楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

 相互RSS募集中です

韓国統一地方選挙で共に民主党が圧勝。保守派はそのシンボルすら失わざるをえない状況に追い込まれる模様

朴正熙元大統領の故郷亀尾市から「セマウル課」が消える(中央日報)
朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領の故郷である慶尚北道亀尾市(キョンサンブクド・クミシ)が市庁の組織のうち「セマウル課」を廃止する予定だ。セマウル課廃止は「共に民主党」所属の張世竜(チャン・セヨン)氏が13日の統一地方選で同市市長候補とし出馬した際に掲げた公約だ。

16日現在、亀尾市はセマウル課を「市民社会支援課」に変更するための手続きを進めている。1978年に設置されたセマウル課は、セマウル運動関連事業や住民支援基金運営管理を担当する部署だ。

亀尾市関係者は「朴正熙大統領とセマウル運動を地域広報に利用してきたためセマウル課という名称も維持されてきた。時代変化に合わせて名前を変え、亀尾市民に向けた行政効率を上げる契機にしたい」と話している。

6月13日の統一地方選挙期間に張氏はセマウル課とセマウル運動テーマ公園を「60年公職社会の積弊」と規定した。張氏の公約によると、セマウル運動テーマ公園は慶尚北道民族独立運動記念館に名前が変わる。

張氏は当選後のYTNとのインタビューで「セマウルと朴正熙元大統領という単語が絡み合い保守談論を形成している。こうした要素をわが亀尾市の発展にどのように有用に使えるのか、市民らと議論したい」と話した。
(引用ここまで)

 与党である共に民主党が圧勝した地方統一選挙についてもちょっと語っておきましょうかね。
 もう100%間違いのない圧勝予想だったので、言及すらしないでいたのですが。
 予想というか確実だったというか。
 相変わらず自由韓国党の代表であるホン・ジュンピョは世論調査を信じようとはせずに「共に民主党からは10%をマイナスし、自由韓国党にその数字を足せば本当の世論になる」とか語っていたほどでした。
 ここまでの完敗を予測していなかったっぽいのですよ。
 ちなみにこの人、去年の大統領選でも同じように世論調査を信用せずに「実際の投票になれば私が大統領になる」と最後まで言い続けていた人だったりします。
 さすがに今回の大敗を受けて辞意表明しています。

 さて、その統一地方選挙ですが道知事と広域市知事がどうなるかということで大勢を見ることが恒例となっています。
 韓国には道や広域市がソウルをはじめとして17地域ありまして。
 共に民主党が14勝。自由韓国党が2勝。済州道だけは現職だった無所属候補が勝利。
 保守系の鉄板地域であった釜山広域市、蔚山広域市のある慶尚南道でも敗北。
 保守派候補は慶尚北道と慶尚北道にある大邱広域市だけで勝利。

 記事にある亀尾市も慶尚北道ですが、ちょっと特別なのは朴正熙の出身地であるということ。
 朴正熙の出身地であったということで、その地方振興運動の呼び名であった「セマウル運動」にちなんだ事柄があったのですよ。
 言ってみれば保守が基盤とする地域の象徴的な地方自治体であったというわけですね。
 そこから「セマウル課」を廃止し、「セマウル運動テーマ公園」の名前を「慶尚北道民族独立運動記念館」に変える。

 楽韓Webではムン・ジェイン政権は保守を根切りして根絶させるつもりだと何度も書いてきましたが、じわじわと現実になりつつあります。
 ちなみにサムスン電子をはじめとした大企業を叩いているのも、保守派政党の資金源であるという認識が元になっています。単純に人気取りをしているだけではないのですね。
 すでに朴正熙の銅像建立はソウル市から拒絶されています。
 他にも銅像の撤去運動が起きたりするでしょうね。マッカーサー像の撤去運動も再開されるかもしれません。
 あるいは特急セマウル号の後継車であるITXセマウル号の名称変更かなぁ……。
 USKIのように援助を打ち切ることで立ち枯れさせていくというような行動も増えることでしょう。
 ついでに国会議員の補欠選挙も同時に行われて12の選挙区で共に民主党が10勝。
 まだ少数与党であることに変わりはありませんが、革新系の他党と合わせると過半数の確保ができるレベルにはなりました。
 誰であろうと、なんであろうと「積弊だ!」ってプラカードを首からかけてしまえば叩いていいという社会になったのです。
 ま、それが韓国人の選択なのですからしょうがない。選挙で勝ってしまったのですから、やりたい放題やるべきでしょう。



