麗水エキスポ:入場待ちの長蛇の列が大問題に(朝鮮日報)
麗水エキスポ:「予約制続ければ大ごとになると思った」(朝鮮日報)
【社説】1カ月も続かなかった麗水万博の予約制(中央日報)


> テーマ館運営チームのソ・ビョンゴンさん(41)は「入場予約制が導入された直後は、予約できず列に並んだ客たちが激しく抗議し、これを制止する警備員に殴りかかる人もいた。しかし、きょうはそのような抗議が起こらなかったため、精神的にはむしろ楽だった」と話す。ある女性係員は不満をぶちまける入場客に「予約がなければ入場できない」と説明すると、人前で激しい侮辱を受けて泣き出し、直後に辞表を提出した。この女性係員の同僚は「あんなことを言われたら、人前に出るのが怖くなるはずだ」と語った。
(引用ここまで)

> 入場予約制は、国内で2500万台以上が普及しているスマートフォン(多機能携帯電話端末)と、韓国のIT技術を活用して実施された。インターネットで事前予約ができなかった場合には、会場でボランティアなどの手助けを受けながら予約することも可能だった。それにもかかわらず、予約が難しいと不満を口にする人が多く、最終的に予約制をあきらめざるを得なかったというわけだ。
(引用ここまで)

 典型的な韓国人ですね。
 そして典型的な「IT強国」。
 韓国のことわざに「泣く子はひとつ多く餅をもらえる」というものがありますが、今回はまさにそれ。
 あ、いや。「今回は」というか今回もというか、いつものようにと言うべきか。
 韓国の民度の表れなのですよね。
 自身がOECD加盟国であろうが、20-50クラブ達成と言おうが、世界の10大経済圏と喚こうが。
 実際には国民は救急車に道を譲らないし、普段は道にゴミを捨てるし、万博のパビリオンに入場できないと悪口雑言をコンパニオンに吐きつける。

 正直、現状の韓国人ってこのていどのイベント開催能力だし、このていどの民度なのですよ。
 韓国旅行に行く人も過大な期待をせずに、「このていどなんだ」という諦観を持って行くとそれなりに楽しめると思いますよ。