「1人で泣いた」金泰均、韓流アイドルにはなれない?(ZAKZAK)
> シーズン途中でロッテ退団を表明した金泰均内野手(29)に対し、昨季までヤクルトでプレーした韓国・斗山の李恵践投手(32)が深い同情を示している。

 韓国紙・スポーツ東亜によると、李恵践は先月27日に金泰均と電話で話した際、「日本でどれだけ大変だったか分かる」と心を寄せ、「よく帰ってきた」とねぎらった。

 2人は昨年、日本でしばしば会ったが、李恵践は来日1年目の金泰均が「生活に適応できず、非常に苦しがっていた。持ち前の明るさがすっかり消えていた」 と振り返る。金泰均は「仲間たちとふざけたりして、気楽な雰囲気で野球をすると実力が出るのに、言葉が通じないからできない」とこぼしていたという。

 李恵践自身も本格派左腕と期待され、2008年オフに2年契約で最大4億円(契約金、出来高含む)の大型契約を結んだが、目立った活躍もなく昨オフに退団。ヤクルトは家族的な雰囲気で知られるが、「日本の選手たちの態度は本当にひどい。表向きはよくしてくれるが心を開かない」と不満だったようで、「1人でたくさん泣いた」と告白する。
(引用ここまで)

 なんだかな。文章を読んだら泣いてたのはイ・ヘチョンのほうだったという。まあ、スポーツ紙らしいといえばらしいけど。
 そういえばいましたね、イ・ヘチョン。
 えらい額の年俸をもらってるんだから、韓国から専属トレーナーでも通訳でも自費で引っ張ってくりゃいいのにね。
 そういったコストも含めての年俸なんだから、きっちり仕事しろってだけでしょ。

 アスリートなんてそういうメンタルコントロールまでやれて一流だろ。
 ……ああ、一流じゃなかったんだな、そういえば。