2011年09月

2011年09月30日

オーロラ日本語奨学金基金ベネフット・ディナー

IMG_7792
 「オーロラ日本語奨学金基金」(阿岸明子代表)が主催する、小東京で催された基金集めのディナー・オークションに行ってきました。オーロラ基金とは、アメリカで日本語教育に携わるアメリカ人教師や、大学院生の日本研修の支援・育成し、日本語を学ぶ子供達や学生により良い教育を目的として活動してる非営利団体です。

 一昨年は秋川雅史さんがゲストでしたが、今年は、このディナーの二日後のコンサートに出演する南こうせつさんや、第一回シンガフェスト・アジア国際映画祭で功労賞受賞の千葉真一さんと、娘の真瀬樹里さんがゲスト。ディナーは8時近くなってスタート。(開場は6時)何しろ、今年は基金集めに震災復興支援の意味もあるので、当方もラッフルチケットを20ドル分購入。何か当たるといいなぁ。

 ディナーは8時ころにスタート。メニューはIMG_7794Kyoto Salada
何が“Kyoto”かというと・・・会場がKyoto Grand Hotel & Gardensだから、元ニューオータニホテルです。IMG_7795メインのフィレミニヨンとサーモン。IMG_7802デザートのバニラアイス+アーモンドクッキー添え
100ドル也を支払っているので(うち40ドルは寄付)、こんなものかなぁ〜。ま、美味しゅうございました。

 食事が済むと、受賞者を代表して日本での外国人弁論大会でも二位に入ったシンヨン・キムさんのスピーチとケヴィン・ワイロビーさんの三味線が披露されました。
IMG_7797三味線を片手に

IMG_7799千葉父・娘

 サイレント・オークションもヒートアップする中、やっとメインの南こうせつさん登場。特別仕様のギターや震災復興応援のための南さんの描くポスター(サイン付)、クルーズ、日本往復航空券などが次々と落札されるも、当方は、とても手が出ない値段ゆえ、傍観するのみです。

 オークションの興奮が収まるころ、南さんが4曲披露してくれたのだけど、何と!皮切りの曲が当方の大好きな「加茂の流れに」(当方のKARAOKEの持ち歌?のひとつ)続いて「妹よ」そして、暗い曲ばかりじゃということで
これも好きな曲の「うちのお父さん」そして、極め付きの「神田川」でした。懐かしい曲ばかり。何しろ、福岡出身であることも手伝って、あの頃のフォークソングにどっぷりつかっていた世代なもので・・・あの頃って、いつ頃なんて突っ込まないように・・・(苦笑)。
 ディナー終了後に、宴会場外で南さんとしっかり交流。おまけにラッフルで床掃除用の電動モップが当たっていたというのは、今夜の締めくくりとしては最高でした。

IMG_1445IMG_1446着用の長羽織は紗。明日からは10月なので、今夜が今年最後の出番。


本日のおまけはきれいな雷蔵さんにします。(外国人の役ね・荊軻)

571


raizofan0829 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) リトルトーキョー 

2011年09月19日

三条江梨子さんにお会いする

 いよいよ本日は三条江梨子さんにお会いします。場所はPALMSです。IMG_7785
三条さんは、雷蔵さんとは『婦系図』『眠狂四郎人肌蜘蛛』で共演されているわけですが、終始おしゃっていたのは、“とても優しい方だった”ということです。
 初めてお会いしたとき、メガネをかけてフツーの格好だったことも手伝い誰だかわからなかったそうです。後で、扮装姿を見てびっくり・・・(これって、雷蔵さん得意のパターンですよね)。

 『婦系図』の時は、京都での初仕事。おまけに寒い時期だったので、大変だったそうですが、三隅監督の指導が的確でありながら優しく接していただき、もっともっと評価されていい素晴らしい監督さんだと強くおっしゃっていました。
 驚くことに、お蔦の役をという話もあったそうですが、とてもとてもとしり込みされ何しろ19・20歳頃のことですから、当然ですよね。可憐な妙子役でした。1981
(初め、若尾文子さんが配役されていたのですが、ご病気で出演をお断りになったのですが、本当は病気ではなかった・・・というお話もあり)でも、万里昌代さんのお蔦はすばらしく、木暮さん船越さんにも良くしていただいたと懐かしそうにされていました。

