<野球>金泰均「日本では野球の面白さを感じることができなかった」(1) - (中央日報)
<野球>金泰均「日本では野球の面白さを感じることができなかった」(2) - (中央日報)

> 「日本で苦労しながら野球をし、激しく孤独を感じた。同僚と笑って騒ぎながら一緒に野球をする面白さを感じることができなかった。ハンファでは楽しみながら自分の野球をした。それで帰りたいと思った。それがお金をより多く受けることよりも大切な価値だと考えた」(中略)
「千葉ロッテ退団を発表した後は大変だった。契約期間を満たせず帰ることになり、ロッテ球団とファンに申し訳なかった。けがのため1カ月以上もチームの力になれなかったため退団すると言った。今年の残余年俸も受ける考えはなかった。しかし球団は来年の契約を解約し、今年までは年俸を渡すと言ってくれた。球団とはよい関係で別れた。ところが日本で悪意的な記事がずっと出てきたし、それが韓国にも伝えられた。契約当事者はうまく終わらせたのに、正確な事情も知らずにやり過ぎだと思った」
(引用ここまで・強調引用者)

 打てなかったらつまらないっていう、見事なまでの子供の理論を披露して尻尾を巻いて逃げ帰ったわけですが。
 KBOではホームラン王を獲得して、その年のOPSが1.039。KBO所属の9年間平均でもOPSが.938という強打者が日本にきてみればなんと平均OPSが.724の7番打者に早変わり!
 まあ、「国民的打者」が6番打者に定着しているんだから、それよりもやや下回る国家代表4番は7番あたりで当然といえば当然かもしれませんが。
 前から言っているんですが、「韓国野球の専門家」である室井クンは韓国の打者がなぜ通用しないのかということを真剣に書いたかたがいいと思うのですよね。
 そこから日韓の野球における違いというものを導き出すことができれば面白い記事になると思うんだけど。
 でも、そんなことをやってしまうと水野俊平氏のように、韓国に入ることすらできなくなってしまうかもしれませんが。
 まあ、日々の糧のためには韓国を批判できないのかもしれませんねー(棒読み)。

 ところでキム・テギュンに関する悪意的な記事ってどこに出たんでしょうかね?
 通用しなかったくらいはどこかにあったかもしれませんが、それは客観的な事実だしな。