Last Chance@kazuの日記 前へすすめ!

3.11、震災、津波、全壊、避難、原発事故、家族、感謝。いまだに忘れられない出来事です。諦めないでつづけてきた1級建築士受験です。 劣等生のkazuですが平成26年に「1級建築士になれました。」

明日への手紙

一級建築士試験合格を目指し、様々な思いで頑張っているオッサンさん、そして同志のrikuさんへ

心に響く曲だったので、勝手に捧げます。

がんばれーーー。


 

角落ちした当時のことを思い出す。

今日は、一級の発表日でした。
合格された皆様!おめでとうございます。

不合格となった方は、ほんとうに悔しい思いの事とお察しします。私も経験してますから、痛いほどわかります。

私が角落ちしたのは17年でした。昨年の製図試験合格まで約9年要することになります。
17年の当時は、学科は何とかクリアするだろうから、製図の検証をしてからにしようと思ってました。しかし、結果は数点不足の不合格でした。試験制度が変わった年は合格予想点数だったこともあって意気揚揚と製図対策をしていましたが、まさかの1点不足で不合格なんてことも経験しました。
それでも、受験を辞めようなんて思わなかった。ウラ指導で知り合った受験仲間は、優しくて強くて人の痛みを分る方たちばかり。そんな方々に支えてもらっていたからかもしれません。
そんな仲間から言われた一言があります。「続けていれば必ず合格する時がくるから諦めてはいけない」と・・・。

でも、それは本当のことでした。劣等生の私が合格することが出来たのですから。

来年、学科から受験することになったなら、いち早く現実を受け入れ学科対策をしてほしいと思います。
製図の感覚が残っているうちに学科を突破してほしいと願います。
経験上、そこからが製図試験に向き合うことになるのだと思っています。

頑張って!





27年度製図試験の課題

久々の更新となってしまいました。(^_^;)

今年の製図課題は「市街地に建つデイサービス付き高齢者向け集合住宅」ですね。
受験生の方々は、HP検索や早々に施設見学の手配をされているでしょうか・・・。

国交省のHPを見ると
サービス付き高齢者向け住宅整備事業」がヒットしました。

さらに国交省のリンクページ→http://www.satsuki-jutaku.jp/system.htmlもありました。

まずは、概要を知り試験元が求めているのもは何かを知ることから始まるのだと思いました。



 

考える。。。

合格通知を受け取って早一か月が過ぎました・・・。

試験後はたまった仕事や家事、雑事に追われましたが、最近やっと落ち着き始めました。

先日、ユープラ検証会に参加してきました。

私は18日だけだったのですが、前日も満席だったそうです。

そんな中、本当に僭越ながら、合格者としてエスキス時の思考過程をペンギンさんからの質問こ答える形でお伝えしてきました。

本試験ではnara式エスキスで進めたわけですが、2.5時間経過時点で1/400が完成しなかった要因 として
コマプランで2階をすっ飛ばしてるんですね。勿論、頭の中では想定した配置があったのですが・・・

いつもと同じことが出来ていない・・抜けていても気づかない・・・

そんな緊張にも合否を分けるポイントがありそうかも。(あくまでも、私個人の考えです。)
 

試験結果

合格しました。(*^_^*)

沢山の方に支えられ、与えられ、ご迷惑をおかけして手中にした合格です・・・。

本当にありがとうございました。(T_T)


長い時間を要してしまいましたが、私にとっては必要な時間だったのだと思えますし、長い分沢山の方と出会うことが出来ました。

ウラ指導と出会ったこと、そこに集う方々と出会えたことは大きな財産となりました。

ありがとうございました。

 

落ち着かない

試験が終わり、約1ヶ月経過しました。

イタイミスをした私は、今だ落ち着かない日々です。

悔やんだところで、もう結果を受け入れるだけだと分かっていても、大丈夫じゃないか?いや、きっとダメだな…そう思ったり、ユープラの検証を始めてますが、まとまっていないプランはほとんどありません。

今回は、細かいミスがどれ位あるのかが、合否を分けるのでは?と言う意見も聞こえてきますが、その中で断面不整合をやらかした私は、大減点なのかも…しれないT_T

。・゜・(ノД`)・゜・。


さて、プライベートでも被災復興事業で、来年2月には、住宅を解体しなくてはならなくなりました。
分かってはいた事ですが、カウントダウンが迫っていて、こちらでも、心労が無いといえば嘘です。
1月を目処に引っ越しなどの段取りを今から進めねばなりません。

