楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

 相互RSS募集中です

ムン・ジェイン「公企業から縁故採用を一掃せよ!」→ネチズン「さすがムン・ジェイン!!」……そんな韓国が韓国でなくなるような改革ができるんですかねー?

文大統領「公共機関全数調査してでも採用不正究明しなければならない」(ニュース1・朝鮮語)
ムン・ジェイン大統領は23日、「まず、必要に応じてすべての公共機関を全数調査してでも採用不正の真相を徹底的に究明してほしい」と促した。

最近現職国会議員関与疑惑が提起されている江原ランド採用不正に続き、金融監督院などの公共機関の内部で相次ぐ採用不正問題が浮上すると、積弊清算の一環として、実態把握と強度の高い根絶策作りを注文したものである。
ムン大統領は同日、大統領府で主宰したシニア・アドバイザー会議で「最近、一部の公共機関で明らかになった採用不正を見れば、公共機関の採用不正が偶然に発生する例外事件ではなく、日常化した不正ではないかと疑われる」とこのように明らかにした。

ムン大統領は「特に社会の有力者の便宜によって不正が(あった)という点で、公共機関の採用不正は社会に蔓延する反則と特権の象徴として見られる」とし「最も公正であらねばならない公共機関が、むしろ私たちの社会公平性を崩してきたわけで、国民に非常に大きな失望感を与え、青年に深い挫折感と背信感を与えるのに十分である」と叱責した。
彼は「政府は今回の機会に採用不正など反則と特権の輪を完全に切るという覚悟であってほしい」と強調した。

続いて「請託者と採用不正を犯した公共機関の従業員に対しては厳重な民事、刑事責任と民事責任を問う」とし「不正な方法で採用された当事者にも採用を無効にするか、キャンセルする案を検討願いたい」と注文した。
さらに「採用手続きの透明性を確保することができるように法制度を改善し、監督システムも強化せよ」と付け加えた。
それとともにムン大統領は「もし今回のような総体的採用不正が再び再発する場合は、公共機関と一緒に、主務省庁も重い責任を負うべきだ」と警告した。
(引用ここまで)

 さらに「不正な採用を知っていて見逃していた人間はボーナス没収」という罰則も作ろうではないかと言っていますね。
 公企業に縁故採用なしを宣言したわけです。
 もちろん、ネチズンは大喜び。NAVERニュースでのコメント数は5000を突破してまだ増加中。

 ただなぁ……そういったウリとナムを抱えてきたからこそ韓国社会というのは成り立ってきたのですよ。
 ウリと認定した人間はどこまでもウリに尽くし、ナムを排除する。
 韓国では「ウリとナム」という言いかたはせずに、「情(ジョン)でのつながり」みたいな言いかたをしますが。
 ジョンがある、ないというような感じ。日本語の情とは異なる概念なので、ジョン(情)と書いたほうがいい気がしますね。

 ジョンがあるからこそ、偽証が日本の671倍になったりする。
 アリバイ工作をしたり、場合によっては身代わり出頭したりもする。
 そういうことの見返りとして、相手が困っているときに同じような行為を行う。
 縁故採用もその一環ですね。

 韓国を韓国たらしめてきた最大の構造要因が「ウリとナム」であり、その表現としての縁故採用であったわけです。
 それをこうして法律で断ち切ることができるのか。
 韓国が韓国でないものになることができるのか。これもムン・ジェイン政権の実施する社会実験として注目すべき点です。
 ムン・ジェイン政権の間だけであれば、そういうこともできるかもしれませんがね。




韓国メディア「日本の『戦争の危険性が高まっている、韓国から個人資産を移動させるべき』という産経新聞の記事は韓半島の危機を過剰に煽った選挙対策だ!」……ああ……そう

 先日の産経新聞に記事が掲載されたネルソンリポートによる「個人資産があるのなら移動させておくべきだ」という件。ちょっと調べておきました。
 スティーブ・ハーマンというボイス・オブ・アメリカのワシントン局長、かつて日本、および韓国で外国特派員協会の会長だったという人物によって、ネルソンリポートの文章がTwitterにリークされています。


 ざっくりと訳しましょうか。

nelsonreport

 訳文の転載禁止を明確にしておこう。「仮定上の偶発的なものではない」なんてもう死にたくなるようなヘタな文章ですしね。意味を把握することと翻訳は異なるのだな……。
 そもそもこれがネルソンリポートの文章であるかどうかも確定していないのです。
 ネルソンリポート自体がメールサービスなので、ソースもこれ以上遡れそうにないです。隔靴掻痒。

