【社説】天安めぐるデマに対する科学者の答弁(朝鮮日報) [13:00]

 なにをどう言おうとも、陰謀論を信奉する連中というのは「信念として信じない」のだから無理。
 「アポロ11号が月に行っていない」とかいうのと一緒。信じたくないという信念が先にあって、理由は後付しているだけ。
 トンデモ本でいうところのビリーバー。
 この場合はアンビリーバーとでも言うべきか。

 こういう連中は「魚雷の火薬成分が一致した」って話よりも、「米軍潜水艦の潜望鏡が哨戒艦を切り裂いた」ってほうが合理的に思えるのでしょうね。
 潜望鏡で切り裂ける哨戒艦か……。スーパーロボット大戦みたいな武器だな。プラズマかなにかで潜望鏡が覆われているに違いない。

 「北朝鮮がやったはずがない」というのが前提で、その信念に基づく事象を選んでるだけなんだよな。
 要するに「北朝鮮による拉致なんてでっち上げ」とか「大韓航空機爆破事件は韓国の自作自演」っていうのと同じこと。
 和田春樹とか中塚明とかと一緒。

 中塚明はこの本の著者ですが、2001年の時点で「拉致そのものの証拠、根拠はない」と言い切っておられました。とても「良心的な」学者です。