雨水タンク体験レポート

2008年12月08日

雨水タンク体験レポート 愛知県・名古屋市T様邸 

ワイン樽アントワネット230の雨水体験レポートです。

-----------------------------------------------------------------------------
愛知県名古屋市T様邸

■家族構成
 本レポート報告者、配偶者、男子高校生、女子中学生
 計4人家族

■雨水利用についての関心を持ったきっかけ
 積雪の利用法として。おととしこの地方では珍しく、まとまった降雪があった時から降雪、雨水の利用を考えるようになりました。また積雪を溶かすために水道水を利用していた行為が不自然に思えたことも要因の一つとしてあります。利用範囲は庭木、家庭菜園、ガーデニング器具の洗浄、水槽、ビオトープ、各種飼育生物、洗車、公道清掃など想定しておりました。

■商品の第一印象から雨水樽購入に至るまでの経緯
 インターネットにて雨水タンクを探しておりましたが、外観が無粋な製品が多く妥協しようかと思っていたところ、御社HPより雨水樽を知り外観の良さに興味を惹かれ購入の検討を始めました。一度、見積もりをお願いしたことがあります。ただ、他製品に比べ高価なことから購入を躊躇しておりましたが、家族会議にて検討した結果、外観・存在感が大きな決め手となり、購入を決断しました。色彩的にサイディングとマッチしており、とても満足しております。

■雨水樽の設置に関して
 以前、知人宅にて他社製品を設置した際に、取水具などの取り付けに手間取り少し慎重に考えていましたが、同梱の設置マニュアル通りに実施したところ、全く問題なく短時間にて施工することができました。ただ、本体重量がかなりあるため公道から設置場所までのエントランス階段20段の移動が厳しかったです。

■使用感
 設置後まとまった降雨がなく、2週間でバケツ1杯程度しか利用できず少々心配しておりましたが、その後、通常の降雨でもかなりの勢いで貯水することがわかり満足しています。蛇口、取水具などもしっかりと作られており、長期使用にも耐えられるものと期待しております。

心配な点として、利用時の「白濁」と「臭い」があります。雨水樽内部の加工処理によるものと考えられますが、どの程度この状態が継続するのか不安なところではあります。現状、使用範囲は庭木、家庭菜園などにとどめており、水槽、ビオトープへの利用は控えております。

 来客は必ず雨水樽に興味を示し、樽肌をぺたぺたと叩き、必ずと言っていいほど「これいいね」「存在感あるね」と称賛いただきます。

-----------------------------------------------------------------------------
【RAINWORLD担当者よりコメント】
以前ウィスキー樽のにおいについてコメントさせていただきましたが、ワイン樽も同様に樽内部にお酒の成分が染み込んでいるので使用していくうちににおいは薄れていきますが、完全に消えるには2〜3年はかかってしまいます。
また、弊社でも雨水タンクに貯めた雨水をビオトープに使用することをご提案したことが何度かあります。今後はソーラーポンプでビオトープ内の水を循環させるなどのご提案ができるようにしていきたいと思います。


P1010306P1010307




雨水樽販売ページはコチラ
rainworld at 09:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月12日

雨水タンク体験レポート 石川県・白山市M様邸

-----------------------------------------------------------------------------
石川県白山市M様邸

・関心をもったきっかけ・購入までの流れ
娘家族が新築した、お隣さん(設計事務所)に興味のありそうなものが、庭の隅(道路に面した一墨)に設置されていました。横には、縦樋が立ち下がっており、その途中から雨水の集水装置らしきものがあり、樽へゴム配管で接続。
なんとなく、一見して牽きつけられるものがありました。一目惚れ状態です。
娘にお隣さんを紹介してもらい、『樽王250』を翌日(6/19)即、注文に至りました。

・雨水樽の設置、使用後の感想
到着したら、これに乗せようと木台を整え、塗装したものを用意し、トラックの到着を待っていました。比較的早めに、7/5(土)の午前中待望のワイン樽が嫁入りして来ました。
6/19に北陸も入梅宣言はあるものの、殆ど雨が降らず完全な空梅雨状態が続き、樽王を設置したにも拘らず、一寸さびしい状態が続いていました。
設置した7/5の翌日、樽の為にも必要だろうと、常備していた冬季(寒の)水を20Lのポリ2本を樽に入れ、降雨待ち状態。
7/9、一時に記録的な雨(40mm/h)が降り、一度に満タンとなりました。
それ以降も、やはり雨の少ない空梅雨が続きました。樽から庭用のジョーロに元気よく吐水する音は、なんとなく誇らしげです。水は一週間もつかなといった感じです。
7/18には早々と梅雨明け宣言。
それでも、今年の夏、初のゴーヤの栽培でのグリーンカーテンと雨水利用の樽王設置でECO生活を誇らしげにエンジョイしています。
これから、嫁入り樽を大切に使っていきます。


m1m2m3









雨水樽販売ページはコチラ
rainworld at 13:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月28日

雨水タンク体験レポート 静岡県・藤枝市T様邸 

-----------------------------------------------------------------------------
静岡県藤枝市T様邸

・家族構成:義父、夫婦、3歳娘、犬

・関心を持ったきっかけ
家を増改築するにあたって、仕事柄(環境アセス会社)環境に良い設備を設置しようと思い、太陽光発電の他、何が出来るか考えたのが始まり

・購入までの流れ
まず始めは、大容量の地下埋立型やトイレ利用までを考えたが高原価及び採算が全く取れないことを知り断念。それならと思い、採算を考えず、庭先に置くようなものをいろいろ調べた結果、プラスチックではかっこ悪い、金属はかっこいいが高価ということで御社の雨水樽に決定。トイからの雨水取り込み器具及びメンテナンスフリーなところも気に入った。