トランプ大統領は首脳会談中に拉致問題へ2回言及、ただし北朝鮮は「解決済みの問題」とする模様

拉致問題「既に解決」と北朝鮮ラジオが再主張 米朝首脳会談後に初(産経新聞)
トランプ氏拉致問題「2回提起」(共同通信)
北朝鮮の平壌放送は15日、「大勢に似合わない寂しい曲調」と題した論評で、「日本は既に解決された『拉致問題』を引き続き持ち出し、自分らの利益を得ようと画策している」と明言した。ラヂオプレス(RP)が伝えた。

 「拉致問題は解決済み」との主張は、これまでの主張の繰り返しだが、12日の米朝首脳会談でトランプ米大統領が日本人拉致問題を提起した後、北朝鮮メディアが報じたのは初めて。

 論評は、日本だけが「無謀な対朝鮮(北朝鮮)強硬政策にしつこくしがみついている」とし、「国際社会が一致して歓迎している朝鮮半島の平和の気流を必死に阻もうとする稚拙かつ愚かな醜態だ」と非難した。
(引用ここまで)
 ハガティ駐日米大使は15日、東京都内で共同通信の単独インタビューに応じ、トランプ米大統領が米朝首脳会談で日本人拉致問題を「2回取り上げた」と明らかにし、引き続き米国にとって重要な問題だと述べた。
(引用ここまで)

 北朝鮮の主張はまるっきり過去のままなのですが。
 「賠償金」を支払うことは日本政府の立場としてみればできませんが、まあ開発途上国と同様にODAなりなんなりで経済援助をするにはやぶさかではないということになるのでしょう。
 ただ、日本については拉致問題の解決が優先される。
 それでなければ国民感情が許さないし、経済援助を優先するようであれば政権が倒れることでしょう。
 先日書いたような「満額回答」はとても望めないにしても、国民が納得できるレベルの回答が得られないかぎり日本は動けないのですよ。

 その一方でハガティ駐日大使は「トランプ大統領は米朝首脳会談で拉致問題を2回取り上げた」と言及。
 さらに韓国で行われた米日韓外相会談後の記者会見でもポンペオ国務長官が「拉致被害者の帰国について大統領が発言した」と発言。
 ここでも「複数回提起した」との言及がありました。

トランプ氏が拉致問題「複数回提起」…国務長官(読売新聞)
日米韓外相会談後の共同記者会見で、ポンペオ氏は北朝鮮の非核化に関し、「CVIDの方針を守り続ける。過去の間違いは繰り返さない」と述べた。北朝鮮への制裁については「完全な非核化を実現した段階で初めて制裁の解除に移る」と述べ、安易に見返りを与えない考えを強調した。また、米朝首脳会談で、トランプ氏が、北朝鮮による日本人拉致問題を「複数回、提起した」と説明した。
(引用ここまで)

   共同声明に署名で縛りを入れるようにというのは安倍総理の入り知恵だったという話も出ていますし、日米の連携は思っていた以上にしっかりとしているようですね。
 こうして状況が変化していること自体が成果であるというのは間違いない。
 国家元首になってからこっち、一歩すらも国外に出ることのなかったキム・ジョンウンを引きずり出しているわけですから。
 まあ、来週にもあるという実務会談を見守るか……といったところですね。



楽韓さん、本日の動向 - いろいろ忘れてた日曜日

 けだるい日曜日。なにもしたくないでござる。
 とかいってたら動向書くの忘れてた。
 KindleシリーズFire 7が安い父の日セールは今日まで。
 あとフルHD+の解像度のFire HD10が今日だけセール。4200円引きはけっこうな安さ。
 悪くない大きさですね。

●土曜日投資短信(日曜版)
 おっと、昨日忘れてた。
 これといって大きな変化なし。三菱UFJHDとセブン銀行をそれぞれ100株買い足し。どちらも1000株まで持ってもいいと決めてます。セブン銀行はNISAで。どちらも配当目当て。
 外国株はベトナム株のビングループ400株買い足し。
 ベトナム株はマサングループ、ビングループ、ベトコム銀行はそれぞれ1000株を超えたか。この3つを中心に不動産株と流通をメインに買いたいかな。細かく売買すると手数料負けするので、一度買ったらそうは売らない予定。2030年代半ば以降かな。できたら2040年代。