 『眠狂四郎人肌蜘蛛』では、時代劇のラブシーンは初めてでもありどうやっていいやら戸惑いがあったそうですが、雷蔵さんが。「ここに、こう手をおいて」などなど、懇切丁寧に指導してくださったそうです。が、抱き合ってその痩せていることにびっくり!何か悪いご病気ではないかと思ったそうですが、その後を考えれば、病魔がその身体をすでに蝕んでいたわけで、37歳の死はかえすがすも残念。今なら、治癒したかもしれないとおっしゃり、そのお言葉に、当方もついつい涙ぐんでしまいました。
 それにしても、大映をしょって立つスターなのに。飾らず誰にでも同じように接し、やはり、いい人は早く逝かれるのかもしれないとも・・・。またまた、しんみり。

 大映倒産時のお話も伺いました。永田社長がみんなを集めて、会社がもう駄目なこと、倒産してしまうが「電気紙芝居」にだけは出て欲しくないと話をされたことがとても印象に残り、大映テレビに出演の話もあったけれど
女優は引退し、歌手・三条江梨子としてその後は各地のキャバレー(月世界など)で三条江梨子ショーを続けられていたそうですが、三十台半ばごろに子供が欲しいと思われているところに、タイミングよく観光で訪れたハワイで日系三世の方と出会い結婚。女のお子さんにも恵まれ、ハワイでバーを経営(勝新さんも何度も訪れたそうです)し、順調だったけれど、ご主人の健康問題(喘息)とお子さんが米本土へ行かれたことなどが手伝い、
6年前にベガスに移住。3年前から乞われるままにカラオケ指導をするようになり、現在3-4のカラオケ教室で20名位の方に教えていらっしゃるそうです。

 アメリカに来てから(ハワイでもベガスでも)こんなに映画の話をしたことはなく、本当によく知っていると当方に感心してくださったのは、なんだか恥ずかしくなるくらいでした。そのたびに、「いえいえ、“好きこそものの上手なれ”ですから」と申し上げましたが、本当は、心の中で雷蔵さんに感謝していました。雷蔵さんに巡りあったればこそですから。

 お土産に差し上げた新東宝時代の映画のDVD(雷友に感謝・深謝です)には、「DVDが発売されているなんて!」と絶句され、「どんな映画だったか忘れているくらい。何にしろ120本くらい出ているから・・・」
映画全盛時代というのは、そのまま量産時代だったことをつくづく思いました。最後に、三条さんの写真を撮らせていただきました。

IMG_7786


 本日のおまけはお蔦主税
555



raizofan0829 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラスベガス | 市川雷蔵

2011年09月18日

ラスベガスへ!

 ラスベガスはLAから約280マイル(約448キロ)。約5時間半のドライブですが、日曜日であることも手伝ってか、スイスイと休憩30分を含めても4時間ほどで無事到着。

 今回のベガス行きの目的は、家人は仕事+息抜き。当方は三条江梨子さんにお目にかかることですが、出発前に、家人が急に「お土産は用意したの?」とたずねるので、「大丈夫。DVD三枚にスチール写真もあるの」これもあれも雷友のおかげ。“雷縁”を大切にしなくちゃね。 

