楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

 相互RSS募集中です

楽韓さん、本日の動向 - 無能と有能の狭間で

 周囲でも話題になっていたとある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話を買って読む。
 無能な編集者って多いけど、ここまではそうそうないよなー。
 ふつーの人間が75%、できない人間が10%、できる人間が10%、神のような編集が5%、冗談のような編集が5%くらいに認識しいてる。
 まあ、だいぶ時代もジャンルも違うのでなんとも言えぬけど。

 7月分でど根性ガエルの娘 3巻山賊ダイアリーSS 1巻恋は雨上がりのように 8巻兄の嫁と暮らしています。 3巻天野めぐみはスキだらけ! 7巻をチェック。
 Kindle版で買うであろう。山賊ダイアリーSSは特装版のサバイバルブレスレットつきでもよいかもしれませんが。

2巻以降、ホントに衝撃の展開が続くわー
ど根性ガエルの娘 2 (ヤングアニマルコミックス)
大月愁祐子
白泉社
2016/11/1



北朝鮮に収監されていた米学生死亡でアメリカが戦争の大義名分ゲット、同時にトランプは「北朝鮮問題で中国の努力は効果がなかった」とツイート……

トランプ大統領「北朝鮮問題解決に習近平主席の努力は効果がなかった」(中央日報)
米学生死亡:米国で高まる「北への報復論」(朝鮮日報)
トランプ大統領は20日、ツイッターに「北朝鮮問題と関連して習近平中国国家主席と中国の努力を非常にありがたく考えるが、そうした努力は受け入れられなかった」と書いた。続けて「少なくとも中国が努力したということはわかる」と付け加えた。

140字の短い文面だが北朝鮮に抑留され帰還してから6日後に死亡したオットー・ワームビア氏(22)のショックが米国を強打した中で出てきた発言という点で注目される。これに先立ちトランプ大統領はワームビア氏を死に至らしめた北朝鮮の責任をより強く非難し、「残酷な政権」と規定した。

この日の発言はトランプ政権発足後初めて21日にワシントンDCで開かれる米中外交安保対話を翌日控えて出てきたものだ。CNNはトランプ大統領の発言が北朝鮮の核問題解決に向けた対中圧迫をさらに強化するという意味であったり、さらにはこれ以上中国に依存しないで独自の解決策を模索すると示唆したものと解釈できると分析した。
(引用ここまで)
 北朝鮮に1年5か月にわたり拘束され、今月13日(現地時間)に昏睡状態で解放され帰国した米国人大学生、オットー・ワームビアさん(22)が、帰国から6日後の19日に死亡した。トランプ大統領は同日「残酷な北朝鮮政権を糾弾する。オットーさんの不幸な運命は(北朝鮮)政権が犯した悲劇」と声明を発表した。マケイン米上院軍事委員長も「米国市民のワームビアさんが金正恩(キム・ジョンウン)政権に殺害された」と強く非難した。

 ワームビアさんの死に対し米国国内で怒りの世論が高まっているため、今月末に予定されている韓米首脳会談では米国が対北朝鮮制裁強化を主要議題として扱うとの見方が出ている。 (中略)

ティラーソン国務長官は同日「残りの3人の米国人を釈放するよう求める予定」と述べた。
(引用ここまで)

 いま、アメリカがもっとも得がたいものはなにか。
 それは戦争の大義名分です。
 イラク戦争で「大量破壊兵器を隠し持っているイラクを叩かなくてはならない!」ってアレをやってしまったもので、戦争しづらい状況になっています。
 できたとしてもトマホーク巡航ミサイルによる空爆がいいところ。
 北朝鮮は核開発・ミサイル実験を繰り返していることから大量破壊兵器を所有していることは間違いありませんが、2回続けて同じ名分を使うのは難しい。
 しかも、1回前のそれはいろいろ大失敗に終わっている。

 それでも北朝鮮はどうにかしなくちゃいけないというというわけで、中国に協力を依頼してみたりしたのですが。
 どうもそれもうまく行っていない模様。「100日の期限」にはまだ時間があるものの次の手を考える必要があったのは間違いないところ。