 まあ、これがそのままの文章であったとすると、英文はなかなかの言葉の強さ。うーん。「ネルソンリポートは北東アジアにおける情報源として重用されている」とのことですが、これまで扱ったことのない話なのでなんとも傾向が取れません。
 まあ、こういうレポートがありますよ、という話として聞いておいてください。

 さて、韓国にも先日の産経新聞経由でネルソンリポートの文章が伝えられていまして。

「米国当局者、韓国から個人資産移動非公式勧告」ネルソンレポート(ニューシス・朝鮮語)

 100近いコメントがついているのでそこそこ注目されたニュースであるといえるでしょう。
 今月の下旬に予定されている在韓アメリカ人の避難訓練なんかも併せて伝えられていますね。
 でもって、もうひとつネルソンリポートを扱っているニュースを見つけまして、こちら。

「アメリカの当局者、韓国で資産移動を勧告」... 産経、ネルソンレポート引用報道(国民日報・朝鮮語)

 書いていることはニューシスと基本的に同じなのですが、注目点はここ。
登録メンバーに対してのみ電子メールで情報を送信するネルソンレポートは、米国、アジアの政治や経済ニュースの正統という評価を受けている。

しかし、この日行われた衆議院選挙を控えて、延々と北朝鮮の脅威を強調してきた日本の保守言論が、選挙当日に朝鮮半島の危機状況をさらに強調したものであるという分析が出ている。
(引用ここまで)

 「産経新聞ガー」と分析しているそうですよ。
 選挙対策で過分に北朝鮮危機を煽っているのだそうです。
 見事なくらいに当事者意識に欠けてるなぁ……。
 ネルソンリポート本体 → VOAのワシントン局長のTwitter → 産経新聞 → 韓国メディアですから転載の転載の転載。
 そりゃまあ、大元の意図も理解すらできなくなるか。

日米同盟のリアリズム (文春新書)
小川和久
文藝春秋
2017/7/20



元大統領特別補佐官「トランプ大統領は日本だけを訪問したかったのだが、周囲に説得されてやむなく韓国にも行くことになった」と暴露

「トランプ氏、日本だけに行きたかった…訪韓の最大の目的は」(中央日報)
米国の韓半島(朝鮮半島)専門家、マイケル・グリーン・ジョージタウン大教授は「ドナルド・トランプ米国大統領が訪韓期間中に先制攻撃や予防的戦争のような強硬発言をする可能性は排除し難い」とし「これは進歩的な文在寅(ムン・ジェイン)政府と韓米同盟で葛藤を起こしかねず懸念される」と述べた。

ジョージ・Wブ・ッシュ大統領当時、ホワイトハウス国家安保会議(NSC)アジア担当上級補佐官を務めたグリーン氏は、現在、戦略国際問題研究所(CSIS)の上級副所長(アジア)と日本部長を兼任している。 (中略)

−−トランプ大統領の今回の訪韓の本当の目的は何だと考えるか。

「ホワイトハウスは初めは訪韓はなく日本だけに行きたかったものと考える。しかし、多くの専門家が韓米同盟で強力な連帯を示さない場合、北朝鮮を抑えることはできないと説得して訪韓日程も含まれることになったと聞いた。結局、訪韓の第一目的は北朝鮮であることが明らかだ。第二の目的は米国国民のための経済イシューである韓米自由貿易協定(FTA)改正問題だ。両国がFTA改正交渉に進展があるというラインで話せるなら両国にとって最善だろう。そうではなく、訪韓期間、トランプ大統領がFTA脱退発言をするようなことがあれば、韓米同盟はより大きな危機に直面することになる」

−−今回のアジア歴訪の真の目的は訪日という意味か。

「私の言いたいことは、トランプ大統領は安倍首相が好きだという意味だ。安倍首相は理念的にトランプ大統領と近く、北朝鮮問題に対してはるかに強硬だ。私は文大統領が個人的に好きで尊敬しているが、彼は非常に温和な性分だ。トランプ大統領はこれを弱気と見ている。日本の場合、トランプ大統領が環太平洋経済連携協定(TPP)脱退を宣言した後、韓国のようにFTAのような再協議や大きな摩擦を起こすような事案がない」

−−文大統領に首脳会談に対して助言をするなら。

「トランプ大統領に北朝鮮を包容するべきだとか北朝鮮と首脳会談をするべきだというような説得しないでほしいと言いたい。米国はミサイル試験を凍結する代わりに韓米連合訓練を中断するいわゆる双中断(Freeze for Freeze)交渉をしないことだ。行政府はもちろん、議会も反対する。米国が北朝鮮と実務級接触をする時まで静かに待つほうがいい。その代わり、私は文大統領がトランプ大統領と一緒にDMZを訪問して『私は特殊戦司令部出身だ』と言って韓米連合訓練や米国の戦略資産の配備やロケット技術の移転などをテーマに話をして『一緒にやっていこう』と話すべきだと考える」
(引用ここまで)