IMG_7765IMG_7763こんな具合にスイスイと・・・
 
ベガスが近づいてくると左右にアウトレットIMG_7768
やカジノが見えます。IMG_7770

 そして、昨今のしゃれたホテル+カジノ群が見えればめでたく到着。IMG_7773

IMG_7774IMG_7775IMG_7776

 ベラージオ、ベネチアン、ウィンなど日本でも人気のホテルが目白押しですが、当方は愛犬・寧々連れなのでペットOKの“Candlewood Suites”に毎回宿を取ります。

las vegas1lasvegas2ホテル玄関と室内(モチロン!キッチン設備付)
 家人は息抜きもかねているので、早速プールサイドへ。当方は、外気温103度(華氏ですよ!)ということで、寧々と室内でおとなしくDVDを見ます。が、そのまま・・・お昼寝へ。

 ショーは今回見るつもりがなかったので、爽やかな目覚めとともに、ディナーに出かけました。たまたま、Maggianos’s Little Italy http://www.maggianos.com/en/Pages/home.aspxのギフトカードを持っていたので、イタリアンをチョイス。

IMG_7777IMG_7779ピザとパスタ

 もちろん、美味しくいただきました。

IMG_7780IMG_7781IMG_7782ベガスの夜景

 夜も更けたとはいえ、外気温はまだ80度(しつこく、華氏です)。寧々はご覧のように、お留守番でした。

IMG_7783


raizofan0829 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラスベガス | 市川雷蔵

2011年09月17日

平成23年度優秀映画鑑賞推進事業 『華岡青洲の妻』

 24日三重そうぶんシネマスクエア2011で、『華岡青洲の妻』が上映されます。おまけに昨年末亡くなられた高峰秀子さんの養女になられた斎藤明美さんのトークショーもあるそうです。

hanaokaposterhanaoka8

 う〜ん!行きたい・・・でも行けない!
サイトを見ると、〜加恵は青洲の母お継に憧れて21歳で華岡家の嫁となった。嫁と姑のひそやかな対立をよそに、青洲はひたすら麻酔薬の研究に打ち込んでいった。自ら実験台となることを申し出たのは二人の女、母と妻であった。譲らない二人に、青洲は同じように薬をあたえるのだったが・・・。「キネマ旬報」ベストテン第5位。〜

mie2 青洲役の雷蔵さん、わざと汚くしているのかと思うくらいですが、雷蔵さんが演じることで、私心のない“医は仁術”という医者の存在を素直に信じられるから不思議です。母と嫁の葛藤を知らんぷりしてやり過ごし、それぞれが自発的に献体のような気持ちで実験台となるよう気づかぬふりをしなど、とんでもない。まぎれもない高潔な精神の医者であると微塵も疑わせない、そんな青洲を演じるのに適役としかいいようがない雷蔵さんです。

 優秀映画鑑賞推進事業ですが、サイトをチェックしても、なかなかその上映がわからない上映場所もあり、結構大変です。“うえだ城下町映画祭”では雷蔵さんの映画上映はないらしいし(上田出身で松本在住の友人に見に行ってと言ったところ、錦之助さんの『遊侠一匹 沓掛時次郎』だけの上映だって)、ちょっと残念。でも、“2011しまね映画祭”http://www.cul-shimane.jp/eigasai/では、10月2日(日)川本町悠邑ふるさと会館で『雪之丞変化』、23日(日)は安来市市民会館で『眠狂四郎殺法帖』が上映されます。実は・・・松江在住の雷友にちらしのGetをお願いしました。持つべきものはホント!雷友です。雷縁を大切に・・・これまでも、これからもです。

 明日からラスベガスに行きます。いよいよ三条さんにお会いします!

おまけは、『眠狂四郎殺法帖』から

599

 四人ともすでに鬼籍に・・・合掌。

raizofan0829 at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 市川雷蔵 

2011年09月16日

ネールアート

 9月のネールアートは“お月見”い続いて“実りの秋”がテーマ。英語で言うなら“Harvest”。

IMG_7753IMG_7756

どんぐり、栗、ぶどうと秋の味覚に、紅葉・銀杏。

IMG_7757IMG_7758

きつね・パンダもどき?

IMG_7760IMG_7761

バンビ・栗

おまけ・・・「あなたの雷蔵」から

イメージ 32



raizofan0829 at 20:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ネールアート