楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

 相互RSS募集中です

今朝の防衛省「火器管制レーダーの警告音公開予定」→15時頃の韓国国防部「また事実を歪曲した不正確で一方的な主張だ!」……リアクションタイム早いな、おい

日本の哨戒機警告音公開方針に... 韓国国防部「不適切な世論戦」と反論(ニューシス・朝鮮語)
国防部は19日、声明資料において「日本政府が哨戒機の警告音を公開する場合、以前のように事実を歪曲したり、両国間の対立を助長する意図で不正確な内容を一方的に主張することは望ましくない」と指摘した。

続いて「日本は公開するというビープ音が私たちの広開土大王艦の追跡レーダー( STIR)から照射受けた時点のビープ音であることが確認されなければならない」とし「不正確なビープ音を公開し脅威を受けたと主張することは、国際社会に誤った認識を与えることができので、日時、防衛、周波数特性などの正確な情報を公開しなければならない」と警告した。

また「人道的救助活動を進行中の広開土大王ことについて、継続的な低空脅威飛行をした理由とそのように危険なレーダーの調査を受けた場合、すぐに回避行動を起こさなければならないのに、余裕を持った飛行をした理由も明らかにすべき」と批判した。

国防部は「日本は不適切な世論戦を繰り広げるのではなく、正確な証拠を提示し、両国の専門家が参加した中、科学的かつ客観的検証を受けるだろう」と明らかにした。
(引用ここまで)

 ひとつ前のエントリになっている「火器管制レーダーから照射された電波を音に変換したものを公開」というニュースが確認できる中でもっとも早く報じられたのがNHKニュース。
 掲載時間を見ると早朝の4時1分に掲載となっています。
 そこから韓国メディアにぽちぽちと掲載されはじめたのがお昼くらい。
 で、午後3時36分には「国防部が反論した」というニュースが掲載されるっていう。
 おそらくこれも最初に迷走しはじめたリリースと同様にカカオトークでのテキスト文によるリリースでしょう。
 韓国メディアがそれを受けてほぼ丸写しのニュース記事を書いて公開するまで30分くらいと考えて、15時にはおそらくリリースがあったという感じでしょう。
 リアクションタイムがどんどん短くなっていってますね。
 「それを公開するなんてとんでもない!」ってとこでしょうか。
 なんとかして今回の主張にも含まれている「人道的救助活動中に日本が低空威嚇飛行をしてきた」という方向に持っていきたいのだけども、日本がまったく乗ってこないので焦りもあるんだろうな。

 先日、韓国側からは14日の実務協議で「P-1の受信データを提出してもらって日韓の専門家で検証しよう」という働きかけがあったとの話です。

レーダー問題巡る韓日当局協議は平行線 韓国が専門家の相互検証提案(聯合ニュース)

 なんで日本だけがデータを提出して「韓国の専門家」とやらにさらけ出さなければいけないんだって話ですわ。

 もはや防衛省は火器管制レーダーを照射したと韓国に認めさせることを目的としていないのですよね。
 「こういう事案があり、日本はこうして対応した。公正な対応だ」ということを世界に対して公表しているだけ。
 日韓がそれぞれ主張して、判断はそれぞれの国がすればいいというだけなのです。
 あえて離間の計に乗っている、ということですね。離れれば離れるだけよし。物理的な距離をどうこうすることはできませんが、心理的な距離をとることであればいくらでもできるということでしょう。
 そのためにいくらでも事実を公表し、積み上げていくのがいい。
 「あのときにおまえらこんなこと言ってたよな」と言える。慰安婦合意を利用している現状と同じですね。



火器管制レーダー照射事件:防衛省が公開しようとしている「電波の音」とは?

新証拠の電波音公開へ=レーダー照射、日本の正当性主張−防衛省(時事通信)
 韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題をめぐり、防衛省は新たな証拠として、レーダー照射を受けたときに哨戒機内で記録した電波信号の音を公開する方針を固めた。防衛省幹部が19日、明らかにした。週明けにも公開する方向で調整している。
(引用ここまで)

 電波信号の音、というのがなにを意味するのか分からない人がほとんどじゃないでしょうかね。
 軍用機は電波を受けた際に、機内のクルーに分かりやすいように音に変換して「いま電波を照射されていますよ」という通知をするのです。

 で、昨日書いたように回転する捜索レーダーは2〜4秒に1回しか電波が当たらないので「ピッ……ピッ……ピッ」というように電波が当たった時にしか音が鳴りません。
 その一方で火器管制レーダーは照射され続けるので、「ピーーーーーーーーーーーーーっ!」と音が鳴り続けるわけです。

