2005年12月02日

柔らかな後悔

177e58cc.jpg風が冷たくなってきたね。
今考えると、船上ライブの日が今年最後の暖かい気温の夜だったかもね。
12月になったね。

12月といえば毎年思い出す歌があります。
sionの「12月」です。
今日も東京を歩くでしょう。
ポケットに手を突っ込んで、苦笑いが出る前に、はしゃいだ街を走り抜けるんだ。


12月 sion

二人に疲れては一人に戻り
また誰か恋しくてまた繰り返す
屋根の上の猫がそんな俺を見て
珍しいものでも見るような顔して笑った

変わりゆく時間に心惑わされ
今日一番の宝は明日くずかもしれない
もう何も見たくない聞かせないでくれ
きつく手を握り締めた恋人達を俺は見た

12月
街はクリスマス気分
あちこちから思い出したように
ジョンの声
そして俺ときたらいつもこの頃になると
何かやり残したような 
柔らかな後悔をする

捨ててしまえばそこから全て
新しい暮らしが始まるわけじゃなく
屋根の上の猫が気にするわけもなく
顔が入れ替わるだけの苦笑いがあった

干からびた時間に夢という水をまき
なんとか本当の出口を捜し歩く
そこから何が見えたら満足なのか
俺にはわからないわからなくなった

12月
街はクリスマス気分
あちこちから思い出したように
ジョンの声
そして俺ときたらいつもこの頃になると
何かやり残したような 
柔らかな後悔をする


景色がダブって、アレ?と思い、去年の12月に書いた「過去の日記」を見たら、やっぱり、この歌詞を日記に載せてあった。
そしてその歌詞の後に、12月の忙しさに置いていかれそうな不安を綴っていた。
ここに、その時の日記を載せようかと思ったけど、照れくさいからやめた。
今年は去年よりは少し強くなったのかな。
まだ「笑える」から、きっとだいじょぶだな。


↓両方クリックしてくれると嬉しい。
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ

●今日の映画
「さらば愛しのやくざ」1990日本
ジョンレノンが撃たれた12月8日、新宿で2人の男が出会う。
陣内孝則さん好き。ロッカーズも好き。

rainman_daisuke at 14:02│Comments(2)TrackBack(0)daisukeの頭の中 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by カズーマン   2005年12月03日 17:05
冬の街はなぜか一人歩くのが 似合うから
冬の街は誰かそっと見てる様な気がするから
冬のシオンはいいねぇ!何聴いてもしびれるよ!
2. Posted by rainman_daisuke   2005年12月04日 15:02
カズーマン。
一昨日は朝まで付き合ってくれてありがとよー。いい夜だったよ。また飲もうね。
サニーサイドの雨を唄おう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