楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

 相互RSS募集中です

平昌五輪:スピードスケート小平と李の友情が「日韓のわだかまりを溶かす」ことにはならないワケ

アングル:小平と李の友情、「真の平和五輪」と日韓で称賛(ロイター)
平昌五輪で日韓のライバル選手が、激しいレースを終えて抱き合う写真は、苦い歴史を抱える両国民の多くを感動させている。日本の安倍晋三首相も2人の友情を称賛した。

日本の小平奈緒選手は、18日夜行われたスピードスケート女子500メートルで、2014年ソチ大会に続く五輪3連覇に挑んだ地元韓国の李相花(イ・サンファ)選手を抑えて金メダルを獲得した。

しかし、小平選手が韓国国旗を手に涙するライバルを慰め、抱きしめる姿を捉えた写真は、日韓両国民の心を溶かしたようだ。日本が1910─45年、朝鮮半島を統治下に置いていたという歴史から、両国関係にはしこりが今なお残っている。

「試合が終わって、2人が抱き合って祝福し合う光景は、本当に素晴らしい光景だった」。安倍首相は19日、自身初の金メダルに輝いた小平選手を祝福する電話で、同選手にこう述べた。

日本の視聴者からも、この光景に感動して涙したとのツイートが相次ぎ、「2人が抱き合うシーンは全人類が待ち望んでいたようなことだ」と記す視聴者もいた。
(引用ここまで)

 あー、生ぬるい世界の見方ですね。
 こういう個人間の友情はどこでだって生まれるでしょうよ。日韓だろうとユダヤ−アラブの間だろうと充分にあり得る話です。
 だからといって、国と国の関係が変化するわけじゃない。
 変化のきっかけにはなり得るかもしれませんが、実際には1週間も経てばそんな話は終わるのです。

 日韓関係がこういったエピソードひとつで変化するのだったら、2001年にあった新大久保駅での転落事故がきっかけになってることでしょうよ。
 あの事故をねじ曲げて「日本人に差別されていた韓国人だったのに日本人を助けようとした」というような変な美談にしようと試みた輩もいましたね。
 だけども、変わりはしなかった。変わろうとしていないから、という言いかたもできるかもしれませんが。

 友情の話としてはお涙ちょうだいのいい話なのでしょうが。
 日韓両国民の心を溶かした、とか甘っちょろいだけの幻想ですわ。
 ルトワックが言うように、韓国が日本を呪い続けているのは「日本と戦おうとしなかった自分たちの祖父らに向けての呪詛」であって、日本側からなにか働きかけてできるようなことはないのです。
 いいとこ、慰安婦合意のように「政治的にはこの話はこれで終わり」とする努力くらいなものでしょう。それすら拒まれていますけどね。

中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)
エドワード・ルトワック
文藝春秋
2016/3/18



平昌五輪:ボランティアがノロに感染→隔離→食事なし→「勝手に食事しろ」と言われて市内で食事……そりゃ感染も拡大するわ……

[単独]ボランティアの涙「ノロウイルス感染、隔離されて食事もさせられずに放置」(ノーカットニュース・朝鮮語)
平昌アルペンシアスキージャンプセンターで働いていたAさん(25)が嘔吐と下痢の症状を見せたのは、去る12日。宿泊施設に帰宅した後も体調はよくならなかった。

結局、ノロウイルスが疑われる患者に分類されたAさんは、江陵の医療院で移動検診を受けて翌日の13日夜10時頃電話で確定判定を受けた。

しかし、確定判定にもかかわらず、即時隔離や別途の措置なしにAさんはそのまま宿泊施設で滞在したままで14日午前9時30分になってようやく隔離された。

より大きな問題は、この時から行われた。隔離されたAさんは、「共同食堂立ち入り禁止」という通報を受けたが、どうした理由からか隔離された場所において食事は提供されなかった。

Aさんは、担当マネージャーに食事提供を求め、組織委にも電話して抗議したが、措置はなかった。Aさんは仕方なく宿泊施設で自費で食事を済ませた。

隔離されてから3日後にメールで来た組織委員会の回答はただ「マネージャーを通じて措置する」という言葉だけだった。

しかし、その後も別段変わったことはなかった。Aさんは、再び怒ったもののその後に組織委員会が「平昌で食事を配送する」、「近くのレストランにお金をつけて置くので行って解決しろ」と提案したが、すでにAさんの心と体は限界状態に近づいていた。

結局、16日夜遅くになってAさんはパラリンピック終了まで予定していたボランティアを辞めて故郷である釜山へと帰っていった。 (中略)

Aさんは、「平昌でボランティアをして精神的な疲労を負ってしまった」とし「数回、問題解決を要求したが、組織委員会からはどのような動きもなく、最終的にシステムを改善しなければ継続できないほどの問題が発生した」と述べた。

