20161011_09pk

前後してしまいますが、先に、賞金首のことなどを。
(本当は、先にやったメデューサさんのことを書きたかったんですが、
それはまた次回記事に)

予想外に早く、賞金首が来ましたね!

三連休に合わせて、あらかじめ予定されていたものか、
それこそ、メデューサ対策の余波で、前倒しされたものかは不明ですが。

というわけで、今回は、新しく実装された、Lv65賞金首フロスト・マキナに
メイポたちと行って、戦って主にぐるぐる逃げ回ってきたお話ですw


(※Lv50前後から参加できる賞金首シャドーキメラを
1匹だけ釣る方法については、こちらの過去記事に書いています。
ご参考までに~→



まさか、こんな早くに賞金首が来るとは思わず、
すでに、主なジョブは、先日のうちにメデューサでLv69まで上げてたのですが。

なので、今回の賞金首では、2.0終了間際の賞金首シャドーキメラで
半ばやっつけでLv60に上げたハンターを(そのときの様子はこちらの記事に→
一気にLv70まで上げたいわね~、なんて都合の良いことを考えまして。

2.1になって、まだ1ケ月も経ってないんだし、そんなに慌てて、サブ(サブ)ジョブまで
Lv70にしなくてもいい気はするんですけど、これも、先月の65ビンゴの
名残なんですかね(^^;

なんか、レベルを早く上げておかなくちゃ、っていう強迫概念にとらわれてるみたいな。

でも、今までの流れからしても、Lv70ビンゴは十分ありえることだったので、
ニガテなジョブこそ、早く賞金首で70にしておいて、スッキリしたいわ、ってことで。


そこで、今回、新たに実装された賞金首へ行ってきたのでした。

20161011_01p

魔赤の橋向かいの坑道に入ったとこで、現地受注となる
「洞窟に満ちる悪」です。

相手はLv65賞金首フロスト・マキナ。

ただ、ハンターは前回の賞金首でLv60にしてから、ほとんど稼働させてなかったため、
Lv60のままで。

同じく、賞金首では、Lv60の賞金首・侵食ベヘが新しく実装されていて、本来なら、
まずは、そっちに行くべきなんでしょうが、
ジョブ的にも、大きな尻尾を激しく振り回して動き回るベヘより、
フロストマッキーのほうが、メイポたちには楽かな、と思って。
(一度、お試しで行きましたが、案の定、かなり格下なのに、時間かかってた…)


リュカはLv60ハンターで、Lv70メイポたちは皿2人とコア出し要員のエレアチャ、
という体制です。
完全に寄生しておりますw

20161011_04pk

戦略としては、こんな感じで。

Lv60では、武器的にもLv的にも、大したダメージは与えられそうにないので、
リュカは引き付け役・囮役に専念。

アルケミアビの奪視つけて、与ダメが少なくても、ぺしぺし当てて
注意を引きます。
ヘイト稼いで、Fマッキーが、こっちに攻撃しようとしてるところに、すかさず
皿ポン二人に攻撃入れてもらう、と。

ただ、ハンターは賞金首以外では、滅多に稼働させないため、
防具もモンハンしか持ってなくて。

なので、そんな紙装備のLv60ハンターがFマッキーの一撃受けたら、
即死級ですよw
逃げるのも、まさに命がけww

囮役で大事なのは、ちなないこともそうだけど、凍りつかないことも、ですね。
氷気受けて凍っちゃったら、皿ポンたちが詠唱やめて、こっちに来ちゃうから。

なので、いかにダメ受けずに、ぺしぺししてヘイト稼ぎつつ、凍らずに逃げ回るか。
これに掛かっておりますw

もう、このレベリングで、ハンターの技術が上がるどころか、上がってるのは
ヘイト稼ぎ&逃走技術のみじゃないかとも思いますが、まあ、実戦には
(絶対)出さないジョブなので許して(^^;


20161011_03pk

Fマッキーで一番厄介なのが、この溜めの後の直線プレスですよね。

なので、コアにぺしぺし撃って、Fマッキーのヘイト稼いで、こっち向かせたら
メイポたちのいない場所に立って、方向を決めさせて、吹き出す準備中に、
安全な距離まで逃げておけば、その間にも皿メイポたちが詠唱してくれる、と。

これがうまくいけば、この一連の動きにかかる時間も長いので、
メイポたちの攻撃でコアをごっそり削ることができますし。

ヘイトがこっちに向いて、Fマッキーがこっちをボコボコにしてる間こそ、
メイポたちにとっては絶好の攻撃チャンスですもんね(^^;


20161011_02pk

エレアチャポーンは弱体入れるのが、本当に上手いですよね!

