℃最新アルバム。初聴の感想をボロクソ書きました。

でもね、武道館のめざましテレビなどの映像を見てたら武道館決定の動画を見直したくなりまして、見てたら今度は最新アルバムをもう一度聴きたくなりまして。

聴き直しました。

やっぱり糞でした。

他のアルバムと比べるとその差は歴然です。

℃メンバーの等身大の姿にこだわりすぎた今回のアルバムは、たしかに背伸びもしてないしぶりっこもしていない。だからこそ面白味がない。アイドルとしての跳ねが足りていない。

なんだろう、「経験済み」な匂いを出し過ぎてるんです。落ち着きすぎている。地に足が着きすぎてるんです。

全ての曲はつんくさんが彼女たちを見てインスピレーションを働かせて、誰かを主人公に据えて歌詞をつくり、メロディーをつくってる。

つまりは凡々たる等身大の彼女たちを見たつんくから生み出される楽曲のクオリティは、そのまま彼女たちのアイドルポテンシャルと比例しているということでもあると、そう考えます。

凡々たる等身大の彼女たちを意図して集めて創ったのが今回のアルバムなんでしょう。その戦略はわかるんだけれどもつまらない。

やっぱりアイドルは跳ねてこそです。

今回のアルバムにはあまりにもポップな面が少ない。ほとんどシリアス、ほとんど切なさやら寂しさやら静かな喜びとか郷愁だとかささやかな幸せだとかを落ち着いた大人の態度、もしくは気合いの入った女の態度で表現している。

気合いが入ってるなら良いじゃないか、ロックでパンチがきいててクールでカッコ良いじゃないか、って意見もあるとは思います。

が、ユーモアがない。隙がないんです。つっこみを入れれる隙がないくらいマジメで、それがだからつまらないんです。

ズーンとしてる。

女のマジメな意見(悩み)を聴いた後、男がシーンとなる感じ。

悩んでて困ってると素直な感じならば男は喜んでアドバイスするし、ふむふむと相槌も打てるし、励ませるし、抱きしめられる。

不幸に陥ったときの、女のか弱さ、女の健気さ、男が守ってやらなきゃってなるような、男が積極的にかかわっていきたいってなるような、女の子のひ弱さがない。

強い。つんくの描く℃楽曲の主人公は強すぎる。振られて悲しみを表現してはいるけれど、なんだか自分で整理できてるし誰の手もいらず立ち直れそうな強さを感じさせる。

じゃ、何で朗々と喋ってんのかと言えば、ただ単に聴いてほしいだけ。アドバイスもほしくないし批判もされたくないし私が言うことに余計な口出しはされたくないけど、だけど私の(オチのない)話を聞けと。そして相槌も打てと。

もうね、ほんと現実のオンナそのまんまなんです。楽しくない。話は長いしつまらないし日常の細々したどーでもいいことをさも大きいことのように整理せずに喋って、あまりにもつまらないからテキトーに聞き流していると、「ちゃんと聞いて」と怒る。アドバイスすれば苦い顔して華麗にスルーし、話も広がらずただただ面白味のない長話(愚痴や噂話や悪口や身内話)を聞かされるかんじ。それに対して興味深い顔を装って感心しながら聞いてやらねばならない男のつらさ。最新アルバムは言うてみればそんな感じなんです。

もっとウキウキするような、ワクワクするような、日常のウサが晴れるような、仕事の疲れが霧消するような、そんな面白いネタをたまには提供しろよと。そう言いたいわけです。

で、そんな糞アルバム、も一回ね、聴き直してみたんです。初聴きのときは7曲目でダウンしたんで最後まで我慢して聴いてみようと。



で。

あらためて聴いてみると、、、



糞の中に2つ宝石が混じってました。

赤黒い血便の中に紛れて、最高級のルビーであるピジョンブラッドが2つほどみつかりました。

2曲目の、涙もでない悲しくもないなんにもしたくない、ってやつと、

10曲目の、私が本気を出す夜、ってやつです。

2曲目のやつはね、初聴きのときにも少しだけ、おっ、とは思ったんです。ちょっとおもろいなと。でもほかの糞曲に紛れてしまいました。

10曲目の私が本気を出す夜はね、これは100点満点ちゅう120点やね。こーゆーの!こーゆーのが聴きたかったよ!これ!

これなのよ、俺が言ってるのは!!俺がアイドルに求めるのはこーゆーのなの!

