【Formula1観戦記】韓国GP 街より先に生まれたコース(SANKEI EXPRESS)
 前半は一般客のホテル予約を一方的にキャンセルしたりなんだりの騒動を書いているんだけども。
> モーターレーシングに限らず、現在の韓国の勢いは、LGやサムスンの携帯電話などを見るまでもなく、上昇機運の真っただ中。LGは、F1の公式タイミングシステムの供給元として今年からサポートを開始しており、その製品レベルは日本製品を陵駕(りょうが)している。ついでにいえば、去年、BMWとトヨタがF1を撤退したが、韓国でトヨタは不人気、BMWは人気上昇という現象も起きている。

 韓国GPの運営を取り仕切る韓国オートバレー・オペレーションのチュン・ユンチョウ常任役員は、日本人の母親を持ち、6歳まで日本に住んでいた。しかし、「日本語は、少し話せますが、ほとんど忘れてしまいました」と笑った。忘れ去られるのは、日本語だけではないのかもしれない。

 こうした事態をどう受け止めるか。韓国は、すでに、日本に伝わっているような遅れた国ではないことを韓国GPは示そうとしている。日本から「グローバルも視野に入れた」韓国GPの今後を観察し、韓国の未来像と、それに比較した日本の姿を認識すべきかもしれない。
(引用ここまで)

 ごめん、この記事後半がなにを言ってるのかさっぱり分からん。というか、文章がつながっていない。トヨタとBMWがF1を撤退したことと、韓国でBMW が人気でトヨタが不人気であることになんの関係が。
 典型的な駄文。自分の頭の中でだけなんか炸裂するものがあって、それをまとめられずになんかグダグダ書くっていう。
 グローバルな視点から韓国GPを見据えろとか、もうね。子供の感想文。読書感想文のレベル。
 物書きならちゃんと「グローバルな視野」で見据えた結論を提供しろよ(笑)。グダグダな文章で読者に丸投げすんな。

 電波具合では「なあに、かえって免疫力がつく」よりは微弱だけど、充分に電波文章。