弱体つきのコアに、リュカが弓で当てると、Lv63くらいからは、
それなりにコア削りもできるようになりまして。

皿ポンたちがブンブン攻撃受けてしまうと、ぴょんぴょん祭りしてしまい、
詠唱できないので、そういうときは、こっちがコアを最後まで削らないといけないので、
ヘイト稼ぎも兼ねて、こっちもコア狙いで、ばしばし撃ちこんでました。

20161011_08pk

これは怒り時、コアを狙って、リュカが最後の分を削ってダウンに
持ち込んだ瞬間ですね。

Lv65以上になると、武器はLv60でも使ってたガチャ武器のままなんですけど、
削れるコアの量もかなり増えて、さらに、サクサク行くようになりまして。

だいたい、フロスト・マキナの「ト」までには、皿ポン二人とリュカとで、
コアを全部削り終えてた感じでしょうか。

20161011_05

さすがに、Lv69になれば、さらにコア削りも進んで、「マ」の時点で
ダウンに持ち込めてますね。
(やり慣れないハンターでも、さすがにLv60からずっとコア削りしてると、
ここまで来れば、中の人が、Fマッキーの動きにも慣れてきたってこともあるw)


20161011_07

パッケに入ってたサポ入れて回したこともあって、予想外に早く、
カンストできました~(*´ω`*)
(まあ、数字上のみ、ってのは重々承知してますのでw)


実は、自分ではハンターはやらないけど、ファーストメイポのセレムが、
Lv1のときからずっとメインジョブにしてきたのが、ハンターだったんですよね。

ファイターがメインジョブだったリュカの背後から、だだだーっ、と射撃して
一掃してくれるのが、二人旅だった初期のときから、何とも心強く。

ただ、中のひとが(自ら進んでは)ハンターやらないため、なかなかLvも上がらず、
そうなると、修練も、なかなかこなせないという状況で(^^;

でも、もうLv70になったし、今なら、どんな相手にでもLvでは負けないわけだから、
必要な修練も早く終えて、セレムには、弓メイポとして、また活躍できる場を
作ってあげたいです~(*´ω`*)






ところで、このLv65賞金首フロスト・マキナをやるにあたって
同じ皿ポン2人・エレアチャポン1人という構成で、Fマキナの怒りが飛ぶ、という
話をよく耳にしたのですが。

わたしの場合、怒りが飛んだのは、Lv60~カンストまでの間で、
1、2回くらいだったでしょうか。

大抵ワンダウンで、ダウン中に倒せずに2ダウンになったのも、
ちょうど運悪く、コアを削り終える直前に皿ポンが凍っちゃって、
詠唱が間に合わず、攻撃を入れられなかったとか、
なぜかトラップを詠唱してしまったとか、それでも、30回に1回ぐらいだったかな?


要は、HPを減らし過ぎて、怒りが飛ぶ前に、
先に、スタミナを削ってダウンを取ればいいわけで。

Fマキナはふらつきがないので、チャンス攻力を高めれば
スタミナをごそっと削れて、ダウンを取りやすくなりますよね。
(他に、ふらつきが無い大型に該当する相手は、モゴとかゴーレム、ジオゴーレム、
2.1の新ダンジョンにいるものでは、ダムドゴーレムやゴリアテなどもですね)

また、怒り飛ばし対策には、HPバーとの兼ね合いも大事。
最近よくある、グランエントの怒り飛ばし対策について書いたときにも触れましたが
(こちらの記事の後半です→

HP80%を切ると、怒り状態になって黄色のスタミナバーが出ますが
HP60%時点までにスタミナを削り切れていないのに、そのまま攻撃を続けると、
逆に、怒りが全部吹っ飛んでしまう「怒り飛ばし」になる可能性大です。


20161011_21p

賞金首フロスト・マキナの場合、大まかな図になりますが、
「ス」が、だいたいHP60%ラインになります。

なので、「ス」までに、スタミナを全部削りきれていないと、
怒り状態が飛びやすく、そうなると、再び、黄色のスタミナバーが出ちゃって、
また一から、スタミナ削りをする羽目になり、二度手間になるんですよね。
(上のSSは、スタミナを削ってダウン取った瞬間。HP75%くらいで
スタミナを削り切ってます)

