2007年02月28日

六本木ヒルズを見下ろす悲しい顔した月

六本木ヒルズと月先日、六本木ヒルズとやらに初めて行きました。
一生行くことはないかなぁと思ってたんですが、「不都合な真実」という映画が新宿ではやってなかったので、足を伸ばしました。
この映画は地球の「温暖化」についてのドキュメンタリーです。

夢を追いかけてる人も、夢をかなえて成功した人も、仕事がうまくいってお金持ちになった人も、仕事先でいやなことがあった人も、学校でテストの成績がよかった人も、先輩にいじめられた人も、大好きな人がいる人も、大切な家族がいる人も、南の人も北の人も、右の人も左の人も、黄色い人も白い人も黒い人も、笑ってる人も、泣いてる人も、酔っ払いも、この星が壊れちゃうと全部無くなっちゃうので、是非見て、考えてもらいたい映画です。

気付いてると思うんですけど、すでにこの星、壊れかけちゃってるんですよね。でも、まだ間に合うんだってゴアさんが言ってたよ。

わずか50年後の地球のリアルな姿が映し出されてます。50年後ですよ。子供が生まれた人、見てください。子供の未来の地球です。

映画が終わって外に出たら、悲しそうな顔して六本木ヒルズを見下ろしている、お月さんが見えました。

ランキングに参加してます。↓
バナーにほんブログ村 旅行ブログへ

rainman_daisuke at 20:27│Comments(1)TrackBack(0)daisukeの頭の中 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ♪   2007年03月01日 00:04
本を、読みました。
立ち読みするには 少しだけ首が疲れるので、家に持ちかえることにしました。
居間のテーブルに置きました。父も母もパラパラしてます。わたしはどこまでよんだか、いつも忘れます。読み返すには いい口実です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