続いて「私のような人が、もはや存在しないことを望む」と付け加えた。
(引用ここまで)

 記事だけでは時系列がよくわからない書きかたなので、ざっくりまとめてみるとこんな感じ。

・12日、平昌ボランティアのAさんがノロ感染疑い患者となる。
・13日、巡回医が診察。
・13日の夜に感染が確定。なぜか隔離措置とられず。
・14日の朝にようやく隔離。
・Aさんは共同食堂使用禁止となるものの、食事が提供されず。
・Aさん、マネージャー、五輪組織委に抗議→待遇変わらず。
・その間も食事は提供されなかったので、やむなくAさんは市内の食堂で食事を取る。
・抗議を続けるものの意味のない返答しかこない。
・3日後、Aさんはボランティアをやめて釜山に帰っていった。

 おそらく感染症が出たら隔離しようというところまでは決まっていたのでしょうね。遅ればせながらもAさんが宿舎の自室に隔離されていますから。
 で、隔離したらどのような待遇になるのかは決まっていなかったのでしょう。食事を提供するのかしないのか。するとしたら誰がどのような形でするのか。
 決まっていなかったので食事抜き。どうしろと。

 ノロウイルスは症状が治まってからもウイルス自体は体内に残っていて、外を出歩けば感染源として大活躍できます。
 患者を隔離するのはそういう意味からなのですが……。
 こんな国に「日本の準備は完璧主義か、オーバーなだけか」とか言われているとか苦笑するしかない。
 まあ、そりゃ感染拡大するわ……としか言いようがないですね。
 MERSのときもこんなんだったんだろうなぁ。

ノロ対策セット(薬剤付き) 家庭のノロウイルス対策はこれ1つ 除菌 消毒
ノロ対策セット
2018/1/7




ルフトハンザ航空の座席モニターに「独島」の表示で日本人乗客から指摘続出→ルフトハンザ航空「すぐに表記を削除します!」

独ルフトハンザが航路地図に「独島」表記、日本の抗議で削除(朝鮮日報)
 ドイツの航空会社、ルフトハンザドイツ航空の旅客機内の航路地図に、「独島(日本名:竹島)」が日本語と英語で「独島(韓国での呼称)」と表記されていたことが分かり、日本側の抗議を受けて同航空は表記の削除を決めたことを20日明らかにした。独島の名称を日本名の「竹島」にするのではなく、「独島」の表記を削除するという。

 同航空は昨年12月1日に就航した東京・羽田−ドイツ・ミュンヘン路線にエアバスA350−900を投入している。この機種の乗客用座席の映像・音響機器用ソフトウエアに「独島」の表記の地図が入っていた。そのため、表記を見た日本の乗客からの指摘が相次いだという。ルフトハンザ日本支社は国内外のメディアに対し、今回の事態について遺憾を表明するとともに「速やかにソフトウエアのアップデートを実施し、遅くとも今週末までには旅客機のシステムに反映する予定」と説明した。
(引用ここまで)

 当然といえば当然の措置。
 航空会社にかぎらず、どんな企業も領土紛争になんか関係したくないのです。
 韓国や中国の愛国商法はともかく。
 ただ、なぜこういったことが起きて、その対策をどうするのかをきっちり公表してもらいたいものですが。

 このシステムを構築した会社に韓国人、もしくは韓国系のエンジニアがいてやらかしたというのが一番ありそうな話だと思いますが。
 わざわざあんな小さな、旗には記入すら難しいような島を「日本人乗客の指摘が相次いだ」ほどに表示していたこと自体が異常です。

 以前、特に20世紀以前であれば日本人ですら「独島ってなんだ?」ってなっていたところでしょうが、韓国人による広報ですっかり領土紛争地域であるという認識が世界にもたらされていますね。

 うちがサントリーの飲み物を進んで購入するのをやめたのは東海表記を2度やらかしたからだったなー。

 ちなみにNAVERニュースではそれほど大きく扱われておらず、コメント数は50ちょぼちょぼといったところ。


平昌五輪:韓国女子パシュート選手「後ろの選手が遅れたから負けた」と笑いながらインタビューで大炎上……その姿から見える「韓国社会」の構図とは?

