2006年09月21日

BACK PACK BLUES NIGHT VOL.11

背中いよいよ1週間後に迫ってきました「BACK PACK BLUES NIGHT VOL.11」です。
今回は二部形式のワンマン、そして「東京レインマン」というドキュメント映像初公開という一度で二度も三度もオイシイ企画になってます。

BACK PACK BLUES NIGHTってのは、ご存知の方も多いかと思いますが、もともと俺がネパールで始めたイベントです。VOL.0は2000年11月でした。あれから約6年経つわけです。11回目を迎えられることは、このブログを読んでくれてるあなたや、彷徨い続けるインテリ・ロックンロール旅人(バックパッカー)達のおかげです。
ほんとにどうもありがとう。今回もrainmanらしい夜になる事を約束します。

ランキングに参加してます。
先に進む前にクリックしてもらえると、ランキング上がります。
今日は何位かな?↓
バナーにほんブログ村 旅行ブログへ

時間なんですが、こんな感じになってます。

OPEN 18:45
LIVE 一部START 19:20
東京レインマン上映開始 20:00
LIE 二部START 20:40

一部は、旅の間に作った曲を中心にお届けしようかと思っています。
そして、「東京レインマン」という映像を挟み、
二部は、東京に戻ってきてから出来た曲を中心にお届けするという感じです。

なぜわざわざ、唄を分けるのか、それは俺自身でもまだ理由がハッキリわかりません。やってみないことには何もわからないんです。
もしかしたら、言わなきゃ解からないほど一部も二部も雰囲気は変わらないかもしれないし、もしかしたら全然別のバンドのようになるのかもしれません。

曲は全部俺らrainmanの中から出てきたものだから、どこで作ろうが変わらない!ってことになるのか、それとも、自分では気づかないうちに唄っている事や、思想が変わってきているのか?
それを、その日の会場にいる全員で感じて、楽しもうと思っています。

シヴァその間に挟む、映像「東京レインマン」では、各メンバーの自宅に行って、カメラを回しています。各部屋で酒を飲みつつ話すメンバーの「戯言」も、一部と二部のライブに、大きな化学変化を起こすかもしれません。

映像「東京レインマン」は、友人3人と、そして助っ人編集者「ザビエル氏」によって、なんとか完成しそうです。
素人が、勢いのみで、「やってみよう!」って気持ちだけで、行動して作りました。
見てくれた方がどういう反応をしてくれるのか、正直まったく想像できません。鼻で笑われるかもしれないし、小さな何かが伝わるかもしれません。
でも確実にそれを作り上げたという事実は存在するわけで、俺らの力が注ぎ込まれているのは確かです。是非、全身で見てもらいたいです。

この夜は、オープンからクローズまで、すべて俺の実験のような気もします。まだ感じたことの無い、新しいドアが見えるように、新しい道が広がるように、いい夜にしたいと願っています。
是非、その足を、会場まで向けてください。その目で、見てください。
そして、その夜をともに過ごした方が、今、自分自身がどこにいるのか、何処に向かっているのか、それを少しでも感じてもらえたら嬉しいです。

待ってます。
せんきゅーまいふれん。ぴーす。

BACK PACK BLUES NIGHT VOL.11
「ワンマン+ビデオクリップ『東京レインマン』上映会」
2006年9月29日(金)
渋谷 LUSH
03-5467-3071
■Adv 2300 / Door 2800 (+1D)
チケット予約はホームページから

rainman_daisuke at 18:11│Comments(2)TrackBack(0)daisukeの頭の中 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by YUMIKO   2006年09月21日 20:45
うん、楽しみだ! 
ワクワクだぁ!
今、昔、変わったこと、変わらないこと、誰しもある。なんだかいつもと違う楽しみ感があるぞ
2. Posted by rainman_daisuke   2006年09月23日 01:19
YUMIKOさん。
うん。
新しいレインマンが見れるかもしれませんな。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