 そこに飛びこんできたのが、オットー・ワームビア氏が意識不明の状況で釈放され、その6日後に亡くなったという今回の事件。
 アメリカからしてみたらカモがネギしょって麺汁持って、麺棒抱えてやってきたようなものです。
 さらにまだ数人のアメリカ人が北朝鮮に捕らわれていることがクローズアップされました。
 「自国民の保護のため」という口上は、古今の戦争へ突入する理由ランキングで不動の1位。
 それができないのであれば国家の体を為していないと国民から突き上げられるのです。

 逆にいえばなんで北朝鮮はそんなものを提供したのか。
 収監していたのだから「囚人として教化を行っている」って言い訳で10年以上、ずるずると時間をかけることもできたはずなのですけどね。

 「習近平の努力は効果がなかった」というツイートは、イコールで「もう北朝鮮問題で中国の協力は必要ない」という宣言に他ならないわけで。
 時計の針が大きく進んだように思えます。

北朝鮮とのケンカのしかた (祥伝社文庫)
豊田有恒
祥伝社
2003/4/20



韓国メディア「アジアの宝石、イ・スンウにシャルケ04が興味」→ 5分後 →「イ・スンウ、バルサB昇格に失敗」

イ・スンウ、ドルトムント続いシャルケも迎え入れ推進(スポータルコリア・朝鮮語)
   ↓
スペインメディア「イ・スンウ、バルサB昇格の機会得られなかった」(スポーツ朝鮮・朝鮮語)
イ・スンウは、アジアの宝石として評価されている。(中略)

イ・スンウの活躍は、ドイツのクラブの注目をひきつけた。ドルトムントに続いてシャルケがイ・スンウに関心を示した。最初の報道は、スペインの日刊紙「ムンド・デポルティーボ」だった。媒体は21日(韓国時間)、「イ・スンウがドルトムントとシャルケの関心を受けた。シャルケもドルトムントのようなイ・スンウの状況を注視している」と報道した。
(引用ここまで)
   ↓
「コリアンメッシ」イ・スンウ(19)がスペインのバルセロナを自ら去らなければならない状況に直面した。バルセロナB(2軍)に昇格するチャンスを得られなかったものである。

去る20日(韓国時間)、スペインのスポーツ紙ムンドデポルティボは「バルセロナがイ・スンウに国際サッカー連盟(FIFA)規律を受ける前のような感触を得られなかった」と「複数の欧州クラブがイ・スンウを迎え入れしたいとは異なり、バルセロナはイ・スンウ側に昇格提案をしていなかった」と報道した。

続いて「カルレス・アレニャ、マルク・ククレージャのように同じ年齢の選手たちとは異なり、イ・スンウはバルセロナプロ登録のための跳躍の機会が与えられなかった。フベニールAから間違いなくキャッチする機会(2軍昇格)を受けることができなかった」と伝えた。

イ・スンウだけでなく、チャン・ギョルヒもバルセロナB昇格不可通知を受けて最近、韓国に帰ってきた。

このニュースにバルセロナの事情に精通した複数の関係者も首を縦に振った。この関係者は「イ・スンウがすでに20歳以下ワールドカップに出場する前にバルセロナから2軍行き不可通知を受けた」とし「フベニールA(18歳以下のチーム)でバルセロナBに上がる選手たちは、すでにミーティングが終わった状態だ」と明らかにした。

事実イ・スンウはFIFA出場禁止懲戒期間である2015年7月からバルセロナBに昇格されたというニュースが聞こえてきた。しかし、現実には乖離があった。2016年1月6日FIFA懲戒が解けるとイ・スンウの所属チームはバルセロナBではなく、フベニールAであった。イ・スンウはフベニールAから技量を証明しなければならなかった。当時バルセロナBの人材が1軍訓練に大挙参加する状況が発生して、フベニールA選手を引き上げて2軍訓練と試合を並行しなければならない状態だった。そのためイ・スンウのプロ契約が進行されただけであり、バルセロナの内部では大きな意味がなかったことが関係者たちの証言だ。 (中略)

