2007年03月06日

女ボブディランと呼ばれた人

中山ラビ中山ラビさんという歌唄いをご存知でしょうか?

ある音楽系サイトの紹介より。

75、6年くらいからフォークがニューミュージックとして市民権を得ていく前、吉田拓郎や井上陽水、かぐや姫などが人気を集めていた頃に、友部正人の「一本道」を聴いた。歌詞が半端でなく重かった。こんなリアルに響く歌があったんだという衝撃。これと同じ衝撃(多分)をボブ・ディランから受けて、69年前後の関西フォーク・シーンに姿を現したのが中山ラビだった。72年に細野晴臣のプロデュースによる『私ってこんな』でアルバム・デビューして以来、こんな歌他にない、というくらいオリジナリティに溢れ、言葉と情念の迷宮にはまり込んでしまうような歌を、送り出してきた(投げつけてきた?)。87年に活動休止するまでに11枚のアルバムを残し、99年に劇的な復活を遂げた。金髪に短パン・キャミソールという年齢不詳のいでたちで、今の時代に“立つ”。

“女ボブ・ディラン”と呼ばれ、70年代ニュー・ミュージック界最高の女性シンガー・ソング・ライターの一人として位置付けられた方です。
明日の「小林兄弟」初公演は、この中山ラビさんとご一緒します。大御所さんなので、前売りは2800円なんですが、rainmanで予約すると2000円らしいです。新宿ルイード優しいです(笑)

最近は、ガキの頃、実家のミニコンポで聞いてた声のヌシ達と同じステージに立たせて貰う事が多くなったんだけど、その度にそのヌシ達の今の声を聞いて、歴史とパワーに打ちのめされてるので、明日もラビさんの声に打ちのめされることでしょう。

僕等は20時50分から歌うので、新宿で呑んでる方は遊びに来て下さい。ラビさんは僕等のすぐ後に歌います。

2007.03.07(水)新宿 RUIDO k4『歌舞伎町フォークゲリラ 其ノ壱』

出演:
中山ラビ,
rainman brothers〜daisuke&tomo-kun〜(from rainman),
新宿心音会板谷祐,
谷洋幸,
Mint.,
高橋孝輔(from 69☆-drugs)

今日はインターネットラジオの収録があります。2週分録るので、たくさんしゃべれそう。
また公開日がわかったら告知します☆

ランキングに参加してます。↓
バナーにほんブログ村 旅行ブログへ

rainman_daisuke at 14:14│Comments(1)TrackBack(0)daisukeの今日の出来事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by だいすけ本人   2007年03月07日 14:31
本日の新宿ルイードでのライブ、大御所 中山ラビさん 急に 『トリは嫌』っていう事になったらしくて(^_^;)僕らのまえにやることになりました。

中山ラビさん
20時15分から

レインマンブラザーズ21時05分からです。

当日の変更ご迷惑おかけします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