もうね、これだけ聴きたい。クイーンオブじぇーぽっぷはね、これだけリピートですわ。これのためのクイーンオブじぇーぽっぷです。

やっぱりね、℃はアイドルなの。始めからそうだし今もそうなわけ。

4年以上続いたアイドルはすごい、4年以上続いたアイドルはもうアーティストと呼んでいいんじゃないかってつんくがブログで書いてましたけどね、わかる。それはよくわかる。

ただ!

℃-uteはアイドルなんです、どこまでいっても。

℃-uteが年食ってきたからとか、芸歴12年だからとか、そんなのは些末なことです、強調することでもないし、気にしすぎるところでもないんです。

オトナな℃-ute

クールな℃-ute

セクシーな℃-ute

アダルトな℃-ute


それもいいでしょう!

で!

も!


℃-uteは

キュート

じゃなきゃいけないんです。

ポップでロックで跳ねてて、強そうに見えて弱くて、悪そうに見えて良い子で、がんばってるけどずっこけて、オトナぶってみるけど似合わなくて、あんまり頭は良くないけどノリ単純さと純粋さのパワーで乗りきっちゃうみたいな。

ダンスでバコーンとか、まっさらとか超ワンダフルとかステディーゴーとか夏ドキとかキャンパスライフ、私は天才、私が本気を出す夜とか、℃-uteで思いついた傑作はどれもやっぱりそーゆーやつでしょ!?そーじゃね?!

でね、

2曲目のなにがくるかっていうと、ほっぽりだすこの無責任な感じね。悲しみや涙さえも慰めの小道具として役に立たないこのどーしよーもなさがキュンとくる。
これはつんくブログによれば、マイマイ主役だと。そりゃそーだろなと思いました。マイマイだからこその小細工が通用しない感じ、これがどーしよーもなく女の子の「か弱さ」を表現してると思うんです。ぶっきらぼうに恋にやぶれて、破れかぶれになる方法さえ分からないマイマイの絶望と孤独。彼女はクールぶってますけど一番クールじゃなくてね、クールというかやさぐれててね、マイマイが面白いのはピュアだからやさぐれて、やさぐれることでピュアを維持してる、というアクロバティックなアイドル性の持ち主なんです。そこが彼女はどーしよーもないくらい魅力的なんです。

アイドルファン上級者向けのマイマイのアイドル性をね、つんくはよくわかってるなと。

どう自分の「乙女チック」を保存するか。何で保護して温存させるか。これが10年以上アイドルをやってきた者たちの課題なわけです。
誰しもが傷つき学び賢くなっていきつまらなくなっていく。でもそれではアイドルは務まらない。

愛理のようにプロのアイドルにはなれない。

舞美ちゃんのように天然ではアイドルではいられない。

だからといって岡井ちゃんのようにアイドルより芸人根性を増やすのも何か違和感がある。

傷つきやすく繊細なマイマイ、そして弱々しく泣き虫ななっきぃー、このふたりはかなりの苦悩と努力と屈折と変形を経て、他の3人よりも純度の高いアイドル性を己の内に持ち続けたまま、表向きはやさぐれたりさばけて見せたりしながら、5人の中で飛び抜けたポテンシャルを感じさせ続ける存在として確固たるポジションを獲得したなと。

マイマイ主人公の「涙もでない悲しくもないなんにもしたくない」と、なっきぃー主人公の「私が本気を出す夜」の楽曲の跳ね方を見ると、マイマイとなっきぃーがいて本当に良かったなと。

彼女たちふたりが℃-uteの楽曲面、そして歌唱での声質面でのアイドル性を保持し続けているからこそ、℃-uteは現在もなお「アイドル歌手」足り得ているんだなと。

歌がうまい、顔がきれい、ファンにやさしい、これだけではアイドル歌手として足りないんです。

曲を提供するクリエーターの琴線に触れるピュアさ、儚さ、心象の可愛らしさを持ってるかどうか。

創造力を増強させる女のか弱さ、みじめさ、健気さ、繊細さ、それをマイマイとなっきぃーは持っている。

だからこそ、℃-uteの最新アルバムがかろうじて救われてる。

アイドルのアルバムとしての価値を損なわずにすんでいる。





結論。

つんくよ、マイマイとなっきぃーを主人公にした楽曲を大量生産しろ!!!