新型高速鉄道車両を公開 最高時速430キロ=韓国(聯合ニュース)
> 韓国国土海洋部は慶尚南道の昌原中央駅で16日、国内技術だけで開発・製作した最高時速430キロの次世代高速鉄道車両(HEMU−430X)を初公開した。全国の主要都市間を1時間半台でつなぐ。

 最高時速はフランス(575キロ)、中国(486キロ)、日本(443キロ)に次いで世界で4番目に速い。2015年までに10万キロの走行試験を終え、商用化を進める。

 開発には、2007年以降の5年間で総額931億ウォン(約64億円)が投じられた。動力分散型のシステムを用いて加速・減速性能を大きく向上させたほか、空力解析を踏まえた流線型の設計で、空気抵抗を最大限軽減した。車体にはアルミの押し出し材を用い、強度を高めながらも厚みを減らし、軽量化した。
(引用ここまで・太字引用者)

 KTXがフランスからの直輸入品で時速300km、KTX2(KTX山川)が国内生産率87%で想定時速350kmだけども、運用最高時速は300km。
 こないだ、屋内試験場で時速430kmを出したというKTX3ことHEMU-430Xが国内技術100%。
 さて、ここで問題です。KTX3の実際の運用最高速度は?
 正解者にはKTX3第1便で行くソウル−プサンの旅プレゼント!(ウソです)
 まあ、320km/hくらいは行くのかなぁ……?