今日のKindle日替わりセールこちら。
上達やくそくBOOK 写真のことが全部わかる本 センス&知識ゼロからの写真のはじめかた、教えます。
中原一雄
インプレス
2018/3/16



米朝共同声明に中身がなかったのは、来週からの交渉が本番であるためか。交渉にはポンペオ長官、ボルトン補佐官らが参加する模様

米朝共同声明はスカスカ、あえて詳細決めない戦略か 上智大・前嶋和弘教授(産経新聞)
 非核化、体制保証、拉致問題の観点から今回の米朝首脳による共同声明をみると、中身がすかすかだ。会談後のトランプ米大統領の記者会見を聞いても曖昧な点が多い。1992年の非核化をめぐる南北共同宣言や2005年の6カ国協議の共同声明と比べても明らかに内容が弱い。

 ただ、最近まで戦争が始まってもおかしくないほどの緊張状態にあった米朝関係を考えると、両首脳が会談したこと自体が信頼醸成の場として意味があった。詳細を決めると物事が進まないので、大枠だけを作り詳細はあえて決めない戦略がトランプ流だったのではないか。しかし、会談が一度きりで終わってしまっては評価は低くなる。「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)のうち共同声明で抜け落ちた、「検証可能で(V)不可逆的な(I)」非核化を実現するには、複数回にわたり高官級協議などを続けることが重要だ。
(引用ここまで)

 楽韓Webが主張している話と同じ視点の見方もこうしてありますよ、というご紹介。
 あそこまで米朝首脳会談の共同声明の中身がすかすかであった以上、首脳会談をやったという形だけが大事にされたということであり、非核化の中身についてはこれからの交渉で行われるということなのでしょう。
 追加協議についてはポンペオ国務長官がボルトン補佐官らを伴って行われるとトランプ大統領も言明しています。
 当日のシンガポールでの記者会見の様子はこんな感じでした。
Press Conference by President Trump(WHITE HOUSE)
Q I just wanted to find out. You described this as a process. What is the immediate next step? Is there some ongoing dialogue —

THE PRESIDENT: Yes. We’re getting together next week to go into the details.

Q And that’s (inaudible)?

THE PRESIDENT: Secretary Pompeo. Yeah. Next week, with John Bolton and our entire team, to go over the details and to get this stuff done. We want to get it done; he wants to get it done. We’re also working very much with South Korea. We’re working with Japan. We’re working with China, to a lesser extent, but we’re working with China.

Q ひとつ明確にしておきたいのですが。「これはプロセスである」と言われました。では、次の段階はどのようなものになるのでしょうか。なんらかの話し合いが継続されると ──
大統領:そうだ。我々は詳細を話し合うために来週から集まるだろう。

Q それは(聞き取れず。訳注「誰が行うのか、という感じ」)
大統領:ポンペオ国務長官だ。そう、来週にでもボルトン補佐官や我々のチームは詳細を話し合う。我々はことを為したいし、彼もそうだ。韓国と共に動き、日本とも動き、中国とも動く。より小さなものとはなるだろうが、中国と共に動くのは間違いない。
(引用ここまで)

 とまあ、後続の交渉についてはポンペオ長官やボルトン補佐官を中心にしたチームが当たると明言しています。
 来週、つまり月曜日以降の交渉がどのようなものになるか。
 ポンペオ長官は「共同声明に『検証可能』も『不可逆』も込められている」と言っていましたが、果たしてその解釈を北朝鮮に押しつけることは可能なのか。
 反対された場合にはどうなるのか。同じ記者会見で「制裁は非核化が完了するまで継続する」と述べていましたし。
 延長戦……というよりはむしろこれからが試合本番ですかね。

 ちなみに中国やロシアが独自に対北朝鮮の経済制裁解除に動こうとしたら、アメリカの施しているセカンダリーボイコットにがっつりハマって大騒ぎになるでしょう。
 それはそれでちょっと見てみたい風景ではありますけども。



最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
乙嫁語り 10巻
2018/02/15発売
ガールズ&パンツァー
最終章 第1話 特装限定版
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