<平昌五輪>チームワークを欠いた韓国女子スケート団体追い抜き(中央日報)
19日に行われた2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)スピードスケート女子団体追い抜き準々決勝にはキム・ボルム(25、江原道庁)、パク・ジウ(19、韓国体育大)、ノ・ソンヨン(28、コルピング)が出場した。競技の終盤、ノ・ソンヨンは2人の選手に大きく遅れを取って決勝ラインを通過し、韓国の準決勝進出はならなかった。

団体追い抜き競技は決勝ラインを最後に通過した選手のタイムが記録となる。スピードを競いながらもチームメートが遅れないよう励まし合いながら競技をする一種の「チーム競技」だ。ノ・ソンヨンは競技前半は先頭に出たが、競技後半には遅れを取り、「チームワークがなかった」という評価を受けた。

問題は競技直後に行われた選手へのインタビューだった。キム・ボルムは「途中までは良かったが、後ろで(ノ・ソンヨン選手が)私たちと差が開き、少し残念な記録が出たようだ」と語った。ノ・ソンヨンの実力が敗因というような発言だ。

続いてパク・ジウは「競技場が騒がしくてコミュニケーションがうまくいかなかった」としながらも「実際、ソンヨン先輩がこのようになるという考えがなかったわけではなかったが、私たちも記録に欲があったので」と話し、論議を呼んだ。「チーム競技」より個人の記録を優先して滑走したという趣旨だ。

インタビュー後に非難が殺到すると、キム・ボルムは自分のSNSを閉鎖した。ノ・ソンヨンが過去に「団体追い抜き競技の練習がまともに行われていない」と話したインタビューとともに、ノ・ソンヨンがのけ者にされるような写真も注目を集めている。
(引用ここまで)

 遅れた選手というのは、スケート協会のミスで出場資格が取り消されたノ・ソンヨン
 けっきょく、ロシアの選手が出場資格剥奪になったことで繰り上げで出場できるようになったのですが。
 その時点から「私がメダル候補であればこのような扱いを受けただろうか」とスケート協会の扱いに不信感を明らかにしていました。

 で、日本代表への興味もあってパシュートの試合を見ていたのですが。
 韓国代表は前を行くふたりだけがいきなり最後にスパートをはじめて、明らかに3人目がついていけてなかった。
 パシュートは3人目のゴールタイムがチームでのゴールタイムになるので、遅れが出たら意味がないのですが。明らかにそんなことをお構いなしのスパートでした。
 で、滑走後にキム・ボルムとパク・ジウはさっさと競技場を後にして、ノ・ソンヨンだけが涙に暮れているという異常な状況だったとのこと。

 さらにインタビューではキム・ボルムは「最後に彼女の体力が落ちて、差が広がってしまった」と笑いながら答えたことで大炎上。
 このキム・ボルムは昨シーズン、マススタートの世界選手権で優勝しており、メダルが期待されている選手だという話。メダルが期待される選手ということで、増長する部分があったのでしょう。パシュートは捨て試合くらいの認識だったのでしょうね。
 この一連の言動に一気に「韓国におけるパブリックエネミー」と化してしまったのでした。

 あまりの反響の大きさに今日、謝罪会見を開いたのですよ。

涙流したキム・ボルム「後の選手を見なかった私の責任...傷ついた方々に申し訳ありません」(スポーツ朝鮮・朝鮮語)

 謝罪したのはノ・ソンヨンに対してではなく、「わたしのインタビューで傷ついたかたがいた。謝罪します」とかいうわけの分からないもので。
 それに対するNAVERスポーツのコメント数は4万オーバー。
 コメントも「ノ・ソンヨンに謝れよ!」って突っこみまくり。

 さらに監督が「パシュートのメンバーは和気藹々とやっていた」と発言したことに関して、ノ・ソンヨンが「氷上練習も別々の場所でパシュートのチーム練習なんかやったことがない。会話すらなかった」と暴露してしまってさらに炎上状況。

ノ・ソンヨン、記者会見の内容に反論... 「チームの雰囲気良くなかった」(SBS・朝鮮語)

 でもまあ、キム・ボルムの姿こそが韓国の上にいる人間の実際の姿ですよ。
 甲質=カプチルこそが本質なのです。
 昼のKOC会長がIOC役員用の席に座って動かなかったという話も同様ですし、いつぞや「民衆は豚か犬」と本音をこぼして大騒ぎになった公務員とかもいましたね。

 パシュートは前を滑る選手が風よけになって、後ろの選手の体力を温存させるというような戦略が必要となる競技。女子日本代表チームが強いのは時間をかけて練習しており、風よけの効率を高めているからという話です。
 と、いうところから韓国代表チームの弱さというものが見えてきますね。
 なお、キム・ボルムの個人スポンサーだったナパ(ソ・ギョンドクに寄付した服を売られたメーカーですね)は平昌五輪終了後にスポンサー契約を打ち切ることを発表しました。

<平昌五輪>“女子パシュート”キム・ボルムのスポンサー側「契約延長の計画はない」(Wow! Korea)

 ちなみに前述の公務員も舌禍で年金が半分になったそうです。2級公務員っていう韓国における王のような存在だったのにね。

“超”格差社会・韓国 (扶桑社新書)
九鬼 太郎
扶桑社
2009/8/28



最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
乙嫁語り 10巻
2018/02/15発売
ガールズ&パンツァー
最終章 第1話 特装限定版
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