2006年07月25日

帽子屋さんとイラスト屋さん

今回は、2人の友人を紹介します。

帽子まず1人目。

実は最近、たまに帽子を被っています。俺はもともと帽子はあまり被るほうじゃないんだけど、ある方からプレゼントしてもらったんです。似合うか似合わないかは置いといて(汗)、俺はその帽子が気に入ってます。

下北沢の南口、マックを正面に見て右側の道を歩いていくと、道路がYの字に分かれていて、その真ん中はお花屋さんです。下北によく行く方ならわかりますかね?その花屋で働いてる友人の紹介で知り合った、花屋のすぐ右側にある「Bulsaras」という帽子屋のにいちゃんが、オーナー兼帽子デザイナーの「嶋根秀一」くんです。

以前、下北でライブがあった時、リハが終わって本番までしばらく時間があったので、ふらっと「Bulsaras」に寄ったんです。
「やぁひさしぶり、元気ですか?」
「おーいらっしゃい、何?今日はライブ?」
「そうそう、ちょっと時間があったから顔出したんだよ」

店内は彼がこだわりにこだわって作った帽子達が、所狭しと飾られていて、お客さんが手にとって選んだりしてて、にぎわっていた。下北沢という町で店を出し、もう3年になる。流行に流されない本当にいいものを売っていないと、下北沢というある種独特なオーラがある町では勝ち残っていけない。実際、素人の俺から見ても、彼の作る帽子のクオリティーの高さ、そしてオシャレさが一目瞭然だ。

しばらく話をして、帰ろうとしたら、「ちょっと待って」と彼が言って、奥からいくつか帽子を出してきた。
「これ今度の秋の新作なんだけど、どうかな?」と俺に見せてくれた。
俺はそれを被ったりしながら、
「いいねぇー。俺あんまり帽子被らないんだけど、こんなにフィットするのは中々ないよ。」
「何色が好き?」
「そうだねー、俺なら無難に黒かなぁ。」
「じゃあ、それあげるよ」
「え?くれるの?いいよー、悪いから。。」
「いいんだよ。この前CD貰ったし、そのお返しだよ」

そういえば「秘密基地」が出たとき、店でかけてよーと言ってサンプルを渡したのを思い出した。
俺は、せっかくなので、ご好意に甘えて、その帽子を頂くことにしたのだ。
それがこの↑帽子。最近たまに被ってます。

是非、下北沢に立ち寄られた際には、覗いて見て下さい。きっと自分にピッタリの帽子に出会えると思います。

「Bulsaras」
世田谷区 代沢 5-28-14
TEL/FAX 03-3421-1113
店内にいる、男前のにいちゃんが嶋根秀一くんです。

イラストでは2人目。

最近、徐々に頭角を現してきた個性的なイラストを描く女の子。
以前、俺が主催してる「BACK PACK BLUES NIGHT」のポストカードのデザインもしてくれた事もあるんだけど、彼女の名前はKAORIちゃんと言います。
もともとは、友人の女性シンガーのRANちゃんのホームページやTシャツ・うちわなどのデザインをしていて、知り合いました。

俺には、毎日日課にして読んでいるブログがいくつかあるんだけど、彼女のブログもその1つ。毎回いろんな絵が紹介されてます。
なんとも言えない、ふわふわとした、あったかくて優しい色使いと、見れば見るほどストーリーが広がっていく「落書きタッチ」の絵が特徴です。

そんな彼女が明日から、「グループ展」を開くそうです。
名づけて
「KAORIのらくがきだらけ展inマテラボ

俺も一日顔を出そうかと思っています。
気になった方、是非覗いてみてはいかがでしょうか?

場所はこちら。
デザイン・フェスタ・ギャラリー[ 2-B 2-C ]
7月26日(水)〜7月30日(日)
東京都渋谷区神宮前3-20-18 1F&2F
< OPEN 11:00-20:00(最終日は19:00まで) 入場無料 >
Tel: 03-3479-1442

来れない方、作品はグループ展以外でも手に入るそうです。
詳しい事は彼女のブログで!

ということで、友人アーティストの紹介でした!

俺はというと、今はrainmanのドキュメント映像の打ち合わせなんかをしてて、新しい分野のことなので、とても興味津々で刺激的な日々を過しております。早く完成させて、みんなに見せたいなぁ。

rainman_daisuke at 14:30│Comments(2)TrackBack(0)daisukeの頭の中 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Chii   2006年07月26日 01:13
なんか気持ちが 暖かくなり つい笑顔がこぼれてしまったよ。
俺にとってはそんな話しでした。
2. Posted by rainman_daisuke   2006年07月26日 13:57
chiiさん。
ふふふ。そうだろうね。
出会いに感謝。

せんきゅーまいふれん。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