 マイケル・グリーン氏は日本の安保政策についての専門家。CSISの副理事長でもあり、政府に強い発言力を持つ人物です。小ブッシュ政権ではアジア担当の大統領補佐官に就任していたこともありましたね。
 アーミテージの弟子筋にあたります。
 ニューズウィーク等に執筆することもあり、韓国ウォッチャーにとっては駐韓アメリカ大使に内定したビクター・チャと同じくらいに馴染み深い名前でしょう。
 慰安婦合意について影で主導していたのではないかなー、と思える節のある人物でもありますね。個人的には確実にそうだと睨んでいます。

 そのマイケル・グリーン氏が「トランプ大統領は日本訪問だけをしたかったのだけども、周囲に説得されて韓国も訪問することになったと聞いている」と語っている。
 「〜と考える」と入っているものの、彼が話したという影響力も含めて考えれば実際にそうであったとしか捉えられません。
 まあ、日本だけを訪問するのでは韓国に対して、そして北朝鮮に対して刺激が強すぎるという周囲の説得もまっとうではありますけども。

 ただ、訪韓した際にどんな会話が為されるか……ということなのですよね。
 記事中にあるように「北朝鮮の核開発を凍結する代わりに、米韓軍事訓練も凍結する」なんて話をムン・ジェインがしなければいいのですが。
 これ、ムン・ジェイン政権の統一・外交・安保特別補佐官であり、ムン・ジェインの外交関連政策におけるメンターであるムン・ジョンインの提言そのままなのです。

 ムン・ジョンインはその他にもいろいろと出過ぎた話をしていて、ソン・ヨンム国防長官と言い争いになったこともあってその際にソン・ヨンムが大統領府から厳重注意を受けたということがあります。
 つまり、ムン・ジェインはムン・ジョンインの言葉を重く見ている、ということなのですよ。

 米韓首脳会談でこれ幸いにとばかりに、この「freeze for freeze」の提言をするのではないかという恐れがあるのです。
 この提言をしたら、トランプがどう対応するか……ちょっと想像できませんね。米韓FTAに続いて軍事同盟の破棄くらい言いかねない。
 ムン・ジェインの対北融和姿勢は政権の根幹ですから、こちらはこちらで引かないでしょう。
 言い出したが最後、どうにもできない状況に陥るのは間違いないので最初から言わないというのが最良の方策なのですが。

 逆にそういう意味では楽しみな部分が多い米韓首脳会談といえるでしょう。訪韓してくれてよかった。ネタ数的な意味で。

トランプ政権の米国と日本をつなぐもの (青林堂ビジュアル)
ロバート・D・エルドリッヂ / トニー・マラーノ
青林堂
2017/7/15



楽韓さん、本日の動向 - 自民圧勝でとりあえずはOKか

 自民圧勝に関する韓国側のリアクションとか見てたら久々に寝落ち。2本くらいはこのネタで行けるかなー。
 東京市場もよい反応。円安のファクターがちょっと分かんないけど、まあいいや。

 Kindle5周年記念コミックまとめ買いフェアをもう一度掘った結果。

セキレイ - おっぱ……いや、ハーレムバトルもの。アニメ化もされてましたね。
ふたば君チェンジ - おっぱ……だいぶ昔のジャンプのTSもの。けっこう好き。
高橋葉介傑作集 - 読んだことがないのがあったので買おう。
けいおん! - ま、Kindle版をこの機会にでも。

 あたりが見つかりました。
 ついでニコカド祭り2017

まりあ†ほりっく - 何冊か100円や激安に。
鉄鍋のジャン - 1、2巻が100円。
蜘蛛ですが、なにか? - 1巻が100円、3巻が半額。2巻も安くなると思うけどなー。
ラブホの上野さん - 1、2巻が100円。その他半額。

 100円セールは何日かでやめてしまうことが多いので、気になったら買っておくとよいです。発見が遅いと紹介しようとしたときには元の価格に戻ってたりもする。
 あとKindleKindle PaperwhiteKindle Voyageのe-Ink本体もセール中。Primeユーザーだとかなりの値引きですよ。

 さて、神田アーンドラ・ダバでミールス。雨降ってても駅から徒歩1分なので楽。

image

 手前のゴーヤとジャガイモのポリヤルがうまかったわー。ノンベジミールスでマトンと野菜(ほうれん草とひよこ豆)。ここも通い詰めるお店になりそう。

ニコカド祭りでこちらも安くなっていると情報をいただきました。
本当に悲惨な朝鮮史 「高麗史節要」を読み解く (角川新書)
麻生川 静男
KADOKAWA / 角川書店
2017/4/10



最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