・雨水樽の設置
家の工事業者に一切をお願いしたので良く分からないが、特に苦労した様子もない。

・使用後の感想
設置後、梅雨時期はものすごい勢いで溜まり、一方で庭木は水を必要としていなかったため、使用しなかった。最近は殆ど雨が降っていないので数日庭木に散水したら、あまり残量がなさそうなので使用を控えている。まだ使う頻度やタイミング、用途を考えている途中。
率直な感想として、デザインやインパクトはOK。持ってきた宅急便屋も何に使うか聞いてきた。玄関脇にあり、違和感もないようなので気に入っている。
しかし、やはり匂いは気になる。庭木に散水する分には問題ないが、車を洗うのにはしばらく使えそうもない。漂白剤を使えば匂いがなくなるとの事だったが、水が無駄になるしあまり良くなさそうなので未対応。緊急を要さないのでボチボチ様子を見ていく予定。希望者には御社で匂い抜きを対応して発送するのもありなのでは?
あと、水の残量が分からないのは少し不便。中身を残しておかないと樽に隙間が空くということでまずいそうだが、樽を叩いたり、蛇口をひねって出てくる水の感じで残量を判断している。日差しが入らないよう蓋付きの残量が分かるような窓を作ったらどうか。
こちらの場所柄(静岡)、非常時の飲料水としても期待している。ホームセンターで濾過できるセットを購入しているが、今度自前で樽中の未処理の水質について、こっそり化学分析をしてみようかと思っている。(会社で分析しているので。ただ分析項目は未定)
-----------------------------------------------------------------------------
【RAINWORLD担当者よりコメント】
ウィスキー樽ですので木に染み込んだウィスキーの成分が発酵してにおいが水についてしまうことがあります。おおよそ2〜3年くらいでウィスキーのにおいがとれます。
夏場はにおいがきついこともありますが、涼しければいいにおいに感じることもあります。
水位計はT様からのご要望のものとは異なりますが、オプションでつけることができます。

P1010043_1P1010044_1P1010045









雨水樽販売ページはコチラ
rainworld at 12:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月15日

雨水タンク体験レポート 茨城県・取手市K様邸

以前ブログでとりあげましたように当社の雨水樽のモニターの方の体験レポートを載せていきます。実際に雨水樽を使用されている方の言葉ですので、大変参考になると思います。こちらのお客様はアーサー180Mという商品をご購入されました。


-----------------------------------------------------------------------------
茨城県・取手市K様邸

●家族構成  夫婦二人暮らし

●雨水利用に関心をもったきっかけ
何かと話題の環境問題には、以前から関心があり、気が付いたこと・できることから実践していました。テレビで雨水利用の紹介を見たのがきっかけで、樽の取り付けを検討しました。

●第一印象から購入まで
テレビで見た雨水利用も、樽を利用していました。一目惚れでした。雑誌やパソコンで「樽探し」を開始しましが、思ったより値段が高く、イメージしていた物もなかなか見つからなかったので、一時は断念しようかと思いました。しかし、同じように興味を持っている友人と探し続けたところ、シップスさんの樽を見つけました。見た目もスマートで、HPの説明も細かく丁寧、ブログも楽しく、すぐに見積もりのメールを送らせていただきました。会社の場所が自宅から離れていることが少し気になりましたが、迅速で親切な対応と、「もったいない」という思いから購入を決めました。

●樽の設置
日曜大工もしたことがなく、とても不安でしたが、説明書のおかげで簡単に取り付けることができました。取り付け場所が土の上だったので、ホームセンターで土台のレンガを購入し、樽が到着するまでに完成させました。樽が到着し、嬉しくてすぐにでも設置したかったのですが、とても一人では動かせず、泣く泣く週末まで待つことに…。待ちに待った週末、天気も良く、夫の協力を得て無事設置することができました。所要時間も1時間もかかりませんでした。

●使用しての感想
割とすぐに満タンになることに驚きました。貯まった雨水は、植木の水やり・洗車・玄関回りの掃除・水槽の掃除などに利用しています。蛇口からの水は、勢い良く出てくるのですが、ホース(約20m)に接続して水撒きをしようとしたら“チョロチョロ”としか出ませんでした。短いホースで試してみましたが、あまり変わらない様子。メールで問い合わせたところ、「ホースの抵抗が割とある」とお返事をいただきました。「電動ポンプ」という提案もいただきましたが、今はジョーロやバケツを使って、のんびりと植木に話しかけながら水撒きを楽しんでいます。臭いはほとんど気になりません。土台は、レンガを2段積みましたが、土の跳ね返りが割りとあり、もう1,2段高くすれば良かったと思いました。今後は、樽にペイントをしたり、花を飾ったりしてみたいと思っています。

●その他
今度、友人を招き、樽を披露する予定です。一家に一台、雨水樽が設置できたら良いのになぁ、なんて思っています。友人にもしっかり宣伝します!
地域によっては、雨水利用樽に補助金がでるところがあるのですね。残念ながら、取手市にはありませんでした。何かの機会に提案してみたいです。


CIMG0101

CIMG0102







雨水樽販売ページはコチラ
rainworld at 10:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)