楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

 相互RSS募集中です

徴用工像の強制撤去日が近づく→市民団体「自主撤去には応じない。強制撤去するならデモで対抗だ!」

釜山強制徴用労働者像、強制撤去の危機(中央日報)
積弊清算・社会大改革釜山運動本部の強制徴用労働者像建立特別委員会は21日午前、釜山東区庁前で記者会見を開き、「東区庁から23日までに労働者像を自主的に撤去するよう戒告状を受けた」とし「我々は自主的撤去を公式に拒否する」と明らかにした。

建立特別委は「労働者像は暴力の鎮圧で日本領事館も行けず立ち止まり、少女像は破損したまま放置されている」とし「労働者像を奪取して任意の位置に強制設置しようと試みるなら、死を覚悟した決断の覚悟で闘争する」と警告した。

東区庁は今月8日、建立特別委側に23日までに強制徴用労働者像を自主的に撤去するよう戒告状を送った。市民団体側で自主撤去をしない場合、区は強制撤去に乗り出す方針だ。
(引用ここまで)

 釜山の日本総領事館近くの歩道に放置されている徴用工像について、自治体である東区は23日までの自主撤去を求めていたのですね。
 自主的に撤去せよ、さもなくば強制執行で自治体側の手で撤去するとまで宣告しています。
 ただし、「世界最悪の労働組合」ともされる民主労総の息がかかった市民団体は「自主撤去を拒否する」と宣言。
 この記事にはありませんが、さらに市民団体側は強制執行が予告されている23日午後7時から徴用工像近くでの1000人規模のデモも行う予定であるとアナウンスしています。

歩道の中央に置かれた強制徴用労働者像をはさんで再び衝突も(聯合ニュース・朝鮮語)

 先日も書きましたが、外国公館から100メートル以内の場所でのデモ行為は違法です。
 というわけで取締の対象になるわけですが。
 ちなみに日本大使館前の水曜集会は「デモではなく、記者会見をやっている」という建前なのだそうです。

 現状の徴用工像については、慰安婦像と違って国民的なコンセンサスが取れてるとは言いがたい状況。なので、あまり味方がついてくれていないというところですかね。
 それが自治体、政府にも理解できているので強気に進めていこうとしているということなのでしょうね。
 釜山日本総領事館横の慰安婦像にはムン・ジェインもお参りしているほどなので、撤去は無理でしょう。
 慰安婦像の撤去ができるくらいだったら政治家として怖ろしいといえるのですけどね。
 ある意味、日韓関係の守り神的な位置にあるといえるかもしれません(笑)。

シロクマ転生 森の守護神になったぞ伝説 1 (MFC)
草野 ほうき
KADOKAWA / メディアファクトリー
2018/2/22



楽韓さん、本日の動向 - ムン・ジェインが昨日から訪米中

 ムン・ジェインが訪米。到着は今日のはず。
 んで米韓首脳会談が行われます。当然、米朝首脳会談前の調整なのでしょう。
 なにか面白い、もしくは興味深い報道があればエントリします。

 んで、Kindleの高額書籍フェアでおすすめの本がありましたよ。
 ナショジオの『プロの撮り方』シリーズ。これの「構図を極める」「構図の法則」はめっちゃ役立ってます。構図はスマホでも応用が利くのでね。
 紙の本で見かけて立ち読みして「これは何度か読みたい」って買ったものでした。
 あと半村良の妖星伝 合冊版も。

プロの撮り方 構図の法則
リチャード・ガーベイ=ウィリアムズ
日経ナショナル ジオグラフィック社
2017/3/20

 ちとゲーミングノートが必要になってきた気がするので物色中。ちょうどインテルのCPUの端境期かぁ……。まあ、GTX1070載ってれば第7世代でもいいか。1060でもいいけど。

今日のKindle日替わりセールこちら。
果鋭 (幻冬舎単行本)
黒川博行
幻冬舎
2017/3/15



韓国メディア「今回こそ韓国映画がカンヌ映画祭でトップになるはず!」→日本映画が受賞でしょぼくれるというオチ

「バーニング」カンヌ映画祭本賞受賞不発。批評家連盟賞に口惜しさを慰める(ソウル経済・朝鮮語)
世界3大映画祭に数えられる第71回カンヌ国際映画祭が12日間の日程を終えた。最高賞に相当するパルムドールは、日本の監督是枝裕和の映画「万引き家族」となった。8年前に脚本賞を受賞した「時」の後に、久しぶりにコンペティション部門に進出したイ・チャンドン監督は、受賞できなかったが、国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞と技術部門最高賞のバルカン賞(シン・ジョンフイ美術監督)を握って物足りなさをなぐさめた。

ドイツのミュンヘンに本社を置く国際映画批評家連盟は19日(現地時間)、「バーニング」を受賞作に選定した。連盟は1930年の世界の映画評論家、映画専門記者が集まって作った団体でカンヌ映画祭をはじめ、ベルリン、ベネチア、釜山国際映画祭など各種の国際映画祭に審査員を派遣して連盟の名前で芸術性の高い映画を表彰している。 (中略)