イ・スンウのバイアウト金額は1200万ユーロ(約150億ウォン)として知られている。しかし、イ・スンウの最終所属チームはフベニールAだ。フベニールAで最も高いバイアウト金額は300万ユーロ(約38億ウォン)である。バルセロナBに昇格したのであればバイアウト金額が最小1200万ユーロまで走る。「コリアンシャビ」パク・スンホ(20)のバイアウト金額である。

次に、イ・スンウの未来はどうなるか。

イ・スンウの契約期間は、2018年6月までだ。複数の欧州チームのラブコールを受けているイ・スンウだ。しかし、バルセロナB昇格カードも獲得できなかった選手に300万ユーロのバイアウトを支払う球団は現実的にないように見える。
(引用ここまで)

 上の「シャルケ04が〜」という記事が配信されたのが今日の5時46分。
 下の「バルサB昇格失敗」という記事が配信されたのが今日の5時50分。
 「ドルトムントもマンチェスター・シティも、そしてシャルケ04までもがイ・スンウに興味を持っている!」という記事が出た5分後には「イ・スンウ、バルサBへの昇格失敗」って記事が出る面白さ。
 韓国サッカーの移籍話はこうでなくちゃいけません。

 ここで「サンキュー! ペルージャ!」じゃなくて……えーっと、「世界有名球団のスカウトたち『サンキュー! バルセロナ!』」とかになるんでしょ?


 ちなみにスペインでのソースはこちら。

A Lee le salen varias ‘novias’ por Europa(ムンド・デポルディーボ・スペイン語)

 前にも書いたように、ジェフユナイテッド市原・千葉に所属している指宿が19-20歳のときに10ゴール、20ゴールをそれぞれ19歳、20歳のシーズンで挙げています。
 そのていどがスペイン3部であるセグンダBの水準なのですよ。
 そのセグンダB所属のバルサBにすら昨シーズン1試合13分しか出場できず、今シーズンは出番どころかベンチ入りの機会すらなかった選手が、大化けするわけがないのです。
 いやまぁ、スポーツ選手はなにがきっかけで大きく変貌するかは分かりませんけどね。

 そもそも、ユースなんてちょっと光るくらいの選手を山ほど取って、磨きをかける場所ですから。
 磨いた結果として、宝石になるのかそれともただの石で終わるのか。どうせトップチームで活躍できる選手なんて1世代にひとり出るかどうか。
 育成に失敗したらまた次の選手を取る。それだけの話で終了です。

伸ばす力 レヴィー・クルピ 世界で輝く「日本人選手」育成レシピ
レヴィー・クルピ
カンゼン
2014/6/11



韓国人「ムン・ジェイン政権って日本の鳩山政権に似てない?」

【コラム】米国は現在の韓国を理解できるだろうか(朝鮮日報)
 沖縄は日本によって国を奪われ、民族的アイデンティティーまで失った。植民地時代を経験した韓国人は、沖縄にぼんやりとした感情的な絆を感じる。その後、沖縄をさらに3度取材した。しかし、見て回れば回るほど、沖縄に向ける視線は冷静になっていった。沖縄の民族的痛みより、安全保障上の価値の方がはっきりと浮き彫りになってきたからだ。

 韓日は歴史問題で対立しているが、安全保障上の利益は共有している。共に米国側に立ち、北朝鮮・中国と向き合っている。地球上で北朝鮮の核の恐怖を現実に感じている、二つの国だ。沖縄は、日本にとって最も重要な前方基地であると同時に、韓国にとって最も重要な後方基地だ。 (中略)

 ところが、この問題に感情的な対処をした日本の首相がいる。鳩山由紀夫首相だ。後に西大門刑務所で膝をついて謝罪し、韓国では「日本の良心」といわれるが、日本では「戦後最悪の首相」に挙げられる。かつて自民党政権は、沖縄の都心部にある普天間基地を、沖縄本島北東部に位置するサンゴ礁の海岸へ移すと米国に約束した。鳩山首相は、政権獲得後、これをひっくり返した。サンゴ礁を埋める米軍基地を「自然に対する冒涜(ぼうとく)」と表現した。その発言は、同盟に対する冒涜だった。鳩山首相は、代替候補地として沖縄最西端の離島を示した。滑走路があるだけの、事実上の無人島だった。日本国内からですら「米軍は人ではないのか」という批判が起こった。