 防衛省が提供した参考資料(PDF)の中に分かりやすい部分があります。

fc_search

 左が捜索レーダーで右が火器管制レーダーです。
 回転している捜索レーダーが当たる場合、ピークになっているところでだけ「ピッ」と鳴るわけですね。
 照射され続ける火器管制レーダーはピークが長く続いていて、「ピーーーーーーー」と鳴り続ける。

 戦闘機が出てくる映画なんかで「ロックオンされてます」っていう状況でアラームが鳴っているのがそれに当たるわけです。
 防衛省提供の映像中のP-1機内では鳴っていませんでしたが、クルーのヘルメット内のインカムに鳴っているということなのでしょう。

 映像中に「すごい音だ」ってあって、その下に「電波強度が強い」って表示がありましたね。
 あの言葉も、捜索レーダーではなく火器管制レーダー波を照射されているという証拠のひとつといえるでしょう。火器管制レーダーの電波は指向性の高く、かつ出力が強いのです。
 捜索レーダーはいいとこ水平線まで届けばいいのですが、火器管制レーダーはより遠方まで届かせる必要があるからです。

sugoioto

 その前に「コンティニューホールド(継続探知)」とクルーが行っていましたが、あれも「火器管制レーダーを照射され続けている」という意味です。

continuehold

 おそらく発表は岩屋防衛大臣が帰国してからになると思われますが、客観的な証拠としては充分でしょう。MW-08やサンボンギョのレーダーを誤認したという話を潰すにはちょうどいいものになります。
 さて、韓国がどんな反応を返してくるか。楽しみですね。




世界からの訪日客、使用金額の統計をとってみたら韓国人が圧倒的な最下位だった件

訪日客1人当たり支出、中国抜き豪州トップ(日経新聞)

 日経のインバウンド統計レポート2018年版というものが出てまして。
 リンク先からレポートに再度飛ぶ形になるのですが有料会員用の記事となっています。ただし、無料会員でもちらちら見えるはずです(笑)。
 その統計がちょっと面白かったのでピックアップします。

 旅行支出全体でリストアップされている20カ国中、韓国は最下位。
 トップのオーストラリアが24万円ていどなのに比べて、韓国は7万円台。
 全国籍・地域の平均では15万円を超えており、17〜19位の台湾、タイ、フィリピンですら10万円は超えています。
 韓国のそれは圧倒的な低さといえるでしょうね。

 結果として純粋な訪日客数としては台湾の1.5倍くらい韓国から来ているのですが、消費額としては台湾とほぼ同じというレベル。
 以下、宿泊、飲食、娯楽、買い物と個別の4項目があるので見ていきましょう。

 宿泊料金で最下位。
 イギリス、オーストラリアが10万円近く出しているのに比べて、韓国は2万円ちょっと。
 17、18、19位のタイ、台湾、フィリピンが3万円以上出しているのに比べても渋い。

 飲食費でも最下位。
 スペインがトップで6万円超。以下、オーストラリア、イタリア、フランス、イギリス、アメリカが5万円超。
 17〜19位のインドネシア、台湾、タイでも2万円台後半……というか、3万円弱なのに、韓国は2万円ほどで圧倒的な最下位。

 娯楽費では19位。最下位はインド。絶対額の差はほとんどないようですが、僅差で19位でした。
 トップはダントツでオーストラリア。スキーがメインになっているから、というのが理由のようですね。

 最後の買い物代、中国はまだまだダントツの1位。9万円半ば。
 旅慣れているであろう欧米が下位にきているので、もうちょっと買わせたいところ。
 もちろん、韓国は安定の最下位。2万円ちょっと。

 ワーストMVPであり、個別項目ではワースト三冠王。
 最大の理由は「近いからいつでもこれる」というものなのでしょうけども。
 他の近めのアジア諸国に比べても低いよなぁ……。

 特に飲食で韓国の渋さが際立ちます。
 個人的には日本に来て飯食わずになにするんだと思いますけどね……ありとあらゆる国のメニューが揃っていて、その多くのクオリティが高い国なんてないぞ。
 イルベ(カイカイ反応通信)なんかで「日本食なんてしょっぱいだけだ」って書いている連中が多いのですが、そのレベルの店にしか行けてないのだろうな。

 ま、もっとも韓国を訪れる日本人はそれ以上に渋ちんで60万ウォンくらいしか使わないのですが。
 正確にいうなら「使えない」のでしょうけどね。
 日本人にとって韓国旅行の満足度は低く、他人にも勧めないという統計が出てるほどですから。