一方、パルム・ドール受賞作である「万引き家族」は、祖母の年金と窃盗に生きていく家族が一人寒さに震えている5歳の女の子を連れて来て、家族に迎え、繰り広げられる話を描く。是枝裕和監督は「そして父になる」「海の町ダイアリー」「台風が過ぎ去って」などの家族愛を扱った作品と同様に、今回の映画でも家族の意味を問いかけカンヌ映画祭を通して好評を受けた。
(引用ここまで)

 なぜかは不明ですが、今回のこのバーニングという映画で「韓国初の三大映画賞を取れる!」と韓国メディアの鼻息が荒かったのです。
 村上春樹の「納屋を焼く」が原作なのだそうですね。未読。
 内容は見ていないのでなんともいえないところですが、「映画情報誌で最高点をもらっている」ということから受賞の機運がかなり高まっていたのですよ。

「バーニング」カンヌ映画祭情報誌から史上最高評点(KBS WORLD RADIO)

 なんというか「もう受賞したも同然」くらいの勢いで報道されていたのですね。
 で、パルムドールは是枝裕和監督の「万引き家族」になったという絶妙のオチ。
 既視感があるなぁ……と思っていたのですが、ミス・ユニバースですね。

 韓国代表のイ・ハニという代表がさまざまな前評判で1位を取っていた、ということが報道されてまして。事前調査の5冠王とかだったかな。
 んで、「韓国人初の世界的なミスコンテストでの優勝に期待しよう!」となっていたのですよ。オチとして、日本代表の森理世さんがミスユニバースで日本人として2回目の優勝を飾るというものでした。
 あれは秀逸なオチだったなぁ……。

 さすがに日本映画の受賞に物言いをつけている韓国メディアはないようですが、その内心を慮るとちょっと面白いですね。

螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)
村上春樹
新潮社
1987/9/25



ムン・ジェイン、来日時に「通貨スワップ協定」、「漁業協定」、「TPP11参加」のいずれにも言及せず……関係者「総理に持ち出しても断られると察知したのかも」

突然、TPP11、日韓通貨スワップに意欲…日本に再びすり寄る韓国経済の“窮地”(産経新聞)
 5月9日、東京で日中韓サミットのほか、日中、日韓の首脳会談がそれぞれ開かれた。日中では通貨スワップ協定の早期再開などで合意し、両国の融和ムードが前面に打ち出される一方、日韓では経済分野の具体的成果はなく、“温度差”が浮き彫りになった。

 実は韓国では日中韓サミット直前の4日、韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁が約3年間中断している日韓通貨スワップについて、「今後、再開のための話し合いが始まる可能性がある」と記者団に期待感を示していた。 (中略)

ただ、関係者によると、日韓首脳会談では、TPPや通貨スワップ再開の話は出なかったという。慰安婦問題などがくすぶる中、「韓国側は『これらの要請を持ち出しても断られる』と察知したのかもしれない」(関係者)。
(引用ここまで)

 おや、てっきり日韓首脳会談で日韓通貨スワップ協定の話を出してくると思ったのですが、実際にはなかったとのこと。
 カン・ギョンファが去年末の日韓外相会談で臆面もなく通貨スワップ協定の再開に言及していたくらいなので、ムン・ジェインも同様に言ってくるかと思ったのですが。
 なにしろ、事前の企画財政部長官、韓銀総裁のコメントからの韓国メディアによる盛り上がり具合ときたら「え、なんでいきなり実現できるとか思ってんの?」と感じるほどでした。
 「日中通貨スワップ協定ができるなら日韓もできるはずだ」とか、なんでそこつながるのっていうレベル。日本人には見えないつながり、関連性があったんでしょうねぇ……。

 実際には首脳会談で日韓漁業交渉、TPP11、日韓通貨スワップ協定のどれも話題にしなかったようです。
 昼食会だかの席で漁業協定についてはちらっと話が出たくらいとのこと。

 まあ、そもそもムン・ジェインは当日の朝にきて10時間滞在してとんぼ返りするっていうスケジュールだったので「本当に来日していたの?」というほどに存在感が薄かったのです。
 日中韓三者首脳会談の後に日韓、中韓の二国間首脳会談が行われて、そのまま帰るって感じでした。
 存在感の薄さを狙ってやったのであれば大成功といえるでしょう。

 以前からムン・ジェインは日本に対しての優先度を低く見ている感触でしたが、見事なほどのスルー具合。
 個人的にはこれでよいのではないかと感じます。
 韓国が「日韓関係を重視する」という場合、一方的な日本側の片務になるこれまでの関係を継続するということですから。
 フラットな二国間関係、ドライなビジネス相手という立場がこれからの日韓関係にはさらに必要になることでしょう。
 北朝鮮についても同様です。

アサヒ スーパードライ缶ビールギフトセットAS-3N ×12本(個)
アサヒ
2014/11/10



最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
乙嫁語り 10巻
2018/02/15発売
ガールズ&パンツァー
最終章 第1話 特装限定版
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