カラダのバランスはホントに必要か?

腰痛、肩こり、頭痛、股関節、膝、原因不明の不調、スポーツケア、術後ケアなどを通しての気づき、傾向、発見などを投稿

福岡県久留米市で楽我院・バランス研究所を主宰している。 三軸修正法http://www.sanjiku.com/に触れ、その背景の奥深さにますます人への関心が高まる日々。人の体の可能性はまた、同時に見方、考え方の広がりとも通じる。

「最近、お金を使わなくなりました」 と告げる施術後のある男性。 楽我院に通うようになって、確か職を2回変わられた。 からだのどこかがひどく調子が悪くなくとも、定期的に通院されている。 「それでいて、何かいろんなことが良くなっているようだ」とも 「休日も自宅 ...

自宅近くの喫茶に 自宅をギャラリー兼、喫茶に改築したご様子で、とても趣がる。 定期的に小物や雑貨を入れ替えながら展示、販売も行われているようだ。 年数は経っているけれど、職人さんの手がしっかり入ったお宅。 天井は低いが、柱、鴨居、戸など、見ていて飽きない ...

それは突然のことだった。 だれしも、経験がある。と聞く。 復旧を試みた。 意外と復旧は可能な場合が多いらしい。 windows powershellにコマンドを打つ。 しばし。 、、、ボロボロだった。 パソコンのハードディスクの故障を考え、ポータブルHDに移すよう心がけて ...

メルカリを通じて購入した本が届いた。 昨年亡くなられたさくらももこさんの「もものかんづめ」他である。 名作は何度読んでも引き込まれる。 「んー。」「。   。」 軽快なリズム。 以前、浅川嘉富先生の講演会のお手伝いをさせていただいていたとき、浅川先生の写 ...

随分と前の本がでてきました。 初版が2007年。 懐かしい。   そこで、パラパラ。 ホオ。へえー。なるほど、そうか。 ストレートな表現と、題目に焦点化した表現に終始しているのは意図があるからでしょう。 かつて、「彼の成しえたことは偶然とは言い難い」と師が何 ...

風邪が巷で流行っている。 小学校、受験生を抱えるご家族は気を遣うところだ。 テレビで予備校の講師が語っているのを見た。 受験生、その家族に対する長年の経験からの「ひとこと」といったところ。 その内容は 「平常心」 変わったことをしない。ということだ。 私 ...

「考えることはいいことですよね。」 一般には「そうですね」となる。 けれど、スマホやパソコンの普及により不要なほど思考している方が多いのが今日。 肝臓という臓器がある。 カラダの化学工場として2000以上の反応を行っているとも聞くけれど、詳細は知らない。 ...

風邪が一部で流行っているようです。 「風邪をひいて熱があるみたいなんです。でもよければ診ていただけますか」 という問い合わせが今週は何件か続きました。 もちろん定期的に来院されている方である。 日本ではインフルエンザの予防接種を受けることが習慣となってい ...

失敗は成功の母、もしくは成長の種。 洋の東西を問わず言われていることです。 わかっていても、そのショックの影響は時と場合によって甚大になります。 まちがい、失敗を減らす具体的な対処法はたくさんありますが、 「氣」の充実が人の底辺に必要です。 元気の元、み ...

カラダを通して人のいろいろな側面にアプローチするように日々努めています。 まだまだ分からないことは多いのですが、わかってきたことも多くあります。 心身が安定するといいことが多くなる。 目標があると人は元気になります。 目標を設定することの重要性は古今を問 ...

このページのトップヘ