 最近、1日に4本更新して全部が火器管制レーダーのニュースだったりするので、あえて選んでみましたがわりと面白いネタではないでしょうかね。

去年は行く行く詐欺だったけど、今年は必ず!
もっと激ウマ! 食べ台湾 地元の人が通い詰める最愛グルメ100軒 激ウマ! 食べ台湾
Aiwan
KADOKAWA / メディアファクトリー
2018/9/27



韓国メディア「P-1は海洋警察の警備艇が出していた電波を火器管制レーダーだと誤認していたのだ!」……絶対にあり得ません

哨戒機接近時に韓国警備艇のレーダーも稼働 日本が誤認か(聯合ニュース)
韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したと日本が主張する問題で、哨戒機が駆逐艦に接近した際、駆逐艦と共に北朝鮮漁船の救助活動を行っていた韓国海洋警察の警備艇もレーダーを稼働していたことが18日、分かった。警備艇が稼働したレーダーを駆逐艦の火器管制レーダーと誤認した可能性があるとの見方が出ている。 (中略)

 軍事専門家らは駆逐艦が運用していた探索レーダー(MW08)の電波か、海洋警察の警備艇のレーダーの電波を日本の哨戒機が駆逐艦の火器管制レーダーと誤認した可能性があるとの見方を示していた。

 海洋警察の警備艇に搭載されているレーダーは探索・火器管制の兼用で使用されている。駆逐艦の探索レーダーは周波数帯域がGバンドのため、火器管制レーダーと誤認する可能性がほぼないが、警備艇のレーダーは火器管制レーダーと同じIバンドを使うため、誤認する可能性があるという。
(引用ここまで)

 ここでいうIバンドというのはNATOをはじめとしたヨーロッパ使用されている区分で8〜10GHz帯のこと。
 IEEEによる区分であるXバンドの8〜12GHz帯と同一ではありませんが、かぶっています。
 で、このIバンドを使った探索用レーダーが韓国海洋警察のサンボンギョに搭載されているので、P-1がこのレーダー波を火器管制レーダーであると勘違いしたのではないか、というのが今回の話なのですが。
 あり得ません。

 ざっくりとですが計算してみましょうか。
 探索用レーダーは回転して船の周囲360度をチェックするものです。
 Xバンド、もしくはIバンドのレーダー波は指向性が高く、角度でおよそ1度ほどのものが照射され、これがだいたい2〜4秒ていどで一回転します。つまり、1度分のレーダーがあたる秒数は0.005〜0.01秒ほど。
 P-1が500メートル離れていたとしましょう。すると、1度のビームはだいたい8.7メートルの幅があることが、話題の三角関数で求められます。P-1の全長が38メートルですから、最大で4.37度分が照射されます。
 つまり、サンボンギョの捜索レーダーがP-1の全長分を通過するのに必要な時間は0.02〜0.05秒(回転速度によって変わる)ほど。
 まあ、いろいろな条件を甘々に見積もっても、500メートル離れたP-1に回転するレーダー波が当たるのは0.05〜0.1秒といったところ。
 ただし、これはレーダー波の大元が点であると考えた場合なので、実際にはアンテナ幅があるためにもうちょっと拡がります(ここまで書いてきて、いまになってアンテナ幅に気がついた)。
 どちらにしても回転している数秒に1回のわずかな時間しか照射されないことに違いはありません。

 それに比べて広開土大王が搭載しているSTIR-180は追尾が可能で、レーダー波を当て続けることができるものです。ターゲットにした航空機にレーダー波を当て続け、その反射してくるレーダー波を追尾してシースパローは誘導されます。最終的には赤外線で追尾するのですが、それまではレーダー波を追尾するのです。
 
 WikipediaのSTIRの項目にある画像を見ると、レーダーが上下に動きかつ回転する機構になっていることが分かります。

stir

 この機構でP-1を追尾してレーダー波を当て続けていたから、P-1の乗組員は「FCコンタクト」であることが分かったのですよ。
 このふたつのレーダー波を取り違えるわけがない。あとレーダー波の出力も大きく違うはずです。

 韓国側の言い訳がありえないものであることが理解できるはずです。
 当初から防衛省はこういった混同や誤認をしていないという意思表示のため、去年の12月28日に行われた映像公表時に参考資料(PDF)として回転する捜索用レーダーと火器管制レーダーの違いを描いています。
 いまさらこんな低レベルな「日本は電波を誤認していた」なんていう話を出してくる意図が分からんわ……。



最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
「統一朝鮮」は日本の災難
半額以下のセール中。25日まで。
2001年 宇宙の旅
4K ULTRA HD+デジタルリマスター Blu-ray
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