先日、講習会に参加の折、昼食を近くのレストランで摂った。

お昼時で混んでいた。

ようやく昼食を済ませ、お会計。

私のところで機会がトラブル。

しばし待つことになる。

店員さんの心情を察する。

おつりが少なくなるよう小銭を渡す。

「ん」と一瞬思った。が後ろに会計を待つ人が列になっていたので、おつりを受け取り店を出た。

「ん!」おつりが合わない。

「あれ。っと計算すると確か100円多い」

少したって、やっぱり店員さんが慌てて間違えたのだろう。と気づいた。

混んだ店で、お昼からの講習に急ぎ戻るため、そのまま会場へ。

こんなところで「運」を使ってはいけないと、帰りに返済に向かおうとその時思った。

が、結局そのまま帰りを急ぐ形になり帰路に就いた。

店員さんがお釣りを渡したその瞬間に気づけるようにしておかないといけないのだ。

頭で考えて、「運」がどうのこうのしている時点ですでに「運」は来ていない。

頭で考えることは、どうも自分が中にあるから。