時期にしたら暖かい方だった。皆の想いが届いたんだ。

風に吹かれて、波に揺られて、ライブはスタートした。

この東京の空で、ライブの中盤「流れ星」が見えたという。

星の少ない東京の空を、こんなに穏やかに見上げたのは何年ぶりだろう。
東京の夜景をここまで幻想的に眺めたのは何年ぶりだろう。
きっとこの夜に感じた想いの全ては、初めて俺の体に生まれたものに違いない。

20曲目、「花束」の途中、「もうこの曲で終わりなのか」と思って、皆の顔をゆっくり見渡して唄った。皆が唄ってくれてて、すげーいい顔で、自分の幸せ感に涙が出てきてしまった。本当にありがとな。いっぱいいっぱい力貰ったよ。

皆とすごした、この惑星に浮いた夜を忘れることはないだろう。
やっと少し一歩前に進めたような気がします。感謝以外の言葉が見当たらないよ。




機敏な動きと素晴らしい技術を見せてくれた音響スタッフ、清隆さん、皆葉さんをはじめ「SOUND FACE」の皆様。

この夢のような企画を、俺に持ちかけてくれた、鈴木君を初め「SLD ENTERTAINMENT INC」と「LIVEHOUSE LOOP」の皆様。

会場となる船を貸してくれて、安全かつ素晴らしいルートで遊覧してくれた、船長さんはじめ「IRIS」の皆様。

俺らが船の上で準備をしている間、受付でお客さんを誘導してくれた、マネジャーをはじめその友人の皆様。

会場作りを、汗を流して手伝ってくれた友人のドラえもん&C→くん。

記録としてのビデオを撮ってくれた旅人Tさん、インタビュアーをしてくれた旅仲間、とりしゃま&なっつん。そしてスーパーカメラマン、木下すすむ。

インパクトのある「ジェットラ君」の旗を作ってくれたHPの管理人さん。

リハーサルなしの状態で、アイコンタクトのみで演奏しきった心強きrainmanのメンバー達。

そしてなんといっても、日本中から集まり、この船に乗って、俺と共に唄ってくれた、愛するrainmanファンの皆様。
この素敵なPARTYを支えてくれた、全ての皆様に感謝します。

ほんとにありがとう。

センキューマイフレン。センキューマイファミリ。

最高に幸せです。君たちに出会えてよかった。

rainman VO. daisuke

↓人気ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ

船上ライブを迎えるまでの流れ。
110

rainman_daisuke at 15:06│Comments(14)TrackBack(0)daisukeの頭の中 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 四代目   2005年11月29日 17:40
いやー、無事に終わってよかったですね。
日曜日の夜は大阪にいながら大ちゃんのことをネパールから順を追って色々思い出していました。

月並みな表現やけど、これからもよろしくです。
2. Posted by YUMIKO   2005年11月29日 22:03
5 船上ライブは、見るとか聴くとかより、全て体感! 出航の時は一羽のカモメが見送ってくれて、戻ってきた時は数えきれないカモメが迎えてくれて、ライブ中には流れ星、夜空にはカシオペアにオリオン、そこに風が吹いて、波に酒にそしてレインマンの音に揺れて、陸を見ればキラキライルミネーション、目に入る全てに感動。そう、「花束」の時、だいちゃんが、天を指差し、そして目頭を押さえた…ように見えただけ? 実は私も泪してました。お月さまは参加できなかったけど、帰り道、ひょっこり顔見せてくれました。あら、感動のあまり、長くなりましたが、一言…楽しかった!
3. Posted by YUMIKO   2005年11月29日 22:31
追伸
一緒に船上ライブに行った「あるブルースマン」からの嬉しい感想を要約して転送するね!