断捨離の境地にならねば…なんでも取っておいては、引っ越し先のウツワは、決まってますので無理なのです。
でも…母の三回忌を過ぎても母の遺品整理ができません。思い出されて捨てられないのです(´・_・`)
落ち着かない日々は、しばらく続きます。

ミスコン終了しました。

試験終了しました…

ミス根絶を目指しましたが、大きなミスを一箇所してしまいました。

これで、ミスコングランプリは無くなりました。T_T

書き漏れを数えてみると、気づいているだけで3つありました。(ちっさいミスと思われる)

記述で1時間15分ほど掛かり、追い込まれました。

naraさん、satoさんのブログでは、フツーに答えられる内容だったと検証されてますが、記述が苦手な私にとっては、厳しかったです。

また、適切な位置の吹き抜けって何処?
想定出来る場所は、エントランス、レストラン、休憩.情報スペース、特産販売…

ちょっと迷って、みんなは何処って考えるだろう?冷静になれ!って思い、80ヘイベイ以上ってことは…エントランスか?と判断。レストランを眺望に配慮して2階と決めたことも要因の一つです。

悪夢の図書館を思い出す問題でした。^^;

再現図は、今日から着手します。昨日書けばよかったのは、承知ですが、気持ちが持たなかったです…

学科からかも…いや、趨勢次第かも…
その思いの繰り返しでした。


応援してくれた方に、合わせる顔もない。滅多に涙は出ない私ですが、込み上げてくるものがありました。


でも、悔いは残りますが、今年は出来る限りの行動をしました。


お世話になったお一人お一人のお名前は書き切れない程です。
ありがとうございました。



明日

沢山の方の善意と協力があって、今年は勉強を進めてくることができました。

ありがとうございました。心より感謝しています。<(_ _)>

ミスコン ファイナルへ

行ってきます!

一本の線が合格に近づく。

naraさんのブログを読んで、響いた言葉です。

>あなたのその一本の線が合格するために必要です。

壁も線。文字だって線です。

あと数本描けば、合格に近づく…
強く意識しなくてはならないです。

前半から後半第4まで、ミスのない図面は一枚もない

【今でよかった】なのですが、同じミスをしない!深く意識に刻まねばばらない事なのだと思ってます。

今までのミス
1.広場系の面積に植栽面積を入れる入れない。円要求時など
2.屋外階段伏図未記入
3.その他施設面積参入
4.寸法書き漏れ
5.階段内吹き抜け面積引き漏れ
6.トップライト伏図の小梁抜け

一部を書き出しただけでも、面積系のミスが多いです。これは、注意力とcheck力をあげていけば、防ぐ事が可能なものばかり…

もう一度、つぶやく

私のその一本の線が合格するために必要です。‼︎




2度目の遠征

ちょっと、時間が経過してしましましたが・・・14日に2度目の遠征しました。

第4課題にトライしたわけですが・・・やっとここにきて6.5時間内に収めることができました。

Check時間は15分位でしょうか・・・。

うーーん。でも抜けがまだある!
なんだよーー。何がCheckだよーーー。とまたまたツッコミが必要な状況。
あと、24日でなんとかしなくてはならない。
崖っぷちに立ってます。(^_^;) 

勉強の仕方知らないやつってこうなんだよ・・・はい!私だよ!(>_<)

第4課題は調理体験室をどこにもっていくかで分かれました。参加者中2階配置は17%の比率!

課題文を素直(なつもり)に読んでいくと・・2階配置は、ありえない配置ではないと思うのだが・・・
地域振興部門のくくりの中で、調理体験室を「ちぎるってどうよ?」てきな意見もあり

確かに正解は複数あってしかるべき!そうは思う!!でもーーーーと今回(だけ)は言いたい気分。(>_<) 

動線配慮って上下階でも階段でつながっていれば成立するんじゃないの?それは、私の誤解釈なのか? 