とにかく、スタミナバーを早く削るために、チャンス攻力は高めに!
アビでは、ウォリアーの重攻・勇攻・精攻でチャンス攻力アップできます。

逆に、チャン攻と比べて、攻撃力だけがあまりに高いと、
HPを必要以上に削り過ぎる恐れがあるので、
「ス」までにスタミナバーを削り切れないような構成なら、
攻撃力を少し落とすなど、その辺の兼ね合いが必要になってくるかと。
(これは、あくまで怒り飛ばし対策で、ゴリ押しで行くなら関係ない話ですが)


あと、TLで皿ポンにはミストとレインをつけておけばOKというのを拝見していて。
(Yさん、勝手ながら、参考にさせて頂きました~(*´ω`*))

なので、皿ポンは、こんなスキル&アビで賞金首フロスト・マッキーに
挑んでもらってましたよ。

20161011_15

メイポたちはコスト枠が47までしか取れてないので、
チャン攻アップの勇攻だけは、どちらにも入れておいて。

チャン攻は、もりもりで全然OKなので、コスト63まであるなら、重攻も
入れればいいですね。(ウチは入らなかったけど(^^;)

あとは、もう一人の皿ポンには、精攻の代わりに
対Fマッキー用の造狙を入れてました。

二人いれば、どちらかが攻撃当ててくれるだろう、ということで。
まったく同じじゃなくて、微妙に違うアビをつけていたりします。

こういう組み合わせをサポーンで借りるのは、まず無理なので、
やっぱり、自分で組まないと、ですよね。

ちなみに、武器は一人はLv67杖、一人はLv70杖でした。

二人とも70杖では、怒りが飛んでしまうことも多いとか?

何度かトライ&エラーで、怒りが飛ばないアビや武器を模索するのも
大事なことかも、ですね。
攻〇アビを減らしてみるとか、少し弱い武器を持たせてみるとか。
(チャン攻アビだけは減らしたらダメだけど)

こちらはエレポンのスキルとアビ。

20161011_16

まあ、コア出しと皿ポンに奮わせ撃ってもらえれば、それでOKだよ~、
ってことで。

Fマッキーがダウンしたときは、「大威力攻撃」だと、エレポンが
拒否るので、「攻撃」命令にしてました。
それまでに撃った奮わせも、十分に有効なので。

後に湧いてくるスケルトンたちにも、「攻撃」命令が効いてるので
ビシビシ撃ってくれますしね。

20161011_18

そして、全然、一般的には参考にならない、覚者のスキル&アビw

覚者的には、奪視で囮役に、気鋭・硬視などで防御力をアップ。

最初のときは、減氷つけてましたが、Lv上がると
振り回し攻撃くらいなら凍りにくいし、あまり当たらないようにもなったので、
途中からは外してました。
(このために、わざわざ白竜装備も作っておいて、着れるようになったし)

本当なら、覚者にも、チャン攻アビ入れないと、なんですが、
Lv60のときは、とにかく防御が大事だったので(^^;
Lv65以上になったら、気鋭の代わりに勇攻入れれば良かったのねー

あと、これはいつもですが、厄介な大型相手に皿ポン二人体制で行くときは、
絶対、友魔!
自分の必要アビ外してでも入れてますw

連なりじゃなく、扇なのは、正面にうまく回り込めないときに、
少しでもコアをかすってくれさえすれば、ヘイト稼げるので、
射程が幅広な扇にしてました。

とにかく、攻撃メインじゃなく、あくまでヘイト稼ぎ用の構成ですから。
(※対フロスト・マッキーには一般的じゃないかも?なので、お含みおきくださいー)


20161011_06pk

(本当は正面に回り込みたいけど、Fマッキーの攻撃が当たりそうで、ビビってて
斜め横から扇で(^^; ちょこっとだけ、かすってますが)


ハンターでカンストしたあとは、30分ほど残ってた成長サポで、Lv69後半まで来てた
プリもカンストさせておきました。

アルケミとかは、WQや素材集めは大抵アルケミで回ってるほどで、
好きなジョブは、わざわざ首で上げなくても、自然とLvが上がっていくので
特段、何もしてません。
(それでも、もうLv69半ばまで来たけど)

ニガテなジョブほど、それで回るのが億劫だし、素材集めなんかしてたら
つらいばかりで、げんなりしてきちゃうから、首を使って一気に上げたほうが
精神的にも良いですもんね(^^;


これで、肩の荷もひとつ降りたー、ってことで。

ただ、画面酔いして、自分にはできそうにないシーカーだけは、Lv47のままですが(^^;
これは、今後も、首使っても、ちょっと上げられそうにないので、もういいかなー、と


あとは、素材集めに専念するだけ、ですね!
(首は、これからの逃避でもあったかも(^^;