『自分の表現ファイルにはないスタイルなので刺激になりました。音については、海上で移動しながらというリスクを、グルリと囲むステージ位置と超至近距離の演奏で、ヘタなストリートやショボいハコより良かったと思う。レインマンについては、紛れもなくオリジナル日の丸ロックバンド。彼等には「上を向いて歩こう」「いとしのエリー」に続く第3の和製バラードの大傑作が創れると期待しています。(和製バラードとは原詩が日本語で、外国語でもカバーされ内外で高い評価のある曲です)』

だって!
4. Posted by まだ・・   2005年11月29日 23:15
5 余韻に浸ってます!
5. Posted by アルフ   2005年11月29日 23:16
船上ライブお疲れ様でした。最高でした!
船の上にいる時間はアッという間に過ぎてしまい…でも、それだけ楽しかったって証拠ですね♪夢の中に居るようでした♪
星空・心地よい風・全国から集まった人・全てを引き寄せてしまうrainman凄い!!!
また、出航できる日を夢見ています。
ちなみに、私は全身筋肉痛になりました!!
6. Posted by ゆうこ   2005年11月30日 00:06
5 『花束』を聞きながら涙が零れ落ちそうになるのを我慢して、上をむいて星をみつめながら聞いていたのだけど、堪らなくなりステージをみたらダイスケくんが泣いていたの。
震えました。いつもそうだけど、でもその瞬間いつも以上にみんなひとつだったね。
携帯の待受を船から撮った東京湾の夜景にしました。開いて見る度にあの風があの星がそしてあの音が私を包んでくれます。幸せをありがとうね。
7. Posted by rainman_daisuke   2005年11月30日 11:40
四代目。
いやぁーなんとか無事に終われました。
ガンジス川とはまた違って、今回は海の上だからねー。それに音に電気も通したし、楽しかったよ。今度は四代目にも見てほしいなぁ。
これからもよろしく。
8. Posted by rainman_daisuke   2005年11月30日 11:42
YUMIKOさん。
ほんと、体感だねー!
風に当たりながら唄うってのは、ほんと気持ちいいねー。今度の船上は、月にも参加してもらおう。
ありがとう。
9. Posted by rainman_daisuke   2005年11月30日 11:44
YUMIKOさんの友人の「ブルースマン」様。
紛れもなくオリジナル日の丸ロックバンド。という言葉がとても嬉しいです。
これからもいい曲作れるように、楽しく生きます。
ありがとう御座いました。
10. Posted by rainman_daisuke   2005年11月30日 11:46
まだ・・さん。
余韻が続くねー。俺もそうだよ。
でも、また新しく創めなきゃ。
創めるよ、また。
はじめよう。
11. Posted by rainman_daisuke   2005年11月30日 11:48
アルフへ。
ありがとね!あっと言う間だったねー。
君にはいい仲間たちがいっぱいいるねー。
皆で来てくれてありがとうなぁ。

ちなみに俺は胃痛です。。(^-^;)
12. Posted by rainman_daisuke   2005年11月30日 11:52
ゆうこさん。
どうもありがとう。
船の上から、「この海の向こうでいろいろんな人が生活してて、みんな頑張って生きてて、泣いたり笑ったりしてて…」って考えただけで熱くなったよ。あの夜は、この船がこの惑星の中で、今一番ピースな場所なんじゃないかって思った。
13. Posted by あすか   2005年12月01日 08:52
5 あの日の興奮から少しづついつもの毎日を取り戻してきました。
みんなの書き込みを見てあの流れ星は見間違いじゃなかったんだ!わたしの連れも大満足してくれました(^^)
楽しかった!時間を共有できてよかったよ〜
次回は息子に見せてやろう・・・つれてけませんでしたがあたたかいMCありがとでした。
キョンさんの作った旗すごかったな〜。
14. Posted by rainman_daisuke   2005年12月01日 14:50
あすかさん。
みんな流れ星見てるんだねー。「あの店今頃」を唄ってるときらしいね。きっと「秘密基地」を唄ってる時だったらみんな見てなかったかもね。。
3歳の息子は来てなかったんだねー。来てると思ってMCで言っちゃった。。また暖かい時期に連れてきてね!お連れさんにもよろしく。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