韓国大統領:発言の要旨(毎日新聞)
李大統領「天皇、来韓望むなら心から謝罪すべき」(中央日報)
>(天皇陛下も)韓国を訪問したがっているが、独立運動をして亡くなった方たちを訪ねて、心から謝罪するというのならいいのだが。「痛惜の念」だとか、こんな単語一つで来るというなら、来る必要はない。
(引用ここまで)

 あーあ、やっちゃった。
 しかも、これは全文じゃなくて実際には「ひざまづいて謝罪するのなら」という発言だったとのこと。
 この毎日新聞に掲載されているものは韓国の大統領府である青瓦台のサイトに掲載されていたものを翻訳したものだそうです。

 これはもう何年くらい日韓関係が停滞するのかわからないくらいの発言です。
 不動産バブル崩壊に伴う経済政策の失敗や、日本との軍事情報提携の拙速、実兄の逮捕にレイムダック化が加わって支持率低下。
 もう最後の手段としてニトロ添加ともいえる日本叩きをする意外に手段がなくなってしまったのでしょう。
 森本防衛相の「韓国内政の要請」というのは、さほど間違った発言ではないのですよね。
 小泉元首相のノ・ムヒョンに対する「国内向けの発言でしょ」というのと、ほとんど発言自体は同じ。ただ、言葉の選び方は失敗していますが。

 しかし、これは本当に致命的。
 しかも、当初は「私は未来志向」とか言っていた国家元首がこれですからね。
 次の大統領が誰になろうともこれは引きづりますよ。
 江沢民が日本で蛇蝎のように嫌われたのも宮中での無礼な振る舞いから。
 ある意味でイ・ミョンバクは、江沢民に並んでかつノ・ムヒョンをも超えた政治家になったと言えるでしょうね。

 今日の記者会見での発言も見物だわ。

日本の天皇―国難と天皇の歴史 (Town Mook)日本の天皇―国難と天皇の歴史 (Town Mook)
販売元:徳間書店
(2011-08-03)
販売元:Amazon.co.jp