渋谷ザニープロフィール
渋谷ザニー(SHIBUYA ZARNY 本名:" shibuya zarny htoo htoo" シブヤ・ザニー・トゥトゥ 1985年1月1日 -)は、東京を拠点に活動する日本のファッションデザイナー。国連UNHCR協会協力委員。公益財団法人日本財団プロジェクトアドバイザー。GQ JAPAN ブロガー/コラムニスト。ノースプロダクション所属。
旧ビルマ(現ミャンマー)旧首都ヤンゴンに生まれる。1993年、8歳の時に軍事政権の弾圧を逃れ、家族と共に日本へ亡命。以後日本国籍を取得。

1988年の軍部の弾圧を逃れ、日本へ亡命した民主化運動幹部の父親を追い、1993年に政治難民として8歳で母親と共に日本へ亡命。父方の祖父は旧ビルマ貴族階級出身の文士で大学教授であり著名な画家。母方の祖父は王朝時代から続く軍人の名家出身で旧ビルマ独立義勇軍陸軍総長を務めた。
小中高と日本の学校へ通い、雑誌モデルの仕事をしながら亜細亜大学国際関係学部国際関係学科に入学。在学中はアメリカ外交の研究をし、二年次ではアメリカ、ワシントン州のWestern Washington Universityへ留学。大学在学中にモデルとしてファッション業界に入る。
渋谷109men's開館一周年記念の広告で巨大ビルボードを飾ったのを最後にモデルを引退。大学卒業後にフリーランサーのファッションデザイナーとして数社のアパレルブランドと契約。月9ドラマ「プロポーズ大作戦」(フジテレビ)主演の山下智久の衣装や数々のアイドル、ミュージシャンのステージ衣装、NTT docomoレーシングチームのユニフォームなどを手掛ける。
2007年、国際連合難民高等弁務官事務所(UNHCR)日本の冊子で自らが難民である事を告白し、仕事で関係するアパレル企業の協力を得て、UNHCRへの基金活動を開始する。以後、UNHCR にて渉外アドバイザーの役割を果たす。
2008年、フランスの通信社AFP通信に取り上げられ、フランス国内をはじめとする海外メディアにシンジケートで配信される。
2009年6月、UNIQLO(ユニクロ)(株式会社ファーストリテイリング)の“UT - Charity Project に建築家・安藤忠雄、音楽家・坂本龍一、前衛芸術家・草間彌生らと共に、同プロジェクトに参加。日本・アメリカ・イギリス・フランス・香港・中国・韓国・シンガポールで渋谷ザニーのデザインする商品が発売開始される。同商品の売上総利益が国連UNHCR協会を通じ国際連合難民高等弁務官事務所(UNHCR)へ寄付され、世界中の難民・国内避難民の保護活動、支援活動に充てられる。
0872009年7月4日公開、手塚治虫原作を映画化した「MW -ムウ-」とジョイント・コレクションを発表。渋谷109men'sにて販売を開始。コレクションには主人公である“結城”と“賀来”の「破壊と祈り・光と闇」を表現したとされる。
2009年7月24日放送、金曜ドラマ「オルトロスの犬」(TBS)主演の滝沢秀明の衣装をデザイン協力する。
2010年1月13日 新宿伊勢丹メンズ館にて、1980年イタリア人デザイナー、アルヴィエロ・マルティーニによって誕生した<プリマ・クラッセ>とのコラボレーションを開始。ファッション・デザイナー渋谷ザニーのプロデュースによるスワロフスキーディテイル加工や、マルコ・ポーロの詩のペイントなどの新宿伊勢丹のみのオリジナルデザインを展開する。そのデザインには「大海原を航海する帆船に流れる風」をスワロフスキーで表現し、<プリマ・クラッセ>の世界地図をモチーフにした本来の特徴的なキャンバスデザインにマルコポーロの詩の一節"Quante Volte ho pensato di fareun viaggio per vedere molte cose nuove. Passare lo Gran Mare per..."「幾度、新たなる発見をするために旅に出ようと考えたことだろう。さぁ、海を渡ろう...」と描いている。
2011年2月23日 ファッションデザイナー桂由美により「YUMI KATSURA COLLECTION」にてデザインを担当。古都奈良・京都の古美術品、肉筆画を使用した紳士服を発表。その後、2011年5月20日のNHKのトークショウにて「古都の優れた日本の職人たちと時空を超えて共に作品を制作したかった。時空を超えたコラボレーション。」と語っている。コレックションでは韓流アーティスト 超新星・BEASTが着用。
2011年11月1日 ファッション・ブランド ZARNY (ザニー)を設立する。
2012年5月21日 日経BP社から発売。当時インテル社 吉田和正社長著「あなたは未来、あなたは可能性」で渋谷ザニー、大相撲横綱の白鵬関、歌手の郷ひろみ、ロボットスーツHAL 開発者の山海嘉之らと対談している。
2012年6月4日 GQ JAPAN [1] ウェブサイト内にてブログ形式でコラムの連載を開始。
2012年6月16日ミャンマー民主化運動指導者 アウンサンスーチーが、ノルウェーで1991年に受賞したノーベル平和賞の受賞演説を行った際の衣装は渋谷ザニーのデザインとされている。
2012年7月18日 " JFW International Exhibition Fashion Fair 2012 " にて、セイコーエプソン 株式会社、エプソン・EPSON とイタリアのロブステリ社と共同開発した産業用インクジェットデジタル捺染印刷機 " MonnaLISA " プリンターとのコラボレーション作品を発表。
2012年12月19日 開催 タイ王国 Princess Soamsawali of Thailand ソムサワリー妃 主催 「ラーマ9世プーミポン国王お見舞いジャズコンサート」 の衣装デザインを担当。
2013年2月7日 ミャンマーの民主化に伴い、20年ぶりのミャンマーに帰郷。その際NHK WORLDとTBS NEWS23 記者団も同行。その帰郷の内容はNHK WORLD – Newsline (国際放送) で2013年4月12日にて「渋谷ザニーの帰郷」のタイトルで世界 17カ国で放送される。そして、2013年4月15日 TBS NEW23 コーナー特集として、『渋谷ザニーの20年ぶりのミャンマーへの帰郷』と題して放送される。
2014年10月15日から12月24日放送 日本のテレビドラマファーストクラス2で、夏木マリの衣装をメインに 全シリーズ ZARNYデザイン商品を提供。
2015年3月25日 ZARNY BRIDAL COLLECTION を表参道アルモニーソルーナにてショウ型式で発表。
2015年9月28日 ZARNY 既製服コレックションのオンラインショップ を開業。
2015年10月29日 と10月30日にZARNYの春夏のコレクションを発表。WWD JAPAN オンラインでは「デザイナーの渋谷ザニーが、自身のブランド「ザニー(ZARNY)」のフルコレクションを発表。10月29日から2日間、4月に立ち上げた新会社ザニーの六本木のオフィス兼ショールームで2016年春夏コレクション展示会を開いた。ブランドコンセプトについて、『上質なモノ作りにこだわった。ノージェンダーで、幅広い層をターゲットにし、家族の誰もに愛されるブランドにしたい』と説明する通り、商品はプレタポルテ、オーダーメイドのドレス、デニムから革小物、ファーアイテムなどアクセサリーまで多彩だ。」とある。参考文献 : https://www.wwdjapan.com/fashion/2015/11/01/00018510.html
2016年7月1日、ノースプロダクションへの所属を自身のfacebookページにて発表。
渋谷ザニー2008年 / 23歳当時 
(検索ウィキぺデア)