 米国は、胸の内をすぐには現さない。レトリックに本心を隠すことがある。このとき、米国政府からはこんなコメントが出た。「同盟の意味は、特定の基地の場所をめぐる問題より大きい」。日本政府は、沖縄の基地問題が深刻であっても同盟は揺るがない、という意味で捉えた。しかし、特定基地の地域的な問題で同盟を揺るがしてはならない、という警告とも読める。結果的に、日本政府が間違っていた。米国の真意を読み取った鳩山首相は、あたふたと以前の合意案にUターンしたが、ヒビが入った米日関係は元には戻らなかった。

 鳩山首相は、米国と対立する一方、中国に接近した。中国は、鳩山首相が引き起こした米日の不協和音を、交響曲のように聞いたことだろう。当時、日本でこの問題を取材していて、中国の恐ろしい本性を知った。親中も何もあったものではない。米日関係が悪化した隙を突いて、尖閣諸島で日本の既得権を揺るがしてしまったのだ。民間漁船で日本の公権力に挑戦し、次いでその事件を外交対立に引き上げ、ここを紛争地域にした。米日間に隙が生じたまさにその瞬間を狙って入り込み、周到綿密に国益をかすめ取った。それが2010年のことだ。7年間で中国の本性が変わったとは思わない。 (中略)

 少し前、「現在韓国の星州をめぐって起きていることは、2010年の沖縄と似ている」という記事が本紙に載った。沖縄の現場を見てきた立場から、この記事に共感した。ところが、そんな現象よりも重要なことがある。その現象を眺める米国と中国の視線だ。米国は、本当に韓国の事情を理解するだろうか。韓国は、米国の発言を自己流に曲解しているのではないだろうか。中国は、韓国を応援しているのだろうか。もしくは、韓米関係の隙間に入り込んで何かつまみ食いしようとしているのだろうか。米国も中国も、本性は変わらない。韓国が知らないだけだ。
(引用ここまで)

 楽韓Webでも盛んに「ムン・ジェイン政権は民主党政権だった日本に相似している」という話をしていますが、韓国でも同様の論評があるようですね。
 コラム中の「韓国のTHAAD問題で起きていることは2010年の沖縄と似ている」という言及のある記事はこれ。

サードみると... 米日同盟揺るがし「普天間基地事態」が思い出される(朝鮮日報・朝鮮語)

 普天間基地問題で「最低でも県外」だの「腹案がある」だの「トラストミー」だの言っていた結果、日米関係が戦後最悪の状況になったことが書かれています。
 ちょうどTHAAD配備問題で揺れる米韓関係の映し鏡ではないかという話ですね。

 まあ、相似の関係にあるのはTHAADと普天間だけではありませんけども。
 外交、福祉、エネルギー政策がまったくもって同じに見えています。
 ただ、首相交代や解散総選挙でガラガラポンのできる日本と違って、韓国の大統領制は弾劾されないかぎり任期の5年間を全うせざるを得ない。
 これが辛いところですね。

 ん? あまりしんどさが伝わっていない感じですか?
 じゃあ、ちょっと言葉を変えて言ってみましょうか。

 「鳩山政権が5年間継続する」

 ……うわ。
 自分で書いておいてなんだけど、破壊力すごい……。
 でもまぁ、ムン・ジェイン政権に対する支持率は80%前後、地域によっては99%以上になっているところもあるとのことなので、韓国人は幸せなのでしょうね。
 韓国人が幸せならそれでいいじゃないですか。

崩壊 鳩山政権 理想と現実の溝、欠如した自覚 (朝日新聞デジタルSELECT)
朝日新聞
朝日新聞社
2010/9/2



最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