MLB:ヤ軍・朴賛浩、日章旗をめぐるエピソード公開(朝鮮日報) [21:00]
>  昨年3月の第2回WBCの際、朴賛浩はフィリーズの春季キャンプに参加していた。朴賛浩は、韓国が決勝戦に進出したことから、自身のロッカーに太極旗を数十枚貼付した。ところが日本に敗戦した翌日、自身のロッカーには太極旗の代わりに日章旗が貼付されていた。朴賛浩は激怒し、日章旗をゴミ箱に破り捨てたという。ロッカールームは険悪なムードとなり、チームメートは朴賛浩のそばに近寄らなかったという。

 朴賛浩は「後で日本人トレーナーがやって来て、“いたずらでやった”と謝罪した。日章旗が問題だったのではなく、日本に敗れたのが腹が立ってやった、と笑って済ませた」と振り返った。
(引用ここまで)

 はて。
 日本人トレーナー。フィラデルフィア・フィリーズに日本人トレーナー?
 フィリーズ傘下のマイナーにはいるようですが。

 WBCの期間中ならマイナーも当然キャンプ中ですが、マイナーとメジャーのキャンプは別枠で行われます。キャンプ招待選手、という言葉をこの時期よく聞きますが、これは40人ロースターに入っていないマイナー選手でありながら有望株だということでメジャーのキャンプに参加できる選手のことです。
 日本人選手であればヤンキースの井川とか、メッツの高橋尚成とかですね。Non-roster Inviteeというヤツです。
 果たしてトレーナーにそんなことがあるのかどうか。

 まあ、エピソードとしては面白いものですが、果たして本当かどうか。

> 韓国をアピールし、バカにされたことも多かった。韓国をアピールしたかったが、当時はこれといって自慢するものがなかった。ロッカールームのテレビがサムスン製だったため、それを自慢したりもした。あるときは、ロッカールームの爪切りに“メード・イン・コリア”と書いてあったため、それを持ち歩いてチームメートに自慢したこともある」と語った。
(引用ここまで)

 あなたの隣人が外国人だったとしましょう。別に韓国人じゃなくてもいいですよ。アメリカ人でもマリ人でも台湾人でも。
 その隣人が「この爪切り見てクダサーイ。○○製、ワタシの国で作ってるのですよー」と自慢してくる。
 果たして、この隣人を歓迎したいかどうか。

 韓国人ってのはどこに行っても、なにをやっても韓国人そのものなのですね。