自主勉に遠征参加しました。

今日は、塾生の自主勉に参加しました。

お世話になりました。

第3課題を6.5時間トライアルしたのですが、エスキスに時間がかかって、仕上げる事が出来なかったです。

多いに反省すべき事が沢山見つかりました。

ウツワだしで、自分がポイしたウツワが、実は最も収めやすかったみたいです。
検討が甘い!答えは、複数あるのだろうけど、もっとスッキリ収まるスパン出せるようになりたい。

Check力を上げること

後半戦第1課題と第2課題の添削がアップになりまして評価を頂きました。

第1課題はランク3子の再来。
第2課題はランク2  昨年の本試験と同じ(^_^;)

ですが・・・ランク以前に問題がある。それは、不整合をやらかしているってこと。

Check!Check!と2回は見直している・・・ハズなのだが.....

第1課題は、伏図の特記事項「特記無き【柱】はS1とする」と 書いていて、「このミスは痛い!」と講師の方にコメント頂いて、気づく始末でした。

なんだよー。私!なにがCheckだよーとツッコミを入れたい気分。ホント本番でなくて良かったよ。。涙

第2課題は、これまた数カ所の書き間違いが発覚!代表として「下足箱→下足入れ」と表記してる。
さらに・・・屋外階段を計画していたんですね。重複20mクリアのためです。
我ながら、よく気づいたじゃん!屋外階段!いい位置にもってこれたよねー。とか思ってましたが<(`^´)> 

伏図に書き漏れ発覚!=ランク4ですよ。本番ならば!(提出前に修正はしましたが、冷や汗もんです)

試験前のミスは、肝に銘じておかねばなりません。うーーーん。数をこなしていくしかないです。

かなり重症(>_<) 

道の駅見学

もう既に、受験生ブログでは、沢山の見学情報がUPされています。
出遅れた感がありますが、私も茨城の奥久慈だいごを見学して来ました。
平日だったけれど、中々の人出に結構ビックリでした。
こじんまりとしてましたが、敷地ロケーションは、試験的な感じ!幹線道路に面し、道路の向こうは川があり景観もグッド!
2階が浴室、1階にレストラン、売店、物産館、トイレといった配置。
気になる機械室も見学させて頂けました。設備がみっちり詰まってました。
広さは、7✖️7程度弱位かな。
浴室は撮影禁止なので、寸法のみ概算で掴みました。ついでに、入浴して来ました。
入浴中にスタッフが様子を見に来ました。
今考えると、撮影してないか様子を伺いに来たのかも?
大丈夫!淑女は嘘はつきませんよ(^^)
良い気分転換になりました!

次は地元の喜多方に行きます。

追記:いわき市から高速で高萩インターで降りて、そこからは…国道なのに何に?この山道は!!!って道路を走りました。NAVI壊れてんの(≧∇≦)って不安になる位の樹林をクネクネと(笑)
こんな道走って行く道の駅はありかー?

エスキス修正その2

製図対策も課題3となり、各課題毎に何かしらの問題点が浮き彫りになりますが、エスキスの手順は解ってきた感じがします。
棋士の羽生善治さんの名言に『誰でも最初は真似から始める。しかし、丸暗記しようとするのではなく、どうしてその人がその航路をたどったのか、どういう過程でそこにたどり着いたのか、その過程を理解することが大切だ。』があります。

私のエスキス手順は、まさにウラ指導の鈴木さん式を真似することから、始めました。
しかし、手順真似ることばっかりで、そこにある鈴木さん式の過程を考えることができませんでした。
つまり、全てが単品でツナガリを気にしていなかったのだと気付きました。
だから、平気でコマプランから倍コマ、そして1/400の過程の中で修正が生じ、1/200でさらに作図しながらの修正が必然的に生まれていたのだと納得したというか.......

何度も失敗するには、やはり理由が存在する。手順は自分のやり易い方法でよいけど、根底は同じ手順でしかるべきなのだと、今更ながらわかりました。\(//∇//)\恥ずかしいお話です。。。

次は、倍コマの精度を上げることに留意しながら、修正をすすめようと思います。

エスキスの修正

エスキスの手順の中で、コマプランからが自分のダメな処だと思っていました。
でも、とある方にレクチャー頂くと…

なぜ?この断面イメージなのです?と…

え?ダメ?
自分では、正確に書いているつもりでしたが、切断位置からして合ってない。

エントランスを含みとなっているのに、エントランスが描いてない…

あっ!自分はエスキスに書き取る本来の意味すらわかっていなくて、自分の描きたいように書いてただけでした。

エスキス手順の全てに意味があり、積み重ねて行くことで方向性を見失うことなく進むことが出来るんだ!

落ち続けるには、それだけの要素がある。

引き続き修正作業続行しますf^_^;

試験申し込み完了です。

製図試験の申し込み完了しました。(≧∇≦)

14日の大安に申し込みしようと決めてました。

毎回写真加工に苦労します。(サイズが小さいとかってエラーになる)今年もf^_^;

頑張ろう❗️

3.11

2011.3.11から丸3年となる今年。
なぜか、最近よく当時のことを思い出します。消えることのない記憶です。

先日、家族と「永遠の0」を見てきました。めったに涙することは無い私ですが、涙がこぼれました。

福島の今の現状とダブってしかたありません。私は思想家ではないしこうあるべきとかもわかりませんが、大局の中での個人の思いなど吹けば飛ぶような扱いなのだと感じざる得ないです。

YouTubeで見つけました。どのような感想を持たれますか・・・。


   

検証中です。

今年初の投稿です・・。
つい先日「新年」と言ってた気がするが、もう2月です。
ガチで、製図に邁進しなくっちゃなりません。ヾ(=^▽^=)ノ

気持ちを一新するきっかけに携帯をiphone5sに機種変しました。
WEB環境も、震災以来何があるか分からないと思ってWIFIでしたが、どうも遅いので光にしました。
いろいろ新しくしました。('▽'*)ニパッ♪

製図対策も、今までと同じではダメな気がして思い切って変えました。あとは自分次第です。
合否を試験元に委ねない図面と記述を目指していきます。やるだけやったと言える年にします。
愚痴る日もあるかもしれない、情けない思いで凹む日もあるかもしれないですが、甘い自分に負けないように日々強く意思を持って挑みたいです。

久しぶりに大好きな歌をYouTubeで見つけました。

んーー癒されました。










来年の抱負を語る(^_^;)

眠れない・・・・。

そんな訳で、夜中に机のレイアウト変えてみました。気分も変わり、よい感じ!

さて、来年の抱負は

有言実行と即行動の2つです。

一級建築士になる為に、やらなくてはいけないと分かっていても諸事情があって、出来なかったとか今年は言い訳が多かった。
言い訳は見苦しいと分かっている。結果が全て。

出来るかできないかではなく、やるかやらないかと言うことだと思います。

頑張れ!私!

来年もよろしくお願い致します!<(_ _)>


試験結果

ブログ書くのが遅くなりました。

製図試験はランク兇派垤膤覆箸覆蠅泙靴拭

来年に向けて、今年の不足分を補い、始動していきたいと思っています。

自分のプランでは合格はないと思っていたし、ランク靴任發かしくないと思っていました。

しかし、ランク軌奮阿蓮△匹凌字でも変わりはない訳で・・・。


私が受験した福島では合格者が20名程でしたが、内12名が学科合格からの受験者という結果でした。

今年は受験者が少なくて教室は2教室で、受験者数は想定で訳70名程度。

合格率は30%未満。jaeicが公表している40%は遥かに遠い・・・難関だと感じざる得ません。

戯言を語っても仕方がないです。初受験だろうが、なかろうが意図に添った計画ができ、かつミスのない作図ができれば、希望はあるはず・・・。

後の祭りとならぬよう、来年は引き出しを増やして、どんな計画でも無難にまとめきる実力をつけていくことだけを考えて学習計画を立て、実行する。
それのみが、私が一級建築士になるためにすることなのだろうと思います。

今年、ウラ指導の先生方、製図のウラ指導本を貸してくれたカエルさん、エスキスについて何度もメールでアドバイスくれたみろくさん、叱咤激励してくれたochaさん、エスキスの師匠satoさん、お手本とさせていただいたnaraさん、オッサンさん、よよさん、woさん、お名前が書ききれない程の皆様、お世話になりました。
カウントダウン
livedoor プロフィール
Recent Comments


presented by 地球の名言
Archives




  • ライブドアブログ